いつも同じ思いを味わう嫌な恋愛パターンを繰り返していませんか?

今日 配信のメルマガ ラブアディクションからの克服


http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=509





では 





人は 嫌な感情だけで終わるような出来事なら

繰り返したくないはずなのに

繰り返してしまうのはなぜか?





ということについて お話を進めていきます





これは 嫌な感情でも


慣れ親しんでいるからこそ味わいたいということもあるからです







例えば 付き合っても 最後には相手から去られてしまう 

という恋愛パターンが出来ているという方 いませんか?







これも 嫌なら繰り返さないようにすればいいはずなのに


どうしても繰り返してしまう



繰り返す度に 同じ 嫌な思いを味わっているもの




これこそが ラケット感情(偽物の感情)なんですね~






このラケット感情というものには




人それぞれに 自分好みの感情 自分特有の感情 があるんです






まずは ご自身が どんな感情を好んでいるのかを 

持っているのかを知ることから


この ラケット感情を味わなくても済むように出来る方法があります






ということは 相手に去られるという恋愛パターンを持っている人は




そのパターンを打破することができる




相手が去るという出来事がなくなったり

たとえ相手が去ったとしても 今までの様な辛い思いをしなくても済む



ということになりますよね






この 自分のラケット感情(偽物の感情)を理解できていない人が多いようなので


メルマガにて説明して



なおかつ ご自身の持っているラケット感情は何なのか?

判別できる方法もお伝えします







特有の 嫌な恋愛パターンがあり もう繰り返したくない方



いつも 同じような感情を味わって終わるというパターンのある方




ぜひ ご参考になさってみてくださいね~(^^)/




今日から配信していきまーす(^^)/












見捨てられなかった安心感を得たくて

あなたは 【別れの爆弾】





落としたことはありますか?







私は 何度もありました







そもそも その【別れの爆弾】って何?




と思う方もいらっしゃるかもしれませんから

簡単にご説明しますと・・・







本当は別れるつもりはないのに 相手に別れ話を切り出すこと

引き止めてほしくて 別れ話を切り出すこと







要は相手の気持ちを引き止める 

盛り上がらせるための起爆剤のようなものですね







この別れの爆弾は 最初の数回は効果的な場合もありますが

何度も続けていると 相手はうんざりしてしまい

本当に別れる羽目になってしまった・・・




といった経験をされている方は 私だけではないと思います(;^ω^)










そこまでいかないにしても

常に 彼から別れ話をされるのではないか?と不安で




事ある毎に 「今度こそ 別れ話される?」とびびっているという方もいませんか?







どちらもそうなんですが ある思いが共通しています




その思いというのは







見捨てられなかった安心感 です







この安心感が欲しいからこそ 自分から別れ話を切り出して




彼に 「別れる気はない」と言ってもらうことで




「あぁ~ 私と別れたくないってことは 私の事 好きなのね」  




と安心したり 







事ある毎に 別れ話をされるんじゃないか?と思っている中

彼に 「これからも付き合っていきたい」なんて彼から言われたら 




「私とこれからも付き合っていくってことは 私の事好きなのね~」

と安心したり







見捨てられなかった安心感から 

愛情を得ようとしていないでしょうか?







これは 今現在 レジマグさんのメルマガ

ラブアディクションからの克服

http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=509

で配信しています内容と重なるところなんですが




相手に見捨てられないことを確認したくて 

相手が離れるようなことをあえて仕向ける訳ですよね







本当に見捨てられたくないなら 

相手が離れていくような事なんてしない方が離れていかないんですけどね(;^ω^)







なぜそうしてしまうのか?

また どうすればしなくなるのか?




といったことをメルマガでご説明していきたいと思いますので

詳しくは レジマグさんからのメルマガ 

ラブアディクションからの克服

http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=509




をお読みくださいませ(^^)/







自分の心の仕組み からくりがわかるだけでも 気持ちは楽になるんですよね^^

無料メルマガでもアレコレ書いています(^^)/

毎月24日に配信しています


まぐまぐさんから配信無料メルマガ 【恋愛依存症のあなたへ】




http://www.mag2.com/m/0001675026.html




こちではアンケートも元に 恋愛依存に関するネタをお伝えしています







ちなみに現在のアンケート内容は


ニックネーム まかろんさん 30代女性の方から頂きました




【恋愛依存で辛かったこと、後悔したこと】


(今自分が苦しんでいるので、いろいろな方の体験談聞きたいです。)







こちらのアンケートにお答えくださった方のお答えを元に

ここでは書いていないこともアレコレ書いていますから 

恋愛依存についての情報が欲しい方はぜひぜひ

ご登録くださいませ(^^)/










まぐまぐさんから配信無料メルマガ 【恋愛依存症のあなたへ】




http://www.mag2.com/m/0001675026.html












自立と自活は違う・・・じゃあ自立とは?

カウンセリングでご自身と向き合っていらっしゃる方が目指しているのは





恋愛依存克服と自立




これを目指して頑張っていらっしゃると思いますが

この自立を勘違いされている方が結構いらっしゃるようなので

今回は自立のお話です^^





自立している女性

と言われると どんなイメージの女性でしょうか?





独り暮らしをしていて バリバリ仕事をして

誰にも 何にも依存せず 1人で何でもこなしている女性




といったイメージでしょうか


独り暮らしして 自分で自分の生活が出来ている状態

これは 自立ではなく 自活 なんですよね





私のところにいらっしゃるクライアントさんの多くは
30代から40代の独身女性なので
独り暮らしされている方も多いんですよね




独り暮らしされているのに 恋愛に依存している自覚があるから

カウンセリングを申し込む・・・




ということからしても 

独り暮らしすることが自立ではない ということがわかりますよね







実際 自活は出来ていても 自立出来ていない方は多いんですよね







じゃあ 自立って何? というと・・・







【自分の感覚に気付くこと】

【自発的に選択できること】

【親密さ】







この3つが自由に発揮できている状態こそが 自立(自律)なんですね~





【自分の感覚に気付く】 というのは




親の価値観からでもなく 幼少期の環境から出来上がった思い込みからでもない
自分本来の持っている 感覚 考え方で 行動が出来ること





人は 自分の価値観のつもりでいても
親から受け継いだ価値観を採用していることが多いものなんですよね







例えば 親が納豆嫌いだから 自分も納豆が嫌いだとか
自分の結婚相手は 親が認めてくれるような人を選ぼうとしていたとかですね







本当の自分の感覚を思い出すことができるようになると
自分らしく行動出来るので 楽になりますよね








【自発性】とは




先ほどの 自分の感覚で考えられる価値観 思考から
多くの選択肢や代替案を考えだして 自分で選択して行動すること





選択肢がなく

こうするしかないという思い込みからの行動って案外多いんですよね


あとは白か黒か といった白黒思考で 2択しか選択肢がないとかですね







例えば 彼が浮気しているかも?と思った時




「もう別れるしかない!」と別れることしか考えられないとか
「どうやって問い詰めてやろうか!」と責め立てることばかり考えたり




1つの選択肢しかない ということ ありませんか?


こういった場合でも 思いつく限りの選択肢を考えて
最善の選択肢を選んで行動すること

これこそが自発性ということになります








【親密さ】というのは




お互いに快適な距離感で心を開き 感情や要求を共にできること
ここでの感情は 偽物ではなく本物の感情のやり取りができること





親密さというと ベタベタした関係のような
密接した関係のように思われるかもしれませんが


本来の親密さには お互いに快適な距離感であることが大前提だと思います




この快適な距離感を視覚的に表現すると
手を伸ばして 届くか届かないか位の距離ではないかと思います







恋愛依存カップルの距離感を視覚的に表現すると
ぴったりと身体がくっついている位の距離感
1センチ先に相手の顔がある位の距離感なので


相手を見ているようで 全く見えない距離なんですよね




離れないと 相手の顔がちゃんと見えないですよね(;^ω^)





そして本物の感情をやり取り出来ている状態ですね




本物の感情を出しているつもりでいても
出せていないことがほとんどなんです 実は(;^ω^)







本物の感情というのは 今ここで最初に感じた感情であり
その感じた感情を使うことによって 本物の感情となりえますが




その感情を我慢して溜め込んでしまうと 偽物の感情になってしまったり

本物の感情の代わりの感情を使うことで それが偽物の感情になってしまいます





ですから 本物の感情を使う事


これが親密さに必要となります







本物の感情には ネガティブな感情も含まれます


怒りや悲しみ 恐れがそうです







ネガティブな感情は 親密な関係では使わない方がいいのではないか?
と思われるかもしれませんが


親密な関係だからこそ 使っても大丈夫な感情なのですね







今ここで 適切な怒りを表現すること


そうすることにより問題は解決していきますから
怒りを使うことは悪いことではないのですね





こういった3つの能力をうまく発揮できた状態こそが

自立(自律)できた状態といいます





私が そんな状態になれるの?


と思う方もいるかもしれませんが

カウンセリングによって この状態を手に入れた方

取り戻した方はたくさんいらっしゃいます^^







恋愛依存を克服するためのカウンセリング

セラピー 療法を行っていくことによって
自律することにもつながっていきます


まだまだ程遠い・・・
そう思っている方もいるかもしれませんが




コツコツ続けて 気付けばその状態になっていた




そういえば・・・
と 振り返ってみると いつの間にかそうなっていた


というものですから




程遠い自分を責めたりせず 自分を信じて
コツコツ続けて頂けたらと思います^^












あなたの恋愛パターンは【ドラマの三角図】に当てはまっていませんか?




今月の レジマグさんからのメルマガ 【ラブアディクションからの克服】 では


https://regimag.jp/m/magazine/detail/?magazine=509









このメルマガでよく出てきています 「被害者」を元に








【ドラマの三角図】というテーマで メルマガを進めていきます











自分が被害者ということは 加害者が必ずいるということになり




それだけでなく 救済者もいるということにもなり




この3役を巧みに交代しながら 恋愛依存の二人の恋愛は進んでいきます





実際に この3人がいる場合もありますが




大抵の場合は 自分が被害者になっていると思ったら

いつの間にか加害者になっていたり


もしくは救済者になっていたりと




恋愛関係にある2人が 立場を変えて

これらの「役割」を演じていることがあります



もちろん 当のご本人たちは気付いていません


この3つの役割 立場を 【ドラマの三角図】と言います





恋愛関係だけに起こるものではないのですが

恋愛関係においてよく見受けられる 恋愛のパターン


まさにドラマ 人生のドラマのパターンを決めるのが

この三角図となります






この3つの役割から抜け出さないと 健全な関係を築くことは出来ませんから


恋愛依存の克服も出来ないことにもなります







ですから 相手が仕掛けてきたとしても


自分が この3つの役割にならないことが重要となります







今月からは この ドラマの三角図をテーマにお伝えしていきますので



被害者になりやすい人


加害者を作りやすい人

救済者になりたがる人 





レジマグさんからのメルマガ 【ラブアディクションからの克服】


https://regimag.jp/m/magazine/detail/?magazine=509





をお読みくださいませ(^^)/







この3つの役割から繰り広げられる恋愛のパターンや

3つの役割から抜け出す為の方法などお伝えしていきます(^^)/







プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR