聴き方や話し方の癖ってありませんか?

脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ



人それぞれに ってありますよね


私も もちろんあります


今でこそ 少しは 人の話を聴けるようになってきたけれど


昔は まるで 人の話が聴けなかったんです


カウンセラーを目指しているのに 人の話が聴けない


致命的ですよね(笑)


カウンセラーの養成学校で 


何度も 何度も カウンセラー役としての実習があったんですが


私は まるで 悪い見本市状態・・・


当時の口癖が 「でも・・・」だったので


クライアントさん役の方の話を イチイチ否定するような聴き方になっていたんです


人って 自分のことを否定されたら どんどん心を閉ざしていっちゃうんですよね^^;


実習とはいえ 私の練習台になってくれた同期の方々は


相当 話しにくかっただろうなって思います


それから 聴く と 訊く の違いが分からず


元々 人に物を聞くのが苦手だった私は 何とか聞き出そうと


訊くことをしていたんですね


まるで 取り調べのような訊問です


自分の訊きたいことしか訊かない


だから カウンセリング自体が クライアントさんのためのものではなく


カウンセラー主導のカウンセリングになっていたんです


ここを直すのに苦労しましたね^^;


クライアントさんのためだという思いから 必死になりすぎて


クライアントさん自身の中にある答えを導くのではなく


私自分の中にある答えを押しつけようとしていただけだったんですね


それは <私の答えの方が正しいから>


という思い込みからです


そのために 自分の答えが正しいんだという方向へ進めるべく訊問をしていくわけです


確かに クライアントさんより 自分の答えの方が


正しい もしくは常識的なこともあるかもしれません


でも それは クライアントさんの探している答えではないんです


求めている答えではないんです


たとえ 間違った答えだったとしても


自分で出した答えなら 後悔しないんですよね


本当に 相手のためを思うのであれば


相手の世界観を大事にすること 共感すること



同感ではなく 共感です


「そんなのおかしいよ」とか 「それよりさ~」「て言うかさ~」と否定するのではなく


その人の世界観を あるがままに 認めてあげること


そうすることで 人は 自分の答えを導き出すことができる


これは カウンセラーだけでなく


日常の人間関係でも言えるのではないかと思います


つい 自分の中の答えをアドバイスとして 相手に渡そうとしますよね


あくまでも アドバイスとして提示するだけならいいんでしょうが


それを押しつけようとしていませんか?


こたえは あなたの中にあるのと同じように


相手の心の中にも ちゃんとあるんです


カウンセラーは それを引き出すだけです 



私のカウンセラーの先生から


「カウンセラーは待つことが仕事なんですよ」と聞いて 感銘をうけました


相手信じて待つ


相手の能力や 可能性を信じて待つ



せっかちな私に待てるだろうかと思いましたが


相手のことを クライアントさんのことを信じていれば


待てるものなんですよね^^


カウンセラーを目指す方はもちろん


普通に生活していく中でも 相手を信じて待つ


そうすると 今まで以上に 人間関係が楽になるかもしれませんね^^



スポンサーサイト

恋愛依存専門のカウンセラーになりたい方へ

レジまぐさんの方で


恋愛依存克服を専門とするカウンセラーになるために必要なことをお伝えしているメルマガ


<恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガ>


おかげさまで すでに たくさんの方にご購読していただいております


意外に? 恋愛依存を克服するのを専門としたカウンセラーになりたいという方が多いので


カウンセラーとしてやっている私 本人が一番ビックリしているのですが^^;



まずは 恋愛依存克服が専門ですから 


まずは恋愛依存についての理解は必要不可欠ですので


カウンセラーを目指す方は ぜひ 読んでいただきたいのが コレ↓


携帯Eブック【恋愛依存症かな?と思ったら読む本】↓

http://regimag.jp/bo/book/sell/?book=139




そして 恋愛依存克服を専門とするカウンセラーとして必要不可欠なことは


《相手の依存を見抜く分析力》


これができずに カウンセリングを進めると 危険ですので


ぜひ ここを磨いていただきたいと思います



何が危険なのかというと


たとえば どう見ても (どう聴いても) 回避依存に間違いないのに


「あなたは恋愛依存ですよ」とお伝えしたらどうなると思いますか?



本当は回避依存なのに この方は ご自分のことを恋愛依存だと思いこみ


ただでさえ 人と距離を置いて 不信感を抱きながら付き合うタイプの人なのに


恋愛依存だと思い込んだら 「人に依存してはいけない!」と思い


よけいに 人と距離を置いたり 頼らないようにして


一人で苦しんでしまうことになりかねません


回避依存の人は 頑固な面もあるので 


自分で何とかしようとがんばってしまうのです


こうして 余計に心を閉ざしかねないので


本当の依存傾向というものを見抜くことが大事です


本当の依存傾向を見抜いて お伝えすると


クライアントさんは


「自分のことを理解してくれる人がいるんだ」と思えて


ここから 真の気付きや 癒し 許しが始まっていきます


そう考えると カウンセラーというのは 責任重大なんですねー^^


きちんと クライアントさんを理解すること


これが カウンセラーとして必要なことです


これらの必要なことを 


2012年7月のバックナンバーに乗せています
 


依存傾向の見分け方のコツもあります



まずは どこを見て 依存傾向を見抜くのか?


ということをお伝えしますので


ぜひ 参考にしてくださいね^^


一人でも多くの 恋愛依存克服を専門とするカウンセラーを世に輩出したい・・・



その想いで メルマガ書いています^^

回避依存の強いカウンセラーさんへ


今日配信のメルマガ恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガでは



今回は 回避依存傾向が強いカウンセラーさんへ向けてお伝えしていきます


そもそも 回避依存の強い人がカウンセラーに?



と 疑問を持つ方もいるかもしれませんね






本来 回避依存の人というのは  


人に対しての興味が薄かったり 人の話を聴かない


自己中心的な性格
があります




こういった特徴があるのに なぜ カウンセラーという職業を選ぶのか?


ということや



回避依存の強いカウンセラーによるカウンセリングは どんなカウンセリングなのか



ということをお伝えしています





回避依存が強いんじゃないかと自覚のあるカウンセラーさんに読んで頂きたい内容ですが



本当に回避依存が強いと読まないでしょうから(;^ω^)



クライアントさん側で このカウンセラーは回避依存が強い?と思う方に読んで頂くのもいいかもしれませんね^^

恋愛依存顔や回避依存顔ってあるんですね~

恋愛依存と一言でいっても いろいろなタイプがあります


恋愛依存とは 恋愛に依存する 恋愛依存だけでなく


そのペアとなる 回避依存 


また ダメンズを支える共依存 などなど 


一言で恋愛依存といっても みんな同じではないんですよね


特に 恋愛依存と回避依存は と言ってもいい位に 違います



そこで 恋愛依存とは何なのか


ネットなどで調べてみると 


どうも 恋愛依存の人は 追う側で 


回避依存の人は 逃げる側なんだなとか


回避依存には近づくな!


とまで書いているところもあったりして・・・


だからといって 近づくなといわれても 


誰が回避依存だか わからないですよね^^;


外見から ぱっと見て 


「この人は回避依存だ」 とか「恋愛依存だな」とか


分かったら 面白くないですか?

(私は どの依存傾向だろうと観察するのが大好きです)


ということで ただ 面白くて書いている訳ではないんですが

(回避依存の人から逃げてくださいという意味でもないです)


毎月2回 レジまぐさんから 発行しています恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガでは


2012年9月から 依存傾向を外見から見抜くというテーマで


更に詳しく 顔のパーツ別に 各依存傾向をお伝えしています


あくまでも統計的な観点からの分析なんですが


2012年10月31日に配信しましたメルマガでは


鼻の形や大きさからの依存傾向をお伝えしています


(なかなか 顔のパーツから依存傾向を見抜くというものはないと思います)


顔を見れば だいたいの依存傾向は分かります


恋愛依存顔の人の鼻の形や大きさ


回避依存顔の人の鼻の形や大きさ


共依存顔の人の鼻の形や大きさ



それぞれに違うんですよね~


その違いを書いていますから


「あ~ 私って恋愛依存顔かも」とか


「彼って 本当に回避依存顔だわ~」などなど


参考にしていただけたらと思います^^


鼻ひとつでも 依存傾向って出ちゃうものなんですね~




ちなみに 私は 一見 恋愛依存顔 のように見えますが


実は 回避依存顔です^^;

外見から恋愛依存傾向を見抜くには

恋愛依存を克服するカウンセラーを目指す方へ向けて書いています
恋愛依存克服カウンセラーになるためのメルマガでは


2012年9月から 引き続き 


相手の依存を見抜く分析力
を見につけていただくために


顔の造りから どんな依存傾向があるのかを見分ける方法をお伝えしています


恋愛依存を扱うカウンセラーとしては


クライアントさんや そのお相手の方の依存傾向を


きちんと把握しておかないと 



カウンセリングの方向性がずれてしまうからです


(回避依存の方に恋愛依存の人向けの対応をしては うまくいきませんし
 その逆もありきです)




そのため きちんと クライアントさんやお相手の依存傾向を


見抜く力が必要になってきます
ので


外見から依存傾向を見抜く ということで



顔の雰囲気からの傾向の見抜き方をお伝えしましたが


今月は 先月に引き続き 


顔の造り自体に着目しての分析をお伝えしています 


たとえば 二重まぶたの人は ○○依存の傾向がある とか


一重まぶたの人は ○○依存の傾向がある 


目と目の離れている人は ○○依存の傾向か○○依存の傾向がある など


先月からの引き続きで 


目からの分析を


よく見受けられるパターンとして お伝えしています


必ずしも 当てはまるとは言い切れませんが


参考にはなるかと思われます


ご自分に当てはめて 分析してみてもいいですし


彼やお友達など まわりの人たちに当てはめて 分析してみてもいいですよね^^


2012年10月配信のメルマガでは 目と目の離れ具合からの分析をお伝えしていますので


興味のある方は 読んでみてくださいね^^


プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR