何で私じゃダメなの?と思うことありませんか?

2013年3月にアップした記事です↓



3月から4月にかけては 別れと出会いの季節ということもあってなのか





この時期に別れたという方や 好きな人に恋人ができてしまった 





というご連絡が増えてきました





その中でも 





「何で 私じゃだめなの?」





という思いでいっぱいだと メールをくださった方がいました




これ 私もそうだったんです





好きな人ができても 自分に振り向いてくれなかったり





付き合うことになっても 結局は 他の女性の元へ行ってしまったり






「何で私じゃダメなの?」





こんな経験を何回も繰り返しました 若かりし頃・・・





何で私じゃダメなの?





と自問する度に 自分の欠点を責めていきました





太ってるからダメなんだとか 無口だからつまんないんだ とか





自分への悪口は底をつきません^^;





そして 行きつくのが





「やっぱり私はダメなんだ 



どーせ私なんて誰も好きになんかなるわけがない」






これで なぜか落ち着くと言うか ほっとするような感覚になるのですね~





すごく嫌な感覚なのに この考えに辿りついて落ち着くんです





この考えが落ち着くには 原因があります





私の場合 母親からの言葉でした





実際 記憶には まるでなかったのですが 





ヒプノ(瞑想)セラピーをしてみてわかったことです





「うちはお兄ちゃんに手がかかるんだけど、手のかかる子ほど可愛いでね~」






この言葉は 2~3歳の私の傍で 母親が友達に話していた言葉です





兄はやんちゃな性格だったので 





あちこちで悪さをしてきて 手を焼いていたそうで





逆に私は無口でおとなしい 手のかからない子供だと





母親は よく言っていたので





兄のことは可愛い(好き)だけど 





私のことは可愛くない(好きではない)
のか・・・





母親は 自分のことが嫌いなんだ






勘違いして捉えてしまった
ようなのですね





「あぁ・・・私はお母さんに嫌われているんだ」





「私じゃダメなんだ」





「母親に好かれていない位なのだから 誰も私のことを好きになるわけがない」






そう捉えてしまったことが原因でした





そこから これ以上嫌われないように と





ますます 無口でおとなしい子供になっていったんだろうと思います





(幼稚園の頃は まったく喋らない子供でした)





このことが原因で 大人になってからも 





自分に振り向いてくれないであろう相手に魅かれたり





付き合いだしても すぐに浮気されたり





何股もされているうちの一人だったり





そんな経験を重ねる毎に





「何で私じゃダメなの?」





「やっぱり私じゃダメなんだ」 






という思いを深めていったわけです





あの 幼少期の頃の 嫌な感覚を





嫌なんだけど どこか落ち着くようなあの感覚を味わうためにです






落ち着くというのは 





私は好かれていないんだ 嫌われているんだ





それでも 存在していてもいいんだという気持ちを味わったからだと思います





一見 存在を否定されたようにも感じますが





同時に 存在を認めてもらえたような感覚も味わったので





どこか落ち着くような気がしていたのです





自分の存在を無視されるよりは 嫌われてでもいいから





自分がココに居てもいいと認めてもらう
方が 





人は救われるんですよね





なので 私の場合 





「私じゃダメなの?」と思うような出来事を感じる度に





自分の存在を認めてもらったように感じていたのかもしれません






存在を認めてもらいたいがために 





そういう出来事や人を引き寄せていたということですね






あなたは どんな原因で 今の思い込みがあるのでしょうか?





それをヒプノセラピーで探ることができちゃいます^^
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR