浮気は「される」もの?

こういった思い込み ありませんか?

「浮気されるのではないか?」

これが思い癖になっていて その通り
浮気する男性とばかり付き合ってしまったり

また次も浮気されるのではないか?と
なかなか 次の恋愛に踏み込めなかったり

といった



「浮気されるのではないか?」


という思いこみ ありませんか?



先日もカウンセリングで こういったお話をしていまして
クライアントさんから


「みゆさんは浮気されたらどうしますか?」
と聞かれ ハッとしたのが




今の私には

そもそも「浮気される」という概念がない




ということと

浮気は「される」ものではなく 相手が「する」ものであって
自分に価値がないからされるものではない



相手が「する」と決断からするものであって 私とは関係のない事

という基準が自分にあったことに ハッとしました


昔は  「浮気された」経験も 「自分こそが浮気相手だった」という経験もありましたから

そういった時

自分に魅力がないから浮気されたんだ
(つまんない女だから私だけじゃ物足りないんだ)

自分は浮気されても当然の人間なんだ
(自分には価値がないから酷い扱いをされても仕方ないんだ)

と 自分のせいで とか 自分が悪いから浮気「される」と思っていました

「される」ということは 「自分に何かされる」 ですから



「何かしてくる」相手を悪者にして


「何かされた」自分を被害者にしようとしてるんですよね




相手は浮気をする悪者だから


浮気を「された」被害者の私は 可哀想な私

だから「彼を責めてもいい」 と相手を責める人もいるでしょうし

「私って浮気されて可哀想なの」とでも言わんばかりに 友達に相談して
同情してもらったり 味方してもらったりして

可哀想な私を慰めてもらう人もいるかもしれませんね


でも 本当のところは 「彼が浮気をした」であって
そこに自分の価値は関係ないし

彼が加害者で 自分が被害者でもない

これが事実なんですが


そうなると 自分が被害者ではいられなくなる



可哀想な自分ではいられなくなると 何かしらの不都合があるから


「浮気される私」で居させてくれる状況を作ってくれる
「浮気する」彼が必要になるという訳ですね



そう 「被害者の可哀想な私でいたい」 ということです

可哀想な私で居れば 誰かが助けてくれる
という経験があるのかもしれないし

周りにいた可哀想な人と同じ立場で居られることでの安心感があるのかもしれない


自分だけ幸せになってしまう罪悪感を感じなくて済むかもしれない

これは人それぞれに違いがありますが
何かしらのメリットがあるからこそ 可哀想な私でいようとするんですね


この被害者の立場から抜け出すには

被害者VS加害者の 上下関係にならないこと

対等な横並びの関係になるように意識することが必要です

そうしていくために
まずは可哀想な私はメリットがあると思い込んだ原因を見つけることが重要ですね

一人で考えても なかなか出てこない方は 一緒に探していきましょう^^

そして その思い癖を変えるために 別の思い込みに変えていきましょう^^





そうすることで 「浮気される」 という概念なく恋愛出来ますから


余計な不安や心配なく付き合っていけますよね^^





「浮気される」概念がないから


相手を疑うことも 束縛することもなくなりますよね^^



そうなったら どんな恋愛が出来そうですか?

想像してみてくださいね^^










スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR