お金も恋愛も<受け取ってはいけない>?








私は 正直言うと クライアントさんと向き合って




直接 クライアントさんと関わって お話を聴くのが好きなので




カウンセラーの養成は行っていないのですが




「弟子入りしたい!」とか(;^ω^)




「資格を取れるような 養成講座はやっていないんですか?」





などのお問い合わせをたまーに頂いたり




実際に 私のクライアントさんだった方が 




カウンセラーとして活躍されている方も数名いらっしゃるので




カウンセラーになりたい方や カウンセラーとして活動している方へ向けてのメルマガも書いています




それが コレなんですが恋愛依存克服カウンセラーになるためのメルマガ




今 テーマとして取り上げているのが 




カウンセラーの方に多い 料金を受け取ることの罪悪感ですね




お金を受け取る罪悪感から 無料でカウンセリングを引き受けたり




格安の料金設定をしてしまう




それはなぜなのか?ということや 




どうすれば受け取ることが出来るようになるのか?




といった内容をお伝えしています







この お金を受け取る罪悪感を持っている方というのは




<受け取ってはいけない>という禁止令が影響していると考えられます







ここでいう受け取るものは お金だけではなく 愛情なども含まれます




お金も愛情も 受け取ってはいけない という禁止令がかかっているから




受け取ることが出来ない 受け取ることによって 罪悪感を感じてしまう




罪悪感を感じる位なら 受け取らない方がいい





そういったパターンになって 受け取ることが出来なくなっていると思われます







なので この禁止令を解除する方法をお伝えしていますので




カウンセラー以外の方でも <受け取ってはいけない>




この禁止令って 私 かかっているんじゃないか?




そう思われる方は ぜひ参考にしてみてくださいね(^^♪



それが コレなんですが恋愛依存克服カウンセラーになるためのメルマガ
スポンサーサイト

なぜか一定金額までしかお金が貯まらないのは・・・





私のもとには 恋愛依存で悩んでいらっしゃる方がたくさんいらっしゃいますが


恋愛の悩みを聴いているうちに 


もしかして恋愛だけでなく お金の悩みも原因は同じではないか?



と気づき 照らし合わせていくうちに
 

やっぱり同じだ!という結論に至りました


例えば 付き合っても長く続かない方


お金に言い換えると 貯金しようと思っても貯まらない


という場合が多く見受けられます


それも 私もそうだったのですが


【ある金額までしか貯金が出来ない】


ということも 多く見受けられるんですね

私の場合 貯金すら出来なかったのですが やっと出来るようになった~!


と通帳を見て喜んでいても


20万まで貯まると 下ろさざるを得ない状況になり 泣く泣く下ろす(;_;) 


ということを繰り返しました


それはなぜか?


『私の お金を受け取る上限金額が 20万だったから』なんです


少ないですね~( ̄▽ ̄;)


表面的な意識では 100万でも1000万でも一億でも


いくらでも受け取りたいと思っているのに


潜在意識下では 『20万まで~』と設定していたのですね( ̄▽ ̄;)


なぜ20万なのか?


これは なんと・・・


私が幼少期の頃の 私が思っていた 推定の 父親の平均月収だったのです…( ̄▽ ̄;)


無意識に 父親より多くお金を受け取ってはいけない


父親を越えてはいけない
と思い込んでしまったようなんですね~


なので いくら20万以上稼いでも 


20万より越えた分は 自然と出ていってしまうことになります


(衝動買いや不意の出費が多かったのです)


オソロシイですね~


自分で 自分の受け取る金額を設定していたなんて…( ̄▽ ̄;)



さて あなたの受け取る金額の設定額はいくらでしょうか?


そして いくらに設定し直したいですか?


いくら稼いでも 設定金額が低かったら 出費として出ていってしまいますよねf(^_^)


恋愛においても もちろん影響していますよ~(^-^)



今月のメルマガラブアディクションの克服で この部分を説明しています(^^♪


興味のある方は読んでみてくださいね~

彼を自分の思い通りにしたい、彼が思い通りの反応をしてくれないと嫌だという人へ




「彼が自分の思い通りにならないと気が済まない」 とか



「彼のの反応が 自分の思った通りじゃないと嫌だ 許せない」 



といった考え方ですね~





私も そういった思いが強かったので



その考え 痛い位によくわかるのですが



残念ながら その考えが強いうちは 相手も 状況も



思い通りにはなりません 





そもそも なぜ思い通りにしたいのか?



それは 過去に 幼少期に 自分の思い通りになった経験があるから



「自分の思い通りになるものだ」




そう思いこんだことが原因なんですね





常に 自分の思い通りにならない 



それが当たり前だとしたら 逆に 



「相手も状況も 自分の思い通りにはならないんだ」



そういう思い込みが出来上がっていたはずですよね





なので 幼少期の出来事によっての自分の捉え方が原因ということになるので



その原因をセラピーで見つけて 捉え方を変えて行けばいいのですが



こういった捉え方をしている方は 



基本的な構え というのが 人との関係での捉え方というのが



「私 OK  あなた NOT OK」



になっています





これは 「自分は正しくて 相手は間違っている」



という捉え方なんですね





だから 



自分の思い通りにして 自分の正しさを主張したいとか



自分の思い通りにならないと まるで 自分のことを否定されているような気がしたり



自分の思い通りにならないということは 相手が正しくて自分が間違っている気がして



何とか自分の正しさを証明しようとして 思い通りにしたい





そういった心理もあるかもしれませんね





この捉え方 基本的構え というのも 幼少期の家庭環境によって形成されるものです





大半が ご両親などの養育者からの 自分に対しての接し方 これにによって



子供だった自分が感じたことからの捉え方になります





例えば 親が 子供に対して 過干渉だったり 親の思い通りにしようと支配的に扱ってきた場合



こういった親は 自分は正しいけれど 子供は何も分かっていない 間違ったことをするといけないから



「親である私はOK 子供であるあなたはNOT OK」



そういった構えで接していますので



それを受け取った子供側は 



「親のように 相手のことを束縛したり 自分の思い通りに扱えばいいんだ」




それこそが愛情だと思っているので 



親の基本的構えである 「自分OK 相手 NOT OK]



そのまま受け継いでしまう訳ですね





この基本的構え これも 捉え方を変えて行くことが必要になります



このままでは 自分自身も相手も苦しいですよね(;^ω^)





どう変えればいいのか?というと



「自分OK 相手もOK」




自分も相手も正しい この構えだったら 相手を自分を思い通りにしなくても



相手が自分の思い通りの反応をしなくても 腹が立たない 許せるようになるんですよね



そうなったら 彼と付き合っていても 誰と接していても 楽に付き合って行けますよね^^



そうなれる方法がありますから 


気になる方は カウンセリングにて 改善していきましょう^^


恋愛も仕事も長続きしたことがなく、貯金も出来なかった私だからこそ伝えられること

私は昔 恋愛も仕事もですが 長続きしたことがなく


唯一続いている結婚生活も 過去は 最悪というのでしょうか(;^ω^)


典型的な恋愛依存と回避依存の夫婦だったので 苦しくて苦しくて・・・


苦しいのは 夫婦関係だけでなく お金も苦しくて苦しくて(;^ω^)


典型な回避依存だった主人は 結婚してから 


私が働きに出ることを許してくれなかったので


主人の収入だけでのやりくりだったのですが


それなのに 主人からの経済的な締め付けがあり 


子供たちの紙おむつ代やミルク代に困ることも しょっちゅう・・・


主人に内緒で 赤ちゃん3人を育てながら(年子で双子ですから)


内職していた時期もありました


そんな状況でしたから 貯金なんてできる余裕は全くなかったですし


私自身 父親似のせいなのか 貯金するという概念すらなかったので


貯金は0でした


日々生活するだけで 子供たちを育てるだけで 精一杯だったのですよね(;^ω^)


夫婦関係も 毎日のようにケンカしていて ケンカの原因は いつもお金のこと


それがこじれて 何度離婚話が出ていたことか・・・


でも 離婚話は出るのに 次の日には何事もなかったかのように話しかけてくる主人が理解出来ないし・・・


お金がないなら働けばいいという私とに対して 主人は働くなという人


私が カウンセラー養成の学校に通いたいと言った時でも


「自分で稼いだお金で行け」というくせに 働くことを許さないという矛盾さ(;^ω^)


さすがにその時は 主人の反対を押し切って 掛け持ちで昼夜働いて学費を稼ぎましたが


今思うと むちゃくちゃな人でした(;^ω^)


そんな主人も 今じゃ別人のように変わりましたし
 
(まるで私のアシのように どこでも連れて行ってくれて どこに行くにも一緒です)


過去を振り返って 反省し 謝ってもくれました



お金に関しても あんなに出来なかった貯金が  したことがなかった貯金が


当たり前のように出来るようになりました



仕事も カウンセラーとして 続いていますしね(^^♪



このように 恋愛も仕事も継続出来ない人や 継続できても良好な関係が築けない人は 


貯金が出来ない人が多い もしくは ある金額以上貯まらないという特徴があります


そういう方へ向けて 今月のメルマガラブアディクションからの克服では 貯金に関することを書いていますので


興味のある方は読んでみてくださいね~(^^♪


貯金も 恋愛もうまくいかなかった私が出来るようになったコツなどを書いていますから!(^^)!


貯金ができるようになれば 恋愛も継続出来るようになったり 良好な関係が築きやすくもなりますから!(^^)!

3月のカウンセリングのご予約受付は残り2日です







3月からのカウンセリングのご予約は満員となりました<(_ _)>


新規の方も3月まで満員となりましたので 4月以降からのスタートになります<(_ _)>


新規の方は 2月25日からお申込みを始めます





現在 3月末までカウンセリングのご予約は満員となっておりますが


既存の方に限り 


3月末までの間のキャンセル待ちは受け付けていますので


ご希望の方は「平日の夜」などのご希望を明記の上 ご連絡ください


(ちなみに夜の時間帯は 平日休日共に 空きにくい状況ですが
 平日の昼間の方が早くご案内できるかと思います)



カウンセリングのお申込み キャンセル待ちのお申込みはコチラから↓

カウンセリングのお問い合わせ&ご予約フォーム


***



当方は現在 電話でのカウンセリングのみとなっておりますので


愛知近郊の方でも 電話でのカウンセリングとなります


多くの方のお話を聴かせていただくために 現在対面カウンセリングは中止しております




男性や未成年の方からのお問い合わせもありますが


当方は
20歳以上の女性のみ
のカウンセリングとさせていただいております


ご理解いただければと思います


***


2月の ラブアディクションからの克服では


 <恋愛とお金>をテーマにお伝えしていきます


恋愛依存とは少し違いますが 恋愛とお金は密接な関係があります


お金の問題を3つに分けて それぞれの部分を改善することにより


恋愛での問題点も改善していこうという内容です


現在 お金の問題のうちの1つ 【お金を貯めること】


ここを改善することにより


お金を貯めやすくなるのはもちろん 良好な恋愛関係を継続することが出来るようにもなっていきます


貯金がなかなか出来ない方や 良好な人間関係を継続することが難しい方へ向けて 書いていきます(^^)/




***


2月の 恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガ


今月も 先月に引き続き カウンセラーとして必須な集客に関してお伝えしています


といっても コンサル的なテクニックではなく カウンセラーとして必要な集客することやカウンセリング料金を受け取ることに対してブロックになっていること


お金を受け取ってはいけない


この思いがあっては せっかくのカウンセリングスキルや能力があっても


無料や安価でカウンセリングを引き受けてしまいますので


クライアントさんにとって 効果の出にくいカウンセリングになってしまいます

(お金というエネルギー交換が出来ていないと 効果が薄いと思われます)


思うように稼げていない方は 「お金を受け取ってはいけない」


という思い込みがあるのではないかと思われます


こういった問題をテーマにして どうすれば集客しやすくなるのか?


受け取りやすくなるのか?を書いていますので


集客の苦手なカウンセラーさんは テクニックではなく心理的な問題点を改善して頂けたらと思います(^^)/

恋愛依存と血液型の関係は?






3月のカウンセリングのご予約 

かなり埋まっていますので 

ご予定のわかる方はお早目にご連絡くださいね~(^^♪


2月からカウンセリングをスタートされる方も 

継続される方は ご予約頂ければと思います


なお 新規さんの受付は終了していますので 既存の方のみの受付となります



***


前に メルマガの方で あるアンケートを取らせて頂きました


それは


血液型と恋愛依存の傾向は 関係があるのか?


これを調べるために です



勝手な私のイメージなんですが


恋愛依存は A型の人が多くて


回避依存は B型もしくはAB型が多くて


共依存は O型が多いのではないかと



そう思っていたのですが


アンケートの結果を見て 思ったのが


血液型と恋愛依存の傾向は 全く関係がない



ということでした(;^ω^)



ただ あのアンケートは 自己判断からの申告なので


実際と違うかもしれないと思い
 

クライアントさんやその彼の血液型を確認させて頂いたのですが


やはり 関係ない ということがわかりました(;^ω^)



そういえば 私はA型なんですが 回避依存がベースの恋愛依存でしたし


主人もA型ですが 共依存ベースの回避依存でしたしね(;^ω^)



この恋愛依存の各種傾向というのは
 

家庭環境 育てられ方によって変わる


これが正しいようですね~



ちなみに この家庭環境ですが


長女 いわゆるお姉さんの立場の方は 


恋愛すると
 

彼が新たに出現する女性に奪われるのではないか


もしくは 新たな女性の方へ彼が行ってしまうのではないか



という 自分より後から出てくる存在に不安を感じやすく



次女や末っ子の立場の方は 恋愛すると


彼が 元カノとヨリを戻すのではないかという


自分より先に居た存在に不安を感じるという傾向があります



ということは 中間子の立場の方や一人っ子の方は 


どちらかの存在 もしくはどちらのの存在も不安になりやすい 


ということになります



これはなぜか?というと


長女の場合 幼少期の頃は 母親の愛情を一新に浴びてきたのに


下に兄弟が出来た途端に 母親の関心が下の兄弟に行ってしまうと感じたため


「お母さんを取られた!」もしくは「お母さんが下の子の方へ行ってしまった!」


そう捉えてしまったことが原因となり


恋愛においても 同じような立場になりえる相手を無意識に選び


幼少期の時の感情を味わおうとします




それは 今度こそ 取られたくないから
 

もしくは 今度こそ 自分を選んでもらうために
 

同じ感情を味わえるような人を選ぶんですね~



それはどんな人かというと 例えば 浮気性の人とかですね


自分だけ見てくれないような人を あえて選ぶ 


もしくは 自分だけ見てくれない状況に持っていく
(相手を束縛したりなど 相手の嫌がることをする)


ということが起こりやすくなります



これが 末っ子の立場の人の場合
 

生まれた時から 既に先に兄弟がいる訳ですから


もう お母さんは 上の兄弟のもの とか 元々自分のものではない という感覚な訳ですね


なので 恋愛においても 先に居た存在の方へ戻ってしまうのではないか?


そんな不安が出てきやすくなる訳ですよね~



という感じで 



やはり 家庭環境が
 

恋愛依存に影響を及ぼす
 ということはわかりました



兄弟の関係や有無は 恋愛依存には直接影響はしていませんが



恋愛においての不安は 影響している ということはわかりました



血液型も影響していたら面白かったのですが


残念ながら 関係なかったようです(;^ω^)



ご自分に当てはめてみて いかがでしょうか?



あくまでも一般的な家庭環境の中で その時のご自身がどう捉えたか?ですので 



当てはまらない方もいるかもしれません(;^ω^)

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR