誘われたら断れない原因は意外なところにありました






3年前に書いたものなんですが


読み返してみて 面白いな~と思ったので


再投稿してみました(^^♪


***



今 抱えている気持ちには どんな気持ちがありますか?





「寂しい」  「悲しい」   「虚しい」
   などなど





いろんな気持ちがあると思います





「寂しい」
 ひとつとっても いろんな寂しさがありますよね





彼が構ってくれないから 「寂しい」
 という寂しいもあれば





恋人がいないから 「寂しい」
 とか





誰も自分のことをわかってくれないから 「寂しい」
 などなど・・・





こういった 今 抱えている気持ち というのは





ほとんどが 今 初めて感じた気持ちではないと思います





過去に 幼少期に感じた経験のある気持ち
 なんですね





それも 過去に 何度も何度も 繰り返し 感じた気持ちの可能性が高いのです





繰り返し感じていて それも どちらかと言えば 嫌な気持ちの方が多いはずです





じゃあ なぜ そんな 嫌な気持ちを 今もまた感じているのか?






それは その 嫌な気持ちを味わうことによって





他の 「心地良い気持ち」 を味わったから なんですね~





他の 「心地良い気持ち」 というのは 





たとえば お母さんから褒められたとか 自分の存在を受け入れられたとか





自分にとって 心地良い気持ちです





それを 大人になった今も また あの「心地良い気持ち」を味わいたくて





それで 今もなお その 「嫌な気持ち」を感じているんですね~






そう言われても なかなかピンとこないと思いますので





あるクライアントさんのセラピーでの体験談をご紹介します

(掲載の許可は得ています)





***



この女性は 現在 彼との結婚を控えていて





その彼との付き合いは順調なんですが





最近になって 彼の共通の男友達から誘われたり





他の男性からも誘われたりして 





一見すると モテ期 のような状態になっているそうで





その誘いを断れなくて困っている
という悩みで カウンセリングされました





なんて贅沢な悩みなの? 





と思う方もいるかもしれませんが





結婚する予定の彼がいるという身の上ですから





他の異性からのお誘いを断れないというのは困りものですよね





こういった 男性だけでなく 他の友達などに対しても





イヤなのにイヤだと言えないということなので





共依存的な性格が見受けられます





「自分の嫌いな人でも 嫌われたくない」






とおっしゃっていましたから





まさに共依存的ですね





そして 彼と共通の男友達からの誘いを断れない





これが 最大の悩みだったわけですが





その男友達には 彼女がいます





その彼女とも友達です





もしも その彼女や クライアントさんの彼に 





その男友達とのことが ばれてしまったら・・・





修羅場 間違いなしですよね(ーー゛)





なのに その男友達からの誘いを断れずにいたそうなんですね





このクライアントさんは その男友達のことが好きな気持ちはなく





まして 友達である彼女から その男友達を奪う気もありません





「でも 誘われたら 断れない





好きでもないのに 断れない」






「なんで断れないんだろう?





彼女である友達や自分の彼に対して 罪悪感があるし





ばれたらこわいし、考えるだけで落ち込む。」






そう 罪悪感があるのに 断れない やめられない 





これは何でだろう?ということで 





この気持ちの元になった原因を探るべく





インナーチャイルドセラピーを行いました





ここで出てきたイメージは





小学校3~4年生の頃の自分の姿と お母さんの大きな貯金箱のイメージでした





まわりには誰もいません





小学生の自分は お母さんの貯金箱から お金を取り出し





ズボンのポケットに入れるイメージがでてきました





この時 「やってしまったー!」という気持ち(罪悪感)を味わっていた小学生の自分・・・





そして そのお金でコンビニへ行き 欲しいものを買っていました





その時の気持ちは 





「手に入ってうれしい」
でした





そして家に帰ると 今度は お母さんにばれて 怒られています





小学生の自分は 「嫌な気持ち」を味わっています





お母さんにばれてしまって 本当は謝りたかった





でも ちゃんと謝っていなかったのですね~この時は・・・





そこで ちゃんと謝るイメージをしてもらいました





謝って お母さんが許してくれた





そして 今度は別の方法で お母さんからお金をもらう方法を考えていただき





それを実行してもらいました





でも 「嬉しいけど (お金が)足りない」





という気持ちがでてきたので





また 更にお金をお母さんからもらう方法を考えてもらいました





そして それで 欲しいものをいっぱい買うイメージをしていただき





お母さんのお金を盗ったという罪悪感を 





正当なことをして お金を得るというイメージに変えることができました





罪悪感なく 欲しいものを手に入れた方が





嬉しいんだというイメージに変えたんですね





このセラピーをやってみて





「確かに 繰り返し お母さんの貯金箱からお金を盗んでいたことを思い出した。

盗んでいたのは、お手伝いでもらえるお小遣いだけでは足りなかったから」






そういって ふと思ったのが





「彼に対しても 足りないと・・・愛情が足りないと思っていた」





このことが一致するということに気付きました





だから 他の男性からの愛情を得ようとして





お誘いを断れなかったということだったんですね~




そして 罪悪感を感じたあとに 欲しいものを手に入れた 「嬉しさ」を感じたので


今もなお 罪悪感を感じたかったということになります


その当時は 品物だったのが 今は 他の異性からの愛情だったのかもしれませんね





とはいえ 他の男性から いくら愛情をもらっても





また 今の彼から 「もっと愛してよ!」と愛情をせがんだところで





実は 満たしきれないんですよね^^;





「自分で自分を愛する」ことができないと





いくら 他の人から愛情を注がれても 





受け取ることもできませんし





満たされることもありません






ということで このクライアントさんには





自分で自分を愛する方法をお伝えしました





自分で自分を愛していれば





他の人からの愛情って そんなに要らないんですよね^^;






誰かに愛されたい!という思いが強い人は





自分で自分を愛しきれていないのかもしれませんね^^






その原因は 必ず過去にあります





このクライアントさんのように セラピーで探って





イメージを変えるだけでも 自分を愛するきっかけになります





インナーチャイルドセラピーって 本当にスゴイな~!(^^)!

彼に振り回されていると思っていましたが(クライアントさんの感想)








クライアントさんから お礼ということで 


このようなメールを頂きましたので ご紹介いたします


***


「彼との関係ですが、ますます会う機会は増え、

今後の約束もきちんとでき、優先されてる感じがすごくします。


人が変わったのではないか?と勘違いするくらいです(・・?)

1年前では到底想像もつかない状況です。。


なぜだかわかりませんがこういう変化が訪れること自体が、

自分の変化なんですかね…。


だとするとみゆさんのカウンセリングを受けないままだったら、

どーなっていたのかと思うと、おそろしいです。。


きっとわけのわからない感情や心の波と彼自身に振り回されまくっていたと思います。


40歳以降の自分が見えない中、偶然彼と付き合うことになり、

偶然みゆさんのブログを拝見してカウンセリングを受けさせていただくことになり、

最初は本当にどうなるのか、何が何やらわからないままでしたが、

迷いや不安な気持ちを「よくなるんです」と

確信を持って言ってくれるみゆさんの言葉だから信じてこれたなと思います。


本当にありがとうございます!


まだまだ自分の中でいろんなものがまだあるので、

その辺はまだまだほぐしていきたいなと思っています。


これからもよろしくお願いします。



***


ありがとうございます^^


この方は 付き合っている彼に 振り回されている感が強かったのですが


自分の要望が言えず (どうせ聴いてくれないと諦めていましたから)


彼女自身は 週に1~2回は彼と会いたいと思っていても



彼の方が誘ってくれなかったり 誘っても断られてしまうというところから


月に2~3回会えればいい方だったのですね


それも 彼は約束をしない人だったので いつも 彼の都合でしか会えず


突然 今からいい?と誘わることもしばしば・・・


いつ会えるかわからないのも 不満でしたし


いつも 


「自分は後回しにされている」とか


自分のことを優先してくれない」
という不満を抱えていました


(実際に 彼の仕事の合間とか 用事で近くへ行くからという理由でしか 会ってくれなかったそうです)



それも 月に数回しか会えないのに 短時間しか会う時間がなかったらしく


「こんな付き合い方で 本当に恋人と言えるのだろうか?」



というのも 彼女の悩みだったので


「普通のデートがしたい」


「普通の恋人みたいなデートがしたい」



などなど 常々おっしゃっていました


前の彼女等は 普通にデートしていたらしいのに 


彼の家にも行ってたらしいのに なぜ私は家に入れてくれないの?


なぜ私だけ???


私は セ○レなの???



とさえ思っていました




これ 彼が原因とか 彼が悪いんではないんですよね~


問題は このクライアントさんにあるんですが


それは このクライアントさんの


「私は いつも 後回しにされる」とか「私のことは 優先してくれない」


といった思い込みから来ている
のですね



この思い込みがあるからこそ その思い込み通りの


その思い込みにあった現実が引き寄せられる訳です




この思い込みは 幼少期の家庭環境で出来上がっていますから


その思い込みを変えていくセラピーを積み重ねていきました


その結果・・・


彼が週に2~3日 会いに来てくれるようになり


ドライブデートや買い物など 普通の恋人同士のデートが出来るようになったそうです


今まで このクライアントさんのことだけは優先してくれなかった彼が


明らかに優先して 会いに来てくれるようになったのです


まるで別人のように変わった彼ですが 


クライアントさんからすると なぜこんなに変わったのか?


全く思い当たることがありません


クライアントさんからすれば 今までと同じように接しているつもりだからですね


自分は何も変わっていないのに 彼がなぜ変わっているの???


そう思っているかもしれませんが


実際には このクライアントさんに 何らかの変化があったはずなんです


そこに気付かないということは この方は


彼を変えようとしてセラピーを重ねたのではなく


自分の問題として 自分に向き合った結果


自分のために自分が変わったので


その 変わった自分に 彼が合わせて


彼が変化したということなんですね~


ちゃんと 自分のために 自分に向き合うことが出来ると


相手が 周りが 変容していきます


ちゃんとセラピーしてるのに変わらない という方は


相手を変えようとして努力しているので 残念ながら


自分も相手も 変わることはありません



それから 誤解されている方も多いのですが


心理学を勉強しただけでは このような変化は起こりません


自分の幼少期と向き合って 癒す作業をしていかないと変化はありません 




ちゃんと 自分のために自分を変えていく


本来の自分に戻る努力をされている方は


この方のように 目に見えた変化を実感することが出来ますよ(^^)/







セラピーの大切さを教えてくれたMさんへ






先月は 発熱が続き カウンセリングを延期 キャンセルして頂き


大変 ご迷惑をおかけいたしました<(_ _)>


その申し訳なさから 元気になってからは 


「頑張るぞぉ~!(^^)!」 と燃えておりましたが


とあるクライアントさん Mさんの言葉で 更に燃え上がったので


忘備録として残しておきたくて 記事にしました


***


「昨日はカウンセリングありがとうございました。

 お話をしていてほんとに深い海の中にいるようで

 なにも見えず、上下左右前後全部が不覚で

 どこにもいくことができずいたのが、

 ほんとにフワッと少し水面に近づけた気持ちになりました。

 気持ちを取り出して見つめるってできるんだなっておもいました。

 みゆ先生に出逢えてほんとによかったです。

 ありがとうございました。

 これからもよろしくよろしくお願いいたします。」



***

この方は これまで お話を聴くことがメインで 


特にセラピーは行っていなかったんですね


いろいろと諸事情があり セラピーに入れる状態ではなかったのですが


とある事情で 自分の気持ちに向き合う必要が出てきたので


フォーカシングをセラピーに応用したものを取り入れて 


初セラピーを行った時の感想が 上記の内容なんですね


この方 弱音をあまり吐かない頑張り屋さんで


常に人の顔色を伺う 心優しい方なので


カウンセラーの私にさえ 遠慮や気を遣って


話を聴いてもらうのは 迷惑ではないか?と考えるような方なんですね


そんな方が


どこにも行けず 苦しい思いを抱えていて


それが まるで海の底にずっと沈んだままのようだったと言う位ですから


相当な苦しみだったと思うんですよね(;O;)


それが 1度の軽いセラピーだけで ふわっと浮上したように


気持ちが軽くなったと言って頂けて


もらい泣きしそうな位に心が動かされ


病気なんてしてる場合じゃない!と 


俄然 やる気が出てきた訳です



やっぱり 気持ちに寄り添って お話を聴くのも大事だけれど 


セラピーを取り入れることは もっと大事なんだなと思いました



どのタイミングで どんなセラピーを取り入れるか?


その見極めが難しいですが 


私にできることはこれからもやっていこう!


と思います!(^^)!



Mさん ありがとうございます!(^^)!





カウンセリングでの疑問や不安





今回は カウンセリングの時に たまに言われることであり


他にもそう思っている方がいるかもしれないということで


クライアントさんから頂いたメールの一部をご紹介させて頂きながら


お伝えしていきたいと思います


***


「先週はカウンセリングありがとうございました。

今回お話しさせて頂いて、改めて前に進む覚悟が出来ました。

カウンセリングへの迷いも無くなって来ました。

(迷いと言うのは、こんな脈絡のないことまで話していいのかな?

変に思われないかな?

とか思い付くまま話して話の流れを変えたり逸らしてしまうのではないか?

等の疑問や不安)






私のところは 恋愛依存のカウンセリングですから


恋愛以外の話をしてもいいのか?と思ったり


関係のない話をしてもいいのか?


思いつくままに話してもいいのか?


と この方のように 疑問や不安になる方もいらっしゃるんですね



ですが 

カウンセリングは誰のためのものなのか?


というと クライアントさんのためのものであって


カウンセラーのためのものではない
ですよね



(この辺りをはき違えているようなカウンセラーさんが多いから


 クライアントさん側は 思いつくままに
 

 自由に話してはいけないと捉えられてしまうかもしれませんね)




何の脈略がなくても 起承転結で オチを付けて話さなくても


思うままに 思いつくままに 自由にお話をしてくれればと



私はそう思っています



それはなぜか?というと


今度は別のクライアントさんからのメールなんですが
 

こちらをまず お読みください


***


(中略)

小さな頃に決めてしまったことも、


禁止令もまだまだたくさん出てきそうで

途方に暮れてしまいそうになりますが…

例えるなら、ものすごい散らかった

真っ暗な部屋にいるようなものなのかなと思っています。


カウンセリングを受けることで

うっすら明かりがついて、どこに何があるのかを確認して、

あとは自分がひとつづつ片付けたり捨てたりしていくしかないんですよね。


時間はかかるかも知れないけれど、

確実にキレイになっていくのがわかっているから、

諦めずに続けていくことで結果が出るのかな、と。


何かわかりにくいですね(^^;;

でも、私のイメージはこんな感じです。






この方がおっしゃるように カウンセリングというのは


その方の「心の中」という「お部屋」を一緒に綺麗にしたり 


整理していくことだと思うんですね



(カウンセラーは 綺麗にする方法をお伝えしたり

 綺麗にするための誘導をしていくだけです)




ということは その方のお部屋が どんな状況なのか?


どんな物があるのか? どこに何が置いてあるのか?


分からないと 整理の仕様がないですよね



だから 思いつくままに話してもらうということは


心の中というお部屋がどんな状態なのか?


を話して頂くことと同じだと思うんですよね



ですから どんなことでも話してほしいんです^^



だからとって 何でも話さなきゃいけない訳でもないので


自分が話してもいいかな?と思うことだけで大丈夫です^^



話したくないことまで話さなくてもいいんです^^



それから 次のことも たまに言われることなので 


まずは クライアントさんから頂いたメールをお読みください


***


「 今回はお話する数日前にたまたま読んだ


「依存性パーソナリティ障害」についての記事に当てはまることが多く、


もしかしたら私これかも…と思っていました。


それに心の中の問題が複雑すぎて、克服出来ないんじゃないか…


みゆ先生に匙を投げられてしまうのではないか…


と言う不安が急に出て来ていました。



そんなさ中、先生に


「必ず克服できると確信した」と言って頂けて、


本っ当に嬉しかったし心から安心しました。


今は、絶対に克服して幸せになってやる!


と拳を空に掲げたい気持ちでいますp(^-^)q」





私のところへいらっしゃる方のほとんどは


自分が重症の恋愛依存に違いないと思っていらっしゃるんですね(;^ω^)


それもあって 匙をなげられるんじゃないかと思われるようですが


他力本願すぎて 自分では何もしないような人でない限りは


私が匙を投げることはありません!(^^)!



この方に対してもそうですが 


私は クライアントさん自身の力を信じているので 


克服出来る!と信じています





克服出来るか 出来ないかの違いは


途中で投げ出さないかどうかの違い
だと思うんです



当たり前のことかもしれませんが


カウンセリングを続ければ 必ず克服出来ます



途中でやめてしまうから 克服出来ないんです


途中で辞めたら そこでストップです


苦しいまま もしくは 少し楽になったところでストップです


それでもいいなら それでいいんです



別のクライアントさんが


「克服出来た状態って 心が穏やかになった状態かと思っていました

 だからもうカウンセリングの必要はないと思っていたけど


 こうやって話してみると まだ問題点があることに


 まだ克服出来ていないことに気付きました」



そうおっしゃっていました



確かに 心穏やかになった状態も 克服出来たら 手に入ります


でも 克服出来て居なくても 心に蓋をしていても 手に入ることがあります



心に蓋をして 感じないようにしているだけなのに 


それを心穏やかだと勘違いしているのです




ですから 心穏やかな状態=克服出来た状態とは 一概には言えないんですね




ただ 克服出来ると確信出来る方の カウンセリングでの進み方は 


この方のような感覚になります


*** 


「回を重ねるごとに益々カウンセリングへの楽しさと希望を感じています。


ワクワクします。


心の中のパズルのピースを1つずつ見つけていく様な、


こんがらがった糸を少しずつほどいていく様な、謎解きの様な。


答えは心の中にあるのですね。


次にどんな発見があるのか楽しみです。


今後もどうぞよろしくお願い致します。」






この方のように カウンセリングにワクワクを感じる方は


ほぼ間違いなく克服出来ると言えます


ワクワクするのは 自分のためのカウンセリングだからです


今まで気付かなかった自分を発見することを楽しいと


自分を楽しんでいるから うまく行くんですよね^^


ぜひ カウンセリングを通して 自分を楽しんでくださいね!(^^)!

感謝も信用信頼も出来なかった私が・・・(クライアントさんの声)








20代のクライアントさんから このようなメールを頂きました↓



「なんだかお礼を言いたくなって、メールしました。


私は最近すごく楽しいです。



苦手だった友達とも話せるようになり、

それ以上にその人の良いところばかり目がいって、

大好きになって尊敬できる存在になったり、信頼しあえるようになったり。


周りにいる人の、いいところばかり見えてきて、

感謝の気持ちでいっぱいになって心が満たされるようになりました。



約二年前の私が、こうなりたいなと思ってた人になれてる気がします


自分を大切にすることも理解できるようになったし、

まずは自分を大切にすることで、段々と周りへの優しさや感謝や態度に影響していき、

それが結局は自分を大切にしてることにも繋がってて、

それらが循環していくことも実感しました。



相乗効果ってこういいことを言うんだなーと、素敵だなと思います。

一度も挫折することなく、そしてここまでこれたのは、

みゆ先生が、私を信じて接してくれてたからだと思います。



カウンセリング中に、今思えば変なこといってたなー笑 と思えるような言葉を発してても

みゆ先生はぜーーんぶ受け入れてくれてたので、

私は全力でカウンセリングに望めていたんだなあと思います。


本当にありがとうございます!

あの時、みゆ先生のブログを読んで

自分の直感を信じてセミナーに行って、よかったなあと思います。


またいつかセミナーがあったら行きたいなと思ってます!



改めてありがとうございます!」





***





ありがとうございます(^^♪



このクライアントさん(Yさん)は



回避依存だけど 恋愛になると恋愛依存に回ってしまうタイプの方でした





回避依存の方というのは 人に感謝するのが苦手だったり 



人の良いところより 悪いところが目に付いてしまったり



人を信用信頼することがしにくい
 などなどの特徴があります





こういった方が恋愛では 恋愛依存に回ってしまう訳なので



相手が何をしてくれようと不満や不安で仕方がないんですね~





一見 相手に問題ありそうな場合でも 



実際には ご本人の捉え方が一番影響しています





例えば 相手が好意でやってくれたことさえも 捻じ曲げて捉えるので



不満や不安になってしまいますし



相手側も 信用されていないことは 無意識レベルですが 伝わりますから



それに応えるかのように 不誠実な言動をしてきたりするので



それで イヤーな恋愛関係に発展し 別れたり ヨリを戻したりを繰り返したり・・・



なんてことが起こりがちなんですよね





Yさんは 感謝の気持ちが湧かないとか 



自分を大切にすることがどういうことなのかわからないと おっしゃっていました





どんなに言葉で説明しても 体感したことがないから 腑に落ちないんですよね~(;^ω^)



それがセラピーを重ねていくうちに 実感出来るようになったのですが



おそらく セラピーの中で 



お父さんに 本当は愛されていた 大切にされていた 



ということに気付いたこと



これが大きかったのではないか?と思いました





お父さんに大切にされる それだけ「価値のある自分」に気付いた



だから 自分自身も 自分を大切にしようと思えるようになった



ということではないかと思いました




20代という若いうちに 大切なことに気付き 実行出来るようになって羨ましい限りですが



40代でも 50代でも遅くはないと まだまだ 人生取り戻せると思います(^^♪


プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR