お金=愛情という思い込みが受け取る力を弱めてる?








恋愛依存克服 というテーマでカウンセリングをしていても



お金の悩みが自然と出てくる方がいらっしゃいます



一番多いな~と思うのが



「お金=愛情」という思い込みの方ですね





お金も愛情もイコールになっていると



どっちも受け取れているか



どっちも受け取れていないか という



極端な事態が起こってしまうことになります




どっちも受け取れいている という方は 自己肯定感が高いので



「自分は受け取る価値がある」訳ですから



 受け取る器が大きく 



どんどん入ってきても 受け取ることができますが



どっちも受け取れない という方は 自己肯定感が低いので



「自分に受け取る価値がない」と 受け取る器を小さくしていて



受け取る分 自体が少なかったり



たとえ 入ってきても 受け取りきれない という状況になっているように思われます 





本来 お金はお金であって お金は愛情ではないのに



幼少期に 愛情の代わりにお金を受け取ったいうような経験があると



お金=愛情 と勘違いしてしまう訳ですね~





私もそうだったのですが 



父親から 「遊んでやれないから」とか 「いつも寂しい思いをさせてるから」と言われて



お金を渡されていました





その経験から 私は お金が愛情なんだと思い込んだわけですね



父親からは お金という形で愛情を受け取り



逆に母親は 私にはお金をかけてくれなかったので



そのことを 



「私は母親に愛されていないから お金がもらえないんだ」




そう思い込んだことにより



より一層 お金=愛情 という思い込みを強化していきました





愛されていたら お金をもらえるけれど



愛されていなければ お金をもらえないんだ 




という思い込みですね





なので 恋愛において



彼氏が自分にお金をかけてくれること=愛情 となりますから



デートで割り勘とか ましてや 私に払わせるなんて ありえない!




そう思っていましたし



誕生日などのプレゼントでも 高価であればあるほど 私のことが好きな証拠だと思っていたので



安価な物をもらったときは 「私のこと そんなに好きじゃないんだ・・・」



落ち込みと怒りが収まらず それが理由で別れたこともありました(/ω\)





こうやって お金=愛情 という思い込みがある人に多く見受けられるのが



受け取るという力の弱さやブロック(障害)です





この受け取る力が弱かったり ブロックがあると 



お金の面でも愛情でも 少ししか受け取れなかったり 全部受け止めきれず 出て行ってしまいます





たとえば 自分の働きに見合った給料がもらえていなかったり



どんなにたくさん稼いでも 稼いだ分 全部出て行ってしまうとか



恋愛の場合だと 2番手のポジションで 自分だけ愛してくれない人と付き合ったり



彼に愛されているという実感が得られず 浮気してるんじゃないかという疑いが常にあったりします





これらは 受け取る力が弱いからこその弊害なのですね~



こういった受け取る力を高める方法として 今月のメルマガラブアディクションからの克服にてお伝えしていますので



受け取る力が弱いと感じている方は ぜひ参考にしてみてくださいね~(^^)/


※ちなみに 10月16日配信のメルマガでは 


私の お金を受け取る力を弱めていた原因となっていたものを例として紹介しています



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR