待てない女、コントロールしたい女

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ


【待てない女】


というテーマで 書いた 2年前の この記事・・・ 


懐かしいな~と思い またもアップしています


最後に 今の自分が思う見解も 追加しています!(^^)!


長いですけど 最後まで読んでみてくださいね~(^^)/


***

待つことができない…


むしろ 待つことを知らない… といった方がいいかもしれません


これ 女性だけでもないでしょうが


過去の私 相当待てない女でした^^;



今でも せっかちなんですが~


昔は もっとせっかちで



『今すぐにいい結果が出ないと不安になる』


とか



『長い目で見守るということができない』


という性格でした



そのため 他人をコントロールして


いい結果を


自分の思い通りの結果を早く得ようとしていました



例えば メール



メールしたら 即返ってこないと 不安になっちゃうんです



静かに待つなんて


そんな思考回路 ないです(笑)




そのために


もしかしたら 私のメールで気を悪くしたかもしれない


そう思い込み


ご機嫌を伺うようなメール
を 送信!



それでも 返事はない…



そうすると 今度は



あ~やっぱり怒ってるんだ



と思い込み



また 再度 ご機嫌伺いメール


または怒ってるのか確認メールを送信!



こうやって 相手からメールを貰おうと


コントロールしようとします



『怒ってないよ』とか


『心配させてごめん』なんてメールを期待して…



早く返事がほしくて 安心したくて


最後に「?」マークを付けると 早く返事がもらえるとかなんとか


昔読んだマニュアルを試してみたり(^-^;



相手の都合お構い無しなんですね(^-^;



自分は いつでも メールしようと思えばできるから


相手もメールできるはず



そう思い込んでいたんですね



自分も他人も同じように考えて行動するはずだと・・・



例えば


『メールが来たら すぐ返信するか

必ず返信しなければいけない』



ということを 相手も思ってるはずだ!


という思い込み…



これ 認知の歪みなんですね~(^-^;



他人との境界線がはっきりしていないから



自分と他人は 考え方も感情も違うという自覚がないんです


関係が近ければ近いほど  自覚はなくなります



この境界線を引く方法を コチラでご紹介しています↓

共依存脱却マニュアル



自覚しているつもり


境界線を引いているつもり



では お互い いい関係は築いていけないんですね



お互いに心地好い関係を築いていくために必要なこと


ご紹介しています



境界線が曖昧になりがちな方にオススメですクローバー


***

(追記)

待つことが出来ない心理 


これは 相手を自分の思い通りにさせたいから


なんですが


どんな風に思い通りにさせたいのか?というと


自分の不安を相手に解消してもらおう
という


それも 自分の思い通りの言葉や態度などで 解消してもらいたい んですね(;^ω^)


だから 自分の望む形での対応をしてくれないと 


激怒したり 落ち込んだり 不安になったり 失望したり


相手が悪くないのに 相手を悪者にして責めたり・・・


相手に 自分の感情の面倒を見てもらおうと コントロールしようとします

それは 
自分が不快な気分になるのは相手のせいだ
 という考えと


相手が自分の不安を解消させるべきだ という考えから来ています


この考えに至るようになった原因は いくつかあるのですが


どれも 親子関係が影響していて 


親に対して望んでいた考え であるんですね


相手に対して 親に望んでいたことを要求している ということになります


でも 相手は自分の親ではありませんから 当然ですが 叶えてはくれません


まずは そこを意識してみてください


相手は私の親じゃないんだと・・・


そして いくら親であっても 誰も 自分の感情の面倒は見てくれない


これも意識してください


それを意識してから 共依存脱却マニュアルをお読みいただくと 


中に書かれている 具体的な方法を取り組みやすいかもしれません!(^^)!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR