彼が自分の思い通りに愛してくれないと言う不満はありませんか?

~業務連絡~


ここのところ 「早く話を聞いてほしい」という理由で

ご予約の日にちを前倒しして 

カウンセリングの日にちを早めてほしいというお問い合わせをよく頂くのですが



そうされますと他のクライアントさんにご迷惑をかけてしまうこともありますので

出来るだけ ご予約の日時までお待ち頂けるよう お願いいたします<(_ _)>


お気持ちはわかりますが 満員続きのため ご予約が取れない方もいらっしゃるので

ご協力 お願いいたします<(_ _)>



***



最近のカウンセリングで 





「せっかく 彼とデートしているのに 悲しくて仕方がない」  とか







「怒りがこみあげてくるのを必死に堪えながら 彼と会っている」とか







「私は 好きとか愛してるって彼に言ってるのに 彼はちっとも言ってくれない」などなど







こういった話をクライアントさんから ちらほら聞きます







好きな人と付き合っているのに デートして 会っているのに 







こういった不満が出てくるクライアントさんには ある特徴があります







それは 彼が自分の思い通りの愛し方をしてくれない という思いを抱えているんですね~






私自身も 昔は 







「前から行きたいって言ってる○○に連れて行ってくれない」とか







「誕生日にプレゼントを貰えなかったどころか 誕生日自体を忘れられた」とか







「髪の毛を切ったのに気付かなかった」などなど







彼が 「あーしてくれない こーしてくれない」と してくれないことばっかりに目を向け







不満に思っていました







でも言えず・・・(;^ω^)







そんな不満言ったら 嫌われてしまうのではないか








別れようなんて言われたらどうしようと思うと







こわくて言えなかったんですよね~(;^ω^)







この不満を持ったままで 彼と会ったところで







その 不満臭は どうしても 出てしまいます

(顔や態度 言葉の端々に)







それを敏感に察知する彼であれば 不機嫌そうな彼女をみて 彼も不機嫌になり







せっかく好きな人に会っているというのに 全く楽しくないどころか







腹立たしさ悲しさ 惨めさまで出てきて







「何で私 この人と付き合ってるんだろう?」







彼のことが好きかどうか 彼のどこが好きだったかさえも 分からなくなっていきます







こんな 自分のことを分かってくれない人なら 別れた方がいいんじゃないか?








とさえ思っていました







これは 彼が自分の思い通りになるだろうと なるはずだという思い込みから来ていて







思い通りにならない相手なら 付き合っていても意味がない







そう思ってしまうからこそ 苦しくなってしまうのですね~







そもそも なぜ 彼が自分の思い通りになるはずだと思い込んだのか?というと







大抵の場合 最初の頃の 付き合い始めの頃の彼は







自分の思い通り 理想通りに動いてくれているように見えたから  です







自分の行きたいところに連れて行ってくれたり







自分の欲しいものを与えてくれたりして

(物や愛情表現など)







この人こそ 自分の理想の人だ!と思い込み







ずっと そうしてくれるものだと思い込んでいきます







でも 男性側としては ずっとその状態を続けることは難しいので







だんだんと回数や表現など 減っていきます







そうなると 女性側としては 







最初 あんなにやってくれたのに 何で???







と 不思議で仕方なくなります







やってくれて当然だと思い込んでしまうのですね







それプラス そういった 彼にしてもらって嬉しかったことは







実際には 幼少期の親(または養育者)にやってもらいたかったことと同じ







もしくは 当たり前のようにやってくれていたことなので







「この人なら 私の望んでいることをやってくれる理想の人だ!」
という思いから







余計に 彼に執着していき







親のように やってもらおうとします







だから 「親なんだから 子にやって当たり前」 という感覚と同じ位の感覚になります







でも 本当は 親に望んでいたことなので 







いくら 彼がやってくれても 満足することはありません







相手が違うから なんです







親に求めていたことを 彼にやってもらって







大人の今の自分は満たされても







子供の自分は 満たされないのです

(子供の自分からしたら 彼は親ではなく ただの他人ですから)







子供の自分は 子供の頃の親にしてもらいたかったのですから







他人の彼に あれこれしてもらっても







「この人じゃなーい!」

( 誰や、このおっさん) ということになりますね(;^ω^)







ということで どんなに彼がやってくれても 満たされることはなく 不満は募り 







どんなに 彼なりの愛情表現をしてくれても 







自分の欲しい形の愛情表現ではないので 受け取らず(気づかず)







「ちっとも私のことを考えてくれない」
だの







「私のこと 本当は好きじゃないんだ」と思い込み







事ある毎に 彼の愛情を疑い 不満はどんどん募っていきます







では どうすればいいのか?







それは 大人の今の自分ではなく  







子供の自分を満たしてあげること 癒してあげること です







インナーチャイルドセラピーで その 満たされなかった 癒されなかった原因になった時期を見つけて








子供の頃の自分の思いを満たしてあげるのです







これをしない限り いつまでたっても 彼への不満はなくなりません







彼への不満があるから 彼からの愛情表現(サイン)に気付くことが出来ません








それに どんなに彼に愛されていると分かっても 満たされることはありません







インナーチャイルドセラピーを通じて 自分で自分を愛する
 ということも学ぶことによって







彼から愛情を100%受け取って満たそう
 ということもなくなります







彼からの愛情や他の人からの愛情で 心が100%満たされる
と思っていますが







本当は 自分からの愛情でしか 自分の心を100%満たすことは出来ません








自分で自分を愛するなんて気持ち悪い・・・








私はそう思っていました(;^ω^)







こんなダメな自分を愛するなんて出来ないけれど 







他の人が愛してくれたら 自分でも愛せるようになるかもしれない・・・








そう思って いました







でも 実際は逆なのですね







自分でも愛せない自分を 他の人が愛してくれる訳がないんですね~







まずは自分を愛しましょう とか 大事にしましょう と言われても







全く意味が分からなかったのですが







インナーチャイルドセラピーを重ねていくことで 実感出来るようになりました







自分を大事にすることは 自分を甘やかすことではないんだ とか







自分勝手になるということでもない ということを







私はインナーチャイルドセラピーで学びました







自分で自分に教えてもらったようなものです

(もちろん カウンセラーの先生の手も借りましたが)







自分で自分を愛することが出来るようになると 







相手を思い通りにしたい衝動はなくなっていきます








昔は 自分の思い通りにならないと困るとか生きていけない位の勢いでいたので







相手に対して不満でいっぱいでしたが







今は 自分の思い通りになったら嬉しいかもしれないけど







ならなくて当たり前だと思っている
ので







思い通りにならない腹立たしさは ほとんどなくなりました






自他共に認める 超短気な性格でしたが







今は 同じことが起こっても 怒ることがないので







昔は 何であんなに怒っていたんだろう?と不思議な位です(;^ω^)

(私の場合、自分が惨めだと感じると怒っていたように思います)







自然と 捉え方が変わるので 怒る機会がグッと減りました






この感覚 セラピーを重ねていった方なら お分かりですよね(^^)/






こうなると 本当に 恋愛での場面だけでなく






日常生活自体も 何倍も楽になっていきますから(^^)/
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR