恋愛依存克服はゴールではなく通過点

現在 大々的には行っていませんが
メールカウンセリングも細々と行っております^^

メールカウンセリングでなくても 普通に頂いたメールの返信もしておりますが
やはり メールカウンセリングの方が 効果はありますね~

このメールカウンセリング
私が儲けたいからやっているのではなく
お金を出している分 クライアントさんの真剣みが違うというのでしょうか

有料のカウンセリングと無料のカウンセリングが違うのと同じですね

人はお金がかかると 元を取ろうとして 真剣みが違いますよね^^
これ 大事です^^


本当に効果が違ってきますので
通常のカウンセリングを定期的にお受けできない方や
もっと早く克服したいという方が 通常のカウンセリングと並行して行ってくださっています

このメールカウンセリングは 5往復を一区切りとして行っておりますが
この5往復というのも効果が出る 気付きがある回数でもあります


その メールカウンセリングをお受け頂いている方から
5往復目に このようなメールをいただきましたので ご紹介したいと思います

***

「今回までのメールカウンセリング期間で発見したのは
「私は恋愛依存である自分を完全に否定していた」ということです。

「恋愛依存である=悪いことである→だから、早く治さなければ、幸せになれない」
という図式があるなと思いました。

「健全な人間にならなければいけない!」という強く思っていました。


でも、恋愛依存克服のことを考えれば考える程と苦しかったです。

それは、恋愛依存を考えることで自分を否定していたからではないかと思うんです。

「克服したい!」という気持ちより、「私はダメなんだ!」という気持ちの方が強く、
考えれば考える程、自己否定も強まって苦しさに繋がっていたんだと思います。

恋愛依存克服に対する心構えの方向が間違っていたのではないかと改めて思いました。

恋愛依存克服自体、今の私に必要なのだろうかとも思っています。

こんな風に考えるのは、克服が近づいているからなのでしょうか、それとも現実逃避なのでしょうか…

苦しいこと(=恋愛依存克服)に直面したくない、苦しいことから逃げたい気持ちなのかな、とも思いますし…

自分で自分がわかりません。」

***

ありがとうございます^^

恋愛依存に対する心構えが間違っていた

そもそも 恋愛依存の自分を否定していたので
その自分を変えよう変えようと必死だったようです

変えよう = 消そうとしていたのかもしれませんね

こんな恋愛依存な自分はダメだから 消して
別人の 新たな健全な自分になろうとしていた訳ですね

ですが 残念ながら 自分を消すことはできません

恋愛依存を克服すること というのは
まずは そのままの自分を認めること

どういうことかというと よく例えに使っているのが
交通事故で足を切断してしまった人のたとえです

恋愛依存という状態の根本の原因は
幼少期の環境での 親からの愛情不足による見捨てられ不安なんですね

この状態というのは 健全な愛情を受けられる環境を得られなかった
健全な子供時代を失ってしまった と言い換えることが出来ますから

足を失ってしまった状態と同じように
大事なものを失ってしまったことと同じようなものなんですね

となると 恋愛依存の状態というのは



足がないことを嘆いて 自暴自棄になったり
嘆き悲しんで拗ねて 何もしない状態
どうせ足がないんだから 何も出来ないと引きこもる状態


と言ってもいいかもしれません




では恋愛依存克服の状態とはどんな状態なのか?というと



足がなくても義足を付けて歩くことはできるとか
足はないけれど手はあるじゃないかと
出来ることをやっていこうと
捉え方を変えて生きていく事

これこそが 恋愛依存を克服した状態 であって
足が生えてくることが恋愛依存克服ではないんですよね

失ったものはもう戻って来ないけれど
今あるものをみつめて 前向きに生きていこうというものであって
完全で完璧な人間になることが 恋愛依存克服ではないんですね


そしてこの方の場合 恋愛依存は自分にとって必要なのか 分からなくなっています

それは 恋愛依存克服 = 苦しいもの
そう捉えているから 苦しい思いしたくないんですよね

確かに 楽なことではないと思います

自分の過去を振り返る作業なので 苦しいこともあります

でもそのあとに まるでご褒美かのように 楽になるとか
今まで感じていた苦しい思いを感じなくなるというメリットもあります

苦しいままで終わっていたら 確かに辛いので
何の為にやっているんだ?ということになりますけど

苦しい思いを乗り越えたら ちゃんとご褒美があります

ここが実感できると 恋愛依存を克服していくことが 楽しくなっていきます


足を失って 自暴自棄に生きていくことより
足はなくてもできることはあると前を向いて生きていく事の方が
人生 楽しく生きていけるのではないですか?

ということであって

あなたがこのまま 自暴自棄に生きていきたいなら
それはあなたの人生ですから
苦しい思いを乗り越えてまで 


恋愛依存を克服していく必要はないと思います

このままの生き方でいいのであれば
それはそれでまっとうして頂いていいと思いますから^^

ただし 自分で このままの人生を生きると決めたのは自分だという覚悟
それだけは持ってくださいね

人のせいにしないことです

自分の人生ですから 自分で決断してください^^

その上で 恋愛依存を克服したいと思うなら 私はお手伝いさせて頂きますが
恋愛依存克服 = バラ色の人生でもない

ここもご理解の上 カウンセリングに取り組んで頂けたらと思います^^


何の為に恋愛依存を克服したいのか?
誰の為に恋愛依存を克服したいのか?
恋愛依存を克服してどう生きていきたいのか?

目標を明確にしてくださいね^^

あくまでも 恋愛依存克服は
ゴールではなく 通過点ですから(^^)/











スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR