考えと感情がごちゃ混ぜになっている方は・・・









有料メルマガラブアディクションからの克服


を読んでいらっしゃるクライアントさんから 下記のご質問があり


本来は有料メルマガの読者さんのみにシェアするものかもしれませんが


この辺り 他の方も ごちゃ混ぜになっているかもしれないので


こちらのブログでご紹介させて頂くことにしました^^



***



「次回のカウンセリングまでにメルマガのバックナンバーの気になるところをちょっとづつ進めてみてます。

 (中略)


そして女性性を高めるところや受け取るところは、まだまだちょっと難しいむづかしいな。。と感じました。

まだまだその段階じゃないんだな。。と少し焦る気持ちもあるのですが、

私の感情についてしつこくやっていこうと思ってメルマガを見返していました。


下記の部分がわからなくて、アドバイスしてもらってもいいでしょうか?


「私たちの感情は 考えていることからもたらされるからです

例えば『私が悪くて 彼女が正しいと非難されて私は傷ついた』

そう考えた場合…


(この場合『傷ついた』は考えになります)


その考えにそった感情がわいてくることになりますよね」





「傷ついた」は考え?というのがしっくり理解できなくて、

正しいと非難されたと「考えて」、私が傷ついたと「感じた」。


なのかと思ってしまいます。


考えと感情がごっちゃになると前のカウンセリングでお話しましたが、
やっぱりちょっとわからないです。。。

恋愛依存克服は頭「考え」からとあったので、きちんと理解した方がいいのかなと思って、、

教えていただいてもいいでしょうか?





***



はい^^



まず 私たちの心と言うのは 何かしらの出来事に対しての 反応と言うのは



考え が先に出てきて その考えから どんな感情になるのかが決まります



なので 何かしらの出来事があった瞬間に 感情へ直結するのではなく



その間に 考え 捉え方があります



その考えや捉え方によって 感情が出てくる仕組みですね



同じ出来事が起こったとしても どう考えるか どう捉えるかによって



そのあとの感情は変わります





例えば 電車の中で足を踏まれたとしましょうか



その時に 「この人は わざと足を踏んだに違いない!」



そう捉えたら 感情は 腹が立つ!とかイラッとするなど



不快な感情が出てくると思います





その時に 「この人は 踏みたくて踏んだんじゃないし謝ってくれてるんだから」



そう捉えたら まぁいいかと 感情は 穏やかなものになるかと思います





そして 先ほどの例の 「傷ついた」 がなぜ感情ではなく 考えなのか?ですが



「批判された」と考えて 「傷ついた」



ここまでが 実は 「考え」 なんですね~



傷ついたと考えた後 そのあとに 感情が出てくるはずなのですが



感情を感じたくない人は ここでストップさせてしまいます



これは 禁止令でいう 「感じてはいけない」という感情の禁止の影響でもあるのですが



感じてはいけないから 考えまででストップさせてしまうことが癖になっています





なぜ 感じてはいけないのか?というと



幼少期に 感情を感じるような場面になった時



例えば 
自分は悪くないと考えていることを母親に怒られて 悲しくて泣いた時に


母親から「泣くんじゃない!」と余計に怒られてしまった場合・・・




悲しくて泣くと 母親に怒られてしまう



泣くこと 悲しいと感じること自体がいけないんだ




そう捉えて 感情を感じないようにしてしまうのですね~



この場合だと 感情を感じると母親に怒られるから 感じてはいけないんだ



ということになりますね





子供にとって 母親に怒られることは とてもこわいことで 



嫌われるんじゃないか 見捨てられるんじゃないかという不安が襲ってくることですから



避けたいことですよね



 

そのために 感情を感じない癖が付き 



考えと感情がわからなくなるということが引き起こされます





「傷ついた」が感情ではない理由は



その先に 感情が出てくる 含まれているから なんですね



「傷ついた」 は 状況説明的なものであって 



その先の本当の気持ちを隠すのに ちょうどいい言葉だと思うんです





「傷ついた」と考えた時 その先にはどんな感情があるでしょうか?



悲し とか せつな とか 苦し といった感じで



感情は 最後に「い」が付く言葉が多いのが特徴です





そして 厄介なことに 感情には 



「本物の感情」「偽物の感情」もあって



自分では 本物の感情だと思っていても 



実は それは後から作られた偽物の感情の場合もあります





ややこしいのですが 



「傷ついた」も 偽物の感情に含まれる場合もあるかもしれませんが



前例の使い方での「傷ついた」 は 「考え」 に含まれます





その時の使い方によって 同じ感情でも 本物と偽物に分かれるのと同じように



えが感情になる場合もあるということですね





見分けとしては その後に感情があるかどうか ですね



考えの後には感情がある訳ですから どんな感情が出てくるか 探ってみてくださいね^^





この感情は 1人で うーーーん(-_-メ) 



と考えていてもなかなか出てこないのに



カウンセリングでお話していると 



自分の気付かなかった感情が 不思議な位に出てきて 自分でもビックリする(*_*;




なんてことがよくあります^^
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR