恋愛依存を克服すれば凹まなくなる?

私の携帯には ほぼ毎日


クライアントさんからの近況や相談のメールが届きます


それは カウンセリングの時だけでなく


普段からコミュニケーションを取りたいと思っているので


「いつでもメールしてください」とお伝えしているからです


そこで あるクライアントさんから このようなメールをいただきました



「今日は彼と久々にケンカというかキレられて、

へこんでます。

まだまだ自分が自律してないのを実感してます。

苦しいですけど自律のためには癒し、癒しですね」



恋愛依存を克服するというのは 


ケンカしなくなることでも 凹まなくなるここでもない
んですね~


それに 彼と付き合いながらのカウンセリングは無理ではないか?


と思われている方もいらっしゃるので


クライアントさんからのメールの一部をご紹介させていただきました

(掲載の許可はいただいています)



まず 恋愛依存を克服したとしても


彼と喧嘩することもありますし


凹むことだって もちろんあります


恋愛依存を克服して 目指すところは


ケンカしなくなることでもなく


凹まなくなることでもない
んですね


ケンカの仕方が変わるというんでしょうか・・・


感情任せに怒って 解決しないまま うやむやなままに終わるのではなく


お互いの妥協点を見つけたり 改善策を見つけて


今までのような 意味のないケンカではなく


建設的なケンカに変わっていきます



それから 私たちは 生きていれば 


何らかのトラブルに見舞われたり


何か嫌なことがあったりしますよね


そんな時に 凹まないような 強靭な精神力になるのではなく


凹んだとしても 自分一人で 早く立ち直れるようになること


恋愛依存克服した状態であれば 


今までと捉え方が変わってくるので


彼と喧嘩した時に


「あんなこと言っちゃったから もう彼に嫌われたかもしれない・・・」


などの不安がなくなり


「あんなこと言っちゃったけど 言っちゃった自分も自分。


 それで嫌われたのなら仕方がない。」



といった感じで 自分の言葉に責任が持てたり


言ってしまった自分にOKを出せるようになります

(道徳に反することなどをOKするのではないです)


開き直りにも似たような感覚ですが


自分に責任が持てるので 腹をくくった感覚の方が近いと思います


それから 付き合いながらの克服は無理ではないか?


と思われる方もいらっしゃると思いますが


無理ではありません


ただ 努力は必要になります


彼の理解がある場合は 彼にも協力をお願いしてもらっているのですが


今までと同じように付き合っていたら 今までと同じ結果しかでないですよね?


なので 少し 付き合い方を変えていただきます


どう変えるかは そのカップルにもよるのですが


基本的には 距離を置いていただきます


精神的にも 肉体的にも 密着した状態になりやすいので


少し 離れていただきます


いきなり 大きく離れると 不安が出てきてしまいますから


少しずつ 少しだけ 離れていただきます


その 離れている間に 克服へのカウンセリングを取り入れていくことによって


克服することは十分に可能です


一般的には 別れた方がいいと言われる


恋愛依存と回避依存のカップルなんですが


実際のところ 依存傾向のない相手を見つけるのは至難の業ですから


彼が回避依存だからと イチイチ別れていては キリがないんですよね^^;


それなら 依存傾向のない相手を探すより


自分が依存を克服した方が早いんですよね~



自分が克服しておけば 相手の依存を引き出しにくくなりますから


相手に振り回されることもなく 楽に付き合っていけるんですよね


そのためにも 恋愛依存を克服するお手伝いをしています!(^^)!


恋愛は 人間関係で一番わかりやすい 


感情が出やすい関係なので取り上げていますが


他の人間関係を改善することもできちゃいます!(^^)!


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR