回避依存を弱める方法があります

最近 このブログを 「回避依存」で検索されて たどり着く方が多いようで







回避依存という依存傾向の認識が浸透してきたのかなぁと







少し嬉しくなります(´ω`*)







といっても この回避依存の傾向は 今 若い方に増えているらしく







少子化に拍車をかけているとも言われています







(回避依存の人は 親密な人間関係を回避しますから 結婚したがらない傾向にあります)






草食系男子 は 回避依存の男性です







だからといって この回避依存の傾向は悪いのか?







というと そうではないのですが







ただ 回避依存の傾向が強いと 親密な人間関係が築きにくい とか







問題や困難といった 自分にとって不都合なことだけでなく 







チャンスや成功と言った幸せからも回避するので







出来れば 弱めておいた方がいい依存傾向と言えます




(完全に依存傾向をなくすことは出来ません)







その回避依存とは どんなものなのか?







以下をチェックしてみてください







回避依存チェック♪

□ 誰に対しても本音や弱いところは見せたくない、知られたくない

□ 相手が自分の手に落ちたと感じたり、愛されていると感じると、自分の気持ちが冷めたり、しらけたり、うざく感じる

□ 相手が自分の思い通りにならないとイライラする

□ 束縛されることは過剰に嫌がるが、相手の行動などは監視しておきたい

□ 何でも、どんな時でも自分は正しい

□ 基本的に恋人と居るより一人でいるのが好きだったり、長時間誰かと一緒に居ると苦しくなり、窒息感を感じる

□ 恋人にふられる位なら 自分からふった方が傷つかなくて済むから 自分から別れる

□ 「面倒臭い」が口癖である

□ 別れた恋人と 自分から連絡して復縁したことがある


□ デートの約束をしても、その日の気分によって断ったり、遅刻したりすることが多い







これらは 回避依存の人の特徴の一部ですが







当てはまるものが多ければ多いほど 回避依存の傾向が強いと思われます







こういった傾向が強いと 確かに生きていく上で大変そうですよね(;^ω^)







私自身も この回避依存の傾向が強かったので 人付き合いが苦手でした







せめて 恋愛において この傾向が活かせたら まだ良かったのですが




(相手を振り回せたでしょうから)






恋愛になると 恋愛依存に回ってしまうタイプだったので






本来は回避依存なのに 恋愛すると恋愛依存に回るということは





屈辱的とも言えることなんですね~







ちなみに 恋愛依存って どんな依存傾向なのか?







コレです↓




恋愛依存診断♪チェック

□ 「あの人なしでは、私は生きていけない」と思ったことがある。

□ 寂しさのあまり、つい好きでもない人とデートをしたり、関係を持ってしまったりしたことがある。

□ 好きな人とは毎日でも会いたいし、相手の行動など全て把握しておきたい

□ 気持ちが重いと言われてフラれたことがある

□ 相手が自分のことをどう思っているのか、気になって仕方がない

□ 好きな人のことが気になって、仕事や勉強が手につかなくなり、支障をきたすことがある

□ 特定の人もしくは誰からでもいいから『愛されている』という感じが持てないと、自分の存在価値がすべて消え去っていくように感じる。

□ 誰かに恋をすると、それが生活のすべてになって、他のことはどうでもよくなってしまう。

□ 好きな人と一緒にいると、二人で一人のような、二人でひとつの完全な存在のような感覚になる

□ 付き合っても半年以上続かない

□ 常に、相手にフラれるんじゃないかとか浮気されるんじゃないかと不安を抱えながら付き合っている







これも 恋愛依存傾向の一部ですが 全部 過去の私のことです(;^ω^)





カウンセリングをしていくと まず この恋愛依存の傾向が弱まっていきます





それだけでも十分楽になりますが





今度は 恋愛依存の傾向で見えなかった 回避依存の傾向が表れてきて





新たな苦しみが生まれてきます





例えば 好きな人とずっと一緒に居たいのに 





窒息感を感じて 苦痛になって 逃げたくなってしまうとか





相手を自分の思い通りにしたくて仕方がない





でも相手は思い通りにならないから辛い





こういった気持ちが出てきてしまい





今度は別の苦しみが出てきてしまいます





そうならないために 回避依存を弱める必要があるのですね~





もちろん カウンセリングでも弱めるためにセラピーを行いますが





日常生活でも 気を付けてほしいことがあります





それを今月のメルマガラブアディクションからの克服でお伝えしています





<回避依存の傾向を弱める方法>があるんですね~





弱めたいと思う方は 読んでみてくださいね(^^)/
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR