今年カウンセリングを卒業された方へ









今年も 無事 恋愛依存を克服され 卒業された方が 何人もいらっしゃいます(^^♪


中には 4年前からカウンセリングを続けていて やっと・・・という方もいらっしゃって


長いお付き合いの方ほど 思い出もたくさん共有しているようなものですから


感慨深いものがあります(;_;)


そこで 今年 カウンセリングをひとまず卒業された方へ向けて 書いてみたいと思います



まず カウンセリング卒業の目安は・・・



①カウンセリングをしなくても もう 元の状態には戻らないであろうレベルまで達している


②自分一人でも セラピーで癒すことができる


③カウンセリングでの会話内容に 依存的な言葉が見当たらない


④自分で解決すべき問題は解決する能力があり 自分で解決出来ない問題は 他の人に頼ることが出来る


⑤カウンセリングの後半になると訪れる 特有の高揚感があり その後 神様からの試験的な出来事を自分で解決出来ている




この5項目をチェックしていますが 必ずしも ここまでクリア出来たから卒業ではなく


⑤の 特有の高揚感が訪れた段階でも卒業して頂く場合もあります


ここでいう 特有の高揚感というものは カウンセリングを続けていると必ず 訪れます


どんな感覚なのか?というと


自分はもう大丈夫だろうという 根拠のない自信だったり 


今まで気付かなかった 周りの人たちへの感謝の気持ちが溢れてきて 涙が出てきたり


今までの 親からの価値観からの考え方ではなく 


本来の自分の価値観で物事を考えられるようになるので


ポジティブとネガティブのバランスが程よくなり


今までの自分よりテンションが高くなったように感じ 


フワフワしたような 頭の中がお花畑になったような(笑)


不思議な高揚感を 数週間から数か月味わう期間がやってきます



そして この期間が終了すると 今度は 卒業試験とか 神様からの試験と思うような


何らかの問題が起こります


この問題は 必ずしも 辛いことやショックなこととは限らず


楽しいことや驚くようなこと 嬉しいこと という形で訪れるかもしれません


(例えば 彼氏が出来たとかですね)


ここで 問題解決が出来ましたら これで進級! 


レベルアップ! おめでとうございます(^^♪



ここで うまく解決出来なかったとしても 大丈夫です! 安心してください!


ちゃんと履いてますよ~ じゃないですが


ちゃんと 追試 がありますから(^^♪



ちゃんと合格するまで 何度でも追試がありますし


ここで起こる問題は 必ず あなたに解決できる問題になっていますから 大丈夫(^^♪



本来は ここまで来たら卒業 という形になるのですが


高揚感の段階で卒業となるには それも理由があります



それは 自立を促すため です


これは 成長の禁止 という禁止令のかかっている方に 特に促すのですが


いつまでもカウンセリングして甘える状態を断ち切るために この段階で卒業させて 


これから来るであろう問題に 1人で立ち向かってもらいます


(まるで ライオンの親子のようですね)


この時に 自分だけで解決出来た場合 


自分には解決する能力があるんだ!という自信に繋がりますし


たとえ 解決できなくても 


他の人に頼る(カウンセリングを受ける) という自立の一歩を使ってもらう機会が出来るので


問題が解決出来ても 出来なくても 自立に繋がることになります


ですから 途中で卒業してもらうこともあります



このような形で卒業された方もですが とりあえず卒業された方へお伝えしたいのが


「自分一人で頑張りすぎないこと」
 です


卒業したんだから もう頼っちゃいけないんだ!と無理をしないで


自分だけでは無理だと思ったら 他の解決できそうな人に頼ってください^^


仕事のことであれば 上司に相談したり 


恋愛のことであれば 私のようなカウンセラーでもいいですし


身近なお友達でも構いませんので 頼ること ですね^^


自立することとは 何でも一人でやることでも 完璧にこなすことでもありません


自分で出来ることは自分でやってもらいますが


自分に出来ないことは 出来ないと認め 頼ることですね


これが自立への一歩です



カウンセリングに関しては 私もですが 完全にやめてしまうのではなく


メンテナンス的に 数か月に1回とか 1年に1回でも 続けていくことが大切だと思います


特に話すことないんだけど・・・


そう思っていても 話しだすと 頭の整理が出来るでしょうし


自分では気付いていなかった問題点が見えてくるかもしれません


メンテナンスは必要ですから 続けてみてくださいね^^ 



スポンサーサイト

来年2月のカウンセリングのご予約は満員となりました




ふたり揃って 仲良く?オムツしてしていまーす


ふたりとも 生理になっちゃったからなんですね~(´艸`*)



年末年始 お出かけは控えめになりそうです・・・


***


来年2月のカウンセリングのご予約は 満員に付き 終了致しました<(_ _)>



新規の方も 2月までいっぱいとなりましたので 3月からのスタートになります




次回 2月のカウンセリングのご予約の受付は 1月25日の予定です



このブログにて スケジュールを開示いたしますので 



お早目に ご予約をお願いします!(^^)!



なお 既存の方に限り 2月末までのキャンセル待ちは承りますので



「平日の午前中」「土日の夜」など ご希望をお知らせくださいませ



空きがあり次第 順番にご案内させて頂きます


***





カウンセリングをお受けになられる方は 下記のメルマガもお読みになって頂けると


カウンセリングの補助の補助としてお役に立つということと


恋愛依存を克服されている方は 下記のメルマガも何周も読んでいらっしゃるという


特徴がありますので 本気で克服されたい方は 繰り返しお読みくださいませ!(^^)!


(1か月単位でのご購読も可能です)





1月の ラブアディクションからの克服では



 <恋愛とお金>をテーマにしています


恋愛依存とは少し違いますが 恋愛とお金は密接な関係があります


お金の問題を3つに分けて それぞれの部分を改善することにより


恋愛での問題点も改善していこうという内容です


お金を貯めることが苦手な方の中には 「幸せは長く続かない」という思い込みどころか


「幸せになってはいけない」という思い込みから 自分自身へ幸せになることを禁止している方もいらっしゃいます


この思い込みと関係あるのが 「お母さんが可哀想」という思い込みです


「可哀想なお母さんより幸せになってしまうと お母さんがもっと可哀想になってしまう」


ということで 自分が幸せになることを禁じてしまうのですね



今月も こういった 「お母さんが可哀想」という思い込みががある方へ向けて


メルマガでは この思い込みを和らげていくためのワークをお伝えしています


この思い込みがあって 気になる方は ぜひ 参考にされてみてくださいね(^^♪







***


1月の 恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガ


自分を売り込むことが苦手なカウンセラーさんに見受けられる 【失敗してはいけない】という思い込み と 【うまくいってもいけない】


この両方の思い込みがある方へ 禁止令という概念からの解除法をお伝えしています



カウンセラーさんだけでなく 失敗してはいけない思いこみとうまくいってはいけない思い込みが強くて困っている方にも 参考になると思いますので 興味のある方は 読んでみてくださいね!(^^)!





クリスマス恐怖症?クリスマス鬱??




これは2年前の記事ですが クリスマスが近づくと思い出します



* 




もうすぐ クリスマス ですね~


そんな中 クライアントさんの中で 何人かの方が


<クリスマス恐怖症> とか <クリスマス鬱>


だとおっしゃるのですね~(;^ω^)


どういう意味なのかというと


過去のクリスマスの時期のトラウマから


「今年のクリスマスも 1人で過ごすのかと思うとツライ」


「1人ぼっちのクリスマスなんて惨めすぎる」


「街中の 幸せそうなカップルを見ると石を投げたくなる位に悔しがる自分が嫌だ」



などなど・・・


こういった思いから クリスマスシーズンからお正月にかけて 


憂鬱な気持ちになったり 1人で過ごす恐怖に襲われたりするということなんですね~


これら 大人になってからのトラウマだから 


どうすることもできないんじゃないか?と思われるようですが


根本的な原因は 幼少期の何らかの出来事から来ていますから


この クリスマス恐怖症や クリスマス鬱は 解消することが出来ます



そういう私も 独身の頃や結婚してからもでしたが


1人クリスマスを過ごすことが多かったんです


なぜか クリスマスシーズンになると 付き合っていた彼氏と別れたり


彼氏がいたとしても 相手の仕事の都合で会えなかったり


結婚してからでも 主人は


「俺はクリスチャンじゃないし 特別なことはしたくない」


といって 何もしてくれなかったり・・・

(結婚前は確かプレゼントくれたはずなのに)


いつも クリスマスシーズンは 惨めな思いを味わっていたように思います


偶然にもそうなるんだと思っていましたが


実は その惨めな思いを自分から 味わいたくて味わっていたんですね~


クリスマスとか誕生日 といったイベント時に 何もない ということが


私にとっては 一番惨め感を味わうことができたから です


なぜかというと 幼少期の頃の私は 


日常生活の中では ほとんど 母親からの愛情を感じることがなく


誕生日やクリスマスといったイベントの時だけは 


唯一 お祝いしてくれたんですね


唯一 お祝いしてくれたのに 誰もお祝いしてくれない 何もないことが


私にとっては 一番キツイことなんですよね(;^ω^)


その日にお祝いされなかったら(大切にされなかったら)


もう 大切にされる日がないのですから とてつもない惨め感を味わうことになります


この惨め感


当然味わいたくないはずなのに 味わおうとするのは なぜか?


それは この惨め感を味わえば


「やっぱり自分には 大切にされる価値がない」



という気持ちに落とし込むことができるんですね


この気持ちも もちろん味わいたくないはずなのですが


自分には価値がない 


そう思うと どこか 安心するような 懐かしい感覚が奥にあるんですね


昔からの 慣れ親しんだ感情です


この感情を味わえば それと引き換えに 心地よい感情を味わっているからです


私の場合 この 自分には価値がない という感情を味わった時


母親から 受け入れられたと感じた経験があったのだと 
セラピーをしてみてわかりました


1人で何でも出来る子供の私 では受け入れられなかったけれど


1人では何も出来ない 価値のない子供だったら 母親は私を受け入れてくれました

(「1人で何でも出来る子供」では 母親は私の世話を出来なくなるため 「1人では何も出来ない子供」の私を受け入れてくれました)


この経験から 私は 母親に受け入れてもらうために


1人では何もできない とか 自分には価値がないという思いを繰り返す必要があったので


その思いを味わう方法として 惨め感を味わうという方法を使っていた 



ということなんですね~


ややこしい話ですが 意味は分かるでしょうか?(;^ω^)


ここから 私も クリスマス鬱になっていたということですね~


クリスマスがコワイ とか クリスマスが憂鬱 という方


他にもいらっしゃると思います


このように 大人になってからのトラウマでも


セラピーで癒すことは可能です^^


私も今は クリスマスに たとえ1人ぼっちだとしても


それはそれで楽しめると思いますが


残念ながら?もう惨めな状況になる必要がないので


惨めな状況にならないんですね~(;^ω^)


いや 惨めな状況になっていても 気付いていないだけかもしれません(;^ω^)


不思議ですね~


もうすぐクリスマス!(^^)!


1人でも幸せを感じられるクリスマスにすることは 十分可能なんですね~



1人で過ごしても 誰かと過ごしても どっちも楽しいですし


どっちを選択しても自由です(^^♪

恋愛においての要らない感情を手放す







3年前の記事なんですが


あぁ・・・ そうだった・・・(/ω\)


と 結構イタイ頃の私のことを書いていました



これです↓


***


こちらのメルマガ ラブアディクションからの克服にて


週3回 配信させていただいているので


どうしても ブログの更新頻度が減ってしまうのですが (-"-)


このメルマガラブアディクションからの克服では  2012年11月に引き続き 


女性性を高める方法を お伝えしています


私もそうだったのですが 


女性性が低いと 受け取る力が弱まったり 阻まれたりするようなんですよね


その 受け取る力が弱いと 


お金はもちろんのこと 愛情もちゃんと受けとめられないので


どんなに与えられても 受け止めきれない


という状態になってしまう訳です(--〆)


もったいない話ですよね~


お金に例えると


どんなに入って来ても 出費 出費で 出て行ってしまう


入って来ても 受け取る力が弱いから 


受け止めきれずに 出て行ってしまう訳です


この状況を変えていくためにも 


現在 メルマガラブアディクションからの克服では 


<受け取るスペースを作る>ために 


心の中にある 要らないものを捨てる(手放す)方法をお伝えしています



物質的な物でもそうですが


部屋の中に いっぱい 要らない物があったら 


必要な物を置くスペースがないですよね


そのために 要らないものを捨てて 


受け取るスペースを作る方法を取り上げているのですが


心の中にある 要らないものって どんなものがありますか?


恋愛においての要らない感情 気持ち と考えると出やすいかもしれませんね


*嫉妬心

*猜疑心

*不安(見捨てられ不安) など



私の場合 嫉妬心が 昔はハンパなく強かったので


大好きな人が 誰かと話しているだけでも (男女関係なく) 


メラメラと嫉妬心がわいてきて


許せない!!とイライラしていました


(もっと離れなさいよーとか・・・)


その相手が 綺麗な女性だったりすると 


もう 血が逆流する位の 全身の血が沸騰しているかのような 


鳥肌が立つ位の 激しい怒りです


この気持ちが 邪魔で邪魔で仕方ないのに


心の中で ハバをきかせていたのですね~(ーー゛)


そんなに妬くことはない と 頭ではわかっているのに


心の中では 自分以外の人と 話すことだけでも 許せない


独占欲が強すぎたのですね^^;


この感情がなかったら どんなに楽だろうと・・・


無駄なケンカも かなり 減っていたでしょうね~


この気持ちだけでなく 


他にも 要らないと思っている気持ちってイロイロありますよね?


そういった 要らない気持ちを 


心の中から整理して手放す方法をお伝えしていますので


心の中に 要らない気持ちがいっぱいあって


何とかしたいと思っている方
に ぜひ 参考にしていただきたいと思います(*^^)v



もう あんなに 激しく嫉妬に怒り狂うこともなくなった今



何であんなに 怒り狂っていたのか・・・



不思議で仕方ないのですが



原因は 幼少期の家庭環境にある



といっても 過言ではないと思います



気になる方は 2012年11月 12月の記事をバックナンバーよりご覧になって


お読みになってくださいね^^


 





アンケートのお願い(関東と名古屋の方へ)








昨日 ブログにて アンケートへのご協力をお願いいたしました


早速 数名の方から メールにてご協力いただいています^^


ありがとうございます^^



そこで もっと 簡単にご協力して頂けるように アンケートフォームを作りました!(^^)!



そして今度は 関東の方だけでなく 名古屋の方用にも作ってみました(^^♪




アンケート(関東)



アンケート(名古屋)




何のアンケートなのかというと・・・


恋愛依存克服のファシリテーター養成の準備段階として 


久々に 関東地方で セッションもしくはお茶会を行いたいと思います


とは言っても 今すぐではなく・・・


寒がりなので 来年の春 場所は横浜と名古屋を予定しています

(東京へ行くとなぜか全身浮腫みが出る特異体質なので横浜まででお許しください)




関東地方の方 もしくは関東まで来られる方 


それから 名古屋の方 もしくは 名古屋まで来られる方のお声を頂きたいので 


下記のアンケートにご協力頂けたらと思います






1. 参加するなら個人セッションを希望されますか?
   
   それともお茶会を希望されますか?(両方参加ももちろんOKです)

   (個人セッションは90分2万円  お茶会は2時間1万円の予定)


2. お茶会に参加されることを希望される方は、何人までを希望されますか?


3. お茶会に参加されることを希望される方は、取り上げてほしいテーマはありますか?
   (恋愛依存の傾向の見分け方、お金と恋愛に関するテーマも可)


4. 個人セッションかお茶会、参加するなら平日希望ですか?土日希望ですか?
   (個人セッションなら土曜日の午後が希望など)


5. お茶会、個人セッションの場所は、どんな場所を希望されますか?
   (ホテルのラウンジなど)




以上です




このアンケートにご協力頂いた方には 決定次第 優先的にご案内させて頂きます^^


(これ位の特典しかなくて申し訳ないです(^-^;)


個人セッションだけ行うのであれば 7枠


お茶会と個人セッション 両方行うのであれば 個人セッションは 4枠になるかと思います




アンケート(関東)



アンケート(名古屋)





アンケートのご協力 お願い致します(^^♪


恋愛依存の原因は辛い出来事だけでなく







恋愛依存の原因・・・

これは 大抵 幼少期の頃にあった 辛い出来事や嫌な経験が原因になっています


例えば

1人になるのが耐えられなくて 誰でもいいからそばに居てもらいたい

孤独になることの恐れを抱えている
のは

幼少期に 1人で留守番することがこわかったという経験が原因
だったり


彼に振られるんじゃないか 見捨てられるんじゃないかという不安


幼少期に お母さんに怒られた時に お母さんに嫌われるのではないか?


お母さんに嫌われたらどうしよう! 



お母さんに見捨てられたら生きていけない!



そう感じたことが原因
かもしれません



このように 大抵の場合 嫌だとか 辛いと感じるような出来事が原因になっていることがほとんどなのですが



中には 良い思い出が 楽しい思い出来事がトラウマになることもあるので その例をご紹介したいと思います





ここでご紹介するクライアントさんも 恋愛依存で悩み苦しみ



カウンセリングを続けていらっしゃいました





この方も 幼少期の嫌な出来事 経験を癒し そこそこに癒され 



恋愛依存的な症状は かなり改善していきましたが



どうも核心部には触れていない ホンボシが掴めないようで



ここまで癒してきても なぜか彼への恋しさや執着がなくならない



でも それは本当に好きだからこその恋しさとは違うような気がする



という状態が続いていました





恋愛依存的な好き という状態で 執着していることは明らかなのに 



どんなに癒しを進めて行っても 癒しきれなかったのですね





そこで ふとカウンセリング中に出てきたのが



幼少期のお父さんとの楽しかった思い出
です





お父さんと出かけた時 お父さんと一緒にゲームをしたりして楽しかった 



カッコイイお父さんを自慢出来て 優越感に浸っていたこと



お父さんを独り占めできたこと



それも お姉ちゃんとしてでなく 1人の女の子として独り占め出来て



しかも そのお父さんが優しくしてくれる




この状態 これを好きな彼に求めていたということだったんですね





この方は 彼とゲームを通じて知り合ったので



お父さんと一緒にゲームしていて楽しかった = 彼と一緒にゲームするのが楽しかった



だったので 前から感じていたゲーム=彼 という感覚は ここから来ていたということがわかりました





こうやって 楽しかった出来事に執着して 



あの時のような思いをまた味わいたい
 というところから



恋愛依存の原因になる ということもあるのですね~





ですから 彼に執着している原因は 必ずしも辛い出来事 嫌な出来事だけではなく



楽しかった出来事も原因になることがありますから



なかなか恋愛依存が和らがない場合は 



楽しかった出来事に執着していないか?



と切り口を変えてみるといいかもしれませんね^^

メルマガでのワークの効果のご報告を頂きました








メルマガラブアディクションからの克服をお読みのクライアントさんからのご報告です




(掲載許可は頂いています)







***




メルマガラブアディクションからの克服のワークで癒されたのか、

色々なことがありましたのでお話させてください。


お忙しい中、いつもありがとうございます。


まず目の前の風景が変わったかのように、

今とても幸せな気持ちで毎日を過ごせています。


みゆ先生のワークはペースも良く、とても分かりやすく、

ワークってすごいなぁと感じています。


みゆ先生、ありがとうございます。


何が幸せかというと、一人で過ごす時間が安堵でいっぱいです。


何もなくても、今周りにあるもので満たされてる気がしています。


何も不足を感じていません。


仕事もなんとかなるだろう、なんとかしてみよう。

と、情熱的というよりは、優しい気持ちで取り組んでいます。


以前登録した派遣会社から、

時給1700円のアルバイトの案件をお電話で紹介されましたが、断りました。


この仕事(現在、この方の夢に繋がるお仕事をされています)を、

大切に育てて行こうと思います。


まとまらず大変なこともありますが、楽しみながら、もう少し頑張ります。


私の1番の変化は、食事に現れました。


少しで足りるのと、大切に食べるようになりました。


クッキーなどのお菓子も前ほど食べていません。


以前は1日一袋を一気に食べていましたが、

陳列している商品を見ても「そんなに欲してないな」と思うようになりました。


心に(インナーチャイルドに?)食べたい?って聞きながら選ぶので、

「今日はいらない」「食べたいけど、小さい物がいい」

「クッキーより焼き芋が食べたい」などと選択が楽になり、間違えがなくなりました。


普段家で仕事をしているので、ミルクティとかもガブガブ飲んでいました。


それも1杯で良くなったり、香りを楽しんで残しておけるようになりました。


香りだなんて、感じていませんでした。


余裕がなかったんだと思います。


みゆ先生がおっしゃった「寂しい女は太る」の意味を実感しています。


本当にその通りですね。


揚げ物やカツ丼も美味しく食べていますので、拒食症ではないようです。


51キロあった体重が48キロ台に突入しました。


スカートがくるくる回ります。


食生活はこのような変化です。」






***



ありがとうございます(^^♪



ここのところ メルマガでは ワークに力を入れています



1人でも癒しを進められるようにと書いているので



こういって頂けると とても嬉しく思います





それから この方からも ご質問頂いたのですが



「メルマガの中で 今の私におススメの号はありますか?」



というご質問を頂くことがあります





私から 「この号がおススメですよ」とお伝えするより



ご自身で バックナンバーからタイトルを見て頂いて



気になるタイトルを直感で選んでいただく




これが一番 その方に必要な内容だと思うんですよね





私から見て必要であろうと思うものと



その方の本当に必要なものが必ずしも一致するとは限らないですよね





ご自分の直感を信じて 



「このタイトル気になるな~」と思うものを選んで 



お読みになってみてくださいね(^^♪

「執着すればするほど彼は離れていく」という経験したことありますか?

2年前の記事なんですが 


今 読み返してみても 確かに・・・ と思い


再度 載せてみました(^^♪


昔から 言ってること 変わってません 私(;^ω^)


***

$脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ




このブログでも何度となく書いているテーマに


<執着>がありますが


執着しているからこそ 彼との関係が継続していると思っている方がいらっしゃいます


どういうことか?というと



「私が彼に連絡してほしいって催促しないと 彼からの連絡が途絶えて 自然消滅してしまう
 
 だから私は彼に連絡してほしいって執着しているんです」



さて これは本当にそうなのでしょうか?


よーく考えてみてください


彼女に催促されて連絡している彼って どんな気持ちで連絡していると思いますか?


少なくとも 喜んで連絡しているのではなさそうですよね(;^ω^)


連絡しないと彼女が怒るからとか また催促されたら嫌だとか


彼女のためとか 自分が嫌な思いをしたくないから連絡しているのかもしれませんよね


それに この連絡してほしいという重い想い


ここに執着していると言っていますが


本当に執着しているのは 彼から連絡が来ないことではなく


連絡をくれないと寂しい想いをする



その寂しさを感じたくない
から 彼に執着するんですよね


要は 彼に寂しさを埋めてもらおうとするから


彼に執着するんですよね


彼から連絡があった時 一瞬でも 寂しさが埋まったような気がするから


もっと埋めてもらおうとして 連絡を催促してしまうのですね


この寂しさを埋めてくれるのは 彼しかしない!


そう思い込んでいるんですよね


だからこそ 彼への執着は どんどん重くなり 


その想いは 会っていない彼にも伝わりますから


余計に連絡が来なくなります


彼に 寂しさを埋めてもらいたくて 構ってほしくて送ったメールの返信ほど


返ってこないということはありませんか?



それは 寂しさを埋めてほしいという執着が伝わっているから


なかなか返信が返ってこないのですね~


構って~ 寂しいの~ といった気持ちが 


べったりと彼にしがみついていたとしたら


彼は 逃げたくもなりますよね(;^ω^)


寂しさを彼に埋めてもらおうと思っても 残念ですが埋まりません


埋まった気がするだけで すぐにまた寂しさが襲ってきますよね


それこそが 彼では寂しさを埋めてくれない証拠です


なので まずは 自分の寂しい気持ちを彼は埋めてくれないんだ


このことを あきらめてください


ここでいう あきらめる は 明らかに認めることです


寂しい気持ちは 他人ではなく 自分で満たすことができますから!(^^)!



彼にすべて満たしてもらおうとするのはあきらめていきましょう


じゃあ 自分でどうやって満たしていくのか?



それは 過去の自分と向き合うことです


過去の 未完のままの感情を完了させていくことです


その作業を インナーチャイルドセラピーで行っていきます


この方法でしか 私は満たすことが出来なかったので


今も この方法を使って 癒し 克服のお手伝いをしています!(^^)!




現状 カウンセリングのご予約は 来年1月末まで満員となっております


毎回 25日に 2か月先のカウンセリングとなりますが ご予約を受け付けております



新規の方も 1月も既に埋まっていますので 2月からの受付となります


一刻も早く・・・というお気持ちもわかりますが 


私の受け入れに限界がありますので ご理解頂ければと思います<(_ _)>


幸せになってはいけない。これは回避依存の特徴








最近のカウンセリングで よく聴かれることが


「幸せになってはいけない」という思い込みですね



「幸せは長く続かない」 ではなく 「幸せになってはいけない」なんです



この思い込みは 回避依存の傾向のある人に多く見受けられるもので



表面意識としては もちろん 幸せになりたいと思っています



ですが これを選択すれば幸せになるであろう選択は あえてしません



それは 幸せになってしまっては 不都合なことになるからです



回避依存の人にとって 幸せな状態というのは 心地よい状態ではありません


むしろ 苦痛かもしれません


それは 自分自身にかかっている 「幸せになってはいけない」という禁止令 思い込みがあるため


幸せな状態は 自分の思い込みから外れて 苦しくなってしまうのです



この思い込みが出来上がった原因はいろいろありますが


その中の一つに 


「お母さんより幸せになってはいけない」


という思い込みが原因になっているものもあります



なぜ お母さんより幸せになってはいけないのか?


これも いろいろな考え方があると思いますが


最近特によく聴くのが


「お母さんが可哀想だから」です



可哀想なお母さんより 自分が幸せになってしまっては お母さんに申し訳ない


という心理になってしまうから 


自分だけ幸せになってしまう お母さんを出し抜いてしまう気がして 


幸せになることに罪悪感を感じてしまうのですね


実際には お母さんは可哀想でもなかったかもしれないですし


例え 本当に お母さんが可哀想だからといっても あなた自身が幸せになっても お母さんが不幸になる訳でもないですよね


それなのに そう思いこむことで 自ら幸せだと思えること 例えば結婚ですね


自ら幸せだと思える 結婚することから遠のいたり 


または お母さんのおメガネに見合うような男性でないと幸せになれないから


お母さんが選ぶ価値基準に見合った男性を選ぼうと なかなか結婚出来なかったり・・・

(お母さんの価値基準は どんな男性であろうと結局はNOです)


本当は お母さんとあなたの幸せは別物であって 


一緒に考える必要はなかったはずなんですよね


それなのに結び付けてしまったのは どんな原因だったのでしょうか?


このテーマを元に 今月のメルマガラブアディクションからの克服で お伝えしています


幸せになってはいけない



この思い込みがあるかもしれない


そう思う方は ぜひ お読みになってみてくださいね~!(^^)!


プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR