愛されることに執着すると・・・

私のところへいらっしゃるクライアントさんの中に 
このような方がいらっしゃいます
 
何年も続いている年下彼氏Aさんがいて 
Aさんは 独身で少しダメンズ気味


(Aさんにお金を貸しています)




クライアントさんは 

私がお金を貸しているから自分と付き合っているだけで

Aさんからの愛情はないと思っています




それに 他の女性と付き合っているかもしれないと疑っているのもあって

別れた方がいいと思いながらも 別れを切り出せず
彼から誘われれば会う という状態が続いています







そして 半年以上前から 
これまた年下の既婚男性Bさんと親しくなり
お付き合いされています







そして 最近になって 
またまた年下の男性Cさんに告白され
その人の気持ちに応えるかどうかで悩んでいる


という女性がいらっしゃいます







一見 羨ましい位の 悪女? 魔性の女?ですが
ご本人にとっては 苦しいことと思います





まず Aさんのことは 本当に好きかどうかわからないのに付き合っていて
別れを切り出せない







Bさんのことは たぶん好きなんだろうけど
既婚者同士だから いつかは別れなければいけない


別れを意識しながら付き合っていかなければいけない







Cさんのことは かなり年下で 
恋愛対象として見られないわけではないけれど
相手の気持ちに応えたくなってしまう


失うのがコワイ




という理由で 3人とも切れない状態になっていますから 辛いですよね







なぜ切れないのか?


お話を伺っていて 見えてきたのが

愛されることへの執着 ですね







これ 私もそうだったので 気持ちは分かりますが
昔の私だったら 逆にあえて切ってしまうかもしれません(;^ω^)




この状態が私には耐えられないから 自分から切っちゃうんです(;^ω^)




1人付き合ってるだけでも苦しいのに 3人ともなると
3人から愛されている状態は心地よいかもしれないけれど




その心地よさより 

愛されなくなる不安 に押しつぶされそうで
私なら耐えきれなくて 誰か1人にするか 
全部切ってしまうかもしれません




(私と同じ思考回路の方は 回避依存の傾向大です)







この方の場合 共依存の要素が強いと思われるので




愛されること = 必要とされている

にもなっていると思いますので


余計に切れなくなってしまうんですよね~(;^ω^)





愛されることと必要とされることが必要なんです







それが 一人だけで満足すればいいはずですよね 本来は・・・




でもそれができないのはなぜか? というと




まずAさん


Aさんは このクライアントさんのお母さんのように
愛情をなかなか表現してくれない人 なんですね




だからこそ Aさんから愛情が得られたら
お母さんに愛されなかった分を貰えたような錯覚が得られると
無意識ながらも依存している状態なので 
いくらダメンズだったにしても 手放せないわけです







ここでのAさんの思いは 子供の部分の自分が惹かれています


まるで 子供がお母さんを恋しがるかのように です




大人の自分が好きなのとは違っているんですよね







そして Bさんのことは
お話を伺っている限り Bさんへ あまり依存していないようですから
大人の自分がBさんのことを好きなんだと思います







ということは 自分のお母さんと似ている部分が少ないということですね




だから Bさんに対して 大人の自分は満たされているでしょうが
子供の自分は 依存できないので 満たされない 
物足りなくなってしまうのでしょう







だからこそ 他にも愛情を向けてくれる 
3人目の男性 Cさんを引き寄せたのではないかと・・・




ただ Cさんとまで付き合ってしまうと 
本当にややこしくなってしまうと思うんですよね(;^ω^)







愛されていること 必要とされることを求めていますが
本当に愛されて 必要とされたかった相手は
幼少期の頃なら 母親 だったんですよね







ですから 子供の自分からすれば 
今の男性は 相手が違うということになりますよね







恋愛において依存する相手 というのは
子供の自分が 母親に貰えなかった愛情をくれそうな人




それも 母親とどこか似たところがあるとか
母親と接しているときと同じような感覚を味わえる相手だったら
母親代わりになりやすいですよね







だから このクライアントさんは Aさんのことが切れないのです


切れないけれど この相手からの愛情は貰えないと諦めている




じゃあ Bさんがいるじゃないかと


でも Bさんには 母親を重ねていないから 物足りない







その穴埋めに Cさんを引き寄せて
(引き寄せてといっても 誘惑してという意味ではありません)




愛されることを満たそうとしているんですね







こうやって 母親から得られなかった愛情を
他の男性から与えてもらおうとしているわけですね







じゃあ どうすればいいのか?


ここまで 長くなってしまいましたので
また次回に書きたいと思います(;^ω^)







同じように 愛されることに執着されている方
愛されることに執着するがゆえに 男性が増えてしまっている方は

恋愛依存 + 共依存 の傾向が強いのかもしれませんね^^







ちなみに 【誘惑】という言葉を使いましたが

これ 心理学的に ゲームというやり取りの中で 実際に存在します




7月のレジマグさんからのメルマガ


【ラブアディクションからの克服】

https://regimag.jp/m/magazine/detail/?magazine=509


恋愛依存克服のために必要な知識や
自分一人で出来るセラピーの方法などをワークとしてお伝えしています
カウンセリングの方針などの理解が深まりますのでお勧めです





にて 

この誘惑(ラボ) についての説明を さらに詳しくお伝えしようと思っています




誘惑と一言で言っても 実は いろいろな種類があるのですね~




興味のある方は ぜひ お読みになってみてくださいね^^




一般的には 男性から女性に向けて 誘惑(ラボ)というゲームが仕掛けられると言われますが

逆パターンもあります










***







恋愛依存克服のために発信しているサービスを一覧にしました
あなたに必要なサービスがあるかもしれません
ご確認くださいませ(^^)/




http://dearmychild625.blog.fc2.com/blog-entry-475.html


***












スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR