幸せは長く続かないという思い込みは、こうして出来上がる








私のところへいらっしゃるクライアントさんには



なぜか 長女 「お姉さん」と言う立場の方が多いんですね


(私自身は長女でも 兄が居ての妹なので 長子ではありませんが

 私の兄は頼りなく 弟のような存在だったので


 家族の中では 私がしっかり者 手がかからない存在でしたから


ある意味 お姉ちゃんでした)




こういった 私の気質が 「お姉ちゃん」のクライアントさんを呼ぶのでしょうか(;^ω^)


こういったお姉ちゃんという立場の方によく見受けられる思い込みがあります




それは・・・


「幸せは長く続かない」




これは 下に兄弟が生まれるまでの間 一心に愛情を受け取ってきたのに



兄弟が生まれた途端に 「母親をとられた!」とか 「母親の関心が自分ではなくなった!」



といった思い込みから



下に兄弟が出来るまでは 母親を独り占め出来て幸せだったのに



兄弟が生まれた途端にその幸せは終わってしまったと・・・



ということは 「幸せは長く続かないんだ」 とか



「幸せな時間はいつかは終わるんだ」




そういう思い込みが出来上がりやすくなります



こういう思い込みがあると 本当に 幸せな状態が続きにくくなるんですね~



(本当に幸せな状態が続かないのではなく 本人がそう感じるだけなんですけどね)



じゃあ 下に兄弟のいる人は みんな その思い込みが出来るのか?




というと そうではなく



あくまでも 本人が その時の出来事をどう捉えるのか?



によって変わってきます




ということは 別の出来事によっても この思い込みが出来上がる可能性がある



ということも言える訳ですよね



下に兄弟のいない人でも 「幸せは長く続かない」 



という思い込みのある人はいますから



他の出来事でも そう思いこむことがある訳です



そこで 私が思ったのが



母親から離された経験



例えば 生まれてすぐに 一旦は母親と対面しても 



すぐに保育器に入れられて しばらく 母子別室で過ごした とか



母親が病気などの都合で入院することになり 



しばらく 別々に暮らしていたとか



生後半年位で 母親が働きに行くことになり



昼間は保育園へ預けられていた もしくは 祖父母などに預けられていたとか



何らかの理由で 母親と離された経験があった場合にも



この 幸せは長く続かないという思いこみが出来上がる可能性があると思われます



(このパターンの場合 母親から離されたことにより 見捨てられ不安も形成される可能性があります)



じゃあ その 幸せは長く続かないという思い込み



これをどうすれば和らげられるのか?



その 和らげていくためのワークを こちらのメルマガラブアディクションからの克服で 先月からお伝えしています



このワークというものは ご自分一人でもできる方法で 



イメージすることによって この思い込みを和らげていこうというものです




こんな些細なことで 本当にそんな思い込みが出来るの?



そう思う方もいると思いますし



そんな思い込みで 本当に自分の人生が出来上がっちゃうの?



そう思う方もいると思います



そうなんです(^^♪



そんな些細なことで出来上った思い込みによって 



人生まで 出来上がってしまうのですね~(^^♪





カウンセリングでも よく



「(幼少期の)こんな些細な出来事がきっかけで 今までの生活が こんなに苦しかったんですか?」



そう言われます



それは



思い込みによって 自分の人生は 現実は 作られるから



なんですよね~(^^♪



だからこそ 



「もっと早くカウンセリング すればよかった~(*´Д`)」



とも言われます(;^ω^)



さぁ あなたは どんな思い込みがありますか?



その思い込みに沿った人生を 今も歩んでいませんか?







スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR