近々配信予定!恋愛依存を克服するためのマニュアルです

以前から ちょこちょことお知らせしています





恋愛依存症を克服するためのマニュアル

なんですが




いざ書き出してみると 
かなりの量になってしまうことがわかりましたので




3巻に分けて発行することになりました(^^)/





マニュアル1 は 
自分のことを知るためのもの







マニュアル2 は
恋愛依存の原因を見つけるためのもの







マニュアル3 は
克服へ向けてのワークやセラピー







この3つに分けて 体系化してみました





まずは 自分のことを 


現在地(恋愛依存になっている自分)


を分かっていないと




目標地点(恋愛依存を克服できた自分)


にはたどり着けないですよね





ですから 

まずは 今のご自分の状態を知って頂こうと思い
このマニュアルを作成しています


はい・・・
まだ作成中です(;^ω^)





マニュアル1の方は 今仕上げ段階に入っていますので
8月には配信できるかと思いますが




マニュアル2と3は これから作成していくので
もしかすると 内容が変更するかもしれませんし
追加もあるかもしれません


ですが このマニュアルで克服する方法や手順を理解し
実践しやすい内容に仕上げていこうと思っていますので

もうしばらくお待ちくださいませ







完成次第 随時配信予定です(^^)/





恋愛依存克服のためのマニュアルレッスン帳 全目次

をご紹介します


マニュアル1 (自分を知る編)


◎ 依存とは?(恋愛依存症での恋愛関係と

   健全な恋愛関係の違いを知る)


1、自分の依存傾向を知る


2、自分の禁止令を知る


3、自分のドライバーを知る


4、自分の脚本パターンを知る





マニュアル2 (原因を見つける編)


1、自分の問題点を見つける


2、問題点の原因を見つける

 
 3、本物の感情と偽物の感情を見極める





マニュアル3(克服へのワーク・セラピー編)


1、なりたい自分を見つける


2、問題点を解消するワークを行う


3、自分を受け入れる宣言


4、日常での取り組みを決める










マニュアル1は 8月に配信できるように 
ただいま準備中です(^^♪







昔の自分に読ませてあげたい・・・

そう思いながら仕上げています




昔の自分が読んだら・・・

目からウロコでしょうし

克服する方法がるんだ!と

勇気づけられると思います^^









***







恋愛依存克服のために発信しているサービスを一覧にしました
あなたに必要なサービスがあるかもしれません
ご確認くださいませ(^^)/




http://dearmychild625.blog.fc2.com/blog-entry-475.html


***
スポンサーサイト

9月のカウンセリングのご予約受付を開始します

9月のカウンセリングのご予約の受付を開始致します


現在 8月末まで 満員御礼です


初めての方は 9月からのスタートとなります


ハイペースでご予約が埋まっていきますので ご予定のわかる方は お早目にご連絡くださいませ~(^^♪


1か月分まとめてのご予約もOKです


(おススメのカウンセリングペースは 2週間に1回か10日に1回ペースですが

 
月に1回でも効果のある方もいらっしゃいますので ご自分なりのペースでどうぞ)




8月からスタートされる方で継続される予定の方も 9月分をお申込み頂けたらと思います


なお既存の方に限り 


8月末までの間のキャンセル待ちは受け付けていますので


ご希望の方は「平日の夜」などのご希望を明記の上 ご連絡ください


(ちなみに夜の時間帯は 平日休日共に 空きにくい状況ですが

 平日の昼間の方が早くご案内できるかと思います)



カウンセリングのお申込み キャンセル待ちのお申込みはコチラから↓

カウンセリングのお問い合わせ&ご予約フォーム


※ 通常のメールやラインからでも お申込みOKです(^^)/



 ちなみに私からの返信(カウンセリングのご予約確認メール)が24時間以上ない場合は
  
 お手数ですが 再度ご連絡くださいませ<(_ _)>


***


9月  (7月26日現在)

※ 空いている日時のみ表示しています

2日  10時~17時

5日  10時~16時

11日  10時~16時

14日  10時~17時

16日  10時~17時

19日  10時~16時

***



当方は現在 電話でのカウンセリングのみとなっておりますので


愛知近郊の方でも 電話でのカウンセリングとなります


多くの方のお話を聴かせていただくために 現在対面カウンセリングは中止しております




男性や未成年の方からのお問い合わせもありますが


当方は
20歳以上の女性のみ
のカウンセリングとさせていただいております


ご理解いただければと思います


***


6月7月の ラブアディクションからの克服では


 ドラマの三角図をテーマに 


今月は 恋愛や結婚生活においておこりやすいゲームという 嫌なやり取りの種類をお伝えしています

普段よくやっているやり取りが 実はゲームになっているのかもしれません

まずは そのやり取りがゲームだと知ることにより 抜け出せますから

健全な関係を気付きたい方は ぜひ 参考になさってくださいね(^^)/




***


6月7月の 恋愛依存克服専門カウンセラーになるためのメルマガ


今までの禁止令からテーマを変えて 今度は 「駆り立てられるもの」 という<ドライバー>なるものをお伝えしていきます


このドライバーとは何なのか?というところから このドライバーの特徴の人は どんな依存傾向があるのか?などを


お伝えしていきますので これによって 自分の人生が クライアントさんが いかにこのドライバーの影響を受けているのか?


ということがわかり カウンセリングに役立つことはもちろん


カウンセラーさん以外でも 対人関係 恋愛関係においての相手のドライバーがわかることにより 


どう接したらいいのかもわかるようになりますから 人間関係での悩みが減るかもしれませんね^^


6月は 「強くあれ」のドライバーを持つ方の特徴や接し方などお伝えしています


興味のある方は ぜひお読みくださいませ(^^)/

私はいつでもあなたの味方でありたい、理解者でありたい(^^)/










最近 お久しぶりの 
数年  数か月 ブランクがあったクライアントさんから連絡を頂き
カウンセリングでお話を伺うことが続いています







皆さん
カウンセリングから遠のいていても
私のブログなど 読んでくださっていて




だから また 話したい!




そう思って 来てくださるんだなーと思うと


なんだか ジーンと感動して


カウンセリング中なのに 泣きそうになることがあります





ブランクのあった
数か月 数年の間に起こったことを教えてくださって




少しずつ 成長されてるんだな とか
あの時の苦しさを引きずってきたんだなとか




人それぞれ 様々です






でも 共通しているのは
克服への道を諦めてはいない ということ





クライアントさんが諦めていないから
私も諦めません^^






何年かかろうと 付き合っていきます


寄り添っていきます






こうやって 戻ってきてくれる方がいるからこそ
私もガンバロウ!と思うことができて


私のエネルギー源です(^^♪





日々のカウンセリングで
当たり前のことなのかもしれないけれど




私は 1つ1つのカウンセリングを
その時しかないカウンセリングを



「今ここ」を大事にしようと 心がけています





私自信が 「今ここ」を大事に生きる 見本にならなければ
クライアントさんに対して 説得力がないですもんね(;^ω^)






私にとって クライアントさんは 
まるで 「過去の自分」 のように思うことがあります








「過去の自分」は 恋愛依存で苦しみ 傷つき





でもそれが恋愛依存だから苦しいんだ 傷つくんだということに
全く気づいていませんでした







こういう恋愛 こういう生き方しかできない
それが当たり前だと思っていましたし





カウンセリングは 心の病を抱えている人が受けるものだと思っていたので
自分には関係ないもの 必要のないものだと思っていました






でも あるカウンセラーの先生に出会い
初めて 私は 「救われた!」と思いました







その先生からの 
「辛い時はいつでも連絡してください。24時間いつでも大丈夫ですから」


この一言に 私は救われました


人に頼ってもいいんだと知りました








だから 今も私は この言葉をクライアントさんに伝え続けています







クライアントさんは 「過去の自分」のように 大切な存在だから



その先生に恩返しするなら 
クライアントさんに返していこうと思ったんですよね





カウンセラーさんの中には 
カウンセリングの予約などの時しか 
連絡受け付けないという方もいると思います





クライアントさんとカウンセラーの垣根をはっきりさせるために有効だと思います






でも 私は 「過去の自分」が救われた方法でクライアントさんと関わりたいから
連絡したいと思う方は いつでも連絡してくださいと


メールで吐き出すことで クライアントさんの気持ちの整理ができたり
少しでも楽になるのであれば どんどん送ってくださいねとお伝えしています





ただ メールカウンセリングで関わっている方もいらっしゃるので
カウンセリング的な要素のない返信になってしまいますが
1通1通 ちゃんと読んでいます(^^)/





また お久しぶりの方も大歓迎です
遠慮なくどうぞ(^^)/


ちょっと 自分の思いを吐き出したくなったので
記事にしてみました


私は いつでも あなたの味方でありたい


いつでも理解者でありたいです(^^)/

恋愛依存症の原因は母親だけではないんです

恋愛依存に関する質問で多いのが





「恋愛依存症だからこそ始まった恋愛は良くないもの?続かないの?」




というものです





恋愛依存克服をメインとするカウンセラーである私としては

恋愛依存症自体が悪いとは思っていませんし




恋愛依存症ゆえに その相手を好きになったのかもしれませんが

あくまでも それは きっかけであって




その後の付き合いが 恋愛依存症特有のサイクルにならない努力をすれば
うまく付き合っていく事も 長続きすることも可能だと思います





現に ほとんどのカップルが 7~8割位かなと 私は思うのですが
恋愛依存症カップルといってもいいと思います







お互いに依存しあっている場合もあれば 片方だけが依存している場合もありますが
かなりの割合で存在しています





今になってみて 自分でも思うのですが

自分が幼少期の頃の親と 似たところがある人 とか
自分が幼少期の頃に 親に感じていた感覚と似ている人 など




どこか 親と共通するところがある人を選んでいるんですよね





中には 親ではなく 兄弟や祖父母という方もいますが
いずれにせよ 幼少期の自分に影響を与えた人 ですね







恋愛依存的な恋愛になりやすい相手には

そういった 自分に影響を与えた人に似ている部分がある人を選ぶ 
惹かれる傾向にあります







これは仕方ないかもしれません







今はともかくとしても 幼少期の頃なら 
その相手のことを好きだったからこそ
影響を受けたのかもしれませんよね







ですから 影響を受けた人に 
似たところがある人に惹かれても仕方がないんです





恋愛依存症からくる恋愛は良くないからと 
そういう恋愛をしないようにしよう!と避けていたら・・・?







下手すると 一生恋愛ができなくなってしまうかもしれません(;^ω^)





それ位に 恋愛依存症からの恋愛は多いんですよね




たとえ スタートがそこだったとしても
その 幼少期に影響を与えた人と重なっている部分を見つけ
そこを解消していけばいいんです





例えば お父さんがあまり家に居なかったり
仕事人間で あまり関わる機会がなかった とか




お父さんと関わってはいたけれど
明らかにお母さんのことを大事にしていて
自分は邪魔な存在だと感じていた とか

お父さんが浮気していて 家族を顧みなかった など




適切なお父さんからの愛情 父性としての愛情ですね




これをうまく受け取ることができなかった場合




お父さんのように 自分のことを見てくれていないと感じるような人に惹かれたり
お父さんのように 他の女性に関心を向けているような人に惹かれたりします







それは お父さんと同じような人に 愛されていると感じることができたら
まるで お父さんに愛されたかのような感覚を味わいやすいですよね




全然お父さんに似てない人に愛されるより
お父さんと似たところがある人に愛された方が
その感覚は得やすいですよね




だからこそ 似たところがある人に惹かれるんですね




まるで 幼少期の頃のリベンジのようですね(;^ω^)





最近 このような 

お父さんからの愛情を受け取れなかったと思われる症例が多いので


レジマグさんからのメルマガ 【ラブアディクションからの克服】

http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=509










でも 今月は このテーマを取り上げています





一般的には 母親からの愛情不足や 母親との関係性によって 
恋愛依存症の原因は出来上りますが




母親だけでなく 

父親からの愛情不足  父親との関係性から

恋愛依存症に陥っている方も多いので
このテーマにしました







今は 父性愛を感じるためのセラピーの仕方をお伝えしています







お父さんからの愛情を感じられなかった方や
お父さんに 見てほしい思いが満たされなかった方は
ぜひ ご参考になさってみてくださいね^^





このレジマグさんからのメルマガ  【ラブアディクションからの克服】

http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=509







もう7年も続いているんですけど
よく こんなに書くことがあるなと思うくらい
恋愛依存症のことになると ネタが尽きません(;^ω^)







それもこれも 
クライアントさんたちが
心を開いてお話を聴かせてくださるおかげです







クライアントさんのお話を参考に メルマガのテーマは決まります




すると 他のクライアントさんからも 
「今のテーマ、私にプぴったりです!」というご連絡を頂いたりします





これからも クライアントさんのお話を参考に 
メルマガを書き続けてまいります




いろんなテーマを載せていますから
バックナンバーのタイトルをご覧になり


気になるテーマがありましたら ぜひお読みくださいませ(^^)/




今の辛い状況を抜け出すヒントがあるかもしれません(^^♪








***







恋愛依存克服のために発信しているサービスを一覧にしました
あなたに必要なサービスがあるかもしれません
ご確認くださいませ(^^)/




http://dearmychild625.blog.fc2.com/blog-entry-475.html


***

恋愛依存症的な生き方も人生の脚本に組み込まれていたとしたら

当方のカウンセリングでは 
恋愛依存症を克服するということを目的にカウンセリングを行っていますが





そのために 脚本分析という交流分析の理論と
ヒプノセラピーによるインナーチャイルドセラピー




この2本立てでカウンセリングを進めています


というのも 恋愛依存症というものも 
自分の人生の中に組み込まれているから です




もちろん無自覚ですが 
恋愛依存的な生き方 恋愛に依存した生き方をしていこうと


そうやって 自分の人生のシナリオに組み込んでいるとしか思えないような
生き方をする方が あまりにも多いからです





ここに気付いて 人生を変えていこうとする方を応援 支援することが私の役目ですが




ある程度 カウンセリングが進んでくると 
その途中の大事な段階で 「どんでん返し」を起こし




それまでの努力を水の泡にしてしまうような
悪魔的な働きを起こすことがあります


これを 「反復脅迫抵抗」 といい


カウンセリングが順調に進み 
自分の人生の中で 恋愛依存的になってしまう原因を癒し
克服も もう間近だろうという時に




急にカウンセリングをキャンセルしたり
カウンセリングの時間に遅れたり
カウンセリングに集中できない 今までのような意欲がない




ということが起こりやすくなります





これは それまでの自分の脚本の影響による

「心の中の悪魔」の仕業なのですね~





これを ダイエットに例えるとわかりやすいかもしれません




日々 食事制限したり 運動したりして

「もう少しで目標体重だ!」


というところまで来たとき




「これだけ頑張ったんだから、少し位お菓子を食べたっていいじゃない」




と言った感じで それまでの努力を台無しにしてしまう




これが 「心の中の悪魔」による 「誘惑のささやき」




なんですね~







この 誘惑のささやき のことを
脚本分析では 「脚本衝動」と言います





これは 「誘発刺激」という 


あなたを破壊的な結末に追いやるような行動をあえて挑発する働きで




大事な選択の瞬間に 破壊的な結末に向かわせようとするものです







これに従っていると 破壊的な結末にむかってしまう ということになりますよね







ですから カウンセリングにおいてもこの衝動が出てきたときは


自分が破壊的な結末に向かおうとしていることを意識し

本当に破滅的な結末に向かっても良いのか?




望む結末(未来)を明確にして 
望む未来に向かっていただけたらと思います





が・・・

この脚本衝動に駆られて どうしてもカウンセリングを進めたくないときがあると思います




そういう時 一時的にお休みするのはOKですが
再開する 次のカウンセリングからは進めていくと決めて お休みされてくださいね^^





せっかく いいところまできているのに
途中でやめてしまってはもったいないですから^^





やめたら やめたところでストップしてしまいますから
もっと楽になれる可能性の道が断たれてしまいますので
もったいないですよね^^





そこまでで十分だと思うなら構いませんが
今だけであって 結末は変え切れていない場合は
また同じような問題が起こったりしますから




人生の結末(人生が終わる 市の間際ですね)


ここを 自分の望む結末に変わったと確信が持てるまでは
カウンセリングを続けることをお勧めいたします^^







人は 人生の結末に向かって生きていますから
その途中の過程は 結末に見合った脚本になっているんですよね




例えば 人生の結末が 「孤独死」だとしたら
最後は1人で亡くなるような筋書きが必要になりますから




結婚して家族がいては 孤独死できなくなるかもしれない

だったら 結婚しないで 天涯孤独でいよう とか


結婚したとしても 離婚して一人になり




最後には孤独死に向かうような脚本が必要になるんですよね





自分がどんな脚本を描いているのか?
どんな結末を描いているのか?




これを知る 分析することもできます


だから 面白いんですよね~^^







ちなみに 私の書き換える前の人生の結末は
「人魚姫のように 最後は水の泡になって消える」




要は 失恋して自殺するストーリーだったと思います







失恋するたびに 「死にたい 消えたい」と思い
どうやって死のうか 死に方を考えていましたから(;^ω^)




それに 人と話すことが苦手すぎて
「人魚姫のように声が出なかったらいいのに」と
本気で思っていた私が 
今は 人と話すことを生業にしています(^^)/







今までの脚本から抜け出せたからこその変化だと思います(^^♪







あなたの人生の結末は どんな結末でしょうか?




そして その結末までに至る脚本は どんなものでしょうか?




その結末や 脚本のままで 満足でしょうか?




書き換えるとしたら どんな風に書き換えたいでしょうか?







これらが カウンセリングを通じて 行うことができます(^^♪




心理学で確立されていますから スゴイですよね(^^♪
プロフィール

miyu625

Author:miyu625
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR