回避依存の特徴を知っておくと便利







最近クライアントさんとのお話の中で よく出てくるのが


【回避依存の人の特徴】



こういった 回避依存の人の特徴などは メルマガラブアディクションからの克服にて いろいろ書いています



例えば 一例ですが




2012年 1月 回避依存の人へのタブーや接し方など

2012年 2月 恋愛依存と回避依存の付き合い方と心理など

2014年 5月 回避依存が極まった人の特徴など

2014年 6月 回避依存を弱める方法など




いろいろ書いてありますので

 

気になる項目がありましたら バックナンバーからお読みになって頂けたらと思いますが



最近 クライアントさんによくお伝えしている

 

回避依存の方の典型的な特徴を1つ ここでご紹介したいと思います




それは・・・



「自分にとって都合の悪い記憶は 忘れる」 です




自分にとって 不都合な言動は 見事な位に忘れてしまうのですね~(;^ω^)



例えば

 

不審な行動をしていた彼に 「昨日はどうして連絡くれなかったの?」など 問い詰めた時に



 「○○君と飲みに行った」と言っていたのに



後からもう一度聞いてみたら 「あの日は仕事だった」と 



前に言ったことと違う発言をすることがあります




こういった食い違ったことを言っている場合

 

大抵 何か隠したいことがあるために 嘘を言っているのですが



自分のついた嘘を忘れてしまうのですね~




なので 「前に聞いた時は ○○君と飲みに行ったって言ってたよね」と問いただしても



本人は本当に忘れているので



「そんなことは言っていない!」
と逆切れされたりします(;^ω^)




そして 論点を変えて 相手を責めてきたりもします



「なんでそんな昔のこと いちいち聞いて来るんだ!」とか



「俺が何か悪いことしたのか!」
と言った具合で 



自分の嘘を認めようとはしません




これ 男性に限らず 回避依存の女性にも見受けられるので



どんな心理状態なのか伺ったところ 



本当に覚えていない その記憶だけが欠落しているかのように抜け落ちているそうなんですよね


なので 回避依存側の人からすると 



逆に 「何言ってるんだ?」と思うらしいのです



「自分は間違っていない 嘘をついてもいない」と 本気で思いこんでいるので



正々堂々と嘘をついて来る訳ですね




これは 回避依存の人の特徴の1つで

 

自分に都合の悪い記憶は回避する 消し去る というものなんです




時には 自分の都合のいい記憶にすり替えてしまうことさえも起こりますが



無意識のうちにやっていることなので 本人は気付いていません




ですので 回避依存の人と何か約束事をされる場合は



口約束でなら 録音されるか 



出来れば メールやラインなど



何か証拠を残しておかれると 守ってもらいやすくなります!(^^)!


(ただし 揚げ足を取られたように感じて 逆切れされる可能性もありますので 

 言い方など 責めるような口調は控えてくださいね)
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR