本来は回避依存なのに恋愛依存に回ってしまう人へ

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ


過去の記事を一部 修正加筆してみました


以前の記事では 恋愛依存症の原因として載せましたが


今回は 本来は回避依存なのに恋愛依存に回ってしまう人の原因として 


書き直してみました


***


私のカウンセリングをお申し込みいただく方は


恋人と別れたばかりで 苦しくて仕方ない…とか


付き合っているんだけど彼の言いなりになって


いつも私ばかり我慢している…
など


この苦しみから何とか抜け出したくて ネットであれこれ調べたら


もしかしたら自分は恋愛依存症?!


それでこんなに苦しいのかも…



と気づいてカウンセリングをお申し込みになる方がほとんどです


といっても 本当に 純粋な恋愛依存だけの方は ほとんどいらっしゃいません


どういうことかと言うと 


本来は回避依存というベースなのに 恋愛となると恋愛依存に回ってしまうタイプ ですね


このタイプの方は 友達とはべったりした関係ではなくドライな関係だったり


大勢でワイワイするより 一人で居ることを好むのに


恋愛となると 相手とべったりした付き合いになり 束縛や干渉したくなり


本来の自分ではなくなり 恋愛依存側に回ってしまうタイプです



このパターンの恋愛依存症の原因は ざっくりと 簡単に言ってしまえば


幼少期に親などの養育者から愛されなかったという思い もしくは


親の都合のいい時にだけ 可愛がられ 他は厳しく叱られたり


親に支配 コントロールされて育ったと思う家庭環境が原因
です



そして 大人になってから 恋人や配偶者に対して 


親から得られなかった愛情を 代わりに得ようと 強迫的になっていきます




例えば私の場合…


「付き合ってほしい」などと言われようものなら


自分のことを受け入れてくれる=無条件に無償に愛してくれるんだ!
と思い込み


どんな時でも どんな要求でも応えてくれることを望みました


要求に応えてくれることが愛情だと思っていたからです


そして どんどん要求をエスカレートさせていき


自分のことが本当に好きなのか試すかのように


無理難題を要求していきます

(まるでかぐや姫のようですね)


そして 自分の思うように相手を動かそうとします


相手が 自分の望みを叶えるのは 当然だ という思い込みから
 です


このパターンは 実は 回避依存傾向のある方の行動や思考パターンなんですね


正確には 回避依存ベースで恋愛になると 恋愛依存に回ってしまうタイプのパターンですね



これは 幼少期に 親などの養育者が 厳しいだけでなく 甘やかして育てられた場合に


「親がやってくれたんだから 他の人もやってくれるはず」と思い込むようです


親がしてくれたようなこと もしくは 本当はしてほしかったことを


大人になって 恋愛対象者に それを求めるということですね



とはいえ どんなに相手が自分の要求に応えてくれても 一時的にしか満たされません


すぐに次の要求が出てきてしまいます


それは 本当は親などの養育者に対して求めていた愛情を 他の人からもらおうとするので


相手が違う ということなんですね~



他の人に埋めてもらおうとしても 埋まらないのです


だからといって 今更 親から愛情をもらっても満たされません


今更 なんです


(今更 親にぎゅーっと抱っこされても気持ち悪いですしね(;^ω^))


じゃあどうすれば埋まるのか?


それは 自分の幼少期に…自分に向き合い


自分で自分を満たして 癒していく 


そして 幼少期に勘違いした捉え方を修正していくこと なんです




そのための方法として


 私はインナーチャイルドセラピーなどのセラピーを使い


自分に向き合うお手伝いをしていますp(^^)q


私自身もやってきたことを皆さんにお伝えしています


過去に私自身 恋愛依存症とは知らず 苦しんだ経験があるから


恋愛依存的な恋愛こそが恋愛だと 疑いもしなかったですし


依存傾向が強かった分 カウンセリングでの効果がなかなか現れず


苦しんだ経験があります



同じように苦しみの中にいる人を脱出させるお手伝いがしたくて


日々カウンセリングをしていますが あくまでもお手伝い 補助です



カウンセリングによって 依存傾向が弱まることによって


こんなに楽に付き合っていけるのか・・・


自分がこんなに穏やかな気持ちでいられるのか・・・(*_*;



と ある意味衝撃ですね^^;



嫉妬や不安などの余分な感情がなく ただ好きだというシンプルさ


恋愛って こんなにシンプルなものだったのかと・・・


苦しんだ分だけ 幸せな恋愛を実感することができる



私はそう思っています(^^)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR