彼が問題ではなく自分の問題を見せてくれているだけ








彼とのことで悩んで 私のところへいらっしゃる方のほとんどが



自分の彼こそ 最強の回避依存男性 だと信じていらっしゃいます(;^ω^)



なので



「こんな酷い彼、他にはいないですよね?」とか



「こんな彼と付き合ってるのは私だけですよね」などなど



おっしゃっていますが



実は 皆さん そう思っています(´艸`*)





他の彼がどうなのか?比較しにくいですから どうしてもそう思いがちですが





「○○さんの彼氏も同じこと言ってたな~」



「○○さんの彼氏も同じことしてたな~」



などと思いながら お話を聴かせてもらっています





だいたい 回避依存の男性がする行動や発言は 同じ なんです



多少の言いまわしの違いこそあれ ほとんど同じことを言われるので



女性側としては 同じような振り回され方をしています





まるで その彼氏が悪いかのような口ぶりで 



「こんなこと言われた こんなことされた」と訴えられますが



本当は 彼が悪いとか 彼が問題ではないんです





彼はただ あなたの問題を見せてくれているだけであって



彼自身が問題ではないんです





たとえ 彼に問題があったとしても それはあなたの問題ではないんです



彼が回避依存的な行動をして問題だったとしても それは彼の問題であり



あなたの問題ではなく 自分の中の問題を彼が見せてくれているだけ
なんです





例えば うちの主人で例えると



うちの主人も 回避依存の部分があるため 



昔は 私に対しての仕打ちは相当なものでした(;^ω^)





経済的な締め付けや 言葉の暴力 肉体的暴力など



のちに読んだDVの本に載っていた DVの定義 すべて当てはまる人でしたから





何もかも 自分中心で 自分が悪くても私を朝まで延々と責めたり



(しまいには 天気が悪いのも私のせいにされました)





出かけるとしても 自分の行きたいところしか行かない



私の行きたいところは連れて行ってくれない



(当時 私は車の免許がなかったので大変でした)





土日や長期休暇になると 家族ほったらかしで 1人で出かけてしまう



(その当時は浮気されていましたから)





家に居る時は 寝ているか 怒っているかで まるで育児をしない



(これに関しては 数年前に反省していました)





こういったことすべて 私も主人が悪いのだと 主人が問題なんだと思っていましたが



本当は 私の問題を主人が見せてくれていただけだったんですよね





私が 主人を そうさせていた んです





私の中の問題 「惨め感」



これを味わうためには 主人が悪者 酷い人で居てくれないと 困るからなんです





例えば 車の免許



主人が車で連れて行ってくれなければ 私はどこへも行けない



どこへも行けない どこへも連れて行ってくれない 大切に扱われない私は 



なんて惨めなんだろうと 惨め感を味わいたかった訳です



(表面的には とても味わいたくない感情なので 嫌がっています)





そんなにどこかへ行きたいのであれば 自分で免許を取ればいいのに



それをしないで 主人を心の中で責めて 



「私ってなんて可哀想なの。。。」と悲劇のヒロインになる訳ですよね(;^ω^)





そうやって 私は可哀想なんだから 大切に扱ってよ!と主人を心の中で責めるだけで



自分では何もしなかった訳です





確かに 連れて行ってくれなかった主人も問題だったのかもしれないですが



何の努力もしなかった自分の方が 本当は問題なんですよね





もう私は惨め感を味わう必要がなくなったので



(過去のトラウマなど癒したので)



惨めだと感じる出来事は 起こらなくなりました





主人は 私を責めることはもうありませんし



感謝の言葉もかけてくれます





今は 私も車の免許がありますが 



主人が運転して 私の足になって 荷物持ちになってくれています





長期休暇でも 1人で出かけることは ほとんどなくなり



「どこ行きたい?」と聞いてくれて 私が行きたい所へ連れて行ってくれています





家に居ても 寝てばかりでも 怒ってばかりでもなくなり



主人が毎日 息子のワイシャツの襟汚れを洗ったりしています(;^ω^)



(オムツ替えさえしてくれなかった人が)





主人は何もしていませんが 私が自分の問題を解決したこと



それだけで主人はこれだけ変わりました





それは 自分のために 自分を変えよう(本来の自分を取り戻そう)としただけであって



主人を変えようと思ってしたことではなかったからです



(まさか主人がここまで変わるとは 思ってもみませんでしたから)





とにかく 自分の抱えている生き辛さを何とかしたかっただけであって



主人を変えようなんて 微塵にも思っていなかった



これが功を奏したんだと思います





彼が問題だと思っているうちは 「彼を変えようとしている時」ですから



彼に意識が向いている間は 彼は変わらないどころか 自分の苦しさはなくなりません






彼は 自分の問題を見せてくれているだけであって 本当は自分に問題があるんだと



自分に意識が向きだすと まずは自分自身が楽になり 彼も変わり始めます^^

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR