カウンセリングの効果を実感できる人できない人









カウンセリングの効果を実感出来る人と 出来ない人



この差は何だろう?



と クライアントさんを見ていて思うのは



「他力本願」か「自力本願」



これももちろんありますし



起こった出来事に対しての原因を 「自分に向けるか」 「相手に向けるか」



これもあると思います





これは 「責める」 という意味ではなく 「責任」という意味でですね





起こった出来事に 「自分に責任があると思うか」 「他人の責任だと思うか」ですね





起こったことは自分の責任だと 自分がこうしたからこそ こうなったと責任を負う覚悟があるかどうか



自分から逃げない覚悟があるかどうかなんだな~と思います





ちゃんと自分に向き合ってカウンセリングを受けるということ



自分のことだと 自分の為に 自分で 自分を変えて行くのだという覚悟が出来ていること




これが出来ている方は 初回から カウンセリングの効果や満足度が違うので



「毎回 カウンセリングを受けた後 必ずハッピーなこと ラッキーなことが起こるんです」とか



「ただ話しただけなのに ものすごく心が軽くなりました」とか



「カウンセリングの後 ほとんど連絡くれない彼から 連絡がありました」とか



ちゃんと向き合っただけのご褒美があるものなんですね





逆に 何の効果も感じない という方は 



無自覚かもしれませんが



「カウンセリングを受ければ 話すれば 自分を変えてもらえる」とか



「カウンセリングしていれば 自分の思い通りに変わるはず」



カウンセリングに対して期待しているのではないでしょうか?





カウンセリングに期待しても 残念ながら 変わることはありません



カウンセリングに期待するということは



「カウンセリングによって 自分を変えてもらおう」ということですから



当然ながら 変わりません



カウンセラーに期待することも同じです



よく このブログを読んで 私ならと期待してカウンセリングをお申込みされる方がいますが



私があなたを変えて差し上げるのではありませんので



私に期待したところで 自分自身が 自分に 変わる期待をしていなければ



何も変わりません
ので ご注意ください




変わりゆく自分に期待してくださいね



そのためにも カウンセリングは誰のものか?



よく考えてください



自分のために変わりたいのですよね?




自分ではなく 彼を変えるためなら 最初から無駄ですから やめておいた方がいいと思います





「カウンセリングすれば克服出来る」 とか 「このカウンセラーなら私を克服させてくれる」



そう思っている方も 最初から無駄ですから やめておいてくださいね





私が克服させる訳ではないので カウンセリング自体 行うことは 皆さんに対して 同じ
です



どう同じなのか?というと



「クライアントさんに合わせてカウンセリングする」 ということが同じなんです



その方のペース 成長度合いに合わせてカウンセリングしていくので



その時によって カウンセリングの内容が違ったり 使うセラピーの療法が違ったりします



その方に合わせて行っているので カウンセリングの効果の差は その方次第ということなんですね



皆さんに対して 同じようにカウンセリングさせて頂いているのに



効果の差が出るということは やはり その方次第ということなんですね




カウンセリングを受けても効果がないと感じる方は 



自分に期待しているのか?



自分に責任を持っているのか?



自分に向き合う覚悟は出来ているのか?




見直してみてくださいね
スポンサーサイト

受け取り下手はお金も愛情も受け取れない








先月から メルマガラブアディクションからの克服で お金と恋愛についての記事を書いています





このメルマガでは お金の問題を 以下の3つに分けて 



これを恋愛パターンに当てはめて 1つずつ説明してます


・お金を「受け取る」 = 愛情を「受け取る」


・お金を「使う」 = 愛情を「表現する」


・お金を「貯める」 = 恋愛関係を「継続する」







先月から まずは お金を「受け取る」について お伝えしているのですが



お金を受け取ることも 愛情も受け取ることも 同じ



そう 同じなんです





言い換えると お金を受け取ることが出来ない人は 



恋愛でも 相手からの愛情を受け取ることが出来ない






お金を受け取ることが出来ないとは どういうことかというと



単純に 安い給料や自分の働きに見合った給料を貰えないのはもちろん



それなりに給料を貰っているのに 貯金に回すことが出来ない位にお金が出て行ってしまう



これも 受け取る力が弱いからこそ 手元にお金を残すことが出来ない 



受け取ることが出来ないんですね





愛情で言うと 相手からいくら好きだと言われても信じられなかったり



自分ばっかり好きで 彼の方は全然好きじゃないように思えて いつ捨てられるんだろうと・・・



ちょっと彼からのメールが来ないだけでも 「嫌われたんじゃないか?」と不安になったりするのも



彼の愛情をちゃんと受け取っていないからこそ なんですよね(;^ω^)





そういう方が本当に多いな~ということで 



先月から 受け取るための改善方法をお伝えしています



それも 日常生活の中で 出来る方法ですね





必要な人にだけ この方法が 情報が届けばと思っていますので



受け取ることが苦手だという意識のある方の参考になればと思いながら書いていますが



改めて書いてみると 受け取るというテーマだけでも どんどん出てきてしまうので



今月も引き続き 書いています(;^ω^)





私自身が 本当に受け取る力というものが弱かったからこそ書ける内容なんですが



受け取る力の弱い方は 女性性も弱いというのでしょうか



女性ホルモンの分泌にも影響しているように思われます

(私は不妊症でしたから)





受け取る力が高まると どうやら女性性も高まるようでもあります



女性性が高まるということは 恋愛にも当然ながら いい影響を与えますしね^^



相手を受け入れる力も高まるのではないかと 



だから 恋愛にもいい影響を与えると 私はそう思っています





メルマガラブアディクションからの克服の方は 「受け取る」 というテーマで まだまだ しばらく続きそうですが



お付き合いいただければと思います(;^ω^)

依存的な「好きだから会いたい」から純粋な「好きだから会いたい」へ










「好きだから会いたい」




これ 当然の感情だと思っていました




確かにそうなんです




嫌いな人に会いたいって思わないですから




好きだから会いたいって 当然ですよね







でも 恋愛依存を克服していくうちに 




「彼のこと 好き! 




 だけど 会わなくてもいいか・・・」
とか




 「彼のこと 確かに好きだけど 別に会いたいって思わないなぁ・・
・」




こんな心境になっていきます







これは 冷めたとか 嫌いになった訳でもないのに です




今までのように 「好きだから会いたい」という 




「好き→会いたい」とか「好き=会いたい」




この図式ではなく




好き」と「会いたい」は別の感覚 切り離されたような感覚になります







この感覚 恋愛依存真っ只中の方からすると 理解できない感覚ですよね(;^ω^)




それどころか 彼に対しても 「私のことが好きだったら 会いたいって思って当然でしょ?」




そう思いますよね




だから 自分より仕事を優先したり 友達とは会うのに 




自分とは会う時間を作ってくれない彼に対して




「何で私と会う時間作ってくれないの?私のこと好きじゃないってこと?」




と捉えがちですよね







私はそう捉えていました




自分がそうだから 相手もそうだろうと・・・




私は好きだから会いたい 




だから私は いつ誘われてもいいようにと 予定を空けているのに




何であの人は時間作ってくれないの?と




会う時間を作ること=愛情と捉えていましたから




会ってくれない= 愛されていない → 私のこと好きじゃないんだ → 




他に好きな人がいる → その人に会うから私に会う時間がないんだ





そう考えが飛躍して 1人で勝手に落ち込み どんどん自爆する方へ持っていっていました 







でも この 依存的に 「好きだから会いたい」 と思って当然だという この考えがなくなったら どうですか?







好きと会いたいが別になったら こんなに考えが飛躍して 悩むこともないでしょうし




彼に 何で会ってくれないの?と問い詰めたくなる気持ちもなくなりますし




 「会いたくて会いたくてたまらない」苦しみを味わう必要がなくなりますよね







「好きだから会いたい」




これ 純粋に 好きな人に会いたい そう思うだけなら 全然問題ないんです




なのに 恋愛依存的な「好きだから会いたい」になると 重くて苦しくなるのはなぜか?




というと




相手に 自分を満たしてもらおうと 余分な思いがいっぱい乗っているから 




だから 重苦しくなってしまいます







例えば 会ったら 優しくしてほしいとか 愛の言葉を囁いてほしいとか




大切に扱ってほしいとか スキンシップしてほしいなどなど




~してほしい その思いを彼にぜーんぶ満たしてもらうために会いたい
 なんですよね







純粋に彼のことが好きで そばに居るだけで十分
 




といった思いからの 純粋な 会いたい ではないんですよね







この ~してほしい という思い




これを本当に望んでいた相手は 今の目の前に居る彼ではなく 




本当は 幼少期のご両親のどちらか もしくは両方ではなかったでしょうか?








だとしたら いくら目の前の彼が優しくしてくれたり 望んだことをしてくれたとしても




満たされるのは一瞬だけで 「もっともっと ~してほしい」




と望んで いくらされても 満たされなかったり





こんなに優しくしてくれるのは 浮気していたりしてやましいことがあるからに違いないと疑ったりして




どちらにしても 本当に満たされることはないはずです







なぜなら 本当にされたかった してほしかった相手が違うから なんですよね







こういった部分を満たすためのカウンセリングを行っています




ここを満たさない限り いつまでたっても  依存的な 「好きだから会いたい」




ここから抜け出せないのですね







依存的な 「好きだから会いたい」 から 純粋な「好きだから会いたい」へ





シフトを変えて行けたら もっと楽な気持ちで恋愛できますよねヽ(^。^)ノ
プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR