「チャイルドセラピー凄いですよ」という感想を頂きました




好評頂いております


レジマグさんからのサービス スペシャリスト





「あなただけのインナーチャイルドセラピー誘導文を作成します」





よくわからない方もいらっしゃると思いますので

このサービスの内容を 実際にお申込みされた方を例にご紹介したいと思います


まず このサービスにお申込み頂きましたら


インナーチャイルドの傷つき度チェックにお答えして頂きます





そのチェックにお答えいただきますと 次のようなメールを私からお送りいたします














「まず傷つき度チェックの結果をお伝えいたします。


(赤ちゃんの時期・・・○個
よちよち歩きの時期・・・○個
幼稚園の時期・・・○個
小学生の時期・・・○個
思春期の時期・・・○個)


一番傷ついているのは赤ちゃんの頃、生まれてすぐから9か月頃までですね。
次によちよち歩きを始める前の9か月から3歳まで。
生まれてから3歳頃までの傷を癒していく必要がありそうです。


幼稚園の時期も結構傷ついていましたが、今はほとんど傷がない、癒されたようです。
それから昔は小学校の時期が結構傷ついていましたが、今はかなり癒されています。
思春期の時期も昔は結構傷ついていたようですが、こちらも今はかなり癒されています。





赤ちゃんの時期も昔に比べれば癒されているようですが
9か月から3歳頃の時期はほとんど癒されていないようですので、
ここを癒すことが必要だと思われます。





この時期にお父さんのような生き方を受け入れるような何かがあったとすると、
どんなことが考えられるでしょうか?
何か思い出すエピソードがあれば教えてください。





それとお父さんとは違う自分の人生、どんな人生を歩んでいきたいと思いますか?
暗示文も入れていきたいと考えていますので、どんな人生にしていきたいのか?
お考えをお聞かせくださいませ。」














これに対しての返信を頂きましたら 次はこのようなメールを私からお送り致します






「生まれてから大人になってもですけれど、傷つかずに育つことは不可能なんですよね。
ですから傷ついて当たり前なんですが、
どうも赤ちゃんから3歳位までの傷が特に根深いようです。





現状起こっている問題は赤ちゃんから3歳位までの傷が影響しているのかもしれませんね。





子供らしくいられなかった。
親の顔色を伺いながら生きるしかなかった。
親の命令?に従うしかなかった。
自分で自分のことを決めてはいけなかった。





この辺りを癒していくとすると年齢的には2~3歳頃でしょうか。
2~3歳を意識したセラピーの誘導文を作成していきたいと思います。」














このように いつ頃のインナーチャイルドを癒すと良いのか?





というアドバイスをお知らせし





ご了承頂きましたら 誘導文や暗示文の作成に入ります





そして その作成した誘導文 暗示文に対して このような感想を頂きました














「あなただけのチャイルドセラピーは凄いですよ。


カウンセリングをして頂いたあとにセラピー誘導文で父親が出てきました。




私は溺愛されていました。


父親に叱られる事もなかったです。



クリスマスの日に目が覚めたら枕元にお菓子が入った長靴が置いてあり、
私は嬉しくて長靴を抱きしめるんです。
幸せ一杯でした。





だけど大好きな父親は仕事が忙しく、
私が寝た後に家に帰ってくる事も多く寂しい思いをしていました。





もっと一緒にいたい。
一緒に居る時間を大切にしたい。
そう思っていました。





それが弟が生まれて私はお姉ちゃんになり私の事は後回しになるんです。
弟に手がかかるようになるから仕方ないんですが子供の私は理解できなくて。





私の事を先にしてもらいたいのに、してくれない。
自分の事を先にしてもらいたいから一生懸命言うんです。



それで私は父親に叱られて言うこときかないと叩かれるようになりました。
天国から地獄です。





そしてその時の気分で可愛がったり、怒ったりの父親の顔色を見るようになり、大嫌いになるんです。





だけど私は大人になって母親を意味嫌い、父親の方がまだマシだと思うようになるんです。
カウンセリングで母親が妖怪になってると知り解除して頂きました。



そうしたら今度は父親が許せなくなり、どうしてなんだろう?と思っていたんです。


カウンセリングで父親の事ゴキブリのように思っていたのにはビックリしました。





実際、仕事中にゴキブリを踏んづけてしまって怖いはずなのに
爽快感があり父親の事が嫌でなくなりました。





父親=ゴキブリ???



だけど踏んづけて、やっつけてスッキリ!





暗くて長いトンネルから、やっと抜け出したのに笑っちゃいました。


あれだけ苦しんでいたのは何だったのでしょうか?



確かに彼の事ゴキブリみたいに『しぶとい』と思ったことがありました。


今は、みゆさんに会わせてくれた彼に感謝です。

これからも宜しくお願いします。」














ありがとうございます(^^)/





この方はカウンセリングもお受けいただいていますので





カウンセリング後に 作成しました誘導文でセラピーしてくださいました





それで このような感想を頂いた訳ですが 





今までの謎が解けて 苦しみからも抜け出すきっかけになっていただけたようです





あなたも 苦しみから抜け出すきっかけ作りに このセラピーの誘導文 いかがですか?





特に暗示文が効果的で 涙が止まらないなどの感想を頂いております^^





気になる方は レジマグさんのページから スペシャリストをご覧くださいませ^^







出来ない自分やダメな自分が負のスパイラルへ







「出来ない自分」 「ダメな自分」







そう思いこんでいる方 多いと思います







そういう私も かつてはそうでしたから(;^ω^)







そう思いこんでいると どうなるか?というと




その 「出来ない自分」とか「ダメな自分」だという思いを強めてくれるような







際立たせてくれるような出来事がどんどん起こり







負のスパイラルに陥るということが起こりやすくなってしまうのですね~







泣きっ面にハチ的に 積み重なることってありますよね







その度に 「あぁ・・・やっぱり私はダメなんだ」







と思わされるという・・・










クライアントさんのお一方にも そうおっしゃる方がいらっしゃいました







Sさんが まさにそんな状況下にいまして







仕事中に ありえないようなミスをしてしまったり 同僚に嫌な対応をされたり







家族の中でも 不安がさらに大きくなるような出来事が起こったりと







完全に負のスパイラルに陥っていました







カウンセリングを続けているのに 進んでいくどころか 後退しているかのようで







こんな時は ひっそりと 上に行こうとせず 







張りぼてで作っているような「出来る自分」を見せちゃいけない







「出来ない自分」が出来るフリして 無理してるから







だからミスするんだ
と そうおっしゃっていたので







私から 一言







「それは思い違いではありませんか?」とお伝えしました







どういうことなのかというと







こういった 負のスパイラルに陥っている時というのは







何か 思い違いをしているから 直していきましょう
というお知らせで







その思い違いに気付くまで これでもか!これでもか!とでも言っているかのように







トラブルや嫌な思いをすることが続きます







このSさんの場合 「出来ない自分」だと思いこんでいること自体が思い違いではないか?







そう思ったわけなんです







「出来ない自分」が前提になっているけれど 本当は「出来る自分」も居るはずなのに 







「出来ない自分」で居た方が都合がいいからと 「出来ない自分」を出して







ミスをしていたのではないかと思われたんですよね










思い返してみると Sさんは 母親には「出来る自分」しか認めてもらえず







「出来ない自分」は気付いてももらえず







でも 「出来ない自分」でも それでもいいよと受け入れてもらいたかったそうです







現状では 仕事で「出来ない自分」でミスした時に







周りの人から 「いいよいいよ」と受け入れられていたそうなんですよね







でも 本当に受け入れてもらいたかったのは お母さんですから







いくら周りの人に受け入れられても納得しない 満たされないですから







ここに気付かない限り 







いつまでも「出来ない自分」で問題を起こすことを繰り返していく訳です







そのために「出来る自分」もいるんだということと







「出来る自分」も本当は出たがっていること







ここにも気付く必要があったのではないか








それをお伝えしたところ Sさんは ハッとされたようで







それまで続いていた負のスパイラルは ぴたりと止まったそうです







Sさんが素直に私の言葉に耳を傾けてくれたから止まったのですが







それは Sさん自身も「出来る自分」が居ることに気付いていたからだそうで







「出来る自分」を認めるようになったら 







その「出来る自分」が仕事中 長く居られるようになったとか







前みたいに 頑張らなきゃ―と変に力が入って空回りすることもなくなったそうです







そのきっかけというのが カウンセリングの後にも 







また 仕事でミスすることがあったそうなんですが







その時に ふと思ったそうです







「意図的に 出来ない自分をやってるなら 







 それは本当にダメじゃないってことだと変換出来た







 わざとやってるなら 私の力ってスゴイんじゃない?







 わざと起こす力があるならスゴイエネルギーがあるってことじゃない?







 それだけの思いの力を持ってる私ってスゴイ!!







 それだけ仕向けたことを出来る私ってスゴイ!!」








 

そう思ったら 笑えてきたそうなんですね^^







前の日に 「出来ない自分」って思い込みをひっくり返してもらってたから







笑うことが出来たけれど 







あの思い込みのままなら 更に落ち込んで負のスパイラルに陥ったままだったと







そうおっしゃっていました^^










そうなんですよね~







「出来ない自分」「ダメな自分」って思い込み通りの自分になるように 自分で自分を仕向けてた訳で







そう仕向けるエネルギーって 自分の中にあるんですよね







そのエネルギーを 「出来る自分」に向けたら スゴイことになりそうですよね^^










Sさんの場合は 「出来ない自分」「出来る自分」でしたが 







あなたは どんな自分が出たがっていますか?








どんな自分が出たがっているから 負のスパイラルに陥っていますか?

今は辛くても大丈夫!









私のところへいらっしゃる大半の方が 




回避依存の傾向共依存の傾向合わせてをお持ちのクライアントさんのため




たまーに こんなお声を頂いたりします




「カウンセリングでこんなこと言って

 
 みゆさんに嫌われたんじゃないか?と 

 後から不安になることがある」






私・・・




そんなこと 思った事もないですよ(;^ω^)





それに たまーに 私に怒りをぶつけてくる方もいます




「でもね 先生 そんなこと言っても 今まではこうだったんだから 


 先生の言ってるような事になるなんて あり得ないです!」





と 無責任な事言わないで!と言った感じに 怒られたりもします(;^ω^)




でも後から 




「先生の言ってた通りになりました!


 何でわかるんですか?」





と言われたりもします(;^ω^)




今からご紹介するクライアントさんもそうでした




たまーに みゆ先生に嫌われるんじゃないか?とか





みゆ先生に見捨てられるんじゃないか?
と気にされていましたが 





このようなメールを頂きました





***





こんばんは(^^)


嬉しい気持ちを聞いてもらいたかったのでメールさせていただきました。


デトックス時期に出し切ったのと、


母親に手を止めて話を聞いてもらう事、父親に甘える事のイメージがやっと効いてきたのか、とても調子がいいです


怪しいですが、毎日笑顔が止まらず、


職場の年配のお客さんからも穏やかな顔してるね?とか、ほんとに顔が優しくていい顔してるわよね?

と、言われます(^-^)


20代は多分怒った顔をしていて、人相が悪いってよく言われてたので、改めて自分が変わった実感が出来て嬉しいです。


新しい彼ですが、

まだ彼の内面を観察してる途中ですが、今までに無かった対等というか、穏やかな関係に良い意味で戸惑います。

でもこれが普通なんでしょうね。


依存的な部分を引き出し合ってなさそうなので、とりあえず良い傾向です(^^)


前回のカウンセリング後

みゆ先生の指摘にハッとし、


「自分から安心を得る」を試みました。


出だしは上手く出来なかったのですが、爆弾しそうな自分の心の方をコントロールする意識をして、彼に心を開いてみました。

素直に伝えた方が、私が怖がるようなことは起こらず、彼は優しく受け止めてくれて安心しました。


なんですかね。。。


これまで男性からは、別れの爆弾を落とし、相手を脅すことで気持ちを繋ぎとめよう、引き出そうとしてましたが


素直になっても負けじゃないし、こういう安心の仕方もあるんだなぁと、じんわり幸せな気持ちになりました?


私が変わったのもあるでしょうし、


これまでの恋愛の仕方が変過ぎたのでしょうね。。


逆に彼の方も、私の好意にやっと気づき安心したのか、彼からも連絡がくるようになり、、スムーズになりました(^^)


付き合うかわかりませんが、


肉体関係になってない、でも好きだなんだの激しいやり取り中心ではない、お互いを知るという期間もいいですね。


今まで早く体の関係にもっていって


男性を落とす手口を使っていた私だけに新鮮です(笑)


不倫じゃないっていいですね。本当に心が安心してます(^^)

もう不倫は絶対に懲り懲りです!既婚男性に魅力も感じません!笑


なぜ、今まで既婚男性に惹かれてたのか不思議でなりません(笑)


今までお父さんの代役をしてくれた元カレの男性陣には本当に感謝!感謝!のご苦労さまです(笑)


お父さん、卒業かもです(^^)


恋愛って、人間と関わる勉強になる要素満載で素敵ですが

私にとってその一歩を


みゆ先生との関わりから学びました。

みゆ先生がどんな時も、どんな私でも味方でいてくれたおかげで、時間はかかりましたが、



人を信用しても大丈夫だという安心感を教わりました。


今だから言える話・・みゆ先生とも長いお付き合いになりますが、



はじめの1、2年は「本当に信用しても傷つかないかな?



どこまで信用していいのかな?」って気持ちも抱えてました(笑)


迷いながらも、信じたい自分を信じ、みゆ先生についてきて良かったです(^^)


まだ油断出来ないところもあるので、そんな自分を見守りつつも、女性としての幸せもつかみたいです(^^)


そしてふらっとお母さんにメールしたくなりもう一度メールしてみました。

なんでしょう?もう力んでないんです。

去年メールして返信なかったので、返信来るかわからないですが、もうそんなにこわがってない私がいます(^^)

お母さんの弱さを、無理なく包んであげられそうです。

返信なかったら母の日のプレゼント郵送作戦で歩み寄ってみます(笑)


お母さんとお父さんに、


感謝の気持ちでいっぱいです。


早くお母さんに会いたいです



長々と失礼しました。読んでいただき、ありがとうございます。




***





要所要所で 他のクライアントさんの参考になるのでは?





と思う部分がありましたので 全文そのまま掲載させて頂きました



(許可は頂いております)







この方も メールにありますが 





私の事 本当に信じてもいいのか 探り探りだったようです(;^ω^)





それも 伝わってきていましたから とにかく安心してもらおうと





他のクライアントさんにもそうなんですけど 





クライアントさんのすべてを受け入れるため





クライアントさんになりきる
というのでしょうか?





クライアントさんの人生を一緒に体験しているかのようにお話を聴かせて頂いてきました





クライアントさんの「人生」という長ーいアトラクション?ジェットコースター?に





隣で一緒に乗っているような感じ






という感覚が一番近いのかもしれません





だからこそ 私もいろんな人生を体験出来て 





こう言っては失礼かもしれませんが 楽しいんです!(^^)!





楽しいからこそ続けられるんですよね





私のことを見つけて 頼ってきてくださった方を





私が嫌いになることも 見捨てることもありませんから





大丈夫だと分かってからでもいいので 信じて頂けたらと思います





今辛い想いをしているJさん!




さっき カウンセリングでもお話しましたが





Jさんは 1人じゃないですよ(^^)/





娘さんも 猫ちゃんも 私もいますよ(^^)/





根深すぎて 封印してきた想いが出てきてしまって 





本当に辛く 苦しいと思います





でも 一緒に乗り超えて行きましょう





私もいますから いつでも 辛い時は連絡してください(^^)/









他のクライアントさんも 辛い時は我慢しないで 連絡してください(^^)/





どーんと受け止めますから!(^^)!









誘われたら断れない原因は意外なところにありました






3年前に書いたものなんですが


読み返してみて 面白いな~と思ったので


再投稿してみました(^^♪


***



今 抱えている気持ちには どんな気持ちがありますか?





「寂しい」  「悲しい」   「虚しい」
   などなど





いろんな気持ちがあると思います





「寂しい」
 ひとつとっても いろんな寂しさがありますよね





彼が構ってくれないから 「寂しい」
 という寂しいもあれば





恋人がいないから 「寂しい」
 とか





誰も自分のことをわかってくれないから 「寂しい」
 などなど・・・





こういった 今 抱えている気持ち というのは





ほとんどが 今 初めて感じた気持ちではないと思います





過去に 幼少期に感じた経験のある気持ち
 なんですね





それも 過去に 何度も何度も 繰り返し 感じた気持ちの可能性が高いのです





繰り返し感じていて それも どちらかと言えば 嫌な気持ちの方が多いはずです





じゃあ なぜ そんな 嫌な気持ちを 今もまた感じているのか?






それは その 嫌な気持ちを味わうことによって





他の 「心地良い気持ち」 を味わったから なんですね~





他の 「心地良い気持ち」 というのは 





たとえば お母さんから褒められたとか 自分の存在を受け入れられたとか





自分にとって 心地良い気持ちです





それを 大人になった今も また あの「心地良い気持ち」を味わいたくて





それで 今もなお その 「嫌な気持ち」を感じているんですね~






そう言われても なかなかピンとこないと思いますので





あるクライアントさんのセラピーでの体験談をご紹介します

(掲載の許可は得ています)





***



この女性は 現在 彼との結婚を控えていて





その彼との付き合いは順調なんですが





最近になって 彼の共通の男友達から誘われたり





他の男性からも誘われたりして 





一見すると モテ期 のような状態になっているそうで





その誘いを断れなくて困っている
という悩みで カウンセリングされました





なんて贅沢な悩みなの? 





と思う方もいるかもしれませんが





結婚する予定の彼がいるという身の上ですから





他の異性からのお誘いを断れないというのは困りものですよね





こういった 男性だけでなく 他の友達などに対しても





イヤなのにイヤだと言えないということなので





共依存的な性格が見受けられます





「自分の嫌いな人でも 嫌われたくない」






とおっしゃっていましたから





まさに共依存的ですね





そして 彼と共通の男友達からの誘いを断れない





これが 最大の悩みだったわけですが





その男友達には 彼女がいます





その彼女とも友達です





もしも その彼女や クライアントさんの彼に 





その男友達とのことが ばれてしまったら・・・





修羅場 間違いなしですよね(ーー゛)





なのに その男友達からの誘いを断れずにいたそうなんですね





このクライアントさんは その男友達のことが好きな気持ちはなく





まして 友達である彼女から その男友達を奪う気もありません





「でも 誘われたら 断れない





好きでもないのに 断れない」






「なんで断れないんだろう?





彼女である友達や自分の彼に対して 罪悪感があるし





ばれたらこわいし、考えるだけで落ち込む。」






そう 罪悪感があるのに 断れない やめられない 





これは何でだろう?ということで 





この気持ちの元になった原因を探るべく





インナーチャイルドセラピーを行いました





ここで出てきたイメージは





小学校3~4年生の頃の自分の姿と お母さんの大きな貯金箱のイメージでした





まわりには誰もいません





小学生の自分は お母さんの貯金箱から お金を取り出し





ズボンのポケットに入れるイメージがでてきました





この時 「やってしまったー!」という気持ち(罪悪感)を味わっていた小学生の自分・・・





そして そのお金でコンビニへ行き 欲しいものを買っていました





その時の気持ちは 





「手に入ってうれしい」
でした





そして家に帰ると 今度は お母さんにばれて 怒られています





小学生の自分は 「嫌な気持ち」を味わっています





お母さんにばれてしまって 本当は謝りたかった





でも ちゃんと謝っていなかったのですね~この時は・・・





そこで ちゃんと謝るイメージをしてもらいました





謝って お母さんが許してくれた





そして 今度は別の方法で お母さんからお金をもらう方法を考えていただき





それを実行してもらいました





でも 「嬉しいけど (お金が)足りない」





という気持ちがでてきたので





また 更にお金をお母さんからもらう方法を考えてもらいました





そして それで 欲しいものをいっぱい買うイメージをしていただき





お母さんのお金を盗ったという罪悪感を 





正当なことをして お金を得るというイメージに変えることができました





罪悪感なく 欲しいものを手に入れた方が





嬉しいんだというイメージに変えたんですね





このセラピーをやってみて





「確かに 繰り返し お母さんの貯金箱からお金を盗んでいたことを思い出した。

盗んでいたのは、お手伝いでもらえるお小遣いだけでは足りなかったから」






そういって ふと思ったのが





「彼に対しても 足りないと・・・愛情が足りないと思っていた」





このことが一致するということに気付きました





だから 他の男性からの愛情を得ようとして





お誘いを断れなかったということだったんですね~




そして 罪悪感を感じたあとに 欲しいものを手に入れた 「嬉しさ」を感じたので


今もなお 罪悪感を感じたかったということになります


その当時は 品物だったのが 今は 他の異性からの愛情だったのかもしれませんね





とはいえ 他の男性から いくら愛情をもらっても





また 今の彼から 「もっと愛してよ!」と愛情をせがんだところで





実は 満たしきれないんですよね^^;





「自分で自分を愛する」ことができないと





いくら 他の人から愛情を注がれても 





受け取ることもできませんし





満たされることもありません






ということで このクライアントさんには





自分で自分を愛する方法をお伝えしました





自分で自分を愛していれば





他の人からの愛情って そんなに要らないんですよね^^;






誰かに愛されたい!という思いが強い人は





自分で自分を愛しきれていないのかもしれませんね^^






その原因は 必ず過去にあります





このクライアントさんのように セラピーで探って





イメージを変えるだけでも 自分を愛するきっかけになります





インナーチャイルドセラピーって 本当にスゴイな~!(^^)!

彼に振り回されていると思っていましたが(クライアントさんの感想)








クライアントさんから お礼ということで 


このようなメールを頂きましたので ご紹介いたします


***


「彼との関係ですが、ますます会う機会は増え、

今後の約束もきちんとでき、優先されてる感じがすごくします。


人が変わったのではないか?と勘違いするくらいです(・・?)

1年前では到底想像もつかない状況です。。


なぜだかわかりませんがこういう変化が訪れること自体が、

自分の変化なんですかね…。


だとするとみゆさんのカウンセリングを受けないままだったら、

どーなっていたのかと思うと、おそろしいです。。


きっとわけのわからない感情や心の波と彼自身に振り回されまくっていたと思います。


40歳以降の自分が見えない中、偶然彼と付き合うことになり、

偶然みゆさんのブログを拝見してカウンセリングを受けさせていただくことになり、

最初は本当にどうなるのか、何が何やらわからないままでしたが、

迷いや不安な気持ちを「よくなるんです」と

確信を持って言ってくれるみゆさんの言葉だから信じてこれたなと思います。


本当にありがとうございます!


まだまだ自分の中でいろんなものがまだあるので、

その辺はまだまだほぐしていきたいなと思っています。


これからもよろしくお願いします。



***


ありがとうございます^^


この方は 付き合っている彼に 振り回されている感が強かったのですが


自分の要望が言えず (どうせ聴いてくれないと諦めていましたから)


彼女自身は 週に1~2回は彼と会いたいと思っていても



彼の方が誘ってくれなかったり 誘っても断られてしまうというところから


月に2~3回会えればいい方だったのですね


それも 彼は約束をしない人だったので いつも 彼の都合でしか会えず


突然 今からいい?と誘わることもしばしば・・・


いつ会えるかわからないのも 不満でしたし


いつも 


「自分は後回しにされている」とか


自分のことを優先してくれない」
という不満を抱えていました


(実際に 彼の仕事の合間とか 用事で近くへ行くからという理由でしか 会ってくれなかったそうです)



それも 月に数回しか会えないのに 短時間しか会う時間がなかったらしく


「こんな付き合い方で 本当に恋人と言えるのだろうか?」



というのも 彼女の悩みだったので


「普通のデートがしたい」


「普通の恋人みたいなデートがしたい」



などなど 常々おっしゃっていました


前の彼女等は 普通にデートしていたらしいのに 


彼の家にも行ってたらしいのに なぜ私は家に入れてくれないの?


なぜ私だけ???


私は セ○レなの???



とさえ思っていました




これ 彼が原因とか 彼が悪いんではないんですよね~


問題は このクライアントさんにあるんですが


それは このクライアントさんの


「私は いつも 後回しにされる」とか「私のことは 優先してくれない」


といった思い込みから来ている
のですね



この思い込みがあるからこそ その思い込み通りの


その思い込みにあった現実が引き寄せられる訳です




この思い込みは 幼少期の家庭環境で出来上がっていますから


その思い込みを変えていくセラピーを積み重ねていきました


その結果・・・


彼が週に2~3日 会いに来てくれるようになり


ドライブデートや買い物など 普通の恋人同士のデートが出来るようになったそうです


今まで このクライアントさんのことだけは優先してくれなかった彼が


明らかに優先して 会いに来てくれるようになったのです


まるで別人のように変わった彼ですが 


クライアントさんからすると なぜこんなに変わったのか?


全く思い当たることがありません


クライアントさんからすれば 今までと同じように接しているつもりだからですね


自分は何も変わっていないのに 彼がなぜ変わっているの???


そう思っているかもしれませんが


実際には このクライアントさんに 何らかの変化があったはずなんです


そこに気付かないということは この方は


彼を変えようとしてセラピーを重ねたのではなく


自分の問題として 自分に向き合った結果


自分のために自分が変わったので


その 変わった自分に 彼が合わせて


彼が変化したということなんですね~


ちゃんと 自分のために 自分に向き合うことが出来ると


相手が 周りが 変容していきます


ちゃんとセラピーしてるのに変わらない という方は


相手を変えようとして努力しているので 残念ながら


自分も相手も 変わることはありません



それから 誤解されている方も多いのですが


心理学を勉強しただけでは このような変化は起こりません


自分の幼少期と向き合って 癒す作業をしていかないと変化はありません 




ちゃんと 自分のために自分を変えていく


本来の自分に戻る努力をされている方は


この方のように 目に見えた変化を実感することが出来ますよ(^^)/







プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR