もしも過去に戻れるとしたら?





今朝 ふと思って なんだかほっこりしていたのですが



もしも タイムマシーンで 今の記憶を持ったまま 過去に戻れるとしたら・・・



私 どうするだろう?って ふと思ったんです





振り返ってみると 他のことでもですが 



こと恋愛に関しては 初恋の頃から 嫌な思いをしてきて



 (小学校から中学までの5年間 片思いしていた初恋の人に 

  何も言えずにいたら 自分の友達と付き合いだしていて 勝手に失恋したとか)



彼氏が出来てからも 空回りして 勝手な思い込みから自爆して 本当に別れる羽目になったり



付き合っても長続きせず でも途絶えることがなかったので 



消せるものなら消したいと思っていた過去がたくさんあります(;^ω^)





それでも もしも 今の記憶を持ったまま 戻ったとしても



私は その当時と同じ選択を 同じ決断をしていただろうなって そう思うんですよね





たとえ そのあと 二股かけられて傷つくことを分かっていたとしても



その人と付き合うことを選択していただろうし



あの時 あんなことを言わなければ 別れなくても済んだかもしれなかったとしても



きっと 同じことを言っていただろうと そう思うんですよね





あの時 あの人と別れていなかったら その次の出会いはなかっただろうし



何より 今の自分に なれないから!(^^)!





全ての出会いが 辛かったことも 傷つけたことも すべての出会いがあったからこそ



今の私が出来上がったんですよね





過去に出会った人たちのおかげで 恋愛依存で苦しんだおかげで 



今に活かせていることが 有難いことだなと思うと



過去をやり直せるとしても きっと 私は同じ経験をしていくだろうと思います 





そう考えると あの両親(アルコール依存の父とそれを支える母の共依存カップル)を



自分で選んで生まれてきたんだなと思いますし



「親を代えて生まれてもいいよ」と言われても 同じ親を選ぶと思います





あの親から生まれていないと 今の自分にはなれなかったから!(^^)!






今 辛い恋愛をしている方 



何でこんな人とつきあってるんだろう?と思うような人なのに 別れられない方



それも すべて意味があって 起こっていることだと思います





今は辛いかもしれないけれど その意味を理解して 自分を見つめ直していくこと



自分の望む未来に繋がっていくと思います!(^^)!





今起こっていることは全て無駄じゃない 



そう思って 朝からほっこりしていました(*^^)
スポンサーサイト

12月のカウンセリングのご予約、満員となりました




年内のカウンセリングのご予約は 満員となりました<(_ _)>



新規の方も 年内 いっぱいとなっておりますので 受け付けておりません<(_ _)>


来年1月のカウンセリングのご予約&新規さんの受付は 11月25日頃の このブログで行う予定です


なお 12月末まで カウンセリングのご予約は満員となっておりますが


既存の方に限り 


キャンセル待ちは受け付けていますので


ご希望の方は平日の夜などのご希望を明記の上 ご連絡ください


(ちなみに夜の時間帯は 平日休日共に 空きにくい状況ですが
 平日の昼間の方が早くご案内できるかと思います)



カウンセリングのお申込み キャンセル待ちのお申込みはコチラから↓

カウンセリングのお問い合わせ&ご予約フォーム


***



当方は現在 電話かスカイプでのカウンセリングのみとなっておりますので


愛知近郊の方でも 電話ORスカイプでのカウンセリングとなります


多くの方のお話を聴かせていただくために 現在対面カウンセリングは中止しております




男性や未成年の方からのお問い合わせもありますが


当方は
20歳以上の女性のみ
のカウンセリングとさせていただいております


ご理解いただければと思います



***

年○年始のお休みのお知らせ



12月30日~1月5日まで お休み


***


10月の ラブアディクションからの克服では


今月からは <恋愛とお金>をテーマにお伝えしていきます


恋愛依存とは少し違いますが 恋愛とお金は密接な関係があります


恋愛のパターンを見れば どんなお金の問題を抱えているかわかりますし



逆に お金に関する悩みを聞けば どんな恋愛パターンがあるのかがわかります


ということは 恋愛の悩みを改善すると お金の悩みも改善できることになりますが


これを意識していないと どうも改善しにくいようなので 


その意識を高めていただくためにも 今月から 恋愛とお金の関係を伝えていきたいと思います



今までブログにも少し書いてきましたが ブログでは書ききれなかったことを


このメルマガにてお伝えしていきます


去年のセミナーでお伝えしきれなかったことも書いていきますので


セミナーに参加された方も 復習を兼ねて お読みいただけたらと思います(^^)/



***


10月の 恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガ


今月も カウンセラーとして 

それも恋愛依存のクライアントさんを相手にするカウンセラーとして必要なことをお伝えしていきます


カウンセラーとして活躍しているけれど どうもうまくいかないと感じている方や


依存的なクライアントさんがカウンセリングにお申込みされて 対応に困っている方は

ぜひ 参考にしてみてくださいね(^^)/ 








自分が変わることの恐れはありませんか?







12月のカウンセリングのご予約の空きは あと1日となりました<(_ _)>


今回は メルマガで先にお知らせしたせいなのか 3日余りで埋まってしまい


「予約が取れない」というお声を頂き 大変申し訳なく思っておりますが


カウンセリングをお申込みになったのに こちらとの都合が合わず 予約が取れない
 

という方は ご自分で乗り越えられるサインでもあると思いますので


自力で頑張ってみる もしくは様子を見てもいいかもしれません



でも 予約が埋まっていく様を見ながら 「あぁ・・・今月もまた埋まってしまったから、また予約が取れなかった」


と 予約を申し込むという行動を起こさずに ただ様子を見て 予約が取れないと嘆いている方


何かしらの恐れがあるからだと思われます



要は 「変わりたくない」のです


何かしらのブロックや禁止令があることに気付いていても
 

カウンセリングによって 「変わりたくない」から
 

カウンセリングを受けたいなと思っても お申込みにならないんです



正確に言うと 「変わってしまっては困る」のですね~(;^ω^)


変わりたくないなら 無理に変わらなくてもいいと 私は思いますが


「変わりたいんです」と言いながら 何も行動を起こさない



そういう方は 自分の中にある 恐れ に気付いてくださいね



カウンセリングによって なぜ変わる恐れが出てくるのか?というと


カウンセリングで取り入れているセラピー
 

これを行うことによって 「自分が変わる」ことが加速するので こわくなってしまうんです


変わりたくない人からすれば セラピーは当然コワイですよね(;^ω^)


どう変化するかわからないからこそ 恐れてしまうのですよね~



そこで セラピーでの変化は恐ろしいものではない ということを


とあるクライアントさんが 感想として送ってくださったので ご紹介いたします


**

先日はセラピーどうもありがとうございました。

久しぶりに先生とやって、
今まで想像もつかなかった
母へのイメージが明確になって、スッキリできました。

彼に愛されているのに、どうも信じられない、というのは、
彼に母を重ねて見ていて、母のイメージだったのかなと思いました。

漠然とですが、同じ気持ちというかで驚きでした。
そしてやった後、ものすごいスッキリしました。

潜在的な意識も呼び起こしたり、気持ちがスッキリしたりセラピーってすごいなぁと改めて思いました。

それに、何より、自分でやる時とは全然違い、
先生にうまく誘導されてるからか、どんどんイメージが出てきましたし、
完結もできて、スッキリ感が違いました。

先生と今回やれて良かったです。
こういう体験たくさん続けたら少しずつ変われるかもしれないと希望が持てました。


**

この方も 実は セラピーを恐れていた中の一人です


カウンセリング中 ついつい話が長くなってしまい セラピーする時間がなくなるというパターンで


それは ご本人は気付いていないかもしれませんが セラピーする恐れから来ています


セラピーすることによって スッキリするし 自分自身が変わっていくのは分かっていても


変わった分 この方の場合 揺り戻しが激しいので それで恐れが出ていたと思います


通常 セラピーでは 3歩進んだら2歩下がるかのように 進んでも戻るような感覚があります


この方の場合 進む歩幅が大きいので 戻り幅も大きいのですね(;^ω^)


せっかく セラピーによって 彼との関係が良好になったのに


まるで ぶち壊すかのようなことを自分からしてしまうのです


そうなると 進むことがこわくなってしまって セラピーから逃げようとしてしまいます


でも 少なくとも1歩は進んでいるはずですから 全く 前の状態に戻った訳ではないんです



戻ったとしても 1歩は進んでいるはずですから その 1歩進んだ場所を 現状を 今を 見てほしいのです


セラピーすることを恐れていては いつまでもその場所に留まることになりますから


セラピーを続けて 進んでいきましょう^^

恋愛における思い込みを変える方法






カウンセリングで いろんな方のお話を聴かせて頂いていると




人それぞれに いろいろな思い込みがあるのだなぁとか




いろんな恋愛のパターンがあるのだなぁと思います







例えば 




「優しくて 明るい自分じゃないと 相手に愛されない」とか




「自分から好きになった人には好かれない」
とか




「いつも2番手のポジションになってしまう」
とか




「相手が浮気して それが原因で別れるパターンを繰り返している」などなど・・・






これらは すべて 自分の思い込みが現実化しているだけのことなので



全く不思議なことではないのですが



なぜ この思い込みが出来たのか?



ここが分からないと いつまでたっても この想いからの現実化は止まらない 



ということになるのですよね





この思い込みが出来上がった出来事が 記憶の中にあるものであれば 



簡単に気付くことは出来ると思いますが



大抵の場合 記憶にないような 物心つく前の出来事だったり



物心ついた後の出来事だったとしても その思い込みと結びつかなくて気付かなかったり



ということがあります





極端な例だと 赤ちゃんの時に思いこんだことが 今にも影響していることさえあります



赤ちゃんは 何も考えていないとか 感情がないと思っている方が多いと思いますが



実際には 赤ちゃんどころか 私たちは 既に お母さんのお腹の中に居る時から 感情や考えを持っています





そのため お腹の中に居る時の お母さんの不安を 



そのまま自分の不安として受け継いで生まれてくることもありますし



生まれてから お母さんが自分の傍を離れただけで 「お母さんに見捨てられた」と感じて



それが恋愛依存での見捨てられ不安になることもあります





兄弟で 同じ環境に育っても どう捉えるか?は その人によって違いますので



同じ出来事があっても 片方は見捨てられ不安を感じない ということも十分にありますが



基本的に人間は ネガティブに物事を捉えるように 脳の仕組みとして出来ていますから



ネガティブに捉えても それは自然なことなのですね





なので 幼少期に捉えた その捉え方 ネガティブに捉えた自分が悪かった 



という訳ではないんです





その当時は そう捉えたかもしれないけれど



今の大人の自分なら どう捉えるだろう?と 



捉え方を修正すればいいだけ
のことなんです





例えば 



「優しくて明るい自分でないと好かれない」という思い込み



これは 幼稚園の時に お母さんが 自分の友達で 優しく明るい子を見て



「○○ちゃんみたいな子、お母さん好きだわ」と 



そう言われたことによって 



お母さんに好かれるには ○○ちゃんみたいに優しくて明るい子にならないと好かれないんだ



そう捉えたことが発端だったと思い出したとします





それに対して 大人の今の自分なら この出来事をどう捉えるでしょうか?



「お母さんは○○ちゃんみたいな子が好きだと言っているだけであって



だからと言って 自分のことを嫌いだと言っている訳ではないし



私に対して ○○ちゃんのようになれと 強要している訳ではない」






こういった捉え方をすることも出来ます





こういった捉え方もあるんだよと言うことを 子供の頃の自分に教えてあげることにより



子供の頃の自分が理解して納得してくれたら 子供自身に 新たな捉え方をしてもらいます



それが出来たら 完了です





こうしていくことによって 自分の中の思い込みが変わっていきますから 



どんな思い込みになったのか?それを確認していき



今の自分に見合った思い込みに変わっていれば それでOK
です





例えば



 「今の自分のままでも 演じた自分でなくても 相手に愛される」
といった思い込みですね



この思い込みに変われば 今度は この思い込みに合った現実が 現実化されるということになります





こういった作業を自分で出来ると言う方は ぜひ やってみてください





自分一人では出来ないと言う方はカウンセリングを通じて セラピーを使って行っていきますので



「この思い込みが気になる」という思い込みがある方は お知らせくださいね~!(^^)!









現在 カウンセリングのご予約は 11月末まで満員となっております



12月のご予約の受付は 10月25日頃に このブログにて行いますので



ブログをチェックしておいてくださいね~(^^)/

自分のことを好きになれない





自分を好きになれない・・・


そう悩んでいる人 多いんですよね~


そう言う私もそうでした(;^ω^)


自分でも好きになれない自分を 


他人が好きになってくれたら 好きになれるかもしれない・・・


そんな期待はないでしょうか?



でも それって 考えてみると おかしな話なんですよね(;^ω^)


それに そうやって 自分のことを好きになってくれる誰かを


探したり 待ちわびるより


自分で 自分のことを好きになった方が 早いと思いませんか?


ということで また過去の記事なんですが 


参考になるかもしれないので 一部加筆して 再度載せてみました↓


***

共依存脱却マニュアル


このマニュアルには 共依存というものを克服する為の


19の具体的な方法が書いてあるのですが


これを読んだ方から このような質問がありました↓


『19の方法の4「自分をうんと好きになる」。

これが難しいと思っています。

例えば、体型はダイエットして変えることが不可能ではないですが…

努力しても変えられない身体的な不全は、
好きになることができないと思っています。

その部分は、諦めて認めていいのかなと思いましたが、
それで良いのでしょうか?』



はい(^^)


努力しても変えようのない部分って


誰しもあるのではないかなと思います


ここでいう 諦める は


明らかに認めることであって


投げやりな意味ではありません



例えば 私の例でいうと 無口で 大人しい性格の自分が嫌なんだけど


変えようと思っても変えられないとします


なぜ その 無口で大人しい性格が嫌なのか?というと


その性格はダメなんだと 自分で自分にダメ出しするから 嫌になるわけですよね


無口で大人しいせいで 損したことも多々ありましたから


そう考えたら この性格は 損な性格かもしれませんが


無口で大人しいことが 悪いことではない ですよね?


明るくて 社交的な性格だったとしても 損したり 嫌なこともあるでしょうから


無理に 明るく 社交的になる必要もない訳です


この 無口で大人しい性格 


これも自分の個性として受け入れること



どんな自分も自分なんだと受け入れていくこと


明らかに認めることであり 


共依存を脱却していくうちに できるようにもなっていきます


共依存を脱却する為の方法が19種類 ありますが


順番にやるのではなく


出来そうなものから 取り入れてみてください


一つずつでも 二つ 三つずつでも


取り入れやすいものから 始めてみてください(^^)


自分をうんと好きになるのが難しいと


今の段階でそう思うなら


他のものから始めてみてください


他のものができるようになると


いつのまにか 全部できるようになるんですね~(^^)


どうしても 自分を好きになれない


とか


自分を好きになる感覚がわからない(o・ω・o)?


という方は


未来セラピーというヒプノセラピーをオススメします


この未来セラピーは その名の通り 未来の自分の姿を見て頂くもので


『自分のことを好きになっている未来の自分』


と誘導することによって 未来の自分を体感していただくこともできます


そして 未来の自分から


どんな風にして自分を好きになったのか


アドバイスをもらうこともできます



人からのアドバイスではなく 自分からのアドバイスですから


自分なりのやり方で 好きになる方法がわかるはずです(^^)


しかも 自分の言葉なので 心に深く刺さります^^;


自分を好きになれない…


という方に 未来セラピーがオススメです(^^)


実際 やってみた方から


『自分の気持ち次第でなれるんですね!
未来の自分から、力強い、心強いメッセージをもらい、
自信がつきました!』

(30代女性)



という感想をいただきました(^^)



あなたは 自分のことを好きだと受け入れられたら・・・


どんな自分になると思いますか?


お金=愛情という思い込みが受け取る力を弱めてる?








恋愛依存克服 というテーマでカウンセリングをしていても



お金の悩みが自然と出てくる方がいらっしゃいます



一番多いな~と思うのが



「お金=愛情」という思い込みの方ですね





お金も愛情もイコールになっていると



どっちも受け取れているか



どっちも受け取れていないか という



極端な事態が起こってしまうことになります




どっちも受け取れいている という方は 自己肯定感が高いので



「自分は受け取る価値がある」訳ですから



 受け取る器が大きく 



どんどん入ってきても 受け取ることができますが



どっちも受け取れない という方は 自己肯定感が低いので



「自分に受け取る価値がない」と 受け取る器を小さくしていて



受け取る分 自体が少なかったり



たとえ 入ってきても 受け取りきれない という状況になっているように思われます 





本来 お金はお金であって お金は愛情ではないのに



幼少期に 愛情の代わりにお金を受け取ったいうような経験があると



お金=愛情 と勘違いしてしまう訳ですね~





私もそうだったのですが 



父親から 「遊んでやれないから」とか 「いつも寂しい思いをさせてるから」と言われて



お金を渡されていました





その経験から 私は お金が愛情なんだと思い込んだわけですね



父親からは お金という形で愛情を受け取り



逆に母親は 私にはお金をかけてくれなかったので



そのことを 



「私は母親に愛されていないから お金がもらえないんだ」




そう思い込んだことにより



より一層 お金=愛情 という思い込みを強化していきました





愛されていたら お金をもらえるけれど



愛されていなければ お金をもらえないんだ 




という思い込みですね





なので 恋愛において



彼氏が自分にお金をかけてくれること=愛情 となりますから



デートで割り勘とか ましてや 私に払わせるなんて ありえない!




そう思っていましたし



誕生日などのプレゼントでも 高価であればあるほど 私のことが好きな証拠だと思っていたので



安価な物をもらったときは 「私のこと そんなに好きじゃないんだ・・・」



落ち込みと怒りが収まらず それが理由で別れたこともありました(/ω\)





こうやって お金=愛情 という思い込みがある人に多く見受けられるのが



受け取るという力の弱さやブロック(障害)です





この受け取る力が弱かったり ブロックがあると 



お金の面でも愛情でも 少ししか受け取れなかったり 全部受け止めきれず 出て行ってしまいます





たとえば 自分の働きに見合った給料がもらえていなかったり



どんなにたくさん稼いでも 稼いだ分 全部出て行ってしまうとか



恋愛の場合だと 2番手のポジションで 自分だけ愛してくれない人と付き合ったり



彼に愛されているという実感が得られず 浮気してるんじゃないかという疑いが常にあったりします





これらは 受け取る力が弱いからこその弊害なのですね~



こういった受け取る力を高める方法として 今月のメルマガラブアディクションからの克服にてお伝えしていますので



受け取る力が弱いと感じている方は ぜひ参考にしてみてくださいね~(^^)/


※ちなみに 10月16日配信のメルマガでは 


私の お金を受け取る力を弱めていた原因となっていたものを例として紹介しています



男に負けない生き方、選んでいませんか?








私のところへいらっしゃるクライアントさんに多いのが


バリバリのキャリアウーマンタイプの女性で


とても素敵なのですが 


見ていると まるで 男に負けるか!


と片意地張るような生き方をされている方が 多々見受けられます



そういう私も 昔はそうだったんですけどね(;^ω^)


この生き方 悪くはないですけど 疲れるんですよね~(;^ω^)


ということで この記事 再投稿してみました↓


***


恋愛 


という場面に限らず 


仕事などで 「年上の男性と接するのが苦手」とおっしゃる方がいます


そういう私も昔はそうでした^^;


特に 「年上で 威圧感のある男性」 が苦手でした


(今思えば 主人もそういうタイプでした)



苦手意識があるからなのか 


どの職場にいっても こういうタイプの男性が一人は居て


何かと トラブルを起こしてしまうんです^^;


そういう男性と喧嘩して それが原因で仕事をやめたことさえあります^^;


でも なぜか 恋愛の場面では そういう男性に惹かれやすいというか


そういう男性と付き合うことが多かったような・・・


苦手なのに そういう男性を求めていたのかもしれません



これは 幼少期に 「女であるな!」という 


「性別の禁止」 という禁止令の影響からだったと思われます


この禁止令によって 


私は 「あんな男に負けない!」とか「あんな男よりずっと私の方が出来る!」という


男性に対しての対抗心があり


特に「年上の威圧感のある男性」に負けたくない!という思いがあり


喧嘩したり 揉めたりして よく衝突していました


その当時の私は 今よりずっと 男っぽくて 


言葉使いも悪く 「サバサバしている」と言われていて


それが褒め言葉と受け止めていて


逆に 「女の子っぽいね」なんていわれると 気持ち悪くて 


何か裏があるんじゃないかと勘繰ったりして 


自分の女性的な部分は 出さないようにしていました



そうやって 自分の中の女性性を否定して 何十年も生きてきました


本来は女性なのに 男として生きようとしていたようなものですね


女性としての自分を受け入れたくないので 


女性としての幸せを求めない生き方をしてきた訳です


どこか無理をして 生きてきた


男と張り合う生き方でしょうか^^;



張り合っていながらも コワイという意識もあって


「コワイから張り合う」


でも 「負ける」 


そして 「惨めな感情を味わう」


惨めさを感じたくないから 「また張り合う」


この繰り返しだったように思います




私の場合 兄がいるのですが


兄が頼りなく 不甲斐ない人なので


幼少期の頃の 両親の期待は 兄ではなく 私に向けられたことから


妹なのに 長男的立場を求められる訳です


長男・・・「男」です


直接言葉で言われたわけではないのですが


雰囲気 空気で伝わってきたんですよね



そこから 私は 親の期待に応えるためには 「女であってはいけない!」と思い込み


女らしくいてはいけないので 男らしく 男に負けない生き方をしようと 


そう決断してしまったようです


(もちろん 無意識での決断です)


その 幼少期の頃に決断した人生を今 私たちは意識しないで歩いていますが


この決断で 生き辛さを感じるのであれば


また決断し直して


本当に望む人生に変えることができます


この場合だと 「女性として 女性らしく生きてもいい」という再決断ですね



自分の本来の性別を受け入れられずに生きていくのって 


結構 辛いことだったりしますよね^^;


男に負けないぞ!と張り合って生きていくのは疲れます^^;


こういった 禁止令というものも 恋愛に大きく影響を与えていますから・・・



私の場合 年上の威圧感のある男性は苦手なのに求めてしまう 


というパターンがありましたから


常に 揉めるわけですよね^^;


自分の望むような恋愛とは 程遠くなるばかりです



これが この性別の禁止という禁止令を解除することにより


年上の威圧感のある男性には惹かれにくくなり 


そういう男性に出会う率が ぐっと減ります^^


寄ってこないといってもかもしれません)


もしくは 自分にだけ優しく接してくれる なんてこともあります


そして こんなに生きるのが楽だったのかと思えるでしょう^^



この禁止令 あまりにも強くかかっていると解除することが難しい場合もありますが


カウンセリングで 大抵の場合は解除することが出来ます!(^^)!


もしかしたら私のことかも? と思う方は カウンセリングで解除していきますから 


気になる方は おっしゃってくださいね(^^)/

恋愛依存克服中なのに回避依存が強くなった?

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



最近のカウンセリングでの特徴なんですよね~


回避依存傾向が出てくるというより


元々 ご自分の中にあった回避依存の傾向が


恋愛依存の傾向が セラピーによって弱まることによって


目立ってくるような感覚
でしょうか・・・


この感覚は 回避依存がベースにある方は 通るべき道 ですから


「私ってオカシイ?」とか


「こんなに私って冷たいの?」など


心配なさらなくても大丈夫です^^



恋愛依存の特徴的な感情は


<見捨てられ不安>ですが


この不安は インナーチャイルドセラピーなどで


比較的早い段階で減っていきます


この不安が減ると 次に 回避依存傾向の特徴である


<親密になる不安>


が自分の中にあることに気づきます


この不安に気づくと 人付き合いが面倒になったり


独りで行動した方が楽に感じて


お独り様が増えていきます


自律していく上では 独りで過ごす時間も大切ですが


過剰なほどに人との付き合いを避けたり


引きこもりになる場合もあります



そうなった時に 


『私は恋愛依存じゃなく 回避依存になってしまったのではないか?

こんな私はオカシイのではないか?』



そう感じることが罠です


こういった 克服中に陥りやすいことを罠として


コチラのメルマガでご紹介しています


レジまぐ《ラブアディクションからの克服》



続きは メルマガバックナンバー(2011年10月分)を読んでみてくださいね♪


単月でのご購読も可能です^^



恋愛の辛さを同感されるより共感されたい

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



恋愛依存症ならではの苦しみは たくさんあります


彼と喧嘩した時…

思いが行き違いになった時…

他に女性がいるんじゃないかと疑わしい時…

なかなか連絡が来なくて
本当に愛されているのか不安な時…
など

これらの時に 《見捨てられ不安》が襲ってくるから

だから苦しくなるんですね


恋愛依存症の最大の恐怖は《見捨てられ不安》ですから

見捨てられそうな場面に直面すると

自動的にスイッチが入り 不安にさいなまれます


そして何より辛いのが


「この不安な気持ちを理解してくれる人がいないこと」
ではないでしょうか?


私も過去 恋愛依存症でグチャグチャな恋愛を繰り返していました

別れてはヨリを戻しを繰り返したり

また同じようなタイプの人を好きになり

振り回され 傷つき もう別れたいのに

しがみついて離れられない


そんな経験をずっと繰り返していました


失恋する度に 友達に愚痴り 慰めてもらっていましたが

「誰も私の気持ちをわかってくれない」


という辛さは つねに抱えていました


友達は「同感」はしてくれるんです

「あんな男 別れてよかったんだよ!」と慰めてくれたり…

でもモヤモヤはおさまらなかったんですよね


これは私のところへいらっしゃるクライアントさんからも よく聴きます


それは 私たちは「同感」ではなく「共感」を求めているからなのかもしれません


私のところへいらっしゃるクライアントさんは

「みゆ先生は恋愛依存症だった経験があるから
わかってくれると思って申し込みました」
とか

「他のカウンセラーさんにも聴いてもらったけど
こんなに聴いてもらえた実感があったのは初めてです」
など よく言われます


それは私自身も経験したことのある気持ちだからこそ

同感も共感できるんです


経験したことのない気持ちでも もちろん共感できますが

経験から来る共感は深いです


私は過去の辛かった恋愛経験をカウンセラーとして活かすことができました


恋愛依存症経験者だからこそできるカウンセリングをしています


あなたの辛い経験も活かせる場所があると思います


今までの経験は 何一つ無駄じゃなかった…

そう思える日が必ず来ます(^^)


恋愛の話が大好きだから

だから私は恋愛依存克服を応援するカウンセラーになりましたp(^^)q


(三度の飯より好きです きっと)


「誰もわかってくれない」辛さ

私もそうでしたから わかるかもしれません

辛い時は 話してくださいね(^^)

追いかけすぎる恋愛依存の人への解決方法は

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



今月も 相性別の付き合い方のポイントや気を付けるべきこと


お伝えしているレジまぐからのメルマガ《ラブアディクションからの克服》では


今回も 恋愛依存×回避依存のカップルに起こりやすい問題点を取り上げています


この組み合わせが一番多く 一番問題を起こしやすい組み合わせなので


詳しくお伝えしています



この組み合わせで問題になるのは 


《恋愛依存側の人が追いかけすぎてしまうこと》

ではないかと思います


追いかけるのが悪いのではないのですが


追えば 回避依存側の人は逃げます


恋愛依存側の人の追い方は 


自分のすべてを受け入れてもらおうとするような


全体重をかけて寄りかかるような追い方
なので


支えきれない回避依存側の人は 当然逃げたくなります


恋愛依存側の人から見ると


回避依存側の人は 何でもできる人のように見えて


自分のことも支えてくれるんじゃないかと妄信してしまいます


が 実際の回避依存側の人は 


自分のことだけで精一杯


自分のことしか考える余裕がないため


人を支える余裕がないので逃げていきます



なので 恋愛依存側の人は


自分で○○する努力


○○能力を養う必要があります


これらは 恋愛依存を克服するには必要不可欠な努力や能力ですから


克服して 本当に幸せな恋愛を手にいれたい人


今月分の《ラブアディクションからの克服》をお読みください♪


克服するためのヒントが書いてあります^^

マインドコントロールからの解放






クライアントさんの中で 




宗教と恋愛依存が複雑に絡み合っている
という方もいらっしゃいます




今回 メールくださったクライアントさん(50代女性)は




本当の母親のことを「妖怪」のようだと 忌み嫌っていました




実の母親なのに 許せないという気持ちが強かったのもあって




教祖のような女性を自分の母のように慕って 信頼していたため




宗教絡みのマインドコントロールによる恐怖心からも抜け出せずに苦しんでいらっしゃいました







この方の見捨てられ不安は 本当の母親からも感じていたかもしれませんが




教祖のような女性のことを母親と慕っていたため 




この母親からも見捨てられた と感じたことが 更に見捨てられ不安を強化したのかもしれません




その母親と慕っていた人とは もう何10年も関わっていなかったにもかかわらず




この方の心の中ではずっと呪縛になっていたようです




この教祖のような女性の言葉が ずっと心に刺さったままだったのですね




何10年も 会ってもいない人の言葉に洗脳され続けていたのです







私は 宗教嫌いなのですが




この教祖のような女性を信じること それ自体は悪いとは思いません




でも 何もかも その人の考えや言葉を取り込む必要はなかったのではないか?




そう思うんですね




なので そこを意識しながらのセラピーを行いました




セラピーをしていて この教祖のような女性の身体の中に この方自身が入り込んでいて




一体化 一心同体のようになって 縛られているような気がしたので




教祖の女性の中に入っている自分を 今の自分が引っ張り出すイメージをして頂きました




このイメージが大きかったようで それまでは コワイとかバチが当たりそう 切られそうだと仰っていたのに




一遍に恐怖心がなくなったそうです



こんな簡単なことで??? と驚いていらっしゃいました




「マインドコントロールは解除するのは無理だと思い込んでいましたが、あっさり一瞬で解除できました。

ほんと私が悩みに悩んだ約20年は何だったのでしょうか?

ほんと嬉しい。」




自分で創り出したものですから 簡単に解除出来てしまうものなんですね~!(^^)!



この方から このようなメールを頂きました







「先日はカウンセリングありがとうございました。

いつも寄り添っていただいて、いい年して恥ずかしいですが

一人じゃないって守られてるって良いですね。
心も軽くなりました。


私は母親と慕ってきた人に見捨てられたが

両親に見捨てられたになっていたみたいです。

私は子供の頃、両親のことを『父ちゃん』『母ちゃん』と呼んでいましたが

高校生になってから恥ずかしくなり『お父さん』『お母さん』と呼ぶようになりました。

中学生の時に親が家を建て住むようになってから金縛りにあうようになり、

毎晩のように幽霊に馬乗りになられて恐ろしい思いをしてました。



それに両親は仲が悪く父親は私が自分の思い通りにならないと暴力を振るい、

母親は父親の悪口を私に言うので家にいられなかった。

当時付き合ってた人とも上手くいかず悩んでいましたし
悪霊に憑かれてる?
そう思った私は友達の母親が
宗教をしていたので相談にいき、それから信仰するようになりました。

やっと私の気持ちを理解してくれる人と巡り会えたと、


その友達の両親を『父ちゃん』『母ちゃん』と呼ぶようになりました。


その『母ちゃん』からの言葉がすべてになり

私の思い込みから母親が妖怪になってしまいました。

それに『母ちゃん』から離れて20年近くたつのに
それで良かったのだろうか?
ずっと悩んでいました。

それが不思議…
先日のカウンセリングで、それも一瞬で解決しました。



今は『母ちゃん』に未練もなく、両親に愛情たっぷりに育てて貰ったことを思い出しました。

その『母ちゃん』の体から私の体を引っ張り出した時の爽快感、

また実家から悪霊を連れて帰っていった『母ちゃん』。
もう悪霊はいなくなったので実家にも遊びに行こうと思います。

カウンセリングを申し込んですぐ主人の癌が見つかり、

また会ったことがない彼とのこともあり心が折れそうになっていましたが

私の気持ちを絶対に受け止めていただけると信じて続けて良かった。




ほんとは私が一番びっくりしてます(笑)

それに人間関係も変化がでてきました。
自分で自分を分析する?ようになり、
どの言葉が不快な気持ちになるのか。
また何故その言葉に敏感に反応するのか。
と考えるようになりました。

それから先読みするのもやめました。
しんどいだけですから。

まだ彼とのことがありますし、

ご迷惑おかけすると思いますが宜しくお願いします。



…父親が家にきました。
すぐ帰りましたが、最近よくきます。
居心地よくなったのでしょうか?
今度は私が会いにいってきます。



次回のカウンセリングが楽しみです。
これからも宜しくお願いします。」







宗教的なものも絡んでいたので 根深いであろうと思われていましたが



案外簡単に解除することが出来ました



それは この方の 自分で解決しよう!という心意気からだと思います



私はお手伝いしただけで 解決はしていませんから(;^ω^)





他の人間関係もですが お父さんとの関係も これからどんどん変化していかれると思います



楽しみですね~!(^^)!

カウンセリングをしていて最近気付いたこと







こうやってブログ記事をアップしていますと 



ほぼ毎回のように 新規さんからのカウンセリングのお申込みがあります





大変恐縮なのですが



ブログを軽く読んで 即お申込み! とか



「この人に助けてもらおう!」 といった他力本願的な気持ちで



簡単にお申込みされる方はお断りさせて頂きます<(_ _)>






なぜなら 私に 助けることは出来ません





ただ その恋愛依存傾向を分析して 克服への道案内をすることは出来ます



そのために 私がしていること・・・



最近気付いたのですが 私は毎回 カウンセリングのたびに



<クライアントさんの波長に合わせる>
 



ということをしているので とてもエネルギーを使います





既存のクライアントさんであれば どんな波長なのか分かっているので



カウンセリング前にカルテを見て チューニングすることが出来ますが



新規の方の場合 お話を聴きながらチューニングしていく
ので



既存の方の何倍もエネルギーを使うのですね(;^ω^)





それは好きでやっていることなので 構わないのですが 



前述のような 軽い気持ちや簡単な気持ちでカウンセリングにお申込みされる方や



他力本願的な気持ちでお申込みされる方の場合



不思議なのですが 波長を合わせることが出来ないんです(*_*;





あくまでも私の感覚なのですが 



向いている方向が違っていて 波長が合わない感じなんですね



なので カウンセリングが終わっても どうもスッキリしないというか



手ごたえが感じられないんですね





ですから 申し訳ありませんが 



まずは 私のブログやメルマガなど よくお読みになって



何とかしてもらいたい!ではなく



何とかしたい!と思ったら お申込みくださいませ<(_ _)>





現状 お申込み頂いても 12月からのスタートになりますが



本当に 自分はカウンセリングが必要なの
か?



それを考えてから お申込みください<(_ _)>

オムライスの法則

先日 カウンセリングをしていて


クライアントさんから


「ブログで オムライスの法則ってありましたよね?」


という話が出ましたので


この話を再度載せたいと思います


***


私のクライアントさんから


また法則を教えていただきました


<オムライスの法則>


『好きな人のことを、

オムライスに見なすっていう単純なのです(^_^;)

相手のことを考え続けてるときに、

どれだけオムライス好きだったとしても、
エンドレスにオムライスのことを考えないよねって思って

→だから好きな相手だったとしても、
そればかり考え続ける必要ないよね。
っていう(笑)

数日前の思いつきですがあせる

思いきり依存症の症状なんですが、
仕事中とかずっと相手のこと考えてしまっていたんです。

妄想モードですよね。

頭が自動再生を繰り返すので、
止まってくれないかな~と思っていてあせる

そのときにふと、
オムライス好きだけどずっとそのことばかり考えたりしないよな~と思ったんです。

ちょこちょこ食べたくなるし、
食べたら美味しいと思うけど、

ふだんは意識しないし、
意識してなくても好きな気持ちはちゃんとあるし。

だから好きな人に対しても、
それと同じ感覚になったらいいんじゃないかと思いましてf^_^;』





オムライスが好きなのと同じ位の気持ちに


彼のことも好きって思えたら 楽ですよね


そうしたら


『オムライスは私をどう思ってるんだろう?』


なんて発想なくなりますよね(^-^;


皆さん オムライスにどう思われてるのか


それが気になって仕方ない
んですよね


それより 自分がオムライスを好きかどうか


その気持ちの方が大事だし


その気持ちに集中した方が


楽しくなりませんか?




ちなみに この方は オムライスですが


私なら タコ焼きです(笑)


タコ焼きの法則…(笑)


考えるだけでワクワクします

カウンセリングの併用について




昨日のメルマガ記事を読んでくださったクライアントさんから


たくさんの感想を頂きました^^


為になった とか 勉強になりました という感想が一番多かったのですが


皆さん 共通して ご自分に当てはめて お読み頂いたことによって



「私も ああいう気持ちになれるんだ(^^♪」という希望が持てたということで


あの方の感想をシェアできたこと 本当に良かったと思っています


こうやって ブログに記事を書いていると ほぼ毎回のように


新規の方からのカウンセリングのお申込みやお問い合わせを頂きますが


現在 新規の方からのカウンセリングのお申込みは


11月まで満員となっておりますので 12月からとなっています


そのため カウンセリングが待ちきれないからということで


他のカウンセラーさんのところへお申込みになる方もいらっしゃるようですが


カウンセリングの併用は おススメしていません


それは カウンセラーも お医者さんと同じように 見立てがそれぞれに違っていたり

(私から見ると 回避依存がベースで恋愛依存も共依存も見受けられるのに
 
 ざっくりと「恋愛依存ですね」と言われただけの方が 結構いらっしゃいます)



カウンセリングで使う療法に違いがあったり


見立て違いにより その方に合っていないカウンセリングが行われていたり


カウンセリングでのアドバイスが 真逆なことを言われてしまい


クライアントさんが どちらのカウンセラーさんの言うことを信用すればいいのかと


混乱してしまう・・・



こういった可能性がありますので 併用はおススメしていません


ですので 私のカウンセリングが待ちきれない と言う方は


どうぞ 他のカウンセラーさんのところへお願いしてください^^


私より優れたカウンセラーさんがたくさんいらっしゃいますから^^


くれぐれも 併用されないようにしてくださいね




それから 新規の方で カウンセリングのお問い合わせをされていて


私からの返信がないと言う方へ・・・




当方は 当日もしくは次の日までには返信しておりますが 


届いていらっしゃらない方がいるようですので 


お手数ですが info★dear-mychild.com (★→@)


こちらのアドレスを受信出来るように設定をお願いします


そして 再度ご連絡頂ければと思います

執着的な愛情を手放せた方からの感想







最近 辛い気持ちを抱えていて 


デトックスかと 毒出しじゃないかと思われるようなクライアントさんが多く


そういったクライアントさんへのメール対応が増えています


その中でも 一足早く その段階から抜け出した方からメールを頂きましたので ご紹介いたします


***


この方は 30代後半 独身女性で 付き合っていた既婚男性と半年前にお別れした方です


先日 このようなメールを頂いていました


「先日もカウンセリングありがとうございました。
この間のカウンセリング後数日たったころまでが本当に苦しかったのですが、大分落ち着いてきたみたいです。


怒りの下にある消えてしまいたいという気持ちや、自分の身体を傷つけたくなったり、
自分は何をやってもできない、認めてもらえない。

という20代の頃ずっと感じていた絶望にも似た感情が久しぶりに湧き上がっていたので、
なぜせっかく半年の間、癒してきたにも関わらず、こんな気持ちが復活したのか戸惑いました。

他のみなさんは、こんなにダダ下がりすることもなく順調にこられるのでしょうか。。
どうして?という気持ちが大きくて、何か理由がほしがっている自分がいるみたいです(^^;)


カウンセリング後、わかってきたのは、まだ私は自分を責めたくて仕方がなかったということです。

こんなに頑張っているのに、どうして私はダメなままなの!
と、ありのままの自分を受け入れられない自分を許せなかったのだと思います。


3月に別れた彼のことも、本当は半年経っても彼への好きだという気持ちは途切れることがなかったのに、
思い続けることは良くないことだと思い、前向きなフリをして、
自分の気持ちをごまかしてたかもしれません。

彼に対して、いつまでも変化できない自分を許すことができず責めながら、
変わりたい、早く新しい恋愛をしたいと思っていたのかなと思います。


純粋に好きな気持ちなのか、依存なのか、ただの執着なのか(多分依存っぽいですが、、)
よくわかりませんが、今の私に必要なことは、彼に対する正直な気持ちを認めて、
変わらずに気持ちを持ち続けている自分を許してあげることなのかなと思いました。

今は執着してもいいか、と認めるところからまた改めて出発しようと思います。
振出しに戻った気分は否めないのですが、これも必要なことなのかもしれませんね。

気持ちを吐き出したくて、取り留めもなく書いてしまいました。
いつも優しく受け止めてくださってありがとうございます。」



それに対して 私から


「(前略)
それから元彼さんのこと好きだという気持ち。
それはそれでいいと思いますよ^^

好きなものは仕方ないですよね^^
好きなのに押し込めていると余計にそれが執着になってしまいますから(;^ω^)

「今は」まだ好きなんだなと、今はとつけて受け入れてあげてください^^
執着が悪いという思い込みがあるから、執着してはいけないと
思ってしまうんですよね。

執着して何が悪い?くらいの気持ちでいいのでは?

今感じている感情はすべて必要だから感じているものです。
認めて受け入れてあげることで楽になります。

受け入れても楽にならない部分があれば、癒すことで楽になりますから、
これからも癒しを進めていきましょう^^


もとに戻ったんじゃないかとかふりだしに戻ったんじゃないか?
そう思った後に次のステップに進むものですから、
本当にデトックスなのかもしれません。

今のこの時期ってつらいですけど、次へ進むチャンスなんですよ(^^)/」



と返信しました


それに対して このような返信を頂きました



「苦しいときに、あたたかなお言葉、身に染みました。
何度も泣きながら読み返しました。ありがとうございます。


そして、今気持ちに変化が出てきたのでお知らせします。

元彼のことは依存なのかもしれないけど、
好きだという気持ちを認めて受け入れたらだいぶラクになりました。

相当押さえつけていたのだと思います。


そして、昨日今日やっと気づきました。

今まで、愛情を出しまくったのに裏切られて損した!絶対に許せない!
罰として彼には絶対に不幸になってもらいたい!私は彼を見返してやる!

と思って知らない間に精神的に頑張りながら生活していたのです。


でも、彼に対する気持ちを受け入れたら、私は全然、被害者ではないことに気づけたんです。
ちゃんと愛されていました。

そして、彼のことを依存ではなくて、純粋に愛しているんだと思えました。

というか確信しました。

愛情を出して裏切られて損した、ところではなく、
こんなに愛情を出させてくれる人に出会えて本当に良かったなあという気持ちです。


彼が大好きなんだと認められたら、私から離れることを選んだ事も穏やかに受け入れられました。

彼は私を見放したのではなく、自分の一番ベストな状態に戻っていっただけなんだと思えました。

だから、今は強がりではなく、気持ちを無理やり押さえつけてるのでもなく、本当にご家族とともに幸せになってほしいと思っています。

多分、目の前に現れても、今なら笑って幸せになってねって言えそうです。


執着が消えて、純粋な愛情だけが残った感じです。
こんなに彼のことで穏やかになれてとても嬉しいです。

私が関係を持った男性に対して、ここまできちんと向き合ったことはありませんでした。
彼は本当に素晴らしいきっかけをくれました。


とても好きな人ですが、妻子がいますから、もうプライベートな話をする機会すらないかもしれません。

もしかしたら私は片想いで一生独身かもしれません。(さすがにそんなことはないかな
^^)それでも、独身でいることを不幸だとは思わなくなりました。

むしろそこまで想える相手に出会えたなんてステキです。


なんでしょう、1,2週間あんなに苦しかったのに、今のこのじんわりとした満たされ感。本当にデトックスだったのかもしれないです。

次のステップへ行くのが楽しみです。

いつも先生に助けられています。
先生のおかげで私も自分と向き合うことができています。

どうぞこれからもよろしくお願いします。」


***

これこそが まさに執着がなくなった状態ですね(^^)/


「別れた彼に執着してるなんて そんな自分 オカシイ!」と


執着している自分は悪いんだと 


執着している自分を認めないから 苦しくなってしまうのですね


いくら別れたからって 好きなものは好きなんですから


無理に忘れる必要はない そう思います



執着からの愛情は 激しくて昂揚感はありますが 


嫉妬や不安といった苦しい感情が付いてきますから 苦しくて仕方ないんですよね


でも 執着からの愛情が手放せた時に残った 純粋な愛情は 本当に穏やかで あったかーい感情です


じんわり ほっこりするような感じですね



今 同じように辛い思いをしている方がいらっしゃるなら


執着を手放すことは 難しいことではないんですよ(^^)/

ということと

執着を手放したら こういった気持ちになりますよ(^^)/



そして 今は辛いかもしれないけれど ちゃんと自分と向き合うことができたら


この方のように 穏やかな気持ちになることができますよ(^^)/
 

ということをお伝えしたくて 記事にさせてもらいました


こういったメールを頂けると


これからも 自分と向き合うためのお手伝いをさせていただこうと


つくづく思いますね~


楽しいです(^^♪

11月のカウンセリングのご予約は満員御礼につき終了いたしました





11月のカウンセリングのご予約受付は 満員御礼につき 終了いたしました<(_ _)>



新規さんの受付も 11月まで 満員となっております<(_ _)>


12月からのスタートでも構わないという方のみ ご連絡頂けたらと思います



なお 11月末まで カウンセリングのご予約は満員となっておりますが


既存の方に限り 


キャンセル待ちは受け付けていますので


ご希望の方は平日の夜などのご希望を明記の上 ご連絡ください


(ちなみに夜の時間帯は 平日休日共に 空きにくい状況ですが
 平日の昼間の方が早くご案内できるかと思います)



カウンセリングのお申込み キャンセル待ちのお申込みはコチラから↓

カウンセリングのお問い合わせ&ご予約フォーム


***



当方は現在 電話かスカイプでのカウンセリングのみとなっておりますので


愛知近郊の方でも 電話ORスカイプでのカウンセリングとなります


多くの方のお話を聴かせていただくために 現在対面カウンセリングは中止しております




男性や未成年の方からのお問い合わせもありますが


当方は
20歳以上の女性のみ
のカウンセリングとさせていただいております


ご理解いただければと思います



***

10月の ラブアディクションからの克服では


今月からは <恋愛とお金>をテーマにお伝えしていきます


恋愛依存とは少し違いますが 恋愛とお金は密接な関係があります


恋愛のパターンを見れば どんなお金の問題を抱えているかわかりますし



逆に お金に関する悩みを聞けば どんな恋愛パターンがあるのかがわかります


ということは 恋愛の悩みを改善すると お金の悩みも改善できることになりますが


これを意識していないと どうも改善しにくいようなので 


その意識を高めていただくためにも 今月から 恋愛とお金の関係を伝えていきたいと思います



今までブログにも少し書いてきましたが ブログでは書ききれなかったことを


このメルマガにてお伝えしていきます


去年のセミナーでお伝えしきれなかったことも書いていきますので


セミナーに参加された方も 復習を兼ねて お読みいただけたらと思います(^^)/



***


10月の 恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガ


今月も カウンセラーとして 

それも恋愛依存のクライアントさんを相手にするカウンセラーとして必要なことをお伝えしていきます


カウンセラーとして活躍しているけれど どうもうまくいかないと感じている方や


依存的なクライアントさんがカウンセリングにお申込みされて 対応に困っている方は

ぜひ 参考にしてみてくださいね(^^)/ 







プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR