カウンセリングをお申込みになる前に



毎月 カウンセリングのお問い合わせやお申し込みを

たくさん 頂戴いたしておりますので

今回は お申し込みいただく際の注意点を書かせていただきたいと思います



私のブログやメルマガをお読みになった方から


カウンセリングのお申し込みいただくことが多いのですが


たまに 女子高校生や男性からのお申し込みもあります


私を選んでいただいて 大変有り難く思うのですが


私のカウンセリングは


<20歳以上の学生以外の女性>


を対象にさせていただいております


例外的に <20歳以上の大学生の女性>


もお受けすることはありますが


基本的には 社会人や主婦の方を対象にしています


それは 私自身も 過去に 恋愛依存で苦しんだ経験があり


同じように苦しんでいる女性を


恋愛依存から克服できるように応援したいという思いから


カウンセリングに取り組んでいますので


「自分と同じ女性の力になりたい!」


という思いから <女性のみ>


カウンセリングをお受けしていますので


『男性はお断り』


させていただいております

………

そして 『20歳以上』という年齢制限ですが


私の行うカウンセリングでは 


大人の自分と子供の自分の対話などを行うセラピー
をメインとしていますので


大人としての自我状態が必要になるため


20歳未満の方には 私の行う療法で効果を得にくい可能性があるんですね


だいたい 大人の自我状態が芽生えるのは 10歳頃だと言われているため


10代の自我が芽生えて間もない方には まだ未発達な部分が多いと思われます


こういった理由から 療法での効果が出にくいと思われますので


20歳未満の方はお断りさせていただいております

………

それから 20歳以上の女性であっても


<依存的な女性>


は お断りさせていただいております


これは どういう意味かというと


自分で依存を克服しようという意思がなく



「カウンセラーに何とかしてもらおうとしている女性」


「自分で考えずに 何でもすぐに人に聞いて解決しようとする女性」


「自分の軸がなく すぐにぶれてしまう女性」
 です


こういった方は どんなにカウンセリングを重ねても 


結果が出にくいので 最初から お断りさせていただいています


また 「すぐに結果が出るものだと思っている女性」


「アドバイスを素直に聞くことができない女性」


効果が出にくいですので お断りさせていただきます

………

逆に どんな女性なら効果があるのか?というと


「自分は恋愛依存が克服できると信じている女性」


「カウンセリングは時間がかかるものだと理解している女性」


「小さな努力を積み重ねることができる女性」


「恋愛依存についての知識が多少はある女性」


「素直にアドバイスを聞くことができる女性」
です


こういった女性には 私もできる限りのお手伝いをさせていただきます

………

そして カウンセリングの方法ですが


現在 対面カウンセリングは


不定期開催の <個人セッションのみの対応>になっております


(個人セッションのお知らせは メルモさんからの無料メルマガの巻末でお伝えしています)


通常のカウンセリングは 


*電話(ソフトバンク携帯・au携帯・固定電話)



*スカイプ



で行っております


現在は 対面カウンセリングを行っておりませんことをご了承くださいませ



これらの注意点を御考慮の上


カウンセリングのお申し込みをしていただければと思います


携帯ホームページやブログから


カウンセリングのお申し込みフォームがありますので


初回のみ そちらからお申し込みください


48時間以内に返信させていただきます



返信のない場合は メールが届いてない可能性がありますので


お手数ですが 再度お申し込みいただければと思います


2回目以降のカウンセリングのご予約



通常のメールにて 御希望の日時を2つ
お知らせください

………

また カウンセリングの時だけでなく メールでもアドバイスや指示ができる場合は 無料でメールにてお伝えしていますが


『定期的にカウンセリングをお受けになっている方のみの対応』
になりますことをご了承ください


また カウンセリングの要素が含まれると判断される場合は <有料のメールカウンセリング>になります


その場合 事前に有料になる旨をお伝えいたしますので ご安心くださいませ


後から 突然 メールカウンセリング代を請求することはありません


長々となりましたが 以上です(^-^)
スポンサーサイト

恋愛においての要らない感情

私もそうだったのですが 


女性性が低いと 受け取る力が弱まったり 阻まれたりするようなんですよね


その 受け取る力が弱いと 


お金はもちろんのこと 愛情もちゃんと受けとめられないので


どんなに与えられても 受け止めきれない


という状態になってしまう訳です(--〆)


もったいない話ですよね~


お金に例えると


どんなに入って来ても 出費 出費で 出て行ってしまう


入って来ても 受け取る力が弱いから 


受け止めきれずに 出て行ってしまう訳です


この状況を変えていくためにも 


2012年12月のメルマガラブアディクションからの克服では 


<受け取るスペースを作る>ために 


心の中にある 要らないものを捨てる(手放す)方法をお伝えしています



物質的な物でもそうですが


部屋の中に いっぱい 要らない物があったら 


必要な物を置くスペースがないですよね


そのために 要らないものを捨てて 


受け取るスペースを作る方法を取り上げているのですが


心の中にある 要らないものって どんなものがありますか?


恋愛においての要らない感情 気持ち と考えると出やすいかもしれませんね


*嫉妬心

*猜疑心

*不安(見捨てられ不安) など



私の場合 嫉妬心が 昔はハンパなく強かったので


大好きな人が 誰かと話しているだけでも 


メラメラと嫉妬心がわいてきて


許せない!!とイライラしていました


(もっと離れなさいよーとか・・・)


その相手が 綺麗な女性だったりすると 


もう 血が逆流する位の 鳥肌が立つ暗いの 激しい怒りです


この気持ちが 邪魔で邪魔で仕方ないのに


心の中で ハバをきかせていたのですね~(ーー゛)


そんなに妬くことはない と 頭ではわかっているのに


心の中では 自分以外の人と 話すことだけでも 許せない


独占欲が強すぎたのですね^^;


この感情がなかったら どんなに楽だろうと・・・


無駄なケンカも かなり 減っていたでしょうね~


この気持ちだけでなく 


他にも 要らないと思っている気持ちってイロイロありますよね?


そういった 要らない気持ちを 


心の中から整理して手放す方法をお伝えしていますので


心の中に 要らない気持ちがいっぱいあって


何とかしたいと思っている方
に ぜひ 参考にしていただきたいと思います(*^^)v



もう あんなに 激しく嫉妬に怒り狂うこともなくなった今


楽な半面 少し 寂しい気持ちもあります^^;


何であんなに 怒り狂っていたのか・・・


ヒントは 幼少期の家庭環境に ほぼ 間違いなくある


といっても 過言ではないと思います

女性性を高めて受け取る力を高めると・・・

週3回配信しています 有料メルマガ<ラブアディクションからの克服>では


2012年12月は 女性性を高める方法をお伝えしました


なぜ 女性性を高める必要があるのか?


というと


女性性が低いと 受けとる力が弱まってしまうからです


受け取る力が弱いと


愛情やお金など 本来は受け取りたいと思っているものを受け取ることが


ちゃんとできなくなるからです


彼は 本当に私のことを好きなのだろうか?


と 疑心暗鬼になったり


働いても 働いても お金が入って来ない
 


または 出て行ってしまう


ということになってしまうのですね~


これらは ちゃんと 受け取る ということができていないから 起こります


そこで 受け取る力を高める方法というものを


メルマガでお伝えしているのですが


その方法を実行されている方から 


このようなメールをいただきました


***

「今、メルマガの受け取る力に取り組んでて、13まで来ました。

女性性と男性性のバランスを取って受け取れるようになるために…

とやってますが、

今日は

「勘違いをするきっかけになった人に対して本当の感情をぶつける」

をやっていたら、


自分のやり方を何がなんでも私に押し付けてくる父に対して、

「自分の弱さを私で埋めようとしないで!」

という気持ちが出てきました。


これは今の彼に対する気持ちと全く同じで…

ビックリしました〓


何か面白いです。


受け取る力、さらに先に進んでやって行きます〓」


***


ありがとうございます^^


幼少期に お父さんに対して感じていた気持ちと


今の彼に対しての気持ちが同じだと気付いたということですね~


たいてい 今の彼に対する不満は


幼少期に どちらかの親 もしくは両親に対して感じていた不満のことが多いです


(親ではなく 兄弟や祖父母などの家族の場合もあります)


この 幼少期に感じていた不満が


受け取る力を弱める または阻む原因になっていた
 


ということに繋がっているんですね~


先ほどの方のように お父さんに対しての気持ち


「自分の弱さを私で埋めようとしないで!」


というこの気持ちが


まさか 受け取る力と関係があるなんて・・・


と思いますよね^^;


でも この気持ちから 受け取るという力を弱めてしまっていたんです


ここに関しては セラピーを使って もっと掘り下げていけば


どう繋がっているのかがわかってくると思います



気になる方は セラピーで掘り下げて行くことをおすすめします



まず 自分のどんな気持ちが 受け取る力を弱めていたのか?


ここを知ることが 大事です


これが分からないと 高めていくことができませんよね^^


原因が分かれば あとは その部分を癒して 


書き換えるという作業をしていけばいいのですから


そんなに難しいことではないんです^^



ちゃんと受け取る力を高めることができるようになると


彼の気持ちに 疑心暗鬼になることもありませんし


束縛して 彼を繋ぎとめようとしなくてもいいですし



お金にしても 


自分の労働に見合った 正当な金額が入ってきて


なぜか 手元に残らない ということもなくなります


(自分の時給や給料は 実は 自分で決めているものなんです)


たとえ 出て行ったとしても その分が ちゃんと戻ってきたり


必要な時に 必要な金額が ちゃんと手元に入ってくる



というような 不思議な出来事が起こります


愛情もお金も 正当に受け取ることができるようになりたい!


という方は 受け取る力を 女性性を高めて


男性性と女性性のバランスを整えましょう!(^^)!



それも 楽しみながら・・・がポイントですね^^



本当に見捨てられた経験がある方のカウンセリング体験記

恋愛依存の原因になる不安 と言われているものが


見捨てられ不安ですが


幼少期の家庭環境で 


母親に 見捨てられるのではないか?


という不安を抱くことによって 形成されていきます


実際に 見捨てられたという経験がなくても 


形成されてしまうものなんですが


悲しいことに 実際に 母親に 本当に見捨てられた


という経験を持つクライアントさんもいます


この場合 


実際に 見捨てられた と体感しているわけなので


恋愛における 彼に見捨てられるのではないかという不安は


相当に 強くなると思われます


母親に見捨てられた 家を出て行った


という記憶は 想像するだけでも 相当な恐怖ですよね



この不安や 恐怖を 彼に対しても 


また 見捨てられるのではないか と疑心暗鬼になっていくわけです


こういった 実際に 母親が 家庭の事情により 家を出て行った


母親に 見捨てられた という経験をしたクライアントさんから


このようなメールをいただきました


***

「先生、お久しぶりです
 お元気ですか

その後相変わらずなんですが〓〓

以前に受けた『母親を許すセラピー』の効果が出た気がします!!


ある物を受け取ったんですが、
わたしの場合ある物が重要なのではなく、

今まで何か理由をつけては母親からの行為を拒んで受け取れなかったんですが、
素直に受け取れて、


素直にありがとう!って言えてる自分に気づいたんです〓

ある物をとは、母親の手料理なんですが、
実家が近所で、よく「作りすぎたから持って行く」って連絡があったんですが、

食べたいけどなんとなく嫌で適当な理由で断ってたんです(涙)


でもその「なんとなく」の理由もわかりました〓



母親が父の運転で手料理を持って来てくれるんですが、

その帰り際が、

子供の頃に母親が出て行った光景にリンクしてしまって、辛かったんです〓


今もこうしてmailを作ってるだけで涙がでてきます〓



だから受け取れなかったんです〓


あの感覚をまた味わうくらいなら最初から会わない方がいいって思ってました〓



実家に行くのもそうです、
実家に行って帰りは車で送ってくれるんですが、

母親と帰り際が離れるのが寂しかったんです〓



結局、前回カウンセリングで先生と探っていってたどり着いた

『見捨てられ不安』
がポイントな気がします〓


母親に対してのわだかまりが100%消えたわけじゃないけど、

素直に受け取れたことと、

色々と気づけたことでまた1つ進めた気がします〓



次回は、書き換えのセラピー楽しみにしてます」



そして 掲載の快諾をいただいた後のメールです↓


「今週も母親から差し入れに、おでんをもらったんですけど、
素直に受け取れてます〓


今は『食費ういてラッキー!!』くらいの感じで、
図々しくリクエストまでしちゃいました(笑)


おでんの中に、わたしの好きなネタが大量に入っていて、

『あっちゃんと覚えててくれたんだぁ〓』って…

母親の愛情を感じましたね〓

泣いちゃいましたけど〓〓

なんか自然に甘えたり、少しづつ母親との関係もよくなる気がします〓



ありがとうございます〓」



母親の差し入れを素直に受取れなかった理由は


母親が出て行った光景を思い出すから だったということなんですね


頭では もう母親に見捨てられることはないと 分かっているはずなのに


心では 小さな子供の 傷ついたままの自分が


また見捨てられるのではないか?


あの時の恐怖を思い出してしまうのですね


相当に 辛かったことと思われます


子供の自分にとって 


母親に見捨てられることは 死につながるほどの恐怖ですから・・・


実際に見捨てられた という経験のある方の


見捨てられ不安は 相当に傷が深いのですが


その当時の 傷ついた子供のままの自分(インナーチャイルド)を癒すことで


その傷を和らげることはできます


傷を なかったものにするのではなく


傷は残っているけれど 傷を抱えていても 


これからの人生 強く生きて行こうと


無理やりなポジティブシンキングではなく


本来の あるがままの自分で生きて行こうという強さを


手に入れることができるようになります



それを応援 手助けするために 


「許しのセラピー」というものを考案してみました


即効性はありません


魔法ではないので すぐに効果はなくても 


あとから ジワジワ来るのが特徴です


誰にでも効果があるとも 言いきれません


個人差があります


私が 克服させてあげるのではないからです


ご本人次第です


自分の意思で 自分で克服するんだと決めている方は 効果があります



余談になりますが


来年は 恋愛だけでなく お金に関するセラピーも強化していこうと思います


恋愛の問題も お金の問題も 原因も同じなんです


お金の流れはいいのに 恋愛がうまくいかない とか


恋愛はうまくいってるのに お金の流れが悪い


こういう方は それぞれに バランスを調整したり


原因になっている出来事を癒してあげることによって


どちらもうまくいくようになるのですね


実際 私自身も そのことを体感する出来事が起こっています


たとえば びっくりするようなタイミングで 必要なお金が入ってきたり


奇跡かと思うようなことが起きます


皆さんにも 奇跡を体感していただきたいですね~^^


ポイントは インナーチャイルド(潜在意識)といかに繋がるか?


ということに つきます


「カウンセリングで胸のツカエが取れました」

最近カウンセリングを始めたばかりの方から頂いたメールなんですが


同じような方もいるのではないかと思い


ご紹介させていただきます

(掲載の許可はいただいています)


***


この方は 複雑な家庭環境に育った方で


物ごころつく前から 母親の存在はなく


父親には 暴言や暴力を振るわれて育ちました


その影響から 共依存ベースの恋愛依存と回避依存が形成された方で


付き合っている男性への束縛がひどく


四六時中見張っていないと気が済まない


また 自分の思いどおりにならないと 気持ちが爆発してしまうという・・・


それらが原因で別れに至ってしまう訳です


その方からの カウンセリングを受けての感想です


***

「みゆ先生ありがとうございました。

ブログやメルマガを読んでいても、
自分自身の事になると全くわからない状態になってしまうんですね…〓


今日のカウンセリングで、
自分の怒りの感情をここ迄殺し生きてきたのかと正直驚きました。


最初は、どれが本当の自分の気持ちなのかわからず戸惑いましたが…

ノートに書き出すと、出るわ出るわ

子供の頃の私は、本当に頑張り屋さんで、

忍耐強い子供だったんだなぁ。

同時に、そんな状態でも一生懸命不器用ながらに
父にいつか必ずきずいて貰えると信じ、

知らず知らずのうちに心に蓋をし怯えながら、
期待をしながら怒りを抑え生きて来たんだと…


自分自身の事なのに尊敬しました。
そんな自分が、本当に愛おしく
ホンの少しだけ自信を持てた気がします。



父に対する思いを彼にブツケていた事にきずかして頂き

彼から言われていた言葉は父に言われていた言葉だった…
正直驚きました。


今日のカウンセリングでは、きずきが沢山あり

苦しかった胸のツカエが取れ、
又少しずつ新しい自分になれました。


改めて、みゆ先生に出会えた事
みゆ先生のカウンセリングを受けられた事
カウンセリングの凄さに感謝です。


道のりは、未だ未だ長いでしょうが
みゆ先生の力を今後も御借りしながら
みゆ先生の様に軸のブレナイ女性になれたらという気持ちと
今の状況をしっかりと受け止め、
少しずつゆっくりと進んで行きたいと思っています。

未だ未だ覚束なく、直ぐに一杯になる自分もしっかりと受け止めていきます。
まとまら無い文で、すみませんが…


改めて、ありがとうございます〓
お忙しいのに、お時間を取って頂きありがとうございました。〓

又宜しくお願いします。」


***

この方は 彼のことをお父さんに投影している部分が多かったのですが


ご本人は まったく気付いていらっしゃらなかったんですね~


今 現在 彼によく言われる言葉や


彼に対して 望んでいること



これらを聞いた後に


小さい頃に お父さんによく言われた言葉や


お父さんに望んでいたこと
をお聞きしました


そうしたら・・・


どちらも 一緒! 


だったのですね~


小さい頃に お父さんに言われていたことと


同じことを言う彼に惹かれ


お父さんに望んでいたことを


今は 彼に 望んでいた 求めていた



ということなんですね~


これが分かるだけでも すこーし楽になると思います


ここからが 勝負です


父親と同じことを言う彼は 父親じゃない


という当たり前のことを 心で感じていただくこと


そして 彼の顔に貼りついている 父親を外していき


別の人間なんだと


求める相手は違うのだと認識し


本来 求めていた相手 


自分の心の中に今もいる お父さんと和解していきます



この作業を インナーチャイルドセラピーを使って行います


まだまだ この方のカウンセリングは始まったばかりですが


十分に 克服できると思われます


今後が楽しみな方のうちのお一人です^^


一緒に 寄り添って 進んで行きたいですね^^



女性の方が恋愛依存になりやすい理由

お知らせです


小学舘が運営するサイト 《menjoy!(メンジョイ)》


というオトコを楽しむための女性マガジンの恋愛部門で


【男性より女性の方が『恋愛依存症』になりやすい理由】



というテーマで取材を受けまして


2013年1月 その記事が掲載されました↓

menjoy!の記事


私なりの見解ですが わかりやすく前編後編に分けて 説明してくれていますので


よかったら読んでくださいね~(^-^)v

自分の人生のシナリオは絵本が影響している

皆さんは 小さい頃によく読んでいた 


読んでもらっていた絵本を覚えていますか?


白雪姫やシンデレラ 桃太郎や一寸法師 親指姫に人魚姫・・・



今 例にあげた童話は  


禁止令から解放されるための講座 を受講されたクライアントさんが 


小さい頃に よく読んでもらっていたものや


心に残っているとおっしゃっていた物語の一部
です


この 禁止令から解放されるための講座では


禁止令を解除することはもちろん 


禁止令から解放されて 


その方の人生そのものを変えて


本当に望むべき人生に変えて行こう!



という講座なので


まずは その方が どんな人生のシナリオを描いているのか?


ということを探っていきます


その際に ヒントになるのが


小さい頃によく読んでもらっていたり 


心に残っている童話や昔話
なんです


私たちは 無意識に その物語に沿った生き方をしようと


その物語とよく似たシナリオを描くと言う特徴があるからなんですね~



たとえば 私は 人魚姫のお話が大好きでした


人魚姫の絵本に 小さなレコードが付いていて


字を読めない頃から そのレコードを何度も何度も聴いていました


レコード付きの絵本が珍しかったので 面白くて 毎日聴いていたんでしょうね~^^;


その影響で 私の人生の脚本は 人魚姫の物語をまねた脚本になったようなんですよね^^;


人魚姫のお話って 覚えてますか?


ざっくり説明すると

王子様に恋をした人魚が


人間になるために 美しい声と引き換えに 人間の足を手に入れ


人間になって王子様と出会い 恋に落ちたのに


結局は 他の女の人と王子様は結婚して 


そのショックで 人魚姫は 水の泡になってしまうという悲劇ですね



その物語を 


私は自分の人生の中で 無意識に演じていたんですね~ オソロシイ


たとえば せっかく彼氏ができても 浮気されたり


他の人に略奪されたり


失恋するたびに 「消えたい・・・」と自殺を考えたり


あとは がんばって努力しても やったことが台無しになって


まさに 「水の泡」になってしまう 



なんてことも しょっちゅうありました


自分の人生が 人魚姫のお話を元に構成しているんだと気付いた時


「あぁ やっぱり・・・」とどこか ほっとするような 安心するような


悲劇の脚本なんて嫌なはずなのに


自分には しっくりくるような気がして 納得したことを覚えています


悲劇のヒロインに酔っていたのかもしれませんね^^;


悲劇のヒロインなら 可哀想だと同情してもらえるから


同情されることが嬉しかったのかもしれません


でも 数年前に その脚本はイヤだと 変えたいと思ったので


脚本を変えるべく療法を行って 現在に至るわけですが



あのままだったら きっと 主人に浮気され 捨てられ 自殺・・・


というシナリオになっていたのかもしれないなと思うとゾッとします



この人生のシナリオ・・・


私たちの人生のシナリオは 


小学生の頃
に 無意識のうちに書きあげています


無意識ですから どんな脚本を書いたのか 


自分では分からないのですが


気付くためのヒントになるのが 


心に残っている童話や昔話などの物語
です


さて あなたは どんな物語が心に残っていますか?


そして その物語と 今のご自分の人生は 一致していませんか?



もしも 悲劇の脚本だったとしても


ハッピーエンドの脚本に変えることができます!(^^)!


心理学ってスゴイですよね~


束縛されやすい女性とされにくい女性の違いは?

前回 <束縛する男性>の考察をお伝えしました


結論としては どの男性も「束縛する可能性はある」ということで


男性側の問題ではなく 束縛される女性側の問題ではないか?



ということをお伝えしました


これは 私の関わってきたクライアントさんたちを見てきて思うのですが


<束縛されやすい女性>と <束縛されにくい女性>に分かれるんですよね~


その考察を 2013年1月配信の無料メルマガ「ラブアディクション(恋愛依存症)のあなたへでお伝えしていますのでばっくなんばーよりお読みください^^


束縛されやすい女性とされにくい女性


この違いは 何だと思いますか?


束縛されやすくて困っている女性は 


参考になるかもしれませんね^^


8月からのカウンセリング空き状況(6月30日現在)


7月のカウンセリングは満員となりました
ので 
 


既存の方の8月のカウンセリングのご予約の受け付けを開始します  


初めての方のカウンセリングは  現在8月まで 受付が満員となっておりますので


9月からのスタートでも構わないという方のみ 受付させていただきます


ご連絡いただければと思います (あと1名様まで)


カウンセリングのお申込みはコチラから↓

カウンセリングのお問い合わせ&ご予約フォーム

***


当方 電話かスカイプでのカウンセリングがメインですので


愛知近郊の方でも 電話ORスカイプでのカウンセリングとなります


多くの方のお話を聴かせていただくために 現在対面カウンセリングは中止しております




男性や未成年の方からのお問い合わせもありますが


当方は
20歳以上の女性のみ
のカウンセリングとさせていただいております


ご理解いただければと思います



***

※予定のわかる方は 1か月分の数回のご予約も受け付けております。


6月30日現在

8月の受付は、既存の方のみとなります。

新規の方は9月以降からとなりますが
お申込み時にご希望の日時を2つお知らせください。
先行してご予約を承ります。

8月

1日 満員

2日 満員

3日 お休み 

4日 満員

5日 10-21

6日 10-17

7日 お休み

8日 満員

9日 満員

10日 満員


11日 10-15

12日~16日まで お休み

17日 10-17

18日 10-18

19日 10-21

20日 お休み

21日 19-21

22日 満員

23日 10-18


24日 お休み

25日 10-17

26日 満員

27日 お休み

28日 10-16

29日 10-17

30日 満員

31日 お休み
 



カウンセリングのお申込みはコチラから↓

カウンセリングのお問い合わせ&ご予約フォーム


***

今月の ラブアディクションからの克服では


先月お伝えした 一見克服しているように見える人(回避依存をこじらせたような 極めたような人)

これは自分のことではないか?と気になってメールしてくださった方が何人かいらっしゃいましたが

メールをくださった方に関して言えば 一時的に回避依存が強く出ている状態の方だと推測されます

カウンセリングが進み 克服間近になると 一時的に回避依存が強くでてくることがあります


それは 今まで強く出ていた恋愛依存や共依存の傾向が弱まったから
元々持っていた回避依存の部分が目立ち 強く出ているように感じるから
です


今月は そういった回避依存が一時的に強く出ている方へ向けて
回避依存を弱めていくためのコツをお伝えしていきます

回避依存が強いんじゃないか?という方は ぜひ 参考になさってくださいね



今月の 恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガでは


共依存傾向が強いカウンセラーさんへ向けて書いていこうと思います

人の役に立ちたい!という思いが強いからこそ カウンセラーという職業を選ばれていると思いますが
だからこそ 気を付けてほしいことがあります

特に 恋愛依存という依存を扱うカウンセラーは
どんなことに気を付けたらいいのか?

共依存傾向が強い場合 どんなことに気を付けたらいいのか?

お伝えしていきたいと思います



8月のカウンセリングの空き状況(7月まで満員御礼)


7月のカウンセリングは満員となりました
ので 
 


既存の方の8月のカウンセリングのご予約の受け付けを開始します  


初めての方のカウンセリングは  現在8月まで 受付が満員となっておりますので


9月からのスタートでも構わないという方のみ 受付させていただきます


ご連絡いただければと思います (あと1名様まで)


カウンセリングのお申込みはコチラから↓

カウンセリングのお問い合わせ&ご予約フォーム

***


当方 電話かスカイプでのカウンセリングがメインですので


愛知近郊の方でも 電話ORスカイプでのカウンセリングとなります


多くの方のお話を聴かせていただくために 現在対面カウンセリングは中止しております




男性や未成年の方からのお問い合わせもありますが


当方は
20歳以上の女性のみ
のカウンセリングとさせていただいております


ご理解いただければと思います



***

8月

1日 満員

2日 10-21

3日 お休み 

4日 14-21

5日 10-21

6日 10-21

7日 お休み

8日 10-21

9日 10-21

10日 10-21

11日 10-21

12日~16日まで お休み

17日 10-21

18日 10-21

19日 10-21

20日 お休み

21日 19-21

22日 10-21

23日 10-21

24日 お休み

25日 10-21

26日 10-21

27日 お休み

28日 10-21

29日 10-21

30日 10-21

31日 お休み
 




カウンセリングのお申込みはコチラから↓

カウンセリングのお問い合わせ&ご予約フォーム


***

今月の ラブアディクションからの克服では


先月お伝えした 一見克服しているように見える人(回避依存をこじらせたような 極めたような人)

これは自分のことではないか?と気になってメールしてくださった方が何人かいらっしゃいましたが

メールをくださった方に関して言えば 一時的に回避依存が強く出ている状態の方だと推測されます

カウンセリングが進み 克服間近になると 一時的に回避依存が強くでてくることがあります


それは 今まで強く出ていた恋愛依存や共依存の傾向が弱まったから
元々持っていた回避依存の部分が目立ち 強く出ているように感じるから
です


今月は そういった回避依存が一時的に強く出ている方へ向けて
回避依存を弱めていくためのコツをお伝えしていきます

回避依存が強いんじゃないか?という方は ぜひ 参考になさってくださいね



今月の 恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガでは


共依存傾向が強いカウンセラーさんへ向けて書いていこうと思います

人の役に立ちたい!という思いが強いからこそ カウンセラーという職業を選ばれていると思いますが
だからこそ 気を付けてほしいことがあります

特に 恋愛依存という依存を扱うカウンセラーは
どんなことに気を付けたらいいのか?

共依存傾向が強い場合 どんなことに気を付けたらいいのか?

お伝えしていきたいと思います

束縛する男性とは


何気に観ていたテレビで


(ほんまでっかTVです)



<束縛する男性>について 話していて





なるほどなーと思いつつも





私なりの見解
が出てきたので 





ここで書いていきたいと思います





あくまでも 私なりの見解です^^;






束縛する男性はどんな男性か?






ということで話し合っていて





「自分に自信がないから 相手を束縛する」





とおっしゃっていた先生がいました





この 自分に自信がないから 相手を束縛するという男性





恋愛依存 もしくは 共依存傾向のある男性ではないか?





と思うのですね





恋愛依存の男性
は 自己肯定感の低さから 





自分に対しての自信がないため





「本当に相手は自分のことを好きなのだろうか?」





という疑いが常にあります





自分が相手を好きかどうか?より





相手が自分を好きかどうか?






これが重要なんですね


(ここの心理に関しては また別の機会にお伝えします)





共依存の男性も 同じく 自分に自信がないのですが





その自信のなさを





相手の役に立つことや





相手のお世話をやくことで埋め






愛情を繋ぎとめようとするので





共依存の男性は 





他のタイプの男性ほど束縛する度合いは低いかもしれません






束縛することで 愛情を繋ぎとめようとしないからです






しかし恋愛依存の男性は 束縛することで 自分から離れないようにして





愛情を繋ぎとめようとします



なので 束縛の度合いが強く 繋ぎとめようと 必死感があります





そして 回避依存の男性





このタイプの男性は 束縛しないのか?





というと 実は束縛するんですよね~





それも 相手を支配 管理するために です





このタイプも 自分に自信がないからなんですが





そういうそぶりは 一切見せません





自信のない自分を見せる = 弱みを見せることになり





自分が負けたような 下になるような 支配されるような感覚になるため






自信のない 情けない自分の姿は見せようとはしません





ということは どのタイプの男性も 束縛する





ということになるんですよね~





でも 実際に すべての男性が女性を束縛するか?





というと そうでもないですよね





それはなぜか?





それは 女性側に問題があるからだ!





と 私は そう思うのですね~





それは どういうことか?





ということは  メルモさんからの無料メルマガラブアディクション(恋愛依存症)のあなたへで お伝えしていますので 過去記事を探してみてくださいね(2013年1月頃です)





問題と言っても 女性側が オカシイとか変だという意味ではありません

恋愛依存症はいけないことなんですか?

「恋愛依存症って いけないことなんですか?

彼氏が途絶えないって

女性としてすごいことだと

素直に尊敬してしまうんですが………」



という質問をいただきました







恋愛依存症自体が悪いとは 私は思いません


彼氏が途絶えないことも 悪いとは思いません



それで ご本人が 幸せだと思えるなら 


構わないと 私は思います



ただ


恋愛に 彼に 依存することが 苦しいとか


望んでいる恋愛ではないのに しがみついてしまうとか


寂しくて 一人になるのが恐くて


好きでもないのに 付き合ってしまう 
とか


本当は 恋愛依存から抜け出したいのに 抜け出せない


そういった方を 私は支援しています^^


恋愛に依存している自分 彼氏に依存している自分が好きだし楽しい


という方は それはそれで いいんじゃないでしょうか?




私は 恋愛依存な自分 彼氏なしでは生きていけないと思っていた


そんな自分が 惨めで 苦しくてたまらなかったので 


恋愛依存を克服しました


そして 自分自身が 克服したことで 


本当に良かったと


自分だけでなく 主人までも変わって 快適に暮らせるようになったので


こんなに楽に生きていける方法があるんだよということを伝えたくて


このブログも書いています^^


(今の主人は まるで別人のようで こんな穏やかな人だったとは・・・という感じです)



その一例として・・・


昔は私が美容院へ行くことすら反対していた主人


俺の稼いだ給料を無駄に使うなと言うようなことを言われたため


私は年に1~2回行くのが限界でした


それも こっそりとばれないように コソコソと(;^ω^)


それが 今では 私が主人にメールで


「今日は美容院行ってくるね」と送ったら


「そうか~綺麗になって帰っておいでね」と(+_+)


人ってここまで変わるものなのかと 驚きの返事でした( ;∀;)








お世話せずにいられない

最近のクライアントさんの流れとして 


共依存の方が多い ようです



共依存の人の特徴としては 


ダメンズに惹かれやすかったり (ダメンズ吸引機)


だんだんと 付き合っている人を ダメンズにしてしまう (ダメンズ製造機)


こういった人によく見受けられるのは 世話好きな女性ですね~


こういった 世話好きな女性というのは


大人になって 急に世話好きになるというのではなく


小さい頃から お世話をする役割を担っていた人が ほとんどです


この役割は その家族の中でしか通用しない役割だったのに


大人になった今でも その役割をやらずにはいられない・・・


その役割をしていないと 自分の価値がない


必要とされていないと 生きている実感が得られない


ということから 必要以上の世話をやき 相手をダメンズにしていくのですね~


この 子供の頃に身に付けた役割をやめて 


相手をダメンズにしないように付き合っていきたい!



という方へ向けて メルマガ<ラブアディクションからの克服>の2013年2月では


この世話役の役割のやめ方をお伝えしています


ただし ダメンズの彼を自立させることができるかどうか?は 


その彼次第なので


世話をやき過ぎてしまって 


彼が甘んじているだけの場合は自立する可能性はありますが


それ以外の場合は 難しいと思われます^^;

私も自分を責める癖がありました

自分を責めてしまう


すべて 自分が悪いわけでもないのに 責めてしまう・・・


私も 昔は そうでした


そのことを 何気に見ていたテレビで (仰天ニュース)思い出しました


うちの双子たちと同じ病気が紹介されていたのです


場面かんもく という心の病気です


この症状を病気と知らず 


母親の私が悪いんだと 長年ずっと思い込んで 責めていたのですね~


場面緘黙は、ある特定の場面でだけ全く話せなくなってしまう現象である。
子供が自宅では家族らと問題なく会話をしていても、学校や幼稚園など家の外では全く、あるいはそれほど話さず、誰とも話さないという例は多い。
そして、その子供は非常に内気な様子に見え、グループでの活動に入りたがらなかったりする。
たいていの場合、発話以外の、表情や動作やその他のやり方であれば、人とコミュニケーションを取ることができる。
また、脳機能そのものに問題があるわけではなく、行動面や学習面などでも問題を持たない。

単なる人見知りや恥ずかしがり屋との大きな違いは、症状が大変強く、何年たっても自然には症状が改善せずに長く続く場合があるという点である。(ウイッキペディアより)



うちの娘たちが この病気の徴候に気付いたのは 保育園に入園した頃


私自身 人見知りが激しく 幼稚園時代 ほとんど発話しなかったので


私に似て 人見知りが激しいだけなのかと
思っていたのですが


発表会でも運動会でも まったく喋らない 動かない二人・・・


ただでさえ 双子だからと目立つ二人ですから


まわりの子供たちや お母さんたちからも


ちょっと変わった子供という目で見られていたと思います


心配だったのですが 極端な人見知りなんだろうと


小学校に上がれば きっと改善するだろうと思っていました


が・・・


小学校の就学前検診で 二人とも知能に遅れがあることも分かり


二人ともに症状が出ていることから さらに


「私のせいだ・・・私の育て方が悪かったんだ・・・母親失格だ・・・」



と自分を責め続けて


娘たちの存在自体が 私にとっては辛くて 悩みの存在でした


なんで 他の子たちのように 喋れないんだろう とか


なんで 他の子たちのように 理解することができないんだろう と・・・


小学生になっても 時計の文字盤の読み方は分からないし


お金の数え方さえ 分からない 


こんな状態で 大人になって 大丈夫なんだろうか?


本当に 心配で心配で


でも どうすることもできず 一人悩んでいました


そんなある時に 小学校のスクールカウンセラーの先生から連絡がありました


その当時 まだ 私はカウンセラーでも 心理学の勉強もしていませんでしたから 何の知識もなく


呼び出されたことが とてもイヤだったんですよね


母親失格だと言われるんじゃないかと 


あなたのせいで 子供たちがおかしいんだと言われるんじゃないかと



本気で思っていたのですが


そんなことは一切なく (当たり前ですね)


「二人は 場面かんもくだと思うんです」と言われて


初めて 子供たちが 心の病気で 


生まれつき 不安や緊張が強いのだと 


それで 話すことができないのだと分かったとき


私のせいじゃなかったのか・・・と


ずっと 自分を責めてきていたことも 


カウンセラーの先生は 見抜いていましたから


「お母さんのせいじゃないんですよ」



と言われたとき


安堵から 泣きじゃくったのを覚えています


この時までは 自分を責めることでいっぱいで 


自分の辛さばかりに目が向いていましたが


本当は 娘たちの方が もっともっと辛かったことと思います


幸いにも まわりの環境に恵まれ


みんな 娘たちが喋るのをあたたかく 見守ってくれていたので


娘たちは 少しずつですが 中学校の中でも 喋れるようになり


なんと 中学校に入ってから すぐに 二人とも演劇部に入り


3年間 ほとんど役をもらえなかったけれど 


それでも 演劇部を続けることができました^^


現在は 高校2年生になり 美術部と剣道部に所属しています!(^^)!




私は 無知さから 自分のせいだと決めつけて 責めていました


なので 同じように 自分を責めてしまう人は


まず 事実を調べてください


本当に 自分が原因なのか?


本当に 自分が悪いのか?


これを知るだけでも 責めることをやめることができるかもしれません


それでも 責めることをやめられない人は


自分を責める状況を求めている可能性があります



これは 過去に関係していると思われますので


何らかのセラピーにて 探ると 原因がわかるかもしれませんね^^


責め癖のある人は 過去に何かがあるはずです







これはインナーチャイルドセラピーのおかげ?

先日 セラピーを行った方から このような感想をいただきました


「みゆさんにセラピーしていただいたから、すごく穏やかな毎日です(´・∀・` )

彼がというよりは、私の気持ちに余裕ができたみたいで、

それで彼との関係も平和です☆

しかも、すごくびっくりしたことがありました!

バレンタインに彼がに手作りのチョコをあげたんですが、
急におとといあたりにメールがあって、

『めちゃめちゃめちゃめちゃおいしかったです』って

すごいびっくりしました

一瞬なにが起こったかわからなかったくらいです

セラピーのおかげで、彼との心の距離が縮まった気がします!

彼はたぶん今までと変わらなく接してくれてると思います

私が勝手にバリアーをはっていた気がしました

それがセラピーのおかげでだいぶとれて、
彼の気持ちを受け入れやすくなっているのかと思います♪

今後どうなるかわかりませんが、ちゃんと彼と向き合いたいと思います(´・ω・`)

ありがとうごさいました☆」


***

セラピーを行ってから 穏やかになった・・・


これ 私もよく実感することなので よーく分かります^^


まるで 憑き物が取れたかのように スッキリするんです


確かに セラピーのおかげ・・・


なんですが


同じセラピーをやっても 特に感じない人もいますから


本当は セラピーのおかげ ではないのですね~


その ご本人のおかげ なんです!(^^)!


言い方はオカシイですけど


こういった セラピーでの変化 感じ方って 


実際には 些細なことなんですよね^^;


なので セラピーによって 変化に気付いた方は


その 些細な変化に気付けた自分! エライ!(^^)!


って ぜひ 褒めてあげてください


(私もよく そうやって自分を褒めています)



セラピーを通じて 


好きな人との心の距離が近づく人がたくさん増えていく人を支援できることが 


本当にうれしいですね~(*^^)v




お金のセラピーの感想(お金=コワイ)


また お金のセラピーを受けてくださった方からの感想をまた頂きました^^


今回の Tさんも 以前ご紹介したYさん のように 

独身で 親元から離れてくらしていらっしゃる方ですから 


一見 自立しているように見える方です


***


昨日は衝撃でしたが、なぜか最近眠りが浅かったのに

昨晩は深く寝れました。〓


自分がお金にどんな価値観を持っているかと、


価値観にある問題は、きっとカウンセリングをしないと一生気づけなかったので、


とても有意義な時間だったと思います。

お金は循環しない。とか、どうやら良くなくて、



実際そうではないらしい価値観を持っているのに、


それが正しくて当たり前と思っていたから、


もしカウンセリングをする機会がなかったら。。と思うと恐ろしいです。(>_<)


自分を色々苦しめる価値観を持つことにはショックでしたが、


細かい沢山の悩みが、イメージが変われば変わるかもと希望が持てて、



今はほっとした気持ちが大きいです。〓

カウンセリング後にさらにお金のエピソードを思い出したり、



現状に気づいたので、また次回お伝えしたいと思います。


しっかり自分の価値観に一致していて笑ってしまいました。(;^_^A


イメージの書き換えをしっかりやっていきたいと思った次第です。。


***



お金のイメージ お金の価値観というのは 自分で分かっていそうでいて


意外に分かっていないものなんですね~



(私もそうでした^^; )




お金は好きだし 欲しいと思ってるし 働くことも好きだから




お金に対して悪いイメージなんてないと そう思っていました



そういう方 多いと思います



が・・・



お話を伺っていくと あれこれ出てくるのですね~



このTさんがおっしゃるように 



カウンセリングでないと一生気付かない方もいるかもしれません



ちなみに このTさん



恋愛においては 数か月前に彼と別れたばかりですが 



その彼というのがDVな男性ばかりで こわい思いをしていました



それは お金に対して 「こわい」 というイメージがあったため



男性も 「こわい」と思う男性を選んでいた ということなんですね~



自分が思った通りの こわい男性を引きよせて 選んでいた
ということは



お金のイメージを変えていくことによって 



本当に自分の望む男性を引き寄せることだって可能だということですよね^^



現在の生活にしても お金のイメージ通りの生活をしているだけですから



お金のイメージを変えていけば 生活も変わっていくはずです



このTさん お金に関して



「お金を手に入れるには仕事しなければいけない」 → 「キツイ仕事であればあるほど 高い収入が手に入る」



という思い込みがあるそうなんですね



ということは 恋愛でも 



「自分磨きしたり スゴイ努力しないと いい男が手に入らない」



という思いに繋がることになりますよね

(実際に そう思ってるとおっしゃっていました)


この思い込みも 変えていけば


それほど努力せずに ありのままの自分で彼氏ができる 



ということに繋がりそうですよね^^



お金のイメージから分かることっていっぱいあります^^


面白いですね~♪


今 一番楽しいセラピーです



お金のセラピーの感想(お金=ゴミ?)

最近 お金のセラピーを受けられる方が増えています


前から お金のエネルギーと恋愛のエネルギーは一緒なんですよーとお話していますが


なかなかピンとこないですよね~^^;


お金と恋愛の何が一緒なの??? 


そう思われる方が多いと思いますので


最近 お金のセラピーを受けられた方の中で 


分かりやすい方がいらっしゃいましたので


ご紹介させていただこうと思います


(ご本人からの許可はいただいております)


この方は 30代 独身の女性のYさん


現在 お付き合いされている方はいません


数年前から親元を離れ 一人暮らしをされているので 


経済的には自立されています


「いつかは結婚したい・・・


そう思いながらも なかなか出会いがない 


お金に関しては 生活はできるだけの収入はあるし 切羽詰まってもいない


でも もう少し余裕があればいいのに 


いつもギリギリの生活で 自分のために使うお金がない


気付けば  「お金がない」が口癖になっている状態・・・


お金を増やしたい 貯めたいと思いながらも 生活するだけで精いっぱい


本当は イザという時のためにも 遊ぶためにも お金が欲しいのに 貯まらない・・・」



私もそうだっ! と思われた方 いませんか?^^;


こういった方は お金に対して 何らかのブロックがかかっています


何より お金のイメージが良くないんですね~


お金が欲しい と言いながら お金に対して良くないイメージを持っているので


無意識に お金を遠ざけている 入ってこないようにしている
訳ですね~


(心の奥底では お金は要らないと言ってるようなものなんです)


たとえば 「お金もちは 悪いことして儲けたんだ。そんなお金は汚い」


というイメージや


「お金をいっぱい持っていると トラブルに巻き込まれる」


というイメージありませんか?


こういった 良くないイメージをお金に持っていながらも


お金が欲しい・・・



そう願ったところで お金が入ってくる 受け取ることって 難しいんですよね


お金を に例えると わかりやすいかもしれませんね~


お金に嫌なイメージがある 嫌悪感があるとしたら 


それを人に当てはめてみると・・・


自分の嫌いな人や嫌悪感のある人に そばに 来てほしいですか?


ずっと一緒にいたいですか?



来てほしくもないし 一緒にいたくないですよね~^^;


それと一緒なんです


「お金が欲しい」
っていうのは 


「自分の嫌いな人に来てほしい おいで おいで」 


と言ってるようなものなんですね~


その お金のイメージって 人それぞれ違いますが


お金が入ってこないと悩んでいる人は 


必ずと言っていいほど 嫌なイメージや思い込みを持っています


今回ご紹介している このYさんの場合


いろいろとお話を伺っていったところ なんと・・・


お金のイメージが ゴミのイメージと一緒だったということがわかりました!!!


お金 = ゴミ なんですね~


お金のことをゴミのように思っていた・・・


なんて 普段の生活では なかなか気付きませんよね^^;


ちなみに このYさん 


「なかなか ゴミを捨てられない」という問題も抱えていました


そりゃそうですよね~


だって ゴミ = お金 ですから 


お金を捨てられないのと同じ感覚ですもん^^;



これだけではなく 


他にも お金のイメージが悪くなったのは 幼少期の経験からもあります


このYさんは 幼少期に ご両親が お金のことでケンカしている姿を見て


「お金がなかったら平和なのに」とか


「お金があると面倒なことになる」とか


「お金のせいで」と思い込んでしまったそうなんですね~


でも よく考えてみてください


お金は 本当に悪いものですか?


お金が原因で 両親はケンカしていたかもしれないけれど


お金そのものが 
ケンカさせたのではないですよね^^;


お金自体に ケンカさせる力も 不幸にする力もないはずですよね


ただの 紙切れですから・・・


そのお金を どう使うか どう扱うかで 


トラブルになったり ケンカになったりするだけで


お金そのものは悪くない
ですよね~


なのに 「お金が悪い」と 


「お金のせいで 夫婦ケンカしるんだ」 


そう思い込んでしまったわけです


そして この思い込みは お金が入ってこないだけでなく 恋愛にも影響していきます


どういうことか?というと


「お金がなかったら平和なのに」 → 「彼氏がいなかったら平和なのに」


「お金があると面倒なことになる」 → 「彼氏がいると面倒なことになる」



ということなので 


だから このYさんは 彼氏がいないのですね~


できないのではなく あえて できないようにしているんです


<誰とも付き合わなければ 平和でいられる> って思い込みがあるから


<誰とも付き合わなければ 面倒なことにならないから>


だから お金も 彼氏もいない状況を 


自分の望んだ状況を 今 引きよせているだけ
のことなんですね


このことに気付いて ショックのあまりに Yさん 泣いてしまいました^^;


(カウンセリングで よく泣かせてしまいます 私)


荒療治になってしまったのですが ここに気付かないと 


いつまでたっても お金もない 彼氏もいない の状況のままなんです



ここから脱却したいのであれば まずは 気付かないといけないんです


お金 = ゴミ = 恋人(男) というイメージだった
という驚愕の事実に・・・


このYさん 最近は 男性恐怖症だったり 


男性への嫌悪感がひどくなってきたことも気になっていたそうです


男性をゴミだという思い込みがあったら そりゃ~嫌悪感ありますよね~^^;


今は お金もゴミも男性も みんな同じイメージになっていますから


「お金はお金」 「ゴミはゴミ」 「男性は男性」 


と イメージを切り離すことが必要になります


そうすれば お金もちゃんと入ってきますし 彼氏もできることでしょう


(ついでに ゴミも捨てられるようになります)


Yさん!


次はイメージを切り離して 


なおかつ イメージを変えていきましょうね~!(^^)!


相当 ショックを受けていらっしゃいました^^;


情けないともおっしゃっていましたが 


これから変えていけばいいんです!(^^)!


ショックが和らいで 受け入れられたら 


またお手伝いさせていただきますね~(*^^)v



さて 皆さんは お金にどんなイメージがありますか?


じっくり考えてみてくださいね~

カウンセリングに向いている方と向いていない方

近日中に 8月からのカウンセリングのご予約の受付を始める予定です


この カウンセリングにお申込みになる方 ほとんどが 恋愛依存で悩んでいて


お申し込みになる方ですが


同じような悩みの方でも 二つのタイプに分かれます


「彼との関係で悩んでいます。私はどうすればいですか?助けてください!」


というタイプと


「彼との関係で悩んでいます。彼との関係を変えていくためには、どうすればいいのでしょうか?彼との関係も自分も変えていきたいです。」


というタイプです


どちらも さほど変わりないように見えると思いますが 


前者のタイプは とにかく今の苦しみから「抜け出させて欲しい」 


依存的で他人軸なんですよね


恋愛依存で悩んでいる人なんですから 当然かもしれません^^;



後者のタイプの人も 同じように 恋愛依存で悩んでいるけれど 


今の苦しみから「抜け出したい」


依存症だけど自分軸なんですよね


自分で抜け出したいと思っているか 誰かに 抜け出させて欲しいと思っているか


この違いって大きいんですよね~


前者の人は カウンセラーに助けてもらおうとしています


後者の人は カウンセラーを使って 自分で何とかしようとしています


自分で何とかしたいのだけど どうしたらいいのか分からないから


その方法を教えてもらおう



こういった心構えの人は 例外なく 恋愛依存を克服できて 自立していきます


同じカウンセリングやセラピーをしていても 克服するスピードが違います


やればやるほど 結果が出るので ご本人も楽しそうです


そして どんどん 本来の輝きを取り戻していかれます


それに対して 依存的で他人軸な人は いつまでも 同じ場所にいますから


カウンセリングが続きません



カウンセリングをいくら続けても 変わらないからです


それは当然ですよね


カウンセラーが変えてあげるのではないですから・・・



私にできるのは その方にあったカウンセリングやセラピーを提供することと


その方の可能性を信じて 寄り添って お話を聴いていくことだけです


恋愛依存症を克服させてあげることは 私にはできません



このことを踏まえて カウンセリングをお申し込みいただければと思います


既存の方も同様です!(^^)!

「受け取ってもいい」と言う許可、自分に出せていますか?

また誕生日ネタなんですが(;^ω^)


誕生日前日から いろいろな方に いろいろなプレゼントを頂きました



一番驚いたのは 主人の母からですね~


結婚して23年


義母からは 一度も誕生日にプレゼントを貰ったことがなかったので

(何でもない日に お野菜やらお土産など よく頂いていましたが)


それも 現金(結構高額)という形だったので


一瞬 「こんなに受け取ってもいいのか?」と戸惑いましたが


有難く 受け取ることにしました


他の人からも 正直 「これは使わないなー」と思うようなプレゼントも頂きましたが


それも 有難く そして嬉しく 受け取りました


昔なら 「使わない物 もらってもな・・・」と 


心で苦笑いしながら受け取っていました


それどころか 


「こんな物プレゼントするなんて 私のこと全然分かってないじゃん!」とか


「これだけの金額しか私にはかけてくれない訳?」とか


怒りさえ感じたこともありました(;^ω^)


物だけでなく 相手の気持ちを受け取っていなかったのですね~


たとえ 自分が使わないようなものであったとしても


その人が 私のことを思って それを選んでくれた



それが いくらの物であろうと 選んでくれたという気持ちを


私は受け取れない人間でした


受け取れない人間だから どんなに愛情を注がれていても気付かなかったので


受け取れきれず 不満ばかり思っていました


「私はこんなに彼のこと思ってるのに、彼の愛情はこの程度か」


物で 金額で 愛情を判断していました


何もプレゼントがないなんて 言語道断でしたから(;^ω^)



こうやって受け取れない 傲慢さ これも過去の体験から影響しているので


ここを癒して 捉え方を変えていけば 


自分で 「受け取ってもいい」という許可が出せるようになるので


この傲慢さはなくなります


そうすれば 素直に 受け取ることが出来るようになります



受け取れるようになると 


どんどん 受け取るものが増えていきます


本当は もともとあったのに 気付かなかったがゆえに 


受け取っていなかっただけかもしれません


「受け取ってもいい」


そんな許可を自分で出せるようになって


自分の人生が変わったように思います




それに昨日 たくさんのクライアントさんから


お祝いのメッセージと共に 感謝の言葉を頂きました


「みゆさんのおかげで今の私がいます」


とおっしゃってくださる方がとても多くて感激していました


私はただ きっかけを作ったに過ぎないのですが


それだけ 今の自分に好きになれたり 


今の自分に誇りを持っているんだなということを知ることが出来て



それが嬉しかったんです( ;∀;)


これからも 1人でも多くの人に 受け取ってもいい許可を自分に出して


そして 今の自分を好きになって


誇りを持って生きていける人を増やしていきたいなーと思いました(^^)/


誕生日の執着

誕生日への執着がなくなったここ数年

年を重ねる毎に祝ってもらえることが増えてきました


誕生日を祝ってもらう=自分の存在証明のような

認めてもらえるような気がしていたから

忘れさられた時は悲しくて悔しくて仕方がなかったんですよね(;^ω^)


誕生日に執着していたのは

唯一両親が私に何かをしてくれたと感じていたことだったからだったんですね

唯一、愛情が受けられる日


だから祝ってもらえないことは愛されていないことだと捉えたかもしれません(;^ω^)

「私のことが好きだったらプレゼントくれて当たり前でしょ」って昔は本気で思ってたので

くれなかったことを理由に別れた人もいました(;^ω^)



今日で43歳

自分の誕生日、大好きです

それは両親の結婚記念日でもあるから


あの二人が結婚しなかったら私は存在しなかったし

あの両親に育てられたから見事な位に恋愛依存で悩み苦しみ・・・

だからこそカウンセラーになり、今の私がある


相変わらず共依存関係のままの両親で

あの二人に育てられたことを昔は恥じていたけれど

今は やっと認められように 受け入れられるようになりました

誇りとまではいきませんが

ありがとうって 本気で思えるようになりました


毎年 誕生日が来ることが憂鬱だったのは 執着していたからだったんですね~


誕生日 おめでとう 自分(^^)/




何で私じゃダメなの?と思うことありませんか?

2013年3月にアップした記事です↓



3月から4月にかけては 別れと出会いの季節ということもあってなのか





この時期に別れたという方や 好きな人に恋人ができてしまった 





というご連絡が増えてきました





その中でも 





「何で 私じゃだめなの?」





という思いでいっぱいだと メールをくださった方がいました




これ 私もそうだったんです





好きな人ができても 自分に振り向いてくれなかったり





付き合うことになっても 結局は 他の女性の元へ行ってしまったり






「何で私じゃダメなの?」





こんな経験を何回も繰り返しました 若かりし頃・・・





何で私じゃダメなの?





と自問する度に 自分の欠点を責めていきました





太ってるからダメなんだとか 無口だからつまんないんだ とか





自分への悪口は底をつきません^^;





そして 行きつくのが





「やっぱり私はダメなんだ 



どーせ私なんて誰も好きになんかなるわけがない」






これで なぜか落ち着くと言うか ほっとするような感覚になるのですね~





すごく嫌な感覚なのに この考えに辿りついて落ち着くんです





この考えが落ち着くには 原因があります





私の場合 母親からの言葉でした





実際 記憶には まるでなかったのですが 





ヒプノ(瞑想)セラピーをしてみてわかったことです





「うちはお兄ちゃんに手がかかるんだけど、手のかかる子ほど可愛いでね~」






この言葉は 2~3歳の私の傍で 母親が友達に話していた言葉です





兄はやんちゃな性格だったので 





あちこちで悪さをしてきて 手を焼いていたそうで





逆に私は無口でおとなしい 手のかからない子供だと





母親は よく言っていたので





兄のことは可愛い(好き)だけど 





私のことは可愛くない(好きではない)
のか・・・





母親は 自分のことが嫌いなんだ






勘違いして捉えてしまった
ようなのですね





「あぁ・・・私はお母さんに嫌われているんだ」





「私じゃダメなんだ」





「母親に好かれていない位なのだから 誰も私のことを好きになるわけがない」






そう捉えてしまったことが原因でした





そこから これ以上嫌われないように と





ますます 無口でおとなしい子供になっていったんだろうと思います





(幼稚園の頃は まったく喋らない子供でした)





このことが原因で 大人になってからも 





自分に振り向いてくれないであろう相手に魅かれたり





付き合いだしても すぐに浮気されたり





何股もされているうちの一人だったり





そんな経験を重ねる毎に





「何で私じゃダメなの?」





「やっぱり私じゃダメなんだ」 






という思いを深めていったわけです





あの 幼少期の頃の 嫌な感覚を





嫌なんだけど どこか落ち着くようなあの感覚を味わうためにです






落ち着くというのは 





私は好かれていないんだ 嫌われているんだ





それでも 存在していてもいいんだという気持ちを味わったからだと思います





一見 存在を否定されたようにも感じますが





同時に 存在を認めてもらえたような感覚も味わったので





どこか落ち着くような気がしていたのです





自分の存在を無視されるよりは 嫌われてでもいいから





自分がココに居てもいいと認めてもらう
方が 





人は救われるんですよね





なので 私の場合 





「私じゃダメなの?」と思うような出来事を感じる度に





自分の存在を認めてもらったように感じていたのかもしれません






存在を認めてもらいたいがために 





そういう出来事や人を引き寄せていたということですね






あなたは どんな原因で 今の思い込みがあるのでしょうか?





それをヒプノセラピーで探ることができちゃいます^^

恋愛もお金も受け取ることが大事

最近のカウンセリングの流れとして 悩みが二つに分かれるのですが





一つ目は 「相手の欠点が受け入れられなくてケンカしてしまう」という悩み





もう一つは 「気付いたら いつのまにか お金がなくなっている」という悩み





これ まったく関係なさそうな悩みなんですが 実は 関係があるんですね~





どちらも 受け取る という力が関係していて





受け取ることに対しての抵抗が ブロックが働いているのです!





相手の欠点が受け入れられないのは 





自分の期待通りにならない部分を「受け入れたくない」から ですよね





受け入れたくないから 受け取っていないだけのことなんです





この 恋愛の部分は また 別の機会にお伝えしますが




このことを お金に置き換えても 同じことが言えます





いつの間にか お金がなくなっている とか





給料日前になると なぜか出費が増えて 貯めるどころか まったく残らない・・・






これも 意識していないと思いますが 





お金を「受け取りたくない」から 無意識に使ってしまうのですね~





手元に残っていては 困るんです





それは お金のイメージが悪いから 





皆さん お金は必要だし 好きだと思っていると思いますが





お金のセラピーやワークをやっていただくと





「あれれ??本当はお金のこと好きじゃなかったかもしれない・・・」
とか





自分のお金に対してのイメージに気付いて 衝撃やショックを受けられます





(そういう私も お金=生ごみ でしたから かなり衝撃でした)





お金のワークやセラピーは もちろん私が考案して 自ら体験したものを取り入れていて





驚くべき効果が出てきています!(^^)!





私自身 お金を使うのが好きな浪費家なので 





昔と同じ感覚で使っていると思うのですが 





なぜか 今までできなかった貯金というものが できるようになっています!(^^)!





(金額的には2~3倍です)





そして お金の使い方が上手になりました





今までは 「安物買いの銭失い」だったり





同じ物をいくつも買ってしまって 腐らせたりしていたのですが





今は たまたま行ったお店で 欲しいものが激安セールしていたり





安く買ったものが とても重宝していたり





良い買い物ができるようになった
のですね~!(^^)!





と これは 私の小さな変化の一部ですが これだけでも嬉しい!





と感じることができる心が 何よりも財産ですね^^





お金を受け取ることの抵抗 ブロック
を外していくことにより





小さな奇跡がどんどん起こっていきます





この お金に関するブロックは 受け取ることだけでなく 





貯める 使うことのブロックもあります





私の場合 貯めることのブロック(貯めたら おろしてはいけない)があったため 





貯金ができなかったのですね~





「おろしてはいけない」 のなら 最初から貯めなきゃいいんだ!






という思い込みがあったのですね~^^; 





こんな思い込みがあったら そりゃ 貯金なんてできないですよね





さぁ あなたは どんな思い込みがあるでしょうか?





どんなブロックがあるでしょうか?





そして そのブロックは 恋愛にどんな影響を与えているでしょうか?


ここまで進めばもう元の恋愛依存には戻らないという目安

最近のカウンセリングの流れで多いのが





以前 私のカウンセリングを受けていらっしゃって





しばらく 間が空いてしまった方から





「また 元に戻ってしまったみたいなんです・・・」というご連絡です





数回カウンセリングを受けていただくと 





なんとなく楽になったような気がして





もう大丈夫なんじゃないか?






と思われるようなんですが





正直 数回では また 元の状態に戻る場合が多いのですね~





私の行う療法は 根本からなおしていくものなので 即効性はありません





すぐに効果の表れるものは 魔法のように すぐに解けてしまう






そう思っていますから 数回のカウンセリングでは 難しいです





最低でも半年は続けていただかないと 戻ってしまうと思います





半年以上続けていくとどうなるのか?





こうなります↓




(以下はクライアントさんからのメールです)





「先日はカウンセリング&セラピー
ありがとうございました

当日の夜は まだ、心の奥底でモヤモヤした感じが残っていたのですが
次の日には無くなっていました

最近 気づいた事なんですが
前までの私は無意識に《人》に合わせ過ぎていて

《本当の自分》が分からなかったんですが

いつの間にか 誰と一緒にいても
《同じ私》でいる事に気づき
『これが本当の私なんだ』
と本当の自分を見つける事が出来ました

それと 《私に起こる出来事は全て私の味方》
というポジティブな考え方に変わった事
たとえ それが自分にとって辛い出来事であっても




あと…
欝の彼ですが
1ヶ月半 店に来ていませんでしたが
先月末から お昼の時間に 来るようになりました

何か言いたげな顔はするのですが
私も特に踏み込んで聞きませんし
欝彼も同僚達と来るので 何か言ってくる事もしません
(中略)
欝彼が店に来ても 平気で穏やかに
接客してる自分にちょっと ビックリしました(^-^;

今の欝彼が昔の 紳士的な静かな態度で接してくれる事に
《この人のこんな静かな雰囲気に惹かれたんだな~》
としみじみする余裕もあったり(^^;

この短期間の自分の変化にも
改めてビックリしてます」






***





本当の自分に気づくことができるようになる





この段階まで来たら 元の状態に戻りにくくなります





まだ もう少し カウンセリングの必要性はありますが





ひとまず ここまで来れば安心 というレベルが 





この方の状態ということです





無理やりポジティブになろうとしなくても





自然なポジティブさが出てきて





たとえ ネガティブな自分が出てきても





その自分も ありのままの自分として受け入れることができて





自分を責めたり 否定することもなくなります





山にたとえると 8合目あたりでしょうか





もう少しで頂上です





頂上まで登ったら もう 元の状態に戻ることはないでしょう





それは 自分でも 実感できるところです





その感覚が掴めるまで 不定期になっても構わないので





とにかく続けていくことです





カウンセリングを通して カウンセラーへの道を志す方もいらっしゃいます





それも とても喜ばしいことなのですが





気を付けてほしいのが





心理学を学ぶことによって 癒されたような 





恋愛依存が克服できたかのような





そんな錯覚をしてしまうことです






自分のことが理解できるようになることと





恋愛依存を克服することは 違います






ちゃんと 癒すべき過去の問題を癒しておかないと





実際にカウンセラーとなった時に





クライアントさんを前にして 動けなくなることが出てくると思います





私のところへも カウンセラーさんとして活躍している方が





私のカウンセリングを受けていらっしゃいます





カウンセラー自身が満たされていないと 





クライアントさんを満たすことはできません






自分よりクライアントさんが成長することもありませんから





自分自身が成長していなければ 





そして 恋愛依存を克服しておかなければ





クライアントさんの恋愛依存を克服するお手伝いもできません





カウンセラーやセラピストさんは ぜひ ご自分を癒して満たしていただきたいです






そういう私も まだまだカウンセリングを受けております





教育分析というカウンセリングがメインですが まだまだ私も勉強しています





「もうカウンセラーなんだから大丈夫!」





なんてことはないと思うからです





私のカウンセラーの先生も 





その上の先輩にご指導いただいていると聞いていますの





一生勉強なんだなーと思います^^





いつもクライアントさんに寄り添っていけるように





恋愛依存の苦しい気持ちを共感できるカウンセラーでありたいですね^^





いくら 喉元過ぎれば熱さを忘れるとは言っても





私自身 強烈な恋愛依存でしたから 忘れられないですね^^;


カウンセラーに必要な自己一致できていますか?

カウンセラーとしての心構えについて という記事を2013年4月号で書いています


どの分野のカウンセラーにとっても言えるのですが


カウンセラーにとって必要不可欠なのが <自己一致> 


これができているか いないかによって 


カウンセリングが左右されるといってもいいくらいに 必要不可欠なものですね


そもそも 自己一致とは何か?というと


<自己一致>

自己一致とは、自己概念(そうであるべき自分)と自己経験(あるが
ままの自分)が一致している状態のこと。
ロジャースの来談者中心療法において目標とされる健全なパーソナリティの状態で、
後にジェニュインネス(純粋性)と呼ばれるようになった。
逆に自己概念と自己経験の不一致がクライエントに不適応をもたらすことになるのである。
心理療法の場では、セラピストの自己一致が、
クライエントの不一致から自己一致状態へ変化、治療効果をもたらす為の必要条件とされている。

(心理学用語より抜粋)



と説明されていますが


カウンセラーになりたての頃 私は自己一致の意味がよくわからず 


カウンセラーという別人格を作ることなのかとも思っていた時期もありました^^;


なので カウンセリングをしている自分と普段の自分は まったく別物でなければいけない


人格者になろうとしていたように思います


でも なれないのです


もともと 人格者ではないのですから・・・


自分は 自分でしかないので カウンセラーという人格者の別人になろうとしても なれないのです


クライアントさんを何とか良くしたい!と必死になっていて 自己一致どころではなかった・・・


今思うと 本当に情けないのですが 


自己一致をはき違えていたので カウンセリングが クライアントさんのものではなく


自分のものになっていたと思います


自分が カウンセラーとして感謝されるためにカウンセリングをしていたんですね~


感謝されることによって 自分が満たされる 


他人から認められることによって 自分を認めようとしていたのですね



人格者のふりをする自分の部分こそが カウンセラーの自分と思っていたので


全然 自己一致できていなかったわけです


では どうやって自己一致していくのか?


について 次回から 詳しく書いていきたいと思いますので


カウンセラーを目指す方 もしくは 現在カウンセラーなんだけど 


どうもうまくいかない (クライアントさんが来ない もしくは 続かない)



という方は 参考にしてみてくださいね^^


私のところの カウンセリングリピート率は約90パーセントです^^


メルマガを読むと なぜ リピートが起きるのか?の秘密がわかるかもしれませんね


恋愛依存の人がかかっている禁止令とは

私の行っているカウンセリングのメインテーマになっているのが


恋愛依存と禁止令
というもので


まったく関係なさそうなこの二つ 


実は 関係深いものなんですね~


恋愛依存の人は 必ずと言ってもいいくらいに 


ある 共通した禁止令にかかっているから
 です


禁止令って何?と思う方は こちら→禁止令とは?


禁止令というくらいですから 「○○してはいけない」という形で


自分で自分を縛っている呪縛の言葉なのですが


おそらく その禁止令にかかっているからこそ


いろんな恋愛依存にもなっているのだと
思うんですね~


恋愛依存が先ではなく 禁止令の方が先なんじゃないか?


と思うので


私は みなさんのお話を聴きながら 


「この人は どんな禁止令にかかっているのだろう?」
と思いながら聴いています



恋愛依存につながりやすい <禁止令>
 は


・主に恋愛依存の人に多く見受けられるのが 「要求の禁止」と「成長の禁止」


・主に回避依存の人に多く見受けられるのが 「愛情と信用の禁止」


・主に共依存の人に多く見受けられるのが 「要求の禁止」と「子供らしさの禁止」



これが 各恋愛依存の人がかかっていると思われる禁止令の種類です


ただ 一人に一つの依存傾向とは限らないので


そうなると 禁止令も 一人に複数抱えているということになるのですね 


その中でも 重複している禁止令があります


恋愛依存の人も 共依存の人も 「要求の禁止」というものがかぶっています


同じ禁止令なのですが 捉え方によって かかり方が変わってくるので


同じ禁止令でも 受け止め方が違います


その違いを 今日配信のメルマガラブアディクションからの克服にてお伝えします


自分の依存傾向と照らし合わせながらお読みになると


なぜ自分がこの依存傾向になったのか?の参考になると思います^^


「○○してはいけない」という形での縛りが 恋愛にも大きな影響を与えています


本当は 相手の言いなりになりたくない


でも 言うことをきかないと 嫌われてしまいそうで つい きいてしまう・・・



これも 禁止令の影響なんですね


結構みなさん 禁止令って 知らず知らずのうちにかかっていますので


自分はどんな禁止令ににかかっているのか?


こちらをご参照ください→ 禁止令とは?


メルマガは こちら →ラブアディクションからの克服

「すっかり変わりました」という報告を頂きました


「すっかり変わりました」



という件名で クライアントさんからメールいただきました^^





「この前教えてもらった執着の手放し方、すぐにやってみました。
  (この方法はカウンセリングの時にお知らせしたものです)



一日目は十数回、2、3日目は2~3回唱えただけなのですが、



それだけでも執着していた気持ちが不思議と消えて、



彼に対してあれだけムカついていた許せない!



という気持ちが起きないんです(^^)

「こんな人間最悪!」と不快でしょうがなかった彼の行動が、気に障らなくなりました(^^)




ちょっと距離を置いて見れるようになったような感じで。



それか目に入らなくなりました。


私は今まで何にあんなに怒っていたのだろうというくらい、あの気持ちが無いです〓


自分から「許せない!」という気持ちが無くなったのが、信じられないけど楽です


前回セラピーをやったのも大きく効いているのだと思います




あと2人の心臓と心臓が赤い糸で繋がってるイメージもやってます〓



この変化は何だろう?と嬉しくて〓〓



みゆ先生に報告したくなってメールしてしまいました〓〓



本当に私に必要な方法を教えてくれて、ありがとうございます〓


自分を癒す事を意識して、自分も他人も大事に出来るように、



これからも取り組んで行きます〓」






カウンセリングの時も もちろん 





その方にあったセラピーなどを提案していますが





カウンセリング以外の時でも 





その方のペースや状態にあった方法での癒し方を提案しています





今回の場合 執着の手放し方 なんですが





これも 1回軽くやるだけではなく





1日に数10回もやっていただけたから 効果があったのだと思います





他にも 今までのインナーチャイルドセラピーなどでの積み重ねもありますから





一朝一夕で効果が出た のではないのですね^^





コツコツと積み重ねた結果が出ただけのことなんです^^





ほかのクライアントさんにも 同様に 




必要な人には 執着を手放す方法をお伝えしています





結果が出るか 出ないかは その方次第なんです





ダイエットと同じで 





方法は教えますが 取り組むのは その方ですよね





ちゃんと取り組めば 効果が出ます





結果が出るまで取り組めばいいだけのことなんです^^





そうすればこの方のように 





「すっかり変わりました」という結果が出てきます^^

コツを掴んだ人にはわかるインナーチャイルドセラピーの効果

ただ なんとなくセラピーを受けている人にはわからないのですが


コツを掴んだ人には この内容がわかると思います ↓


恋愛依存を克服するには インナーチャイルドセラピーといううヒプノ催眠療法を使うのですが


じゃあ インナーチャイルドセラピー(ヒプノセラピー)を行うことで


なぜ 恋愛依存を克服できるのか?
というと


これは 恋愛依存の原因になった 幼少期の出来事をセラピーを使って癒していくから


なんですが


幼少期に思い違いした出来事に関しては 新たな捉え方


トラウマになった出来事に関しては 


本当はこうしたかった
とか 


本当はこうだったのではないか?


という 大人としての捉え方で物事を見ることによって



過去の出来事(記憶)は変えることはできなくても


嫌な感情(捉え方)は変えることができます



じゃあ これを変えるとどうなるのか?


過去に味わった嫌な感情(捉え方)と同じことが


現状でも起こっている場合がほとんどなので


その 現状の出来事に変化があったり


問題解決していったりする
のですね~



たとえば インナーチャイルドセラピーを行った後に


「全然連絡のなかった彼から 突然メールが届きました!」


「ケンカしていたのに 彼の方から 珍しく謝ってくれました!」


「急に彼が私の話を聴いてくれるようになって 気持ち悪いです」



こういった報告をいただくことがあります


これは 過去を癒したことによって 現状が変わった 典型的な例なんですね


こういった変化から どんどん関係が修復されていくったり


復縁された方もいらっしゃいました


もちろん 一度のセラピーだけではなく 


何度も いろんな感情に焦点を当てて 癒していった結果です


そして 「セラピーをすればよくなるだろう」 という他人軸的な姿勢ではなく


「セラピーを使って 自分の問題を解決していこう 自分で自分を良くしていこう」


という姿勢であるかどうか?



ここが 大前提になってきます


ここが セラピーの効果の出る人 出ない人の違いでもあります


セラピーを提供するカウンセラー側は 


その方に合った 最良の方法をお伝えして 誘導していきますが


あくまでも誘導するだけであって ご自身がどう進んで行くのか?は


ご本人次第です


これらのことを踏まえて セラピーを続けていってもらいたいですね^^


途中でカウンセリングをやめてしまっても  


やっぱり 何とかしたいなと思う方


今からでも 遅くないと思います^^

自分の感情を感じるための方法

クライアントさんの中に 


「感情を感じる」ということが わからない できない


という方が ちらほらいらっしゃいます


これは 幼少期に 自分の感情や意見を出したときに 


親などの養育者から 怒られたり 我慢させられた経験から


感情を表現してはいけない 感じてもいけないんだ


捉えてしまったことが原因なんですが


ほとんどの方が 無自覚で 


感情を感じていないことすら 気づいていない人もいます


感情を押し殺しすぎて わからなくなっているのですね



私自身 感情を感じるということは 


昔から 無意識に行っていたので


「感情を感じる」「感情を感じきる」 ということは 


特別なことではなかったんですね


感情というものは 「感じきる」ということをすると 浄化するという


これが 心の自然な流れになっていて



誰に教わったわけでもないのに 


失恋するたびに 「感情を感じきる」ということをしていたので


昔から立ち直りが早かったんですね


なので 感情を感じきることができない というクライアントさんに対して


どうアドバイスすれば伝わるのか 試行錯誤していたのですが・・・


とあるクライアントさんから このようなメールをいただきました


「自分の感情を感じることができるようになったんで、セラピーも効果が上がってる気がします

感情が感じられるのと希望がわかるようになったのは大きいです」



これを読んで あぁ そうか!


効果の出ている人って 感情を感じることが上手だな


改めて思ったんですね


そこで この方に 


「どうして感情を感じることができるようになったのか?」



聞いてみました


「自分に素直になることとダメな自分を認めること」


文句って怒りの表現方法のひとつだと思うんで、

依存傾向の強い時は言ってはいけないものって思ってたんですけど、

ほんとに自分が出したいと思える感情なら出してみたら、

意外といい結果になると思います。

いい結果になったから、もしかして感情を出してもいいのかなって思えて、

また感情を出してみるって繰り返していったらいいと思います。



あと「人の話、聞いてないよね」ってよく言われるんですけど、

「それ自覚ある」って平気で言います。

ほんとに自覚があるんで。

ダメな自分を認めたら、誰もまわりから居なくなるんじゃないかと思ってたんですけど、

これも逆です。


認めてもまわりは居なくならないですし、

認めない方がほんとにそばにいてほしい人がいなくなります。

「うまく字を書く自信がないです」よりも、

「私は字が下手です」って認めた方がうまくいきます。

自分の思った感情を素直に出したり、

素直に自分を認めてみたらいいと思います



***


まだまだ あるのですが それはまた機会のある時にご紹介させていただきますが


私も 「人の話、聞いてないでしょ」って言われていました 昔は^^;


人の話を聴いていない という自覚があるからこそ


カウンセリングの時は 聞き逃してはいけないので 


メモを取りながら聴いています



他にも わがままだの 自己中だの言われますが


私も同じように自覚があるので 素直に認めています


認めているから 嫌な気持ちがしないんですよね


ダメダメな自分でも それでもいいって思ってくれる人が 


ちゃんとそばに居てくれています(;^ω^)




感情を感じられない という人は 


まず 「自分に素直になる」 「自分が自分を認める」


ここから始めてみては いかがでしょうか?


他のコツも またの機会にお伝えします(*‘∀‘)

未来の自分の姿とは?

クライアントさんから こんなご報告メールをいただきました


読んでいただければ クライアントさんの興奮度合いが伝わるかと思います(*‘∀‘)


***

先日はセラピーありがとうございました!
早速変化がありましたのでご報告です♪


みゆさんとのセラピー後、
今までになかったようなエネルギー?に包まれて、

安心したような、絶対に自分を幸せにするという決意なのか、
とにかく感情が高まって、しばらく涙が止まりませんでした

苦しかったものから解放されたような、そんな気もしました

しばらくボーッとしてしまい、その感じを味わいました♪

そしたら、なんとその夜年下の彼からメールがきたんです!

そして、翌日二ヶ月ぶりくらいに会いました!

これまたビックリで、彼、彼女と別れたようです

(中略)


そして、なにより一番びっくりしたのは、私の変化です

ちゃんと目をみて話できたり、
彼の言葉を素直に受け止めることができたり、
なにより、あなたのことが好きで、
一緒にいたいって気持ちを、
言葉ではなく態度で示せたと思うんです!

自分の素直な願望を、ちゃんと素直に伝えることもできました

なんか、ほんとにすごいです☆

自分で自分にビックリしてます(笑)


これも、みゆさんのセラピーのおかげです(●´∀`●)

なんかずっとフワフワした感じが続いてます(笑)
パワー全開なかんじです!


次は何が起こるのかと、それを楽しむ余裕も出てきました♪
なんとしてでも、自分で自分を幸せにすると決めたので、
何が起きてもがんばろうと思いますp(^_^)q

また変化がありましたらご報告します♪



***

こういったご報告を載せると 


カウンセリングを始めたばかりの人や 


なかなか結果が出てこないと思っている人は 


「私もそうなるんだろうか・・・"(-""-)"」



と 不安になったり 落ち込んだり 焦ったりする かと思います


それでいいと思います!(^^)!


そうなりたいと 変わりたいと思っているからこそ


不安になったりするんですよね


他人事だと 自分はそうなれる訳ないと諦めていたら 


焦ったりしないですよね


そうなりたいと思うかどうか? 変わる意志はあるかどうか?



まずは ここだと思うんですよね


変わりたいと思うのであれば 


こうやってご紹介しているクライアントさんを


未来の自分の姿
だと捉えて読んでみてください!(^^)!


コツコツと続けていけば ご自分の変化に気づいていきます



ドロドロした恋愛依存関係でも

ふと気がつけば 恋愛依存で ドロドロしていた 私たち夫婦は 今年で結婚して23年なんですね(^^)/


出会ったのは24年前なんですが


その当時 私は恋愛依存で 旦那のことが好き過ぎるあまりに


束縛や干渉しまくり それでも不安で不安で仕方ないまま 結婚・・・


結婚式当日も 旦那が来るかどうかさえも不安で・・・(;^ω^)


そんな恋愛依存の私でしたから 旦那は当然 回避依存側に回っていき


結婚してからは 別人のように変貌・・・


子供ができてから さらにひどくなり


休みになると 一人で遊びに行って 家に帰ってこない


結婚しているのに 母子家庭のような状態に・・・


息子に 「パパ買ってきて!」と言われたこともありましたし


ケンカするたびに 子供たちを連れて実家へ帰っていたので


未だに息子は そのことを覚えています"(-""-)"


果てには DV(精神的にも肉体的にも経済的にも)ありましたから 


何度 離婚しようと思ったことか・・・


私にばっかり 子供を押しつけて 自由がない とか


旦那ばっかり遊び歩いてずるいとか


当時は 一方的に 旦那が悪いと思っていましたけど


私がそう仕向けていた部分もあったんですよね


完全に 旦那に依存していましたから 


すがっていましたから


そりゃ 逃げたくもなりますよね(;^ω^)


元々 旦那は 確かに回避依存の人なんですが


ベースは 共依存の人なんですね


そして 私自身 本来は回避依存なんですが


恋愛すると 恋愛依存に回ってしまうタイプだったので


私の恋愛依存に圧倒されたかのように 


旦那は回避依存の DV旦那になってしまっただけのことだったんです


お互いに回避依存同士だとしても 恋愛依存と回避依存に分かれてしまうのですね



相手が違えば あんなに 旦那が DV旦那化することも なかったのかもしれません


「雨が降ったのは お前のせいだ!」と 責められたこともあります(;^ω^)



恋愛依存を克服した今 


私は 本来の回避依存側へ 旦那は 共依存側へ


お互いに 心地よい距離を取りながら 


今日で 22回目の結婚記念日を迎えました(*^^)v


ドロッドロの恋愛依存関係のカップル 夫婦でも 


克服することによって うまくやっていくことは可能です


うまくやっていく夫婦もいれば 残念ながら 破局を迎える場合もあります


本当の 相手の姿をみて 冷めてしまう場合もあるのですね


依存的に惹かれていただけの場合 残念ながら 冷めてしまう可能性があります


でも 人間として惹かれていたのであれば 


相手の本当の姿をみて もっと好きになることもあり得ます


こればっかりは 依存を克服してからでないとわからないのですが


どんな結果になったとしても 辛い思いをするようなことはありません


どんな結果になろうと その結果を受け止めることができるからです


依存を克服するということは 


その人の本来の姿に戻るということと


その人本来が持っている 強さを取り戻すこと
なのかなと


クライアントさんたちを見ていて そう思います


どんどん たくましく 強くなって


本来の姿を取り戻していくクライアントさんたちを見ていくのが


私の楽しみです!(^^)!

プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR