あなたは共感されたいですか?

先日 クライアントさんとの話の中で





「今まで感じられなかった気持ちを感じることはできるようになってきたけれど
 その感じられるようになった気持ちを誰かに伝えようまではまだいかない。
 感情を共有したいと思って話しても、気のない返事だったら凹むかもしれないから。」





といったことをクライアントさんがおっしゃっていたんですよね







感情を共有できるなら 共感してくれるなら 受け入れてくれるなら話せるけれど
冷たい対応とか 素っ気ない対応を取られたら傷ついてしまう




自分が嬉しいと思ったことに対して 
少なくとも「良かったね」と言ってほしい


「喜んでいる私」を喜んでほしい 受け入れてほしい





これは 「喜んでいる私」を受け入れられたい思いと 
拒否 拒絶されたくない思い


自分の望む反応をしてほしいということなのでしょうね





このクライアントさんに 



「みゆさんは共感されなかったら嫌じゃないですか?」



そう聞かれて 私は




「共感されないと嫌だとは思わないですね。
 この話題は相手には興味がなかったんだなと思うだけで
 違う話題に切り替えますね」 と答えました





これはどういう意味なのか?というと
私の中では 「喜んでいる私」を受け入れてほしい
という欲求がないんですよね








すでに 相手には受け入れられている前提があるのかもしれませんが
どんな私でも 特に 相手に受け入れられたいという思いがないので
感情を共有できなくても 共感されなくても 

そこには何の感情もないんですよね





ここでもまた クライアントさんに聞かれたのですが




「受け入れてくれないと どうでもいいのかな?と思ったり
 感情の共有をしないで自己完結するなら
 人と関わらなくてもいいんじゃないか?と思うんですけど」






私は 人に受け入れてもらいたくて人と関わっているのではないんですよね

受け入れられたらうれしいですけど そのために 関わっているのではないんですよね




自分が自分のことを受け入れているので 人に受け入れられなかったとしても

それはそれで仕方がないと 諦めがつく感じでしょうか







自分と違う考えの人と関わって 新たな考え方を取り入れるのも楽しいですから
そこに感情の共有ができなかったとしても それはそれで楽しいんですよね






クライアントさんの話に戻ると


「喜んでいる私」




この自分を 幼少期に受け入れられなかった経験から
大人になった今でも 受け入れられないんじゃないかという恐れを感じるんだと思います






例えば 友達と楽しく遊んだことを親に話した時に
親に 「あ、そう」といった素っ気ない返事をされたとか
「遊んでばっかりいないで勉強しなさい!」と怒られた時・・・





子供側は 「喜んでいる私」は受け入れてもらえないんだ 喜んでもらえないんだ 
という考えから 




「私は喜んではいけない」とか「楽しんではいけない」

という禁止令になってしまうこともあります






親側は そんな禁止令を与えようと思っていったのではなかったことでも
このように親の対応から 子供側は禁止令として捉えてしまい




その禁止令を元に人生を歩んでいきますから
どんな人生になりやすいのか?というと




自分が喜ぶような場面にならないように 
自分が楽しむ場面にならないように仕向ける人生だったり





(もしくは そういう場面になってしまったら 嫌なことを考えて今の楽しさをぶち壊すような妄想
 「あんな嬉しいこと言っておいて、裏では私の事馬鹿にしてるんじゃないかとか
 そう思って今の楽しい事を自分で壊してしまう)





子供の頃と同じように 喜んでいる自分や楽しんでいる自分に対して
水を差すような相手と関わって 嫌な思いを味わう人生 



などが考えられますから


本人にとっては 幸せを感じにくい状況になるでしょうね


さて あなたも 受け入れてほしいと思うのであれば
「どんな自分」を受け入れてもらいたいですか?




それは 幼少期だったら 誰に受け入れてもらいたかったのでしょうか?




これが分かると 解決の糸口がつかめたことになります(^^)/







糸口がつかめましたら 一緒に解決することができますから

まずは糸口をつかんでみてくださいね(^^♪
スポンサーサイト

結婚してはいけない禁止令から逃れるために使うもの

禁止令の影響を強く感じていらっしゃるクライアントさんが多いと感じる今日この頃・・・








この禁止令の影響というものは 
人生の節目に強く出やすいと言われているものですが

その中でも 結婚直前だからこそ
 
信頼の禁止(人を信じてはいけない)とか
実行の禁止(自分の人生を生きるな)
幸せになってはいけない




といった まるで 結婚してはいけないとでも言っているような禁止令の影響で苦しい 
という方が見受けられます


これらの禁止令の影響から 
結婚しない方がいいのではないか?という思い込みが強まりますが




この禁止令の影響を感じたくないからということで 
ここで 以前書きました ドライバーなるものが発動します




【ドライバー・駆り立てられるものに駆り立てられていませんか?】

http://ameblo.jp/kokoro0625/entry-12281615950.html







ここでのドライバーが もっと努力しろ なら 




もっと努力して 自分を磨かないと 
今のままの私では 結婚するに相応しくない 結婚する価値がないと駆り立てられ
もっと努力して 相応しい自分になろうとします







また ここでのドライバーが 他のドライバー 

完全であれ が駆り立てられたなら




ここでも 今のままの私では 結婚するに相応しくないからと
完全な自分 完璧な自分であろうとして リラックスできなかったり
油断できない心理が生まれ 常に緊張感を持ちながら生活するようになります







また 他のドライバー 他人を喜ばせろ が駆り立てられたなら




自分だけが幸せになってはいけないという思いから
他人や両親の幸せを優先するような行動をとって
自分を後回しにしようとします







この ドライバーに駆り立てられて行動しているときは
禁止令の影響を受けなくて済むので楽にはなりますが




駆り立てられて行動すればするほど うまくいかなくなるので
やっても意味がない 無駄だという思いに駆られ 無気力になり




「私もダメ。相手もダメ。何もかもダメ」


というポジションに落ち着くことになります







これでは いくら禁止令からの影響から抜け出せたとしても
ドライバーに駆りたてられ 振り回され 無気力になってしまいますから

何のために禁止令から逃れたのか?わからなくなってしまいますよね





こうならないようにするには どうすればいいのか?




それは 元々自分が持っているドライバーを知り
そのドライバーを 


「駆り立てられるもの」から 「許すもの(アローワー)」へ変えていく事




こうすることで 禁止令から逃げるためにドライバーを使うということはなくなります







思い当たる方 いませんか?




無意識とはいえ 禁止令からの命令から逃れるために 
何らかのドライバーで 駆り立てようとしていませんか?




そもそも 禁止令からの命令から逃れたかったら
禁止令を解除すればいいんです




どうすれば解除できるのか?


これはカウンセリングでも取り組むことができますから
一緒にカウンセリングで どんな禁止令にかかっているのか?を見ていきましょう^^










***







恋愛依存克服のために発信しているサービスを一覧にしました
あなたに必要なサービスがあるかもしれません
ご確認くださいませ(^^)/




http://dearmychild625.blog.fc2.com/blog-entry-475.html


***















ドライバー・駆り立てられるものに駆り立てられていませんか?

現在 こちらのメルマガ



【恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガ】

https://regimag.jp/m/magazine/detail/?magazine=1016







では ドライバーというものを取り上げて 説明しています





この ドライバーというのは 禁止令 とも関係の深いもので

「駆り立てられるもの」と 日本語では表されます




この ドライバーに駆り立てられている間は 

イライラや不安などを一時的にではありますが 感じにくいという特徴と

禁止令からの命令に従わなくてもいいので こちらの方が 

一時的にではありますが 楽だという感覚もあります







が・・・

その後 強い挫折感を味わうことになります




それは あるがままの自分を受け入れないで 今の自分ではだめだという思いから

現状に不安を感じ

過大な理想状態に向かって駆り立てられて一生懸命に努力しているので




一生懸命に努力すればするほど 自分の無能さや無価値観を味わうことになり

強い挫折感を味わってしまうのですね







この ドライバーが駆り立てられている状態というのは

あるがままの自分の姿を受け入れないで

「もしも○○だったら私はOKなのに」

という考え方をし始めるときに始まる 過大理想での状態で

どうしてもそちらへ誘惑してしまうもの 駆り立てるもの ドライバー といいます




この ○○に当てはまるものこそが 下記にある5つですね





【完全であれ】

【(ほかの人を)喜ばせろ】

【一生懸命やれ】

【強くあれ】

【急げ】


この5つがあります


この5つのドライバーを1つずつ メルマガの方で 詳しく説明しています

 
ドライバーによって その人の人生のパターンもわかってしまうというものでもあります




それぞれのドライバーには そのドライバーを持っている人の特徴があります




それは 無意識に出る 身振り 言葉など ほんの数秒でわかりますから

数秒 その方を観察していれば ドライバーも依存傾向も 見抜くことが出来ます


その特徴を それぞれに 「言葉」 「声の調子」 「身振り」 「顔の表情」 

「そのドライバーを持つ方への接し方・そのドライバーを持つ方自身が気を付けること」




と それぞれのドライバーの特徴を説明していますから

このドライバーを知っておくと 自分の人生の修正や改善はもちろん 


対人関係や恋愛関係で 相手のドライバーパターンを知っておくことで 

どう接すればいいのか?もわかりやすくなります




最後に このドライバーから抜け出すための方法もお伝え予定です(^^)/




このドライバー 一人につき1つとは限りません




あなたは どんなドライバーがありますか?




そのドライバーによって 生き辛さを感じたことはありませんか?







カウンセラーさん以外の方でも参考になる内容だと思いますので

ぜひ お読みになってみてくださいね(^^)/






【恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガ】

https://regimag.jp/m/magazine/detail/?magazine=1016













***







恋愛依存克服のために発信しているサービスを一覧にしました
あなたに必要なサービスがあるかもしれません
ご確認くださいませ(^^)/




http://dearmychild625.blog.fc2.com/blog-entry-475.html


***






人生の最後の時まで待ちますか?それとも今解除しますか?

前に書いた記事 【実は幸せになりたくなかったという思い込みに気付いた方へ】
http://ameblo.jp/kokoro0625/entry-12181852003.html





にもあるように ご本人は気付いていなくても


幸せになりたくない とか 結婚したくないという思い込みを持っている方は多いんですよね







現に 結婚したいと思っているのになかなかできない という方は
まさにこの思い込みがある可能性は高いと思われます







というのは 今起こっている出来事は すべて 
自分の思い込みに合った現実が起こっているからです







望む望まないにかかわらず 自分の思い込み通りの世界が 目の前に広がっています




今の自分の思いにあった思い込みが広がっているならいいのですが
一致していないことがほとんどなんですよね







例えば 楽しい恋愛をしたいと思っていても 苦しい恋愛になっているのであれば
それが 思い込みに合っているから 
苦しくなっている(自分を苦しめている)んですよね







どんな思い込みなのかは人それぞれに違いますが
よく見受けられるのは




「私は幸せになってはいけない」
「私はお母さんより幸せになってはいけない」
「私は(人生を)楽しんではいけない」
「私は(他の人より)楽をしてはいけない」







といった 自分で自分に 「してはいけない」と禁止する思い込みですね




これは禁止令からくる思い込み というものになります




この禁止令からくる思い込みが強く出る時期ってあるんですが
それは




人生の節目 人生の岐路 ですね







ですから 今 「~してはいけない」「~なってはいけない」という思い込みの強い人は
人生の節目を迎えているのかもしれませんね^^







ここをどう乗り越えるかで これからの人生 変わっていきます


言い換えれば 禁止令を解除するチャンス なんですよね







この禁止令を解除するチャンス というのは もう一つあります







それは 人生の最後の時  要は 亡くなる直前




人生の最後の時になって やっと解放されて自由になると言われている

ものなんですね~







ということは この禁止令というものの概念を知らない方は
人生の最後の時まで 禁止令が解除されることはないという・・・




ずーっと 「~してはいけない」という思い込みと付き合っていく事になるわけですね




最後の最後で解除されても・・・
遅くないでしょうか?







ですが この禁止令は 人生の最後でなくても 解除することはできますから
思い込みの強い時に解除しちゃいましょう^^







この禁止令からの思い込みを外す方法があるのですが
それを行って 禁止令が外れると

今までの思い込みは必要なくなりますから




何でこんな思い込みを信じていたの?

と ばかばかしくなります




洗脳が解けたようなものですよね


自分でかけた 自分への呪いが解けるので 目が覚めたかのようです




今まで真実と思っていた思い込みが外れ

代わりに新たな思い込みが当てはまります




そして新たな思い込みこそが真実だったんだと
新たな思い込みの世界が広がっていくわけです







この 思い込みを外す作業は 簡単ではありませんが

何回も角度を変えて行っていくと 解除できます







解除できないものもあると聞いたことがありますが

うまく付き合っていく事も出来るので

この作業は しておいて損はないですね^^







死ぬ直前に解除されるのを待つか

今のうちに解除しておいて 残りの人生を楽しむか




その違いなんですけど

その違いって大きいですよね~^^






あなたは どうしますか?








***








恋愛依存克服のために発信しているサービスを一覧にしました
あなたに必要なサービスがあるかもしれません
ご確認くださいませ(^^)/




http://dearmychild625.blog.fc2.com/blog-entry-475.html


***















「どうせ私は居ても居なくても同じ」というのはあの禁止令の影響なんです

最近のカウンセリングで クライアントさんから よく聞く言葉・・・





「どうせ私は居ても居なくても同じなんです」




といった言葉を口にする方がいらっしゃいます





この感覚は 特に集団の中に居る時に感じやすいようで




「自分の存在なんて そんなに重要ではない」




という思い込みから来ていると思われます


「居ても居なくても同じ」 どころか

「むしろ 私がいない方が うまくいくんじゃないか?」とか

「本当はみんな 私が居なくなることを望んでいるのではないか?」

とさえ思いこんでいる方もいます


これも 「自分には存在する価値がない」とか 「自分は重要な存在ではない」

といった思い込みからきています





これらの思い込みは 「重要であるな」という禁止令の影響を受けての思い込みです


この禁止令は 『親の方が重要である だから子供は重要ではない』

といった無言のメッセージを受け取っていたことが考えられます





直接 「お前は重要ではない」と言われたわけではないんですよね(;^ω^)


もしくは 褒め言葉や 自分のこと受け入れてくれるような言葉や態度が少なかったため

自分の重要性を感じることが出来なかったり




自分を尊重されていると感じることが難しかったことから 自尊心が低くなっています





この低くなった自尊心を高めるために 日常生活に取り入れられる方法を

メルマガ ラブアディクションからの克服

http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=509

にて 今月は説明しています





この低い自尊心のままでは ダメンズを引き寄せてしまうということが考えられるからです

なぜか?というと




自分の低い自尊心を ダメンズと付き合うことによって お世話したり役に立つことで

そこに自分の価値を見出そうとするからです





この人には私が居ないとダメなんだわっ!とか

この人を救えるのは私だけ!といった思えば

自分の価値がグーンとアップしたような気になりますよね





だから ダメンズを引き寄せたいのですね





ですから ダメンズを引き寄せてしまう自覚のある人や

自尊心や自分への自信がないと感じている方は

メルマガから その方法を実践してみてくださいね(^^)/





一気にではなくても じわじわと自尊心が芽生え 高まっていきます!(^^)!





それから 禁止令に対して

こういった禁止令なるものを解除したいとか どんな禁止令があるのかを知りたい方は




メルマガ 恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガ

http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=1016

をお読みくださいませ





全ての禁止令ではありませんが

多くの禁止令の説明や解除のためのヒントになる言葉の作り方を載せています





禁止令にかかっていないという方はほとんどいなくて

皆さん いくつかの禁止令にかかっているのが通常です





かかっていても普段は特に気にならないかもしれませんが

人生の局面で 岐路に立った時に現れ 影響を受けやすいと言われるのが禁止令です


例えば 恋人と結婚話が出てきた時に 「結婚してはいけない」というような禁止令が出てきて

自分から結婚出来ないように持っていったり

また 結婚出来ない相手ばかり選んで 結婚しないようにしている場合もそうですね





本当は結婚したいはずなのに なぜか出来ない

といった方は 結婚に関する禁止令がかかっていると思われます





こういった禁止令を排除していけば 望み通りに結婚することができるようになりますから

禁止令は解除しておいた方が 本当の意味で人生を楽しめるようになることでしょう





こういったことをカウンセリングでももちろん扱っていますが

自分だけの禁止令の解除するためのメッセージをご提供する スペシャリストというサービスも行っております





詳しくは レジマグさんのページから ご覧頂けたらと思います!(^^)!





こういったメルマガやサービスは

カウンセリング効果を加速させるために行っているものであって




これらをご購読 お申込みしていなければカウンセリングを受けられないということではありません(;^ω^)





効果を加速させたい方は ご購読 お申込みくださいませ(^^)/
プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR