恋愛依存カップルの感情サイクルの流れ

恋愛依存でいろいろ調べて 本を読んでいる方は 分かっている人が多いと思いますが







恋愛依存のカップルは ある特有の感情のサイクルをグルグル回っています







そのサイクルとは どんなサイクルなのか?
というと







2つに分かれます







ポジティブ期(ラブラブ期)ネガティブ期(回避期) です







まず ポジティブの時期・・・







このサイクルに居る二人は ラブラブで 頻繁に連絡を取ったり 会ったりして







激しい昂揚感で 幸せいっぱいの時期です







まるで天国のような  満たされ た気持ちでいっぱいになります







この時期というのは 回避依存側の方が 恋愛依存側へ 熱烈なアタックを仕掛けてくるので






ここから 恋愛がスタートします







ここでの二人の心理としては







回避依存側の人は この人こそ 運命の人だ!と思い

(恋愛依存側に回るであろう人を嗅ぎ分けていると言われます) 







熱烈にアタックしていく自分に驚きながらも

(普段は冷静で 落ち着いているため) 







好きでたまらない 逃したくない思いで 必死にアタックしていきます







それに対する恋愛依存側の人は 







こんな私に こんなに熱烈にアタックしてくれるなんて・・






と どこか疑っているのですが







あまりにも熱烈なため 本気かもしれない とか この人こそが運命の人かもしれない!







そう気持ちが傾いていきます







(外見などが自分の好みだったりする場合 最初からすぐに恋に落ちることもあります)







そして この人なら こんな私を愛して 受け入れてくれているんだから 大丈夫だと思い







その回避依存側の愛に応えるかのごとく のめり込んで 好きになっていきます







そうなると 今度は ネガティブ期(回避期) に入ります







回避依存の人の本領発揮です








あんなに熱烈だった 熱心だった 回避依存側の人が 







急に手の平を返したかのように 冷たく そっけなくなっていきます








連絡も途絶えがちになり 仕事やギャンブル 他の女性など 







恋愛依存側の人 以外のものにのめり込んでいくのです







この時期の回避依存側の人の心理としては







恋愛依存側の人が 自分の気持ちに応えてくれた ということは







追っていた自分が 追われるような感覚になります

(迫って来るような 乗っ取られるような 支配されるような感覚です)







追われるから逃げたくなる というのと 







恋愛依存の人の重い気持ちが苦しくなったり








密接な関係を息苦しく感じ 窒息するような苦しさも感じるので







そこから逃げたくて 他のものに回避していきます







ここの段階で 相手の恋愛依存側の人を嫌いになった訳でも 別れたくなった訳でもなく







ただ この窒息感から逃げるために 離れるだけ







1人になりたいから 離れるだけ 







連絡を取りたくないから 取らないだけ なんですね







ですが それを恋愛依存側の人は 







「嫌われた?」とか 「私のこと飽きたの?」とか 







この ままでは捨てられてしまうのではないか?と不安が大きくなっていきます







この不安から 彼にガンガン メールを送ってみたり







何とか会って 気持ちを確かめようと 誘ったりして







彼に 必死にしがみついていきます







こうやって しがみつけばつくほど 







回避依存側は 恋愛依存側の人のことがうっとおしくなります 








余計に 回避したくなる訳です







恋愛依存側は 自分から離れていかないようにと 必死にしがみついていきますが







それは 相手には重荷 負担となって どんどん 他のものへのめり込んでいきます







こうなると 恋愛依存側の人は 相手が自分を見捨てようとしているんだと思い込み







酷い人だと 禁断症状が出てくるようになります







ここでいう禁断症状は まさにアルコール依存の人がお酒を断った時のような症状が出てくるのです







ここで 禁断症状が現れるのは 恋愛依存側の人だけです








回避依存側の人は 苦しくなったら他のものへ逃げて 苦しみから逃れますから







禁断症状を感じることはないのです







これは 別れた場合も同様です





ここで 解釈の注意をしてほしいのが







回避依存の人は禁断症状がないのか?
というと







そうではないのです







回避依存の人でも 恋愛依存側に回った恋愛をしている場合は







禁断症状に襲われることがあるのです!











そして 激しい禁断症状から抜け出すための手段として







相手を取り戻す妄想や 報復する妄想で 躍起になっていきます








相手と身体の関係を持つ 誘惑することで相手の気持ちを取り戻そうとしたり







もしくは 他の人と浮気することで 相手に当て付け たり







相手に罪悪感を植え付けるような言動を取ったり





(私がこうなったのは あなたのせいだと言わんばかりの行動をします)







もしくは 禁断症状から抜け出したくて 買い物やお酒 ギャンブルなど







自分も逃げるという方法をとることもあります







そういう禁断症状を恋愛依存側の人が味わっている間







恋愛依存側の人が 連絡を取ったり 接触をしないでおくと







回避依存側の人は 少しずつ 窒息感などの苦しさが和らいでいき







恋愛依存側の人への恋しい気持ちが復活していきますが







この時期に 苦しいからと 回避依存側の人へ ガンガン連絡を取ったり







自分の苦しさを和らげてもらおうとすると 







回避依存側の人の窒息感は 更に悪化していきます





(重くて耐えられない感じですね)







ここで 別れを告げる回避依存側の人もいますので







いくら禁断症状が苦しいからと言って 彼に助けを求めないことですね










ここで別れを告げる 回避依存側の人の心理としては







相手を嫌いになったから という場合よりも 







こ の関係性が面倒くさくなったから 




(相手を助けるのが面倒くさい)







といった自分に責任を負わされるようなことを避けたい心理が働くと思われます







ここで 一旦別れて また しばらくすると 







何事もなかったかのように連絡してきて また関係が再開する







という話もよく聞きますが










大抵の場合  しばらくすると 回避依存側の人が 窒息感などなくなると寂しさが出てくるので 







また 恋愛依存側の人の方へ戻ってきます







その 戻る時 恋愛依存側の人が ガンガン連 絡したり 何らかの行動に対して







回避依存側の人が怒って ケンカに発展することもあります







このケンカも 実はサイクルの中に組み込まれています







ケンカした後 ちゃんとその問題に向き合わず 







なぁなぁな感じで体の関係を結び それで仲直りする








問題は解決していないのに 身体の関係になることにより 







仲直りしたような錯覚を起こすのです








これも 問題解決から逃げたいという心理から来ています







そして 仲直りしたと誤解したまま また ポジティブなラブラブ 期へ移行していきます







といった感じで 恋愛依存のカップルは この感情サイクルを繰り返しています







ご自分と彼の付き合っているパターンを思い返してみてください







当てはまっていますか?










哀しいことに この感情サイクルは 繰り返せば繰り返す程 







ポジティブな ラブラブな時期は短くなっていき







ネガティブな 回避の時期が長くなる 








という特徴があります







ということは 回避依存側の人が 恋愛依存の人から離れる期間が長く







恋愛依存側の人の苦しみが長引く
ということですね





残念ながら 恋愛依存のカップルは このサイクルから逃れることは出来ませんが





このサイクルの回転をゆっくりにすることによって 





ネガティブ期の方が長くなるのを避けることが出来ますし






このサイクルになっても 自分の感情が安定していれば 





相手がネガティブゾーンに入っても 平気でいられるようになります








そうするには どうしたらいいのか?







というと 





まずは 頻繁に連絡を取らない 頻繁に会わない 







自分から接触しない 





そして その間に 自分の感情のコントロールが出来るように





カウンセリングでセラピーを重ねて キモチの安定を図っていきます






自分が安定していれば 相手が他へ回避していたとしても 動じないのですね





これをカウンセリングでちゃんと実行できている人は 確実に効果が表れています





なかなか実行できない人は 残念ですが 目まぐるしい速さで感情サイクルが回り





別れへと向かっているかのように  お互いに辟易しています





この状態の方は まず自分が今 どの状態にいるのか?





それを認識してください





そこからスタートです(^^)/
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR