執着のカラクリ



恋愛依存で悩む方の悩みの大元になっているもの


それは 執着 なんですが


これが 手放せなくて困っている方が非常に多く見受けられます


でも この執着


持っていると苦しいし 邪魔なものかもしれないけれど


これ 本当は 宝物なのかなって


執着を手放せたら 


これがきっかけで 本来の自分を取り戻せたりする訳なので


実は宝物なんじゃないかと思います


とは言え 持ったままじゃ 苦しいですよね 


そこで 2012年8月に書いたこの記事が参考になるかもしれません↓

(一部加筆しています)


***




恋愛依存を克服するための最大の鍵は


『過去にあった 許せない出来事や人を許す』ことなんですが


許すというと どんなイメージがありますか?


許すと言うと…


・ヒドイことをした相手を受け入れる

・過去にされたことを忘れる

・我慢する

・過去だからと諦める



こんなイメージでしょうか


過去に深い傷を負った人ほど トラウマになった出来事や人を許せないと思います


ではどうやって許していくのか?


よく 過去を許すには 執着を手放しましょう っていうけれど


どうやったら過去の執着を手放せるのか?


まず 過去に執着していることすら 気付いていないんですよね^^;


嫌いな人や思い出したくもない思い出なんだから 執着するはずがないと思いますよね


実際には 嫌いな人 憎いと思っている相手にこそ 執着しているから 


手放せない 手放したくない んですね~



なぜって 手放したら 嫌いとか憎む理由がなくなっちゃいますよね


理由がなくなっちゃったら 今の自分を肯定できなくなっちゃいますから(;^ω^)

(今の自分がこうなったのは 相手のせいだと あの出来事のせいだと 責められなくなりますから)


それに 手放すことによって 感じたくない 見たくない感情を見なければいけなくなるので


それを見たくないから あえて 手放さないということもあります


私たちは 痛みに弱い生き物ですから


手放すことによって感じるであろう 痛みや衝撃を恐れてしまうのですね


執着を手放す時 どうしても 痛みや衝撃は感じます


執着を手放すとは


イメージでいくと ぎゅっと握りしめている手を ぱっと開くだけであって


握りしめている執着を 力いっぱい 放り投げるとか 捨てるということではないんです


手の中にある執着を 手のひらからなくそうとするのではなく


手のひらを広げて この手のひらに 執着があるんだと 認めること


認めるんです


執着しているんだと 


認めるだけで 執着は 手放す方向へ向かいますが 


ここで 傷みや衝撃を感じてこそ 執着を手放せた証拠になります


そうすれば 過去に起こった嫌なできごとや人に対して


許す ことができます


この 認める作業 


簡単そうでいて かなり難しいことなんですね


とても痛い 衝撃的なことですから 難しいものなんです


たとえば 他の人から見れば 明らかに母親から虐待を受けているのに


本人は 虐待ではないと思い込む人がいます


これは 虐待だと認めることにより


「そんな母親に育てられたことを認めたくない自分」


「本当は母親に愛されていなかったのかもしれないと思う自分」



認めなければいけなくなるからです


認めてしまうと 感じたくない感情を感じてしまうから 認めないんですよね


執着を手放せないのも 


手放せないのではなく 手放したくないから ぎゅっと握っているわけです


手放したら 感じたくない感情がでてくるから


手放したくないのですね


あなたの感じたくない感情とは なんでしょうか?


まず ここに気付くことですね^^


どうしてもわからない方は カウンセリングでお話していくうちに


「これかも?」と気付くことが出来るかもしれませんね!(^^)!


女性は話しながら整理していくことが得意ですから どんどん話してみてください


どんな気持ち 考えでも大丈夫!(^^)!


全部 受け止めますから 安心してお話ください^^
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR