健全な人間像とは


下記は 共依存研究の第一人者として有名な 西尾和美さんが提唱している


健全な人間像リスト
 です



◆自己評価の高い人

◆他人と対等に話ができる人

◆自分の考え、態度、行動に責任がとれる人

◆自分と他人に愛を与える事ができる優しい思いやりのある人

◆自分を大切にし、自分の世話ができる人

◆自己が確立しており、自分の目標がはっきりしている人

◆建設的な批評を受け入れ、自分の成長に役立てる事ができる人

◆自分と他人の長所や短所をハッキリ現実的に認識ができる人

◆他人の意見を尊重し、しかも適当な自己主張ができる人

◆平安さと落ち着きをもつ人

◆自分と他人を愛し大切にできる人を周りにおく事ができる人

◆常に自己の成長に努力し、必要な知識や技術を身につけていく人

◆家族や友人、職場での人間関係を大切にする人

◆例え辛くても、感じるべき感情を感じ、適当に表現できる人

◆物を決断する時、いろんな方法をゆっくり考える事ができる人

◆いったんじっくり考えて出した決断は、結果を恐れず勇気を持って行動できる人

◆自分だけでなく他人の幸せも考慮できる人

◆忍耐強く規律に富んでおり、逆境に負けず、失敗から学んでいける人

◆人生を楽しみ、喜びを生活の中に組み入れていける人

◆自分と他人の境界線を尊重できる人

◆自分が間違った時は謝り、他人に感謝の気持ちを表現できる人



私が これを初めて知ったのは 


カウンセリングの養成学校へ通っているときでした


当然ながら その当時の自分は すべて 当てはまらないばかりか


ここに書かれていることの 意味さえ 分からない 


理解できなかったんですね~(;^ω^)


とても自分には なれないどころか


こんな人 存在するのか?


とさえ 思っていました(;^ω^)


心理学の カウンセリングの勉強をしているだけでは 理解できなかった


ということなんですよね


ここに書かれていることが 理解できるようになったのは


自分自身が カウンセリングを受けるようになってからです


意味が分かるようになっても まだまだ ほど遠いなーと感じていたので


自分が そうなれるとも思っていませんでした


特に 目指そうと意識もしていなかったのですが


最近 また このリストを見直してみて


「あれ?いつの間にか 出来てる・・・」とか


「全然 難しいことじゃないんだな~」



前と まるで違う感覚を持ちました


前は 小学生が 大学の勉強をするような感覚だったとすると


今は 大学生が小学生の問題を解くような感覚でしょうか


それだけ 成長しているのだなという指針にと思い 


ここで紹介してみました


カウンセリングを受けていらっしゃる方は 


どれだけ成長したかの指針や


どういう人物像を目指せばいいのかの目安になると思います


ちなみに 私の思う健全な人間とは


「ありのままの自分を知っていて いつでも ありのままの自分でいられる人」


人によって 態度や対応を変えたり 人の顔色を伺うことなく


誰に対しても オープンな気持ちでいられる 


居心地の良い人なのかなと思っています!(^^)!



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR