自分に自信がないという女性はこの二つのタイプに分かれます



私のところへいらっしゃる方の中には 


自分に自信がない と言う方が多いのですが


大抵 この二つのタイプに分かれます


自信ありそうで バリバリお仕事されていて 周りから憧れの存在になっていそうな方


清楚で 爽やかで お嬢様風で 癒し系でありながらも 凛としたものも持ち備えている方



この2つのパターンの方が非常に多いのですが
(特に前者の方が多いですね~)


なのに ご本人は 全然気付いていないというもったいない方が 非常に多いんです


はた目から見ると みなさん 自信ありそうで 素敵なのに


「自分に自信がない」とおっしゃるんですよね~


この自信のなさ 


これも 恋愛依存傾向と関係あります


一番 自信ありそうでいて 実は全然ないのは 回避依存タイプなので前者のタイプですね


幼少期の家庭環境によって形成されたものなんですが


否定的 批判的な親に育てられ 自分のことを認められなかった 


という思いを抱えていると どんなに才能があったとしても 自信がなくなってしまいます



そして その自信のなさを 勉強や仕事で埋めようとするので 必然とデキル人になります


でも どんなに仕事ができても 自分への評価が厳しいので 


どれだけ仕事ができるようになっても 自分ならもっとできるはずだ


どんどんハードルを上げていきますから


どれだけ 他の人から評価されても 自分の自信にはつながりません


実際 自分への厳しい評価は 親からの評価なので 


どれだけ出来るようになっても 「お母さんから見たら こんなことじゃ納得しない」と


親からの評価がで自分を測ってしまうのですね 

(正確には本当のお母さんではなく 自分の中に残っている 幼少期の頃のお母さんです)



そして 後者のタイプは  他の人からの評価が自分の評価になるので 


人から良い評価がないと どんどん自信をなくしていきます



また 人の役に立つかどうか?が 自分の価値や自信につながるので


感謝されないと不満にもなります



このタイプは共依存ゆえに 他人次第 ということになります


いくら自分で自分を評価しようとしても 自分の能力や才能を低く見積もる傾向があります


なので 例えばテストなどで 他の人と同じ90点を取ったとしても


「あの人の90点はスゴイけど 私の90点は大したことない」


同じ点数であるにも関わらず 自分には価値がないと思い込んでしまいます


 

この二つのタイプ


タイプ的には 全然違いますが 


この両方の傾向を併せ持っている方というのも 案外多かったりするんですね~



それは どんなタイプかと言うと


人からの評価も気になるし 自分の評価も厳しい というタイプですね


人によって どちらが強く出ているのか?


強弱があるのですが


だいたい 表面的な雰囲気が その方のベースになっていることが多いようですので


見た目 ふんわり癒し系の方は 共依存がベースにあり


見た目が きりっとした 強い雰囲気の方は 回避依存がベース
の場合が多いです


どの依存傾向にしても その人の性格であり 魅力なんですよね


その魅力を最大限に生かすためには まず自分の魅力に気付いていないと 生かせないですよね



依存傾向は 決して 悪いもの ではありません


ただ その依存傾向が強いが故に 苦しい 生き辛いということはあると思います


でも その強すぎる依存傾向を弱めて 活かすことは出来ます !(^^)!




カウンセリングを通じて 


もったいないな~と思う人を どんどん減らしていきたい



本来の魅力を発揮できる人になっていただきたい



苦しい恋愛によって 本来の自分の魅力が発揮できていない人が


あまりにも多いなと思うんですよね



彼のために自分を変えて尽くしたり 愛される努力をするのではなく


自分のために 楽しい 幸せだと感じられる恋愛をしてほしい



これを意識しながらカウンセリングして頂きたいなーと思います(^^)/


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR