恋愛依存を克服したら?










先日 クライアントさんから



「恋愛依存を克服したら 自分の父親みたいな人を選ばなくなるのか?」



と聞かれました




これはどういうことなのかというと




この方の場合 カウンセリングを受けるまでは気付かなかったそうなんですが



好きになる人や付き合う人が どこかお父さんと似たタイプの人であると・・・



そして ついこの間 数年付き合っていた彼とお別れしたのですが



その彼も お父さんに似ていたからだったのか



恋愛依存が弱まっていくうちに だんだんと 彼への気持ちがなくなってしまい



「好きかどうかわからない」



「でも 別れたら 彼が一人になっちゃうのは可哀想」ということで



別れることを躊躇っていましたが



結局は この方から彼に別れを切り出して 別れに至りました





この方の場合 お父さんに似た彼に対して



「幼少期の頃に お父さんにしてもらえなかったこと 満たされなかったことを



 この お父さんに似た彼にしてもらえば満たされるんじゃないか?」






と 無意識に感じとり 



彼に満たしてもらうために付き合っていたようであって



彼そのものの魅力に惹かれていたのではなく 



彼の中のお父さんと似ている部分に惹かれていたということだったんですね~



なので その彼に求めていたことを カウンセリングでセラピーを行い



セラピーの中で お父さんに求めていたことを癒していきました



そうすると 彼に求める必要がなくなっていく訳です





彼に求める必要がなくなるということは 彼に依存しなくなるということですね



彼に依存しなくなると 今度は 本当に彼のことが好きだという部分だけが残るのですが



この方の場合 残念ながら 本当に彼のことが好きだったのではなく



依存していて好きだったので 気持ちが冷めてしまい 別れを告げることになりました





別れたら彼が可哀想だと・・・ 彼を理解できるのは私しかいないから



別れることを躊躇っていましたが



(これは共依存的な部分ですね)



実際に別れ話をしてみて 意外にもあっさりと 罪悪感なく 別れることができたそうなので



そういったことからしても この方の恋愛依存はかなり弱まったと思われます





ということで 前述の疑問



「恋愛依存を克服したら お父さんみたいな人を選ばなくなるのか?」




が出てきたということですね





答えは もちろん YES ですね~



恋愛依存の原因になっているのが お父さんだけでなく お母さんの場合もありますが



どちらの場合にしても 恋愛依存はセラピーで改善できますから



そうなれば お父さんやお母さんに似た人を選ぶ必要がなくなる訳です





似ている相手ほど 依存傾向が強く出てきますから 苦しい恋愛になり



似ていない相手と付き合っていれば 依存傾向はあまり出ませんから



恋愛依存だということを忘れて 快適に過ごせる恋愛になることもあります





とは言え お父さんに似てるから好きになった!



なんて自覚はない場合がほとんどです



無意識にです





カウンセリングでお話をしていくうちに



そういえば 彼とお父さんが似てるとか お母さんと似てると気付くので



ほとんどの方が無意識ということになります





まさか 好きな人が 自分のお父さんやお母さんに似ているなんて 思いもしないですもんね(;^ω^)



似ていてる相手を選んでも大丈夫です



恋愛依存を克服すればいいだけのことですから(^^♪
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR