あなたはなぜ恋愛したいのですか?と聞かれたら・・・?

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



あなたは なぜ 恋したいのですか?


と そう聞かれたら・・・


過去の私なら 迷わず


「愛されたいから」とか「必要とされたいから」とか


「生きてる実感がほしいから」とか 「寂しいから」


そう答えていたと思います


恋愛しているときだけ 自分が生きてるんだという実感がもてたし


恋愛していない自分って価値がないような・・・


それに 誰とも付き合ってない自分って 取り残されてるような気がして


とりあえず 形だけでも・・・みたいな感じで


イベント前になると やたら恋人を欲しがっていたように思います


恋愛したいっていうより 恋人というポジションの人が欲しいだけ


だったんでしょうね^^;


あなたはなぜ 恋愛をしたいのですか?


この理由によって 依存的な恋愛なのかどうか わかるかもしれませんね^^;


過去の私のような答えの方


愛されたい願望が強い方 必要とされることが必要な方は 


恋愛依存共依存なのかもしれませんね~



だから それが悪いとは言いませんが 


上記の 昔の私のような考えから恋愛がしたいと思っているのであれば


どうしても苦しい 辛い恋愛になりがちですよね


相手が苦しめているように感じるかもしれませんが


本当は自分が苦しい恋愛に持っていくような考え方をしているんだということ


まずはここに気付いてくださいね(^^)/
スポンサーサイト

感情と考えの違いがわからない方へ

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



カウンセリングの時によく


『感情を感じきってください』
とお伝えしているのですが


この感情が何かわからないとか


感情考えがどう違うのかわからない


という質問をよくいただくので


お伝えしたいと思います



まず 感情は 


基本的には一言で言える言葉


○○い というように


最後に『い』がつく言葉感情です


例えば


悔しい・悲しい・寂しい・辛い・嬉しい・楽しい などです


そして 考えというのは


感情以外の言葉


『~と思う』と付け加えられた場合も考えに分類されます


例えば『彼に会いたいと思う』


これは感情ではなく 考えなんですね


会いたいという気持ちは 感情ではないんです


この場合の感情は 彼に会えないと考えると


『寂しい』かもしれないし


『せつない』かもしれませんよね

 
『寂しい』から会いたいのかもしれないし


『せつない』から会いたいのかもしれない


会いたいという気持ち 考えの中に 本当の感情があります


ちなみに『悲しいと思った』という場合も 考えになります


悲しいだけではなく そう思ったということは


『頭で』思ったことであって


『心で』
感じたことではないですよね


考えは頭で 感情は心で感じたことだと言ってもいいかもしれません


なぜ 感情と考えを区別する必要があるのか?


それは 恋愛依存を克服するには 感情を出さないと 


それも 本物の感情を表現しないと 克服するために必須の


インナーチャイルドを癒すという工程がうまくいかないからです


感情にも 本物偽物があるのですね~


この辺りのお話も また 近いうちにしていきたいと思います


11月のカウンセリングのご予約受付,残り3日です






まだ9月ですが・・・


11月のカウンセリングのご予約を始めています
(^^)/



かなり埋まりましたので お早目にご連絡頂ければと思います



1か月分のご予約をまとめてお取り頂いても大丈夫ですので


ご希望の方は 複数のご希望日時をお知らせください




10月からカウンセリングを始められる方も 11月分のご予約もお待ちしています(^^)/



現在 10月末までのカウンセリングのご予約と


11月までの新規さんのご予約も 満員となっております<(_ _)>



10月末まで カウンセリングのご予約は満員となっておりますが

既存の方に限り 


キャンセル待ちは受け付けていますので


ご希望の方は平日の夜などのご希望を明記の上 ご連絡ください




なお 新規の方は 12月からスタートになります

(10月 11月中は 新規さんがそれぞれに5名ずついらっしゃいますので これ以上の受け入れは難しい状況です<(_ _)>)



カウンセリングのお申込みはコチラから↓

カウンセリングのお問い合わせ&ご予約フォーム


***

11月   (9月28日現在)


空いている日時のみ表示しています

他の日にちは満員です






15日 10-12

17日 10-17

18日 10-16





***


当方は現在 電話かスカイプでのカウンセリングのみとなっておりますので


愛知近郊の方でも 電話ORスカイプでのカウンセリングとなります


多くの方のお話を聴かせていただくために 現在対面カウンセリングは中止しております




男性や未成年の方からのお問い合わせもありますが


当方は
20歳以上の女性のみ
のカウンセリングとさせていただいております


ご理解いただければと思います



***

9月の ラブアディクションからの克服では


引き続き本来は 回避依存なのに 恋愛すると恋愛依存に回ってしまうという

クライアントさんに多い このタイプの方へ向けて書いていきます

このタイプの方が一番気になる 恋愛依存を弱める方法です(^^)/

本来は逃げる側の体質の方が 追う側に回ると言うのはとても辛いんですよね

そこで 恋愛しても 恋愛依存に回らないようにするには どうすればいいのか?

それをお伝えしていきます

本来の自分らしい恋愛が出来ていないと感じる方は ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)/




9月の 恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガでは 


恋愛依存にどっぷり浸かっているクライアントさんがカウンセリングにいらっしゃった場合の対処法をお伝えします

この状態のクライアントさんは 自分のことでいっぱいいっぱいになっていて

カウンセラー側の話を聴く余裕がありませんから

こういった状態のクライアントさんに どう対応すればいいのか?

カウンセラー目線でお伝えします


9月16日に1回目のメルマガを配信します






1人1人に合ったカウンセリングをするために






最近のカウンセリングは 少しずつですが 



カウンセリングの内容を その方によって 変えています



どう変えているのか?というと 



瞑想状態を作っての ヒプノセラピーメインだったセラピーを 



瞑想状態を作らなくても 今感じている考えや感情からセラピーに入ったり



カウンセリング中は ひたすらお話を聴かせて頂いて



そこから セルフセラピー出来るように課題を出して 



ご自分で癒しを進めて頂く形にしたり



その方に合ったものを より提供出来るようにと変えています

(変えているというより 進化かもしれません)




よく カウンセリングの中で お話をしただけでも 


「気持ちが本当に楽になった」というご感想を頂きます



それは 話すだけでも セラピーに近い効果があるからです

(近いだけであって セラピーを行った方が効果は高いです)



だからと言って 闇雲にセラピーをすればいいのか?というと そうではないですし 



じゃあ 話を聴くだけでいいのか?というと そうでもありません(;^ω^)



どちらも大事なのですが それだけでは効果は出ないんです




まず その セラピーで行っている瞑想は 



私が行うものは 深いものではなく 



浅い瞑想状態で行っていますので 


危険ではないので大丈夫です



仮に 深い瞑想状態で行ってしまうと



思い出してはいけない記憶を思い出してしまって パニックになってしまったり



思い出したことによって噴出した 激しい感情が処理できなくなることがあるかもしれません



(思い出してはいけない記憶と思い出したくない記憶は違います)



だから 私は 深い瞑想状態には ならないようにしています



それは よく言われる <ブロック解除>


これを 慎重に行うため です



ただ単に ブロックを解除すればいい というものではないからです



解除したそのあとのケアが大切
なので 一度にドカンと穴を開けるようなことはしません



ドカンと 大きな穴をあけたら ドカンと 大きな感情が噴出してきてしまいますから


少しずつ開けていくかのように アプローチしていきます




そして そのあとのケアですね



ここが十分でないと 開けっ放しの状態になってしまいますから


出てきた感情をクライアントさん自身が しっかりと受け止められるようなケア


これをしていきます



でも これって テクニックじゃないんですよね~


もちろん このケアは カウンセリングの技法としてはあるのですが


テクニックとしてやっているうちは 受け止められていないんじゃないかと思います


逆に 技法としてのテクニックがなくても 


クライアントさんの気持ちを受け止めようという気持ち


これがあれば クライアントさん自身が


気持ちを受け止めるためのケアが出来るんじゃないかと思います



これは セラピーを行わない時でも 同じ です


だから 近い効果が出ると思います



ただただ お話を聴く時や セラピーを使わないブロック解除の時でもそうなんですが 


出てきた感情を 私も一緒に体感するかのように受け止めていきます



この感覚に関しては 当初から変わらないもので



これからもずっと続けていきたいものですが



最近のセラピーでは その方に より合った内容を提供出来るようにと



少しずつですが 変えています



そのため どうしても クライアントさんの受け入れに限りが出来てしまい



現状は 新規さんの受け入れは出来ない状況で 大変申し訳ないのですが



この 進化?した対応によって 



卒業される方を今以上に多く輩出していけば その問題も解消できると思うので



新規の方は しばらくお待ち頂けたらと思います<(_ _)>

気持ちが重いと言われたことがありますか?




過去の記事なのですが 懐かしいなぁと思い 再投稿してみました


恋愛依存でイタイ当時の自分のことが書かれていますが


今じゃ 信じられないです(;^ω^)


***


気持ちが重い女


それは過去の私ですf(^_^)


実際に 言われたことさえあります


相手が 自分のこと好きなんだ!ってわかると


一気にのめり込みます


『こんな 私でも受け入れてくれるのね!』


猛突進するかのように 相手にぶつかっていきます


そうすると 相手は見事な位に離れていき


『あぁ、やっぱり私じゃダメなんだ』と打ちのめされていました


そんな経験を何度か繰り返すと


もう重いと思われたくない


重いと思われたら嫌われてしまうと思い


相手に好きな気持ちを 態度をどれ位表現していいのかわからなくなり


抑えているうちに 本当の気持ちがわからなくなり


『私はあの人のこと好きなの?』


この質問が頭をグルグル回って 答えが出ないまま宙に浮いていて


代わりに今度は


『あの人は私を好きなんだろうか?』


そのことで頭がいっぱいになり


ますます 自分の思っていることが言えなくなっていきます


相手の言動に一喜一憂し


いつも不安感がついてまわっていて


気持ちが安定するのは 相手が自分に優しかったり


愛されていると実感できたときだけで


すぐにまた不安感に苛まれてしまうということを繰り返していました


そんな思いを繰り返すのが苦しくて


一方的に別れを選んだりもしました


でも苦しみからは解放されなかった…


自分の不安感を相手に解消してもらおうとしていたから



だから解放されなかったんですよね


自分の気持ちは 自分で対処できます


できるんです


重度な恋愛依存症だった私でもできました(^-^)


私自身も恋愛依存症で苦しんだ経験があるからこそ


できることがあると思います


あの当時は本当に辛かったけれど


今はカウンセラーとして活かすことができて


本当によかったと思います


私の元へ来てくださるクライアントさんの気持ちが


痛い位に理解できるからです


まるで過去の自分のようで いとおしい気もします



恋愛相談なら 友達や占い師さんにできるかもしれないけれど


恋愛相談ではなく 克服としたいと思ったら なかなか友達には言えないと思います


そんな時は がいますから(^-^)


覚えていてくださいね(^-^)




諦めないことの大切さ

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



最近のカウンセリングでの傾向としては


落ち込み気味だったり 凹んでいる方が増えてきているのですが


その落ち込みも必要だから起こっています


必然ですから 無理にアゲようとしないで


落ち込みきってくださいね(^-^)


なぜなら 落ち込みきったら這い上がることができるからです




この方(以前よく登場してくれたYさん)も


前に 落ち込みや不調期から這い上がった1人です ということで


以前にいただいたメールを再度 載せたいと思います


(同じように悩んでいる方のヒントになればと思います)


『メールありがとうございました󾌾

みゆさんの言う通り、自分を出しても大丈夫なことがわかってきました󾭖

それと同時に私が今まで悩んで、ためらって、こだわっていたことって、
とても小さなことだったんだなと気づきました。


その小さな悩みがその当時の私にとっては、凄く大きく、大事なことだっただったんですね󾭖

その気持ちを批判するのではなく、
冷静にとらえるとこができるようになりました!!


恋愛依存症克服が進んでいる手応えを強く感じました󾮔

不思議ですね󾌢
いままで悩んでいたことに気を取られなくなったので、
外のことに目を向けられるようになり、活動的になりました。


同じ人間なのに変われるものなんですね󾌵

これが克服へ進んでいる手応えなんですね󾭖

「やっとここまできましたぁ!!!!!!」(笑)

諦めずに続けて来て良かったです!!


みゆさん、こんな私に、付き合ってくださりありがとうございます󾍓』


最近のYさんは 今まで抑えていた部分が出てきて


どこまで表現していいのかわからないと悩んでメールしてくださいました


それに対してのアドバイスを差し上げた後の 返信メールを 今回ご紹介させていただきました


がんばり屋のYさん 諦めないYさんを今後も応援していきます(^-^)


その後のYさん 今も順調にカウンセリング進んでいます


今年からは 禁止令の講座も受講されているので 更に加速していると思います


諦めないって 本当に大切なんだなってことを Yさんからも教えていただいています^^




大切な彼との距離感は大丈夫?

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ




恋愛依存側の人は 親密感を得ようとして 相手に踏み入る傾向があり


それに対して回避依存側の人は 親密になるのを避けようと


関係を回避する傾向があります


恋愛依存側の人は 寂しがり屋さんが多く 孤独が耐えられない性分から


親密感や密着感を求める傾向があり


回避依存側の人は 親密感を感じると


幼少期の経験から コントロールされる恐怖を感じたり


親密感を感じると 窒息感などを覚えるため



この関係から回避しようとします



ということから お互いに快適に付き合っていくには


適切な距離感を保つことが大事
になります


だからといって この距離感を保とうとして 無理に距離を置こうとしてしまうと


適切な距離感を保つことができません


では どんな気持ちで この距離感を保つのか?


それを


<ラブアディクションからの克服>2011年の8月のバックナンバーでお伝えしています



彼と適切な距離感が保てない方は 参考にしてみてくださいねd(⌒ー⌒)!


適切な距離感を保つことができれば


お互いに無理したり 我慢したりすることもなくなるので


喧嘩が減ったり 彼が関係を回避しようと 他のものへ逃げることも減ります

恋人選びの基準は?

恋人や結婚相手を選ぶ基準


人それぞれにあると思います


イケメンがいいとか 高収入がいいとか


とにかく優しい人がいい


頼りになる人がいい


など 様々な基準がありますよね


その基準の中でも こんな基準ありませんか?


<この人なら助けてあげられる人>


そんな人を選んでいませんか?


救いたい人 もしくは 救えそうな人を選んでいませんか?


相手を救うことで 相手の役に立つことで 


自分の存在価値を高めようとしたり


自分の存在意義を求めたり…


それでは 相手ありき になってしまい


自分がなくなってしまいます


相手を大切にするのももちろん大事ですが


その前に 大切な自分を まず 大切にしてあげてください(^^)


そして<自分が本当に幸せでいられるかどうか>を感じてみてください


<自分を幸せにしてくれそうな人>じゃないですよ(^-^;


人に幸せにしてもらうのではなく


自分で自分を幸せにする


自分の目の前にある幸せに気づくことですよね(^^)



<相手の悩みを自分のことのように考えてしまう>とか


<自分が相手を好きかどうかより 相手が自分を好きかどうかが気になる>


<本当のあの人をわかってあげられるのは私だけ>


<孤独に弱く 常にだれかに傍にいてほしい>


という方は 共依存かもしれません



「それが私の幸せなの!」


というのであれば構わないのですが


何か違うな・・・と思いながらも 抜け出せないという方は


コチラ→共依存脱却マニュアル

【恋愛依存症かな?と思ったら読む本】


抜け出したい方は 読んでみてくださいね(^^)

聴き方や話し方の癖ってありませんか?

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



人それぞれに ってありますよね


私も もちろんあります


今でこそ 少しは 人の話を聴けるようになってきたけれど


昔は まるで 人の話が聴けなかったんです


カウンセラーを目指しているのに 人の話が聴けない


致命的ですよね(笑)


カウンセラーの養成学校で 


何度も 何度も カウンセラー役としての実習があったんですが


私は まるで 悪い見本市状態・・・


当時の口癖が 「でも・・・」だったので


クライアントさん役の方の話を イチイチ否定するような聴き方になっていたんです


人って 自分のことを否定されたら どんどん心を閉ざしていっちゃうんですよね^^;


実習とはいえ 私の練習台になってくれた同期の方々は


相当 話しにくかっただろうなって思います


それから 聴く と 訊く の違いが分からず


元々 人に物を聞くのが苦手だった私は 何とか聞き出そうと


訊くことをしていたんですね


まるで 取り調べのような訊問です


自分の訊きたいことしか訊かない


だから カウンセリング自体が クライアントさんのためのものではなく


カウンセラー主導のカウンセリングになっていたんです


ここを直すのに苦労しましたね^^;


クライアントさんのためだという思いから 必死になりすぎて


クライアントさん自身の中にある答えを導くのではなく


私自分の中にある答えを押しつけようとしていただけだったんですね


それは <私の答えの方が正しいから>


という思い込みからです


そのために 自分の答えが正しいんだという方向へ進めるべく訊問をしていくわけです


確かに クライアントさんより 自分の答えの方が


正しい もしくは常識的なこともあるかもしれません


でも それは クライアントさんの探している答えではないんです


求めている答えではないんです


たとえ 間違った答えだったとしても


自分で出した答えなら 後悔しないんですよね


本当に 相手のためを思うのであれば


相手の世界観を大事にすること 共感すること



同感ではなく 共感です


「そんなのおかしいよ」とか 「それよりさ~」「て言うかさ~」と否定するのではなく


その人の世界観を あるがままに 認めてあげること


そうすることで 人は 自分の答えを導き出すことができる


これは カウンセラーだけでなく


日常の人間関係でも言えるのではないかと思います


つい 自分の中の答えをアドバイスとして 相手に渡そうとしますよね


あくまでも アドバイスとして提示するだけならいいんでしょうが


それを押しつけようとしていませんか?


こたえは あなたの中にあるのと同じように


相手の心の中にも ちゃんとあるんです


カウンセラーは それを引き出すだけです 



私のカウンセラーの先生から


「カウンセラーは待つことが仕事なんですよ」と聞いて 感銘をうけました


相手信じて待つ


相手の能力や 可能性を信じて待つ



せっかちな私に待てるだろうかと思いましたが


相手のことを クライアントさんのことを信じていれば


待てるものなんですよね^^


カウンセラーを目指す方はもちろん


普通に生活していく中でも 相手を信じて待つ


そうすると 今まで以上に 人間関係が楽になるかもしれませんね^^



好きになるとつい彼を追いかけすぎてしまう方へ

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



 相性別の付き合い方のポイントや気を付けるべきこと


お伝えしている2012年3月のレジまぐからのメルマガ《ラブアディクションからの克服》では


今回も 恋愛依存×回避依存のカップルに起こりやすい問題点を取り上げています


この組み合わせが一番多く 一番問題を起こしやすい組み合わせなので


詳しくお伝えしています



この組み合わせで問題になるのは 


《恋愛依存側の人が追いかけすぎてしまうこと》

ではないかと思います


追いかけるのが悪いのではないのですが


追えば 回避依存側の人は逃げます


恋愛依存側の人の追い方は 


自分のすべてを受け入れてもらおうとするような


全体重をかけて寄りかかるような追い方
なので


支えきれない回避依存側の人は 当然逃げたくなります


恋愛依存側の人から見ると


回避依存側の人は 何でもできる人のように見えて


自分のことも支えてくれるんじゃないかと妄信してしまいます


が 実際の回避依存側の人は 


自分のことだけで精一杯


自分のことしか考える余裕がないため


人を支える余裕がないので逃げていきます



なので 恋愛依存側の人は


自分で○○する努力


○○能力を養う必要があります


これらは 恋愛依存を克服するには必要不可欠な努力や能力ですから


克服して 本当に幸せな恋愛を手にいれたい人


2012年3月分の《ラブアディクションからの克服》をお読みください♪


克服するためのヒントが書いてあります^^

本来は回避依存なのに恋愛依存に回ってしまう人へ

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ


過去の記事を一部 修正加筆してみました


以前の記事では 恋愛依存症の原因として載せましたが


今回は 本来は回避依存なのに恋愛依存に回ってしまう人の原因として 


書き直してみました


***


私のカウンセリングをお申し込みいただく方は


恋人と別れたばかりで 苦しくて仕方ない…とか


付き合っているんだけど彼の言いなりになって


いつも私ばかり我慢している…
など


この苦しみから何とか抜け出したくて ネットであれこれ調べたら


もしかしたら自分は恋愛依存症?!


それでこんなに苦しいのかも…



と気づいてカウンセリングをお申し込みになる方がほとんどです


といっても 本当に 純粋な恋愛依存だけの方は ほとんどいらっしゃいません


どういうことかと言うと 


本来は回避依存というベースなのに 恋愛となると恋愛依存に回ってしまうタイプ ですね


このタイプの方は 友達とはべったりした関係ではなくドライな関係だったり


大勢でワイワイするより 一人で居ることを好むのに


恋愛となると 相手とべったりした付き合いになり 束縛や干渉したくなり


本来の自分ではなくなり 恋愛依存側に回ってしまうタイプです



このパターンの恋愛依存症の原因は ざっくりと 簡単に言ってしまえば


幼少期に親などの養育者から愛されなかったという思い もしくは


親の都合のいい時にだけ 可愛がられ 他は厳しく叱られたり


親に支配 コントロールされて育ったと思う家庭環境が原因
です



そして 大人になってから 恋人や配偶者に対して 


親から得られなかった愛情を 代わりに得ようと 強迫的になっていきます




例えば私の場合…


「付き合ってほしい」などと言われようものなら


自分のことを受け入れてくれる=無条件に無償に愛してくれるんだ!
と思い込み


どんな時でも どんな要求でも応えてくれることを望みました


要求に応えてくれることが愛情だと思っていたからです


そして どんどん要求をエスカレートさせていき


自分のことが本当に好きなのか試すかのように


無理難題を要求していきます

(まるでかぐや姫のようですね)


そして 自分の思うように相手を動かそうとします


相手が 自分の望みを叶えるのは 当然だ という思い込みから
 です


このパターンは 実は 回避依存傾向のある方の行動や思考パターンなんですね


正確には 回避依存ベースで恋愛になると 恋愛依存に回ってしまうタイプのパターンですね



これは 幼少期に 親などの養育者が 厳しいだけでなく 甘やかして育てられた場合に


「親がやってくれたんだから 他の人もやってくれるはず」と思い込むようです


親がしてくれたようなこと もしくは 本当はしてほしかったことを


大人になって 恋愛対象者に それを求めるということですね



とはいえ どんなに相手が自分の要求に応えてくれても 一時的にしか満たされません


すぐに次の要求が出てきてしまいます


それは 本当は親などの養育者に対して求めていた愛情を 他の人からもらおうとするので


相手が違う ということなんですね~



他の人に埋めてもらおうとしても 埋まらないのです


だからといって 今更 親から愛情をもらっても満たされません


今更 なんです


(今更 親にぎゅーっと抱っこされても気持ち悪いですしね(;^ω^))


じゃあどうすれば埋まるのか?


それは 自分の幼少期に…自分に向き合い


自分で自分を満たして 癒していく 


そして 幼少期に勘違いした捉え方を修正していくこと なんです




そのための方法として


 私はインナーチャイルドセラピーなどのセラピーを使い


自分に向き合うお手伝いをしていますp(^^)q


私自身もやってきたことを皆さんにお伝えしています


過去に私自身 恋愛依存症とは知らず 苦しんだ経験があるから


恋愛依存的な恋愛こそが恋愛だと 疑いもしなかったですし


依存傾向が強かった分 カウンセリングでの効果がなかなか現れず


苦しんだ経験があります



同じように苦しみの中にいる人を脱出させるお手伝いがしたくて


日々カウンセリングをしていますが あくまでもお手伝い 補助です



カウンセリングによって 依存傾向が弱まることによって


こんなに楽に付き合っていけるのか・・・


自分がこんなに穏やかな気持ちでいられるのか・・・(*_*;



と ある意味衝撃ですね^^;



嫉妬や不安などの余分な感情がなく ただ好きだというシンプルさ


恋愛って こんなにシンプルなものだったのかと・・・


苦しんだ分だけ 幸せな恋愛を実感することができる



私はそう思っています(^^)

11月のカウンセリングのご予約は・・・







10月末までのカウンセリングのご予約と11月の新規さんのご予約も 満員となっております<(_ _)>


10月末まで カウンセリングのご予約は満員となっておりますが

既存の方に限り キャンセル待ちは受け付けていますので

ご希望の方は平日の夜などのご希望を明記の上 ご連絡ください




なお 新規の方は 12月からスタートになります


(9月 10月 11月中は 新規さんがそれぞれに5名ずついらっしゃいますので これ以上の受け入れは難しい状況です<(_ _)>)


新規の方の受付は 10月末から 


既存の方の11月のカウンセリングのご予約は 9月25日以降



このブログにて始めますので チェックしていてくださいね(^^♪



カウンセリングのお申込みはコチラから↓

カウンセリングのお問い合わせ&ご予約フォーム


***


当方は現在 電話かスカイプでのカウンセリングのみとなっておりますので


愛知近郊の方でも 電話ORスカイプでのカウンセリングとなります


多くの方のお話を聴かせていただくために 現在対面カウンセリングは中止しております




男性や未成年の方からのお問い合わせもありますが


当方は
20歳以上の女性のみ
のカウンセリングとさせていただいております


ご理解いただければと思います



***

9月の ラブアディクションからの克服では


引き続き本来は 回避依存なのに 恋愛すると恋愛依存に回ってしまうという

クライアントさんに多い このタイプの方へ向けて書いていきます

このタイプの方が一番気になる 恋愛依存を弱める方法です(^^)/

本来は逃げる側の体質の方が 追う側に回ると言うのはとても辛いんですよね

そこで 恋愛しても 恋愛依存に回らないようにするには どうすればいいのか?

それをお伝えしていきます

本来の自分らしい恋愛が出来ていないと感じる方は ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)/




9月の 恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガでは 


恋愛依存にどっぷり浸かっているクライアントさんがカウンセリングにいらっしゃった場合の対処法をお伝えします

この状態のクライアントさんは 自分のことでいっぱいいっぱいになっていて

カウンセラー側の話を聴く余裕がありませんから

こういった状態のクライアントさんに どう対応すればいいのか?

カウンセラー目線でお伝えします


9月16日に1回目のメルマガを配信します






メールでのアドバイスについて








現在 メールカウンセリングは行っていませんので



基本的に メールでのアドバイス等は無料で行っていますが



中には 無料で これだけのアドバイスをしてもらうのは 心苦しい・・・



という方もいらっしゃるので



そういう方には お気持ちとして いくらか頂戴することもあります



(ご本人に金額は決めていただいて カウンセリング料金に加算して頂いています)





相談内容にもよりますが 結構な内容の返信になることもあるので



こんなにも無料で?と申し訳なく感じてしまって 



それ以降 遠慮してしまって メール出来なくなってしまう方もいるからです





ちょっとメールして頂けたら 解決出来たかもしれないことを 



次のカウンセリングまで抱えていては 辛いですよね(;^ω^)






アドバイスを無料で・・・と躊躇う方は ご自分の納得頂ける金額で構いませんので



次回カウンセリング時に加算して頂ければ大丈夫です(^^)/



(あくまでも 遠慮せずに メールして頂くためのものであって



基本的には無料ですので 強制ではありません)

押し付けてくる人が苦手な人へ






クライアントさんから このような質問を頂いたので ご紹介いたします



最近気づいた(というか、困っていた)のですが、
自分の意見を強引に押しつけてきたり、
自分がやっていることを見て見て!!としつこい人がすごく苦手なんです。


最近、こんなことがありました。
・知り合いのおばさまが、男性を紹介してくれるという話がありました。
最初は「断ってもいいから気軽に会ってみて~」と言っていたのでお願いしたのに、
だんだん「絶対いい人だから!」と私とその男性を何が何でもくっつけようとしてきました。


結局、その男性には一度だけ会って、縁談は断ったのですが、
そのおばさまのことがとても嫌になってしまいました。

(他にもいくつか例を挙げてくださいましたが
 個人を特定できてしまうかもしれませんので中略しました)


よく考えると、母が自分の意見を押しつけてくる
(人それぞれということを、「普通は~よね!」という言い方をしてくる)のが嫌だなぁと思ってたので、
それが影響しているのかと思います。


これって、先日のカウンセリングでお聞きした、
未完の感情があるから、またその感情を味わうようなことが起こる、
ということなのでしょうか?

それとも、こういう強引な人たちに対する苦手意識は、回避依存傾向なのでしょうか?


***

自分の意見を押し付けてきたりする人が苦手・・・


良かれと思って 自分の気に入ってる物や人を勧めて来る人 いますよね


こういう 押し付けてくる人 というのは 共依存の人がほとんどです


共依存の傾向が強いと 押しもどんどん強くなります



こういった共依存の人は どんどん相手の境界線を越えて入っていきますから


回避依存の人からすると こういった 共依存の人のお世話は 苦しいかと思います


だからこそ 「この人 嫌だわ」と距離を置くことで離れようとします



回避依存の人には 苦手な存在だと思いますが


でも こういった 共依存の人から お世話されにくい人もいますよね



それは


お世話されることを 「許しているか」 「許していないか」
 の違いなんですね~



この方の場合 ご本人がおっしゃるように 原因になっているのはお母さんだと思われます


だからと言って この方のお母さんが悪いとか 


育児が間違っていた ということではないんです



お母さんに押し付けられたように感じて
 

幼い時の この方は その押しつけられたことを 


嫌だなと感じたかと思うのですが


もしかしたらその押し付けも


「母からの愛情」と感じていたかもしれないんです



例えば お母さんが 褒めてくれたり かまってくれなかったり
 

子ども側が望む愛情を お母さんがあまり示してくれなかったと


そう 子ども側が感じていたとしたら


お母さんに押し付けられる という行為は 嫌なことかもしれませんが


<プラスのものが得られないのであれば マイナスでもいいから受け取ろうとする>



何もない 0の状態よりは マシだと思うから マイナスでもいいから


押しつけでもいいから それを受け入れて お母さんに興味関心を持ってもらおうとする


こういった心理が働くということですね~



0の状態というのは 無視されている状態のことです


無視されるよりは 怒られてもいいからと 悪戯するのと同じ心理です


だとしたら 押し付けられることは嫌だと感じていたとしても


子供の頃の自分だったら 親の愛情のように感じて 受け取ったかもしれませんよね



だから 母親のように押し付けられる人に対しても 同じように


嫌だと感じながらも 押し付けられることを受け入れてしまう


となると そういう 押し付けてくる人に対して 無意識にですが


「押しつけOK」 
といったサインを出しているのかもしれませんね(;^ω^)


共依存の人は その場の空気を 相手の気持ちを敏感に察知しますから


誰彼かまわず押し付けるのではなく この人なら大丈夫だろうと選んでいます


(注・共依存でも恋愛依存が混ざっている人は空気を読めない人が多いです)


ということは 押し付けられないようにするためにも この方もおっしゃっていましたが


「未完の感情があるから またその感情を味わうようなことが起こる」訳ですので


その 未完の感情を感じきって 癒して 完了させてあげれば
 

もう その感情を味わう必要はなくなる 


ということは 押し付けられることがなくなる 

ということですね



これ 本当に 面白い位に 起こらなくなるんです


私の場合 押し付けられる ということはあまりなかったのですが


惨め
 という自己憐憫感を強く感じていたので


自分が惨めに感じるような出来事が 常にと言ってもいいくらいに起こっていました


それが 今はもう 全然 起こっていないのか
 

起こっていても 気づいていないだけなのかわかりませんが


全く 惨めと感じることがありません


だから 本当に楽 なんですよね(^^♪


このクライアントさんにも セラピーを通じて 楽になって頂けたら と思っています(^^)/

屋号<dear my child>の意味

<Dear My Child>


不思議な屋号だと思われているかな?と思いまして


ふと この屋号の説明をしたくなりました



直訳すると


親愛なる私の子供へ…


こんな感じでしょうか?


まるで 育児のお店か何かのようですが


ここでいうチャイルドは


<インナーチャイルド>のことです


私も自分自身のチャイルドを大切にしていきますから


皆さんも 自分自身のチャイルドを大切にしてほしい…



という意味から 命名しました(^-^)



※インナーチャイルドって何?と思われる方は 


メルマガ《インナーチャイルドからワンダーチャイルドへ》で少しずつ説明していきますので


ご登録してお読みください(^-^)



私自身 カウンセリングを受けていた時に


カウンセラーの先生によく言われた言葉が


『自分が生んだ 自分の子供たちより


自分の中に住んでいて ほったらかしになって泣いている


インナーチャイルドの方をまずは大切にしてあげてください』




初めにこの言葉を聞いたときは 『自分が生んだ子供の方が大事に決まってるじゃないか!』


と反発しました


不妊治療の末にできた 大切な我が子こそが 一番大事なのに


先生はなぜそんなことを言うんだろう?と疑問でした


でもインナーチャイルドセラピーを続けて


インナーチャイルドを癒していくうちに


その言葉の意味がわかりました



自分自身のチャイルドを愛せないと


自分の生んだ子供も愛せないということ


そして 自分のチャイルドを大切にしてあげないと


自分の生んだ子供たちの心の中にも 


自分と同じようにインナーチャイルドを作り上げてしまうこと



親から愛されなかったという負の連鎖は


自分自身がチャイルドを大切にして愛することで 食い止めることができるんです



『本当に我が子が大切で可愛いのなら


自分自身のインナーチャイルドを癒してあげてください』



私はそう教わりました


その通りだと思います


だからこそ


1人でも多くの方にインナーチャイルドの存在を知っていただいて


癒していただきたいと思っています


悲しい負の連鎖を食い止めて


1人1人が本来のあるべき姿に戻り


本当に幸せだと思える恋愛や人間関係を手に入れてほしいという思いから


カウンセリング活動をしています



こういった思いから Dear My Childと命名しました(^-^)

お金が貯まらない原因はコレだった!(私の場合)

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



今 力を入れていきたいカウンセリングの中の一つに


お金のセラピーがあるのですが


お金が入ってこないとかお金が貯まらないなど


お金に関する悩みは たいてい 幼少期に原因があります


恋愛と同じなんですね~((+_+))



私の場合 お金が貯まらないでした


入ってくるんだけど 貯めることができない(出ていってしまう) というのが悩みでした


恋愛で言うと 彼氏はできるんだけど 長続きしない(離れてしまう)パターン
ですね^^;


なので このお金のパターンを変えれば 恋愛のパターンも変えられるということですね!(^^)!



そこで この時は お金を貯めるという言葉から どんなイメージを連想するか・・・


そう 感じてみたときに 


10個程度ですが 出てきたんですね~


ネガティブな言葉が・・・


そりゃ ネガティブなイメージ持っていたら 入って来ても出ていくのは当然です


誰だって ネガティブな気持ちになるものを手元に置いておきたくないですよね^^;


だから 手放そう 手元から残さないでおこうと 潜在的に働くわけです


その中でも特に気になったネガティブなイメージが


「貯めても意味がない つまらない」というもの・・・


ということは そうか・・・


貯めても意味がないというイメージがあるから貯まらないのか!!!!



これ 結構 私には衝撃でした^^;


普通の意識の中では お金を貯めたい 貯めたら 欲しいものを買おうと思っているので


貯める意味があると思っているのに


貯める意味がないというイメージがどこからできているのか?


さっぱりわからないんですよね


そこで なぜこの思い込みができたのか?


これを探るべく セルフでインナーチャイルドセラピーをしてみました


原因は幼少期にあるはずですから 何か出てくるだろうと探ってみました



そこで出てきたイメージは



家の近くにある原っぱで たんぽぽを摘んでいる 3歳位の自分の姿


これがまた つまらなさそうな顔して 摘んでるんですね(;一_一)


なぜつまらないのか・・・感じてみると


仕事でなかなか家に帰ってこない 母親を待つために摘んでいるから


一人で摘んでいても 楽しくない 意味がない つまらない 


↑ここです ここ!


私の お金を貯めるイメージは 


たんぽぽを摘んでいた あの頃のイメージと合致していた 


あの頃の気持ちと全く同じだったんですね~^^;



たんぽぽを摘んでいても 母はなかなか帰って来ないし 


摘んだからって 母が帰ってくるわけでもない 


摘んでも意味がない 


寂しい



あの時のイメージが お金を貯めることに対するブロックになっていたとは・・・((+_+))


あんな些細なことがブロックになるなんて・・・と 大人になった自分はそう思いますが


子供の頃の私からすれば それはそれで 立派なトラウマになっていたんですよね^^;


セラピーをやっていて思うのが


あんな些細なことが原因で 今のこの出来事が起きてるの???


ということが 意外にも多いんです


些細だからこそ 見過ごされて 残ってしまうのかもしれませんね


このセラピーをやって以来 


全くお金を貯められなかった私が 貯められるようになりました^^


嘘みたいですが 本当の話です


「あの出来事」が原因だったのかと気付き 


「あの出来事」を癒すために 別のイメージに書き換えたことにより


「あの出来事」が嫌な思い出ではなく あったかい気持ちになる思い出に変わった


そのことにより 実際の過去の「あの出来事」は変わっていないけど


「あの出来事」によって引き起こされた感情を


ネガティブからポジティブに変えることができた


そうすることで お金を貯めるということのイメージが変わりました


お金を貯めることは 意味があるんだと 楽しいことなんだと 変えることができたので


本当に お金を貯めることができるようになりました



突発的にお金が出ていくことも 衝動買いも減りました


あんな些細な出来事が原因だったなんて 今思い出してみても 不思議なんですけどね^^;


あなたにも お金が貯まらない とか 衝動買いをしてしまう癖があって困っていませんか?


もしかすると その原因は 幼少期の些細な出来事かもしれませんね^^


それをインナーチャイルドセラピーで探って 


お金の流れを変えてみませんか?



ちなみに このお金に関することを 


今 レジまぐから配信中のメルマガ<ラブアディクションからの克服>


自分を管理するための方法の一つとしてお伝えしています


恋愛依存症の人の特徴として 自己管理ができないという特徴がありますので


自己管理の一つとして お金の管理を取り上げています


お金の管理も 恋愛に通じるものがありますので


恋愛だけでなく お金の管理についても知りたい方は 


読んでみてくださいね^^


単月のみのご購読もできます




心のデトックス期はチャンスです

2012年3月の記事です↓


***

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



ここ数日 クライアントさんからのSOSメールが増えています


その内容のほとんどが デトックス的な内容なんですよね~


「今まで順調に来ていたのに 最近どうもうまくいかない」


「嫌な流れのスパイラルにはまっている」



というような内容で どうしたらいいのか? といったSOSメールをいただきます


とりあえず 次のカウンセリングまでの対処として


その方に合った方法 宿題を それぞれに お伝えしているのですが


共通して言えることは


この季節特有ともいえる デトックスの時期なんですよね


この時期・・・


花粉症で くしゃみや鼻水など出る方が多いと思います


これは 要は身体のデトックスですよね


同じように 心にもデトックスの時期ってあるんですよね~


身体と心は繋がっていますから


身体がデトックスの時期なら


心もデトックスの時期となる可能性は高いわけです


心のデトックス 膿出し 毒出しの時期です


セラピーなどを続けていると 


「心が軽くなってきた~♪」とウキウキしてきます


そして どんどん 変化していく自分が楽しくて仕方ない


楽しくて仕方ない時期が続くと 少しずつ 膿や毒がたまっていきます


これは 光には影が存在するのと同じように


明るい部分だけではないんですよね 人の心というのは・・・


必ず が存在しています


この影を デトックスして 出す時期が必要になるということです


なので 今うまくいってないな~と感じる人は 


デトックスの時期に入ったということです


溜まった膿や毒を出すチャンスですから


ある意味 ラッキーなんですよね^^


出せば 綺麗になれますから^^


うまくいかない流れを変えていくことができますから^^


うまくいかないということは どこか 思い違いをしていませんか?


という合図ともいえます


その道で 本当にいいんですか?


というお知らせかもしれません


どちらにせよ 自分を見つめ直すチャンスです



チャンスをぜひ活かしてくださいね^^


チャンスの活かし方が分からない方のために 


カウンセリングを行っています^^

変化を感じられない方は

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ




カウンセリングで セラピーを続け


かなり癒しが進んでいるはずなのに なぜか 現状に変化が見られない


こういう方が ちらほら見受けられます


そういう私も カウンセリングを受けている時 そうだったんですけどね^^;


カウンセリングで過去と向き合い ずいぶん楽になってきたはずなのに


抱えている問題は変わらない・・・


こんな状態で 私は本当に 前に進んでいるのだろうか?


と焦りが出てくる訳です


カウンセリングを受けているんだから 変わるはず


カウンセリングを受けているんだから 現状が良くなるはず




なのに 今現在抱えている問題は ちっとも変わらない


それどころか 悪化してるんじゃないか?とさえ思えてくる


本当にいいのかな~・・・


不信感と焦りでいっぱいになっていきます


なぜ この状況に陥るのか?


それは


「今を見ていないから 今あるものに感謝していないから」



いくら 過去を癒しても 現在を見ていないと 今あるものに対して 不満が出てきます


不満な状態からは 不満な状況を引き寄せるだけなんですよね--;


逆に 感謝できるようになると 感謝できる状況が引き寄せられてきますよね


今あるものをまっすぐに そのままに見れば 自然に感謝できると思うんです


いろんな解釈をするから 違う捉え方をするから 感謝できなくなるだけじゃないかなと


そう思うんですよね~^^


今あるもので 一番目をむけてほしいのが 自分 ですよね^^


まずは 自分の存在を感じてほしい


今 こうして 生きていることを感じてほしい
ですね~


良い 悪いの判断なしに まっすぐに 自分の存在を認めてみてください


じわ~っと 感謝の気持ちがわいてきますから^^





恋愛依存症のお薬

恋愛依存症というものは

5つに分類されると言われています


・恋愛依存症

・回避依存症

・共依存

・ロマンス依存症

・セックス依存症



これらの依存症は 程度の差はありますが

ほとんどの方が持ち合わせている依存傾向であり

これらの依存症は病気ではないと私は思っています

なので 精神科などの病院へ行かれても

お薬もありませんし 治療方法もありません


恋愛依存症から来る不眠症や極度の不安感などに対して

薬が処方されることはありますが

恋愛依存症を治すお薬はありません


お薬はありませんが カウンセリングという形での

目に見えないお薬ならあるんですね(^^)



それがインナーチャイルドセラピーというものなのですが


「セラピーは心に軟膏を塗ってもらった感じがして
心がスーッと楽になりますね」


とおっしゃるクライアントさんもいらっしゃいます


インナーチャイルドセラピーには

「抗うつ剤的な効果がある」という文献もあり

本当に目に見えないお薬なのかもしれません


実際 クライアントさんの中には うつ病の方もいらっしゃるのですが

「セラピーの後 3~4日位は うつ状態から抜け出すことができて楽になります」

という感想もいただいています


これは自分の中にいる 傷ついたままの子供の頃の自分(インナーチャイルド)が

癒されるからこその効果
です


このインナーチャイルドを癒してあげることこそが

恋愛依存症克服の鍵
になります


小さい時に お母さんに愛されなかったと感じたまま大人になったことから

今度は別の人から 母親からの愛情のような無償の愛をくれる人を探そうと

追い求めるのが「恋愛依存症」です


そして その無償の愛をくれるんじゃないかと期待させるのが「回避依存症」の人なんですね(^-^;


この二人が出会うことにより

泥沼の恋愛劇が始まる訳です


私も幾度となく経験していますが

それが当たり前だと…

恋愛とは苦しいものだと思っていました(^-^;


自分の気持ちを抑えて我慢して 堪え忍び

相手に尽くすこと 相手の重荷にならないことが恋愛だと思っていました


でも本当の恋愛は苦しいものではなく

ありのままの自分で居られて 

ありのままの相手を受け入れられて

こんなに穏やかで快適で満足度の高いものなのかと

恋愛依存を克服して 初めて知りました


この気持ちを 一人でも多くの方に実感していただきたいものです(^^)

当方の携帯ブックのご購読をご検討されている方へ

カウンセリングを無料でやっていらっしゃるカウンセラーさんも居ますが



私は有料で行っています





カウンセリング以外のものも 有料で提供しているものがあります





このブログや無料メルマガで告知させて頂いていますが



それが 商売っ気が強すぎてイラッとくるとか 



もったいぶった案内で どこにリンクすればいいのかわからないのは



思いやりがないなどというご意見を頂きました



改善出来る点は 改善していこうと思います





現状 ブログなどに記事を書くだけで カウンセリングのお問い合わせが



1記事に2~3件ほどあります



満員続きとなっており 新規さんの受付は12月からでないと無理な状況となってしまい



大変申し訳ないと思っています





すぐにカウンセリングをお受けできない状況だからこそ 



こうやってブログをあえて書いているんです





それは カウンセリングをお受けできない間



有料で提供しているサービスを読んで 少しでもヒントになったり



考え方や行動のパターンを変えるきっかけにして頂きたいからです



(単に 私が儲けてやろうと書いているのではないんです)

 





なぜ有料なのかと言うと 



人は無料で手に入れた情報では本気にならないからです



だから有料で提供しているのです





本気で克服したい人に向けて書いているから あえて有料にしています





私自身も 無料で手に入れた情報ではないですし 



私の経験から得たモノでもありますから



有料として 提供しています





その提供したものが 皆さんの期待に応えられないかもしれません



それは私の力量不足だと思いますので



申し訳ないと思いますが



私なりに最善を尽くしていることと



読んでみて 効果が出ている方もいることは確かなので



あくまでも 有料で提供しているものは 



カウンセリングの補助としてお読み頂けたらと思います





こういった 私の真意が分かって頂ける方にだけ読んで頂ければいいと思っているので



過度に期待されている方



私に助けてもらおうと思っている方は読まないでくださいね



***

追記


先ほど ご意見くださった方からご返信頂きました



一見 怒りをぶつけるかのようなメールでしたが



昔の私なら 怒りまくっていたと思いますが




今の私には この方からの悲しみが伝わってきたので




どうしてこう捉えてしまうのだろうと 気になっていました




この方 何年も カウンセラージプシーになっていて



私なら と思ってマニュアルを読んだのに 残念な思いをさせてしまったようです



きっと 知識はたくさんあるのでしょうから



期待を超えた内容ではなかったのでしょうね



この方に合うカウンセラーさんが見つかるといいなぁと思い 



そう返信いたしました^^



自分に合うカウンセラー探し 



これも 難しいのかもしれませんね

恋愛依存的思考はいけない?

このブログを読んでいて


これって私のこと?』とか


これは彼のことかも…』と思うことがあるかもしれません


そして 


恋愛依存症な思考パターンに陥ってる~!」と落ち込んでしまうかもしれません


落ち込むということは それだけ自分の内面に向き合った証拠だと思うんですよね(^-^)


このブログを ヒトゴトだと思って読んでいたら 落ち込むことはないでしょうから(^-^)


なので 落ち込むことは悪くないんです


むしろ逆に 落ち込んだ方はラッキーです(^-^)v


自分に向き合うことができる人なんですから(^-^)



落ち込んでる自分=ダメな自分


依存症的な思考パターンをしている自分=ダメな自分
だと


烙印を押された気持ちになるかもしれません


私もそうでした


逆に 依存症的な思考パターンをしている自分を否定していたんです ずっと…


自分は恋愛依存じゃないと…


薄々気づいていながらも否定していました


ダメな自分だと認めたら 本当にどん底に落ちて 二度と這い上がれないと思っていたからです


でも実際には逆でした


自分が恋愛依存症なんだと その事実を認めて受け入れないと


どん底から這い上がれないんですね


認めることは 勇気がいります


ダメな自分と直面しなければいけないからです


でも 落ち込んだという方は 直面することが 向き合うことができたということですから


次の段階へ進めるんです(^-^)


ここで言う次の段階とは?


どんな段階なのかを メルマガ<ラブアディクションからの克服>でご紹介しています


興味のある方や本気で克服したい方は見てくださいね♪


2011年8月のバックナンバーをご覧ください



恋愛依存症の克服中の方や克服したい方へ
現在 克服中に陥りやすい罠を書いています↓


メルマガ<ラブアディクションからの克服>




恋愛依存の人が回避依存の人に求めていることは?

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ




相性別の付き合い方のポイントや気を付けるべきことをお伝えしている


メルマガ《ラブアディクションからの克服》では


本日 恋愛依存の人が回避依存の人に何を求めているのかをお伝えします

 

恋愛依存の人は 自分はダメだとかできないという意識を持っているため


回避依存の人のような 何でもできる(ように見える)人

自分のことを否定してくれる人を求めてしまいがちです



後者に関しては 表面的には求めていないと思っていますが


潜在意識では求めています



なぜ否定してくれる人を求めるのか?



これを知っておくことにより


付き合う上で気を付けていくことがわかります


それを求めなくてもいい付き合いをすることも可能になります



私は恋愛依存かもしれない…
と思う方は参考にしてみてくださいね


あなたにもメルマガで書かれている気持ちがわかるなら…


恋愛依存の可能性は高いですね~(^-^)


でも大丈夫!



私も過去は そうでしたが 今は克服できていますから(^-^)v


克服するために必要なことをお伝えしているメルマガですから


本当に克服したい方は読んでみてくださいね♪



10月末までのカウンセリングのご予約と11月の新規さんの受付は終了いたしました






10月末までのカウンセリングのご予約と11月の新規さんのご予約も 満員となりました


10月末まで カウンセリングのご予約は満員となっておりますが

既存の方に限り キャンセル待ちは受け付けていますので

ご希望の方は平日の夜などのご希望を明記の上 ご連絡ください




現在 新規の方の受付は 12月からスタートになります


(9月 10月 11月中は 新規さんがそれぞれに5名ずついらっしゃいますので これ以上の受け入れは難しい状況です<(_ _)>)


10月後半から 12月スタートの新規さんの受付を開始しますので しばらくお待ち頂ければと思います



カウンセリングのお申込みはコチラから↓

カウンセリングのお問い合わせ&ご予約フォーム


***


当方は現在 電話かスカイプでのカウンセリングのみとなっておりますので


愛知近郊の方でも 電話ORスカイプでのカウンセリングとなります


多くの方のお話を聴かせていただくために 現在対面カウンセリングは中止しております




男性や未成年の方からのお問い合わせもありますが


当方は
20歳以上の女性のみ
のカウンセリングとさせていただいております


ご理解いただければと思います



***

9月の ラブアディクションからの克服では


引き続き本来は 回避依存なのに 恋愛すると恋愛依存に回ってしまうという

クライアントさんに多い このタイプの方へ向けて書いていきます

気になる 恋愛依存を弱める方法です(^^)/

本来は逃げる側の体質の方が 追う側に回ると言うのはとても辛いんですよね

そこで 恋愛しても 恋愛依存に回らないようにするには どうすればいいのか?

それをお伝えしていきます

本来の自分らしい恋愛が出来ていないと感じる方は ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)/




9月の 恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガは 月に2回配信予定です






メルマガに恋愛依存チェック載せてみました






9月6日配信のメルモからの無料メルマガラブアディクション(恋愛依存症)のあなたへ


恋愛依存チェックを改めて載せてみました


以前作ったものを修正加筆してありますので


以前チェックした方も 再度チェックしてみてくださいね~(^^)/



カウンセリング中の不安

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



過去の記事ですが カウンセリングを受けていても不安になる方がいらっしゃるので


再度投稿いたしました↓


***


私のカウンセリングを受けていらっしゃる方から 


このようなメールをいただきました


『少しずつ、楽になってきていますが、
過去の傷も前世の傷もたくさんありすぎて
本当に克服できるのかと不安に感じています。

自分を信じて、続けていくしかないですよね。

不安になってしまってメールしました。

いろいろな考え方があって、
いろいろ揺れ動いていました。

なんだか、癒すべき傷が多すぎて、
大丈夫かなあという不安でいっぱいでした。

少し、焦っていたみたいです。

自分では、インナーチャイルドセラピーがあっていると思うので、
自分を信じて、続けていこうと思いました。

ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。』


この気持ち 私もあったんですよねf(^_^)


同じように焦りがありました


いつまで続けていけばいいのか


先の見えない不安から


途中で中断したこともありました


でも 恋愛依存は時間が解決してくれるものじゃないんですね


放っておけば もっとひどくなる?


いえ 元に戻るだけですが ひどくなったように感じるかもしれませんね(;^ω^)




例えば こんな経験ありませんか?


今までは特に恋愛で辛い思いをしたことがなかったのに


ある人と付き合い出してから 初めて恋愛の苦しさを知った…


初めて 振り回される感覚を知った…


初めて 嫉妬で血が逆流するような激しい感情を覚えた…


これらは 元々持っていた あなたの中の恋愛依存傾向が


その相手によって触発されて 引き出されただけなのですね(; ̄ー ̄A



決して その相手が悪い訳ではないんです


そして 今度は違う相手に出会って付き合ったとしても


一度出てきた傾向は なかなか引っ込まないので


違う相手と付き合っても


不安で仕方ないとか


疑う余地がないはずなのに疑ってしまったり


安定した恋愛がしにくくなってしまいます



時間が経てば良くなるものではないということですね


放っておいても良くなるものではないということですね


克服すると決めたら 本当に楽になるまでは続けてみてください


とはいえ 不安を抱えたままの克服は辛いですから


この不安を解消する方法を


こちらのメルマガでお伝えしています↓


<ラブアディクションからの克服>


2011年7月のバックナンバーをご覧ください


既にご購読の方は 読み返してみてくださいね~!(^^)!



有料メルマガを読んでくださった方からの感想


※2012年4月の記事です↓


恋愛依存を克服したい!

という方に向けて書いているメルマガ


ラブアディクションからの克服>


今月で丸2年になりました(^-^)v


始めた当初は


週に三回も 書くネタあるんだろうか…( ̄▽ ̄;)



と思っていましたが


幸いにも読者さんに支えられたおかげで


三年目に突入ですq(^-^q)


毎月読んでくださる方がいるから 


そして 毎月感想を送ってくださる方がいるから


励みになって 書き続けられるんですよね(^-^)


ありがとうございます(^-^)


そして 読者さんのほとんどがクライアントさんという


これもまたビックリなんですが


そのおかげで カウンセリング中にもメルマガネタで盛り上がったり


カウンセリングで説明が省けたり

(これは私の怠慢ですね)


メルマガがカウンセリングの補助的な効果
をしています


その読者さんから このような感想をいただいたので ご紹介したいと思います


(ご本人からの掲載許可は頂いております)


『配信の内容が、胸に響きました。

共感した方、沢山いたはずです。

みゆさんも色々あるでしょうが、
沢山の人を支えていらっしゃると思います。

頑張って下さいね』



ありがとうございます(^-^)

この配信した内容とは 3月最後に配信したものなんですが


過去の自分のことを書いています


過去の自分=どっぷり恋愛依存体質でドロドロな恋愛をしていた自分ですねf(^_^)


過去のそんな自分も 今はカワイイな~と認めているから書けるんです(^-^)v


さらけ出せるんです(^-^)v


私の元へいらっしゃる方は 


過去の自分と同じような気持ちや経験をしている人たちだから


大好きな人たちばかりだし カワイイな~って思えるんですよね(*^^*)


だから カウンセリングが楽しくて仕方がないというq(^-^q)


始めた当初から この気持ちはずっと変わらないですから


これからも変わらないでしょう



クライアントさんが 本来の自分を取り戻して元気になっていく姿を見守るのが私の仕事です


近くでクライアントさんの変化を見続けられることが


私の一番の幸せであり 使命
なのかなと思っています


これからも 読んでくださる方のためにも メルマガを書き続けていきますq(^-^q)


読者の皆さん 読んでくださってありがとう♪


恋愛依存と回避依存の自己肯定感の違い

2012年4月の 有料メルマガ<ラブアディクションからの克服>では


恋愛依存の人に特に多いと思われる


『低い<自己肯定感>の高め方』
をお伝えしていきますが


恋愛依存の人と回避依存の人の自己肯定感の違いをお伝えします



恋愛依存の人が自己肯定感が低いのなら


回避依存の人なら自己肯定感が高いのか?




というと 実は回避依存の人も自己肯定感が低いのです



低い自己肯定感を隠すかのように 仕事などに力を入れて 


自信があるように見せていますが


内心は自信のない人が多いのです


(負けず嫌いな人が多いですね)



恋愛依存の人の肯定感の低さとは 若干違うんですね


じゃあ どう違うのか?


ということを 最初の配信でお伝えしています


4月からは 自己肯定感の高め方をお伝えしていきますが


自分を好きになりましょうとか 褒めてあげましょう 


といったものではないです^^;



それで高められる人はいいんですけど これってなかなかできないですよね?


なかなかできない人に向けて 書いていこうと思います


(私自身ができなかったので 私でもできた方法をお伝えしていきます)



自己肯定感を高めていきたい人は 今月からぜひ 読んでみてくださいね^^


自己肯定感を高めることによって 自分を認めることができるようになると


恋人のことも認めることができるようになり


円満に付き合いやすくなります♪

気持ちが不安定な方へのアートセラピー敵対処法

最近 季節的な影響なのか 


気持ちが不安定な方が増えています


クライアントさんの中にも 何人か 見られるので


他の方もそうかもしれませんね^^


そういう私も 数日前の あの台風のような嵐の前まで


イライラが続き 子供にきつく言ってしまったりもしましたが


あの嵐と一緒に イライラも去って行きました^^;


ただの偶然かもしれませんが^^;


こういう時の対処法として いろいろありますが


まずは この不安定な気持ちを人に話すこと


これが有効かもしれませんね^^


一人で悶々と抱えるより 人に話して 発散した方がスッキリしますよね


話せる人がいるという人は 誰かに 話してみてくださいね^^


それができない 話す人がいない 


という方は 


ちょっと辛いかもしれませんが


その不安定さと向き合うこと 


これが一番おススメです


やり方は カンタン


画用紙とクレヨンさえあればできます


画用紙に 大きく 人型を描いてください (何色でもOK)


そして 次に その人型を自分だと思って


不安定に感じている部分 


たとえば モヤモヤしているとか イライラしているとか 


何か感じる部分はないか


頭から足先まで ずっと感じていきます



そして 何か感じる部分には 


そのモヤモヤやイライラに見合った色や形を描いてみてください


そして そのモヤモヤやイライラに 名前をつけてみてください


「イライラ君」など 何でもOK



では 今度は その 名前を付けた部分


「イライラ君」は どんなことを言っているような気がしますか?


それを書いてみてください


「動けない!苦しい!」
と言っているかもしれませんし


「もう疲れたんだから休もうよ!」と言っているかもしれませんね



すべて書き出してみてください


全部 書けましたら 絵 全体を見て どんな気持ちがするのか 感じてみてください


何らかの気付きがあると思います^^


どんな気付きがありましたか?


不安定な原因が わかるかもしれませんね^^


病気もそうですけど 原因が分からないと 余計に不安になるけれど


原因がわかっただけでも 少し安心しますよね


原因が分かった= 治った訳ではないですが


対処法としては この方法は おススメです


絵に表すことで 心の中の物をまるで 


紙に移したかのような気持にもなりますしね^^


私自身も モヤモヤしてるな~と感じる時に


スケッチブックに描いていますが 


結構 スッキリします^^


ちなみに 私が描いた絵↓

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



恐ろしい位に下手です(笑)



こんなに下手でも大丈夫なので 


皆さんもやってみてくださいね^^







恋愛も他人主体から自分主体へ

合気道ってご存知でしょうか?


名前だけは・・・という方も多いかなと思いますが


私もそのうちの一人で・・・^^;


合気道は字のごとく 気なんですね



合気道による気の入れ方をすると

自分の体(軸)がぶれない
のです!


(去年セミナーで軽く体験させていただきましたが 


 気を入れていると 押されても引っ張られても 


 身体はぶれない 動かないものなんですね)


だから皆さんも合気道を習いましょう!


という話ではなく(^-^;


自分軸がしっかりしていて 自分主体になっていれば 

相手に振り回されない!
訳なんですよね


これを恋愛依存症に当て嵌めると

恋愛依存症を克服して自分軸をしっかり作り

自分主体になれば

回避依存症(もしくは恋愛依存症)の相手に振り回されない!


ということになります


補足すると 

恋愛依存症の人から見ると 回避依存症の相手に振り回されるように感じ


回避依存症の人から見れば 恋愛依存症の相手に振り回されているように感じる
という


お互いに振り回している意識はないのですが


お互いに お互いに振り回されているという感覚を持っています


これは 自分の軸がしっかりしていないからではないかと推測できます




自分軸は皆さんあるんです



でも相手のことが気になってしまって

その軸が 置き去りになっているだけなのかもしれませんね


他人主体の考えや行動から

自分主体に変えていくこと


相手の問題や行動にとらわれないで

自分に意識を向けること


そして恋愛依存克服はゴールではなく通過点にしか過ぎないことを意識して

自分なりのゴールを設定してください



克服した先の未来の夢を描きましょう


例えば幸せな結婚生活なら 

どんな人と どこで どんな生活をしたいですか?

新居の間取りは?

仕事は続ける?

子供は何人欲しい?


など具体的にイメージしてください


そして「そこ」へ行くと意識をして

「そこ」を目指して克服していきます



ここがきちんとしていれば大丈夫(^^)


必ず克服できると私は信じています(^^)


あなたも自分を信じてみてくださいね~(^^)




彼と別れたい衝動に駆られている方へ


夏の終わりが近づくと増えてくるのが 別れ


彼と衝動的に別れてしまった・・・


という方が増えています


私もなんとなく 今の季節は リセット願望が芽生えてくるので


別れたい衝動は わかるような気がします^^;


私の場合  結構 破壊的な性格をしているので


一度 すべてをぶっ壊してから また新たに建設していきたいという願望があったため


今あるものすべてを壊したくなる衝動がありました^^;


今考えると 恐ろしいですね^^;



さて 恋人と付き合いながら 


または結婚生活を続けながら克服している人は


克服していくうちに だんだん霧が晴れていくかのように


相手の真実の姿が見えていきます


そうなると まず相手の嫌な部分が目につきます


それが 誇張されるかのように感じるため


『こんな人と付き合ってていいのかしら…?』


その気持ちが大きくなっていきます


そうすると 本当に相手のことが好きなのかわからなくなり


別れようと思いはじめます



別れても さほど苦しくなさそうに感じるため 本当に別れる方もいるのですが


この後に 苦しくなってきてしまうことがあります



別れた後に 今度は逆に 彼の良さを思い出すからです



『文句ばかり言うけど 優しい言葉をかけてくれることもあったよね』など


彼のいいところを思い出して 別れたことを後悔してしまいます


(私自身も 何度も 分かっていながらも繰り返していました)



では なぜそうなるのか?


また 衝動的に別れることを回避したい方


レジまぐさんからのメルマガ <ラブアディクションからの克服>の 


2011年の9月号のバックナンバー
をお読みください


別れたくなる衝動を抑える方法をお伝えしています(^-^)
プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR